吉村拓の名言

吉村拓のプロフィール

吉村拓、よしむら・たく。日本の経営者。中古投資用不動産売買仲介会社「パートナーズ」社長。千葉県出身。駒澤大学経済学部卒業。大手投資用不動産デベロッパー、アメリカ最大手金融機関、投資用不動産専門仲介会社などを経てパートナーズを設立。

吉村拓の名言 一覧

こんな時代だからこそ、原点に立ち返り、「人としっかり向き合う、寄り添う、提案する」という愚直な姿勢を積み重ねています。


社員が半期ごとに、自分自身との約束事を目標にすることで、自律的に業務へ携わるよう促しています。


創業以来突っ走ってきましたが、今年から経営スピードをさらに加速させます。今までの6年間は事業の基盤を堅実に固めてきて、新規事業を行うための機が熟してきたこともあり、今がまさに勝負どころです。


不動産投資を成功させる秘訣は、優良な物件を適正価格で購入することに尽きます。どんなに良い物件でも高値づかみしてしまえば、採算が取れません。我々は創業以来、培ってきた圧倒的な仕入れ力に自信を持っています。この強みを最大限生かし、顧客に良い商品、サービスをご提供しています。


11か条の企業理念を策定しました。「仕事は自分でつくれ」「仕事のご縁に感謝せよ」「愛する人のために働く」といった内容で、朝礼での唱和や理念カードの携帯を通じて、社員が理念を行動に落とし込めるようにしています。


むやみやたらな規模の拡大は追いません。どんなに業容を拡大しても、お客様に満足していただくという仕事の美学を大切にし続けます。そうすれば、景気に左右されない強固な事業基盤を築けるでしょう。


創業当初から一貫して業界未経験者や営業未経験者の獲得を進めてきました。教育担当者のつきっきりの指導が奏功し、入社した営業全員が着実に成績をアップさせています。社員育成には、「こいつのために」という愛情が欠かせません。


当社では、社員の人間力を徹底的に磨きながら仕事に取り組んでいます。営業全員がお客様に直筆でお礼状を書いて、感謝の意を伝えるよう徹底。契約管理業務に携わるメンバーも同様に、誠意を持ってお客様に接するなど、全員が顧客志向を貫いています。


ITが持つ可能性を駆使して、日本のみならず全世界へ向けて日本の優良な物件を紹介します。あくまでも日本の投資用不動産を軸に、ビジネスを大きくしていきます。この軸がブレることは決してありません。「不動産」かつ「お客様が十分なメリットを享受できる領域」で業務を拡大していくのが絶対条件です。


今後、日本でインフレが進めば、現金の価値が目減りする一方で、モノの価値は高まります。逆に借入金は実質的に目減りするので、不動産はインフレ対策として非常に優れた投資商品です。多くの方に是非知っていただきたい。


サービスの高度化に合わせて、人財の確保と教育が今まで以上に大切になります。いたずらに人数を増やすのではなく、我々の理念に共感できる方を、諦めずにしっかり育てることを貫き通しています。「企業は人なり」「人財が全て」です。最先端の技術、テクノロジーを取り入れつつも、最終的な顧客対応には人間力や営業力が必須です。これからも全社員一丸となり泥臭く仕事に取り組んでいきます。


吉村拓の経歴・略歴

吉村拓、よしむら・たく。日本の経営者。中古投資用不動産売買仲介会社「パートナーズ」社長。千葉県出身。駒澤大学経済学部卒業。大手投資用不動産デベロッパー、アメリカ最大手金融機関、投資用不動産専門仲介会社などを経てパートナーズを設立。

他の記事も読んでみる

小杉友巳

ある程度お年を召された同じ年齢の方でも、パソコンや携帯電話を使える方と、苦手だという方に分かれます。その違いは何でしょう?それはきっと、それらの道具を使う必要性があるかどうかということだと思います。目的・目標を達成するために、その道具が必要だからこそ使えるようになるのです。


村上太一

当時、求人広告の成功報酬というモデルはありませんでした。というより大手ほど大量の営業担当者を抱え、その強力な営業力によって自社媒体に載せる求人情報を集め、その地位を築いていました。それに対し私たちは、営業担当は最小限に抑え、営業にかかるコストを圧縮することで、お客さんに低価格でサービスを提供。これを武器にお客さんの方から集まってくる仕組みを作ったのです。大手は数多くの営業担当者を抱えているがゆえに、成功報酬型モデルを展開することはできませんでした。


松山ケンイチ

僕は自分自身が一番わからないんです。自分自身がホントにわからないですから。自分自身のことをよくわかっていて、普通に自分のことをしゃべれる人を観ると、ホントにすごいなと感心します。


ビル・マクナブ

私たちは大きな会社になってしまいましたが、忘れてはならないのは、投資家一人ひとりは使えるお金に限度があり、それぞれに具体的な夢や目標があるということ。例えば教育資金や健全な退職後の生活、家を買うための節約など、具体的な夢や目標を実現するためのお手伝いをするには、顧客との密な信頼関係が大切です。


定保英弥

営業部に配属され、私が担当したのは、東京にある各国の大使館でした。その国の元首や大臣といった要人が訪日される際、帝国ホテルをご利用いただくための営業です。普段は大使の秘書官に会いに行くのですが、その秘書官が公使や大使に昇格していくと、若い頃からの関係値が大きな絆になることも珍しくありません。


渡部昭彦

自分に能力があると思っている人でも、果たしてそれが他の会社でも通用する汎用性のある能力かということを冷静に判断することも大切。日本の企業は「企業特殊技能」を培うと言われています。その会社にいるからこそ価値があって給料をもらっているのに、それを自分の普遍的能力と勘違いしないことです。転職先で自分の能力のなさに気付くことになってしまいます。


築山節

起床後は、脳のウォーミングアップが必要です。起きてから脳が活発に動くまで約2時間かかりますが、ボーっと座っているだけだと、さらに時間を要してしまいます。脳のウォーミングアップというと、単純な計算問題を解いたり、新聞のコラムを読むなど思考系を活性化することを考える人も多いかもしれませんが、脳の準備運動として効果的なのは、足・手・口といった運動系を意識して動かすことです。


北尾吉孝

韓非子には「巧詐(こうさ)は拙誠(せっせい)にしかず」という言葉があります。人の心を動かすには誠実さが一番だという真理が、まさに短い言葉でズバリと語られています。巧みな言葉で欺くようにして人の心に取り入ろうとするより、たとえ拙い言葉であり下手な対応であっても誠実であることが何よりも大切だということです。


藤原洋

企業家は、目的があって成し遂げようとする実行力さえあれば、すぐ始められる。誰かに許可を取る必要は無い。小さくてもいいから自分で決めて自分で動き出せることが、企業経営の一番の根本。


渋沢栄一

常に愛国忠君の気持ちを厚く持ち、公に奉ずることを忘れてはならない。


福元麻理恵

私はずっとクラシックをやってきて、中学校や高校の時に習っていた先生が音楽家として一流でありながらも、女性経営者として活動し、いろいろな文化活動などの貢献もされていた方なんですね。ですから、私も将来は先生のように、音楽をやりながら経済活動をし、社会貢献もできるような人になろう。そうやって自立して生きていく人になりたいと思っていました。


長谷川嘉哉

私は以前、「自分の人生の中で、どうしても許せない人に会いに行く」という荒療治を実践したことがあります。相手はかつての上司で、どうしてもそりが合わず、その人のもとで働いている頃は毎日が苦痛でした。しかしこの記憶を引きずったままでは、私の扁桃核が刺激されるたびに、不快な感情にとらわれ続けることになります。そこで思い切ってその上司に会いに行き、「昔の自分があなたに取った態度を謝りたい」と伝えたのです。そして相手から「君も頑張りなさい」という言葉をもらった瞬間、「自分が生きていくうえで敵はいなくなった」と晴れ晴れした気持ちになりました。


池田亀三郎

三菱に入ったら、真っ先に「どんなところで働きたいか」と聞かれたから「できるだけ難しいところにやってもらいたい」と答えた。


俣野成敏

リストラ候補になる前の私は、上司の指示をこなしさえすれば定年まで会社にしがみついていけると思っていました。でも、リストラ勧告を受けて目が覚めたのです。これからのサラリーマンはプロフェッショナルでなければ生き残ることはできないと思います。


南佳孝

実は僕もこの2~3年、ちょっと萎えていたんだ。けど去年、書こうと思って書きだしたら、また出始めて。不思議なもんだよね。テニスのフェデラーもあれだけの人なのに「勝ちたい気持ちがまた増してきている」んだって。すげえな、このおっちゃんと。諦めたらそこで終わりなわけだから。


ページの先頭へ