名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉村征之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村征之のプロフィール

吉村征之、よしむら・まさゆき。日本の経営者。「ドリームモータースクール」社長。静岡県出身。浜松商業高校卒業後、設立12年を迎えた本田技研工業に入社。同社に33年務めたのち、子会社のレインボーモータースクール社長に就任。その後、ドリームモータースクール専務、社長などを務めた。

吉村征之の名言 一覧

出会いが人生を大きく変えていく。


僕は真っ白なキャンバスに絵を描き続けてきた。


僕はどんな小さなことでも魂を入れてやることを心がけてきました。


人の質、すなわち「人質」を高めるには教育しかない。


僕は好奇心が強い男だと思うんです。結果的に好奇心がいろいろなことにチャレンジしたいという気を起こさせた。


僕は、皆さんと皆さんの家族をどうやって幸せにするかということだけを考えています。皆さんは自分自身のために仕事をしてほしい。そのためには、自分自身、自分の家族、お客様を大切にすることに徹してほしい。上を見て仕事をする必要はない。
【覚え書き|従業員への言葉】


本田技研という会社はモノではなく、夢をつくっている会社です。その夢には大きなものもあれば、小さなものもある。個人にもそれぞれ夢があり、その夢をひとつずつ実現できる会社に勤めさせていただいた。だから僕には本田技研から給料を頂いていたという感覚がない。むしろ、月謝を払いたいという思いが強いんです。


言葉の遣い方から学ぶ必要を感じた私は、当時東京・日比谷にあった東宝演芸場に通い始めました。時間があれば、できるだけそこに行き、古典落語を聴きました。しゃべりの問や言葉の遣い方、つかみなどが分かるんです。古今亭志ん生さんなどが面白かったですね。面白いだけではなく、話術に引きつけられる。情景が目の前に浮かんでくるんです。


吉村征之の経歴・略歴

吉村征之、よしむら・まさゆき。日本の経営者。「ドリームモータースクール」社長。静岡県出身。浜松商業高校卒業後、設立12年を迎えた本田技研工業に入社。同社に33年務めたのち、子会社のレインボーモータースクール社長に就任。その後、ドリームモータースクール専務、社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

加藤久光

トヨタはもともと織機の会社でした。それが自動車をつくろうというのですから、志なくしてはできません。これはトヨタの社員だけでなく、地域についても同様です。自動車をつくるには数多くの部品がなくてはできません。この部品を地元の工場にお願いしてつくってもらった歴史があります。最初は誰も自動車の部品のことは分からない。商売にもならないかもしれない。それでも一緒になってつくっていった。それを支えたのは、みなさんの志です。だからこそ、その輪がどんどん広がっていったのです。それは今でも変わりません。


上野金太郎

僕自身、営業を皮切りに、広報やって、ドイツへ行って、社長のアシスタントやって……。とにかくいろいろなセクションを回されましたが、無駄になった仕事はひとつもありません。後になって必ず役に立つ場面があるのです。


熊谷正寿

僕は先輩経営者の後ろ姿を見ながら、頑張って走ってきました。僕自身もカッコよく仕事をしなければいけないし、カッコよく引退しなければいけない。失敗して引退すると、後に続く人たちがモチベーションになりませんから。


別所諒

昔から「サシミ(343)の法則」などと言われるように、どの会社も、「できる人・平凡な人・駄目な人」の割合は「3:4:3」といわれますが、このままの状況だと、業績不振の会社では、平凡な4割の人が、リストラのターゲットになる。そこそこの成績をあげていれば生き残れる時代は終わりつつあります。


小笹芳央

社員のモチベーションを高めるときに必要なのは社員一人ひとりをしっかりと見てあげることです。今は「個人が価値を生み出す時代」で、一人ひとりが多様な「モチベーションエンジン」を持っています。


程近智

いま脚光を浴びているのが「サーキュラー・エコノミー」。これまで捨てていたものに価値を見いだし、資源を循環させることを目指す考え方です。この動きは、日本にとってチャンスです。島国なのでリサイクルは得意ですし、シンプルさを美として好む国民性がある。欧米勢とは異なる、新たな成長モデルを作れるでしょう。日本企業が当たり前のようにやってきたことを、改めて見直すべきだと思います。


築山節

実は私も、記憶力にそれほど自信がないので、頭の整理ノートを長年持ち歩いています。そのノートはもう数十冊にもなります。人と雑談していて、気になる話があったり、ふとアイデアがわいてきたりしたら、それを個条書きでさっと書き留めるのです。キーワードだけでもいい。日付とともに、それを書き、夕食時に家族にその話を少しすれば再入力も完了。あとで読み返したときに、そのときの思いがよみがえってきやすいのです。


鎌田浩毅

文書に数字や図表といったデータを入れ込む場合は、数字や図表がなくても意味がわかる文章を書くことが先決です。ときどき数字や図表が唐突に登場した印象を与える文章を見かけることがあります。それは文章ありきで構成を固めていないからです。個条書きでもいいので、一度、文章で表現してから数字や図表で代替すると、読み手にもデータの位置づけが明確に伝わるはずです。


木村沙織

バレーボールは流れのあるスポーツなので、その流れを見ながら瞬時の判断でプレーするのは監督ではなく選手なんです。監督から「データでは相手チームの次の攻撃はこうくるはずだからこうしろ」と指示されたとしても、「そうじゃない。絶対にこっちだ」と思ったら、私は自分の直感を信じてプレーします。それが成功した時、私は得意げに監督の顔を見るんです。すると監督は、私の直感を認めてくれたような顔をされる。「よっしゃー!」とうれしくなります(笑)。対戦相手はもちろん、監督や仲間との駆け引きも楽しかったですね。


川田修(ライフプランナー)

相手の話を聞き、抱えている課題や悩みがわかれば、「お客様の問題は、この生命保険で解決できます」と提案できます。これは、たとえるなら、医師が患者を診断して、「あなたの症状は、この薬を飲めば治ります」と伝えるようなもの。つらい症状が治るとわかれば、薬を断わる人はまずいません。問題の解決策さえ提案できれば、かなりの高確率で契約が成立します。


加藤俊徳

右利きは、右利き社会に容易に適応できる半面、左手を使う動機を見つけにくのです。要するに、左利きに比べて右脳を使う機会が極端に少ないのです。すなわち、右利きは、右脳が未発達状態の可能性が高いのです。目の前にスプーンが置いてあったとき、右手を使うことに慣れた人は、考えもせず右手でスプーンを手に取るでしょう。今日からどちらの手を使うかを決めてから行動に移してみましょう。思わぬアイデアがひらめきやすくなります。


エリック・シュミット

重要なのは、グーグルの文化を維持すること。グーグルの文化とは、ユーザーを最優先し、製品の質と操作性を絶えず向上させること。