名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉村征之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村征之のプロフィール

吉村征之、よしむら・まさゆき。日本の経営者。「ドリームモータースクール」社長。静岡県出身。浜松商業高校卒業後、設立12年を迎えた本田技研工業に入社。同社に33年務めたのち、子会社のレインボーモータースクール社長に就任。その後、ドリームモータースクール専務、社長などを務めた。

吉村征之の名言 一覧

出会いが人生を大きく変えていく。


僕は真っ白なキャンバスに絵を描き続けてきた。


僕はどんな小さなことでも魂を入れてやることを心がけてきました。


人の質、すなわち「人質」を高めるには教育しかない。


僕は好奇心が強い男だと思うんです。結果的に好奇心がいろいろなことにチャレンジしたいという気を起こさせた。


僕は、皆さんと皆さんの家族をどうやって幸せにするかということだけを考えています。皆さんは自分自身のために仕事をしてほしい。そのためには、自分自身、自分の家族、お客様を大切にすることに徹してほしい。上を見て仕事をする必要はない。
【覚え書き|従業員への言葉】


本田技研という会社はモノではなく、夢をつくっている会社です。その夢には大きなものもあれば、小さなものもある。個人にもそれぞれ夢があり、その夢をひとつずつ実現できる会社に勤めさせていただいた。だから僕には本田技研から給料を頂いていたという感覚がない。むしろ、月謝を払いたいという思いが強いんです。


言葉の遣い方から学ぶ必要を感じた私は、当時東京・日比谷にあった東宝演芸場に通い始めました。時間があれば、できるだけそこに行き、古典落語を聴きました。しゃべりの問や言葉の遣い方、つかみなどが分かるんです。古今亭志ん生さんなどが面白かったですね。面白いだけではなく、話術に引きつけられる。情景が目の前に浮かんでくるんです。


吉村征之の経歴・略歴

吉村征之、よしむら・まさゆき。日本の経営者。「ドリームモータースクール」社長。静岡県出身。浜松商業高校卒業後、設立12年を迎えた本田技研工業に入社。同社に33年務めたのち、子会社のレインボーモータースクール社長に就任。その後、ドリームモータースクール専務、社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

下川浩二

成功者の手帳を見ると、他人との約束を記録するための単なるスケジュール帳ではなく、将来の自分との約束、つまり夢や目標が記されていました。


原田泳幸

私はよく「1やって2やって3やるのではなく、1と2と3を並行してやれ」といいます。企画して市場調査してから実行していたら時間がかかる。新商品の発売にしても、リサーチ結果が出てからカタログや広告の印刷に取りかかったら遅い。「これでいけそうだ」と思ったら、仮説のもとに企画を立ててスタートしろ、ということです。たとえ、捨て金が発生しても、遅れるリスクよりは安い。リサーチは結果的に企業の質を検証するためにあればいい。そう考えているからです。


本間宗久

米の通いを考え、天井底の位を考え売買すべし。是三位の伝なり。天井値段底値段出ざる内は幾月も見合わせ、図にあたる時を考え、売買すべし。商い急ぐべからずとは天井値段値段を見ることなり。天井底を知る時、利運にして損なきの理なり。利運の米は強欲思わず。


小林一三

すべての事業の対象は大衆であり、どんな仕事の末端も大衆につながっている。


櫻井英明

朝方の外資系動向とか裁定取引の手口だとか些末なことばかり聞いていることはそもそもの間違いかも知れません。ネットで紙芝居をカチャカチャやるだけで儲けようという姿勢はやめましょう。決算短信とスクリーニングだけでの投資は脱却しましょう。それらは単に一つの要素に過ぎません。企業には必ず伝えたいメッセージがある。訴えたいことがある。これを知って行う投資がこれからは必要になってくるに違いありません。だから「足で稼ぐ」というキーワードテーマにするべきでしょう。


杉本和行

カルテルに安住してしまうと、イノベーションが起こりにくくなり、企業活動自体が長期的に弱体化していく。


佐久間俊行

以前は手帳にワクワクする予定を緑色のペンで書いていました。朝の読書も仕事も、普通の人には黒色かもしれませが、私にとっては緑色です。勉強や仕事は、自分が成長するための時間なので、楽しまないのはもったいありません。


井戸実

社員はみんな、僕に本気で叱られているのに喜ぶんですよ。育ってほしいという気持ちが伝わるのでしょうね。


糸井重里

何でも最短最速がいいとは限らない。


山田武史(経営者)

激しく移り変わるマーケットの中で、ブランドを守り、育て、さらなる躍進を遂げるためには、自らが変化の一端となるべく改革を進めていく必要があります。目標の実現に向け、今後も必要となれば、何事にも臆することなく挑戦していくつもりです。


田中和彦

私も会社員時代は、自分のやりたいことと会社が要求することのあいだにズレを感じることが多々ありました。組織で働く以上、つねに何かしらの制約があるなかで行動するのは当然のこと。その制約のなかで、いかにして自分がやりたいことを最大限に実現するかを工夫するのが、組織人の醍醐味ではないでしょうか。


藤巻健史

教養と言っても、西洋のモノマネをすればいいわけではない。むしろ自国を深く知ることこそ、世界に通用する「教養」となる。