名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉村征之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村征之のプロフィール

吉村征之、よしむら・まさゆき。日本の経営者。「ドリームモータースクール」社長。静岡県出身。浜松商業高校卒業後、設立12年を迎えた本田技研工業に入社。同社に33年務めたのち、子会社のレインボーモータースクール社長に就任。その後、ドリームモータースクール専務、社長などを務めた。

吉村征之の名言 一覧

出会いが人生を大きく変えていく。


僕は真っ白なキャンバスに絵を描き続けてきた。


僕はどんな小さなことでも魂を入れてやることを心がけてきました。


人の質、すなわち「人質」を高めるには教育しかない。


僕は好奇心が強い男だと思うんです。結果的に好奇心がいろいろなことにチャレンジしたいという気を起こさせた。


僕は、皆さんと皆さんの家族をどうやって幸せにするかということだけを考えています。皆さんは自分自身のために仕事をしてほしい。そのためには、自分自身、自分の家族、お客様を大切にすることに徹してほしい。上を見て仕事をする必要はない。
【覚え書き|従業員への言葉】


本田技研という会社はモノではなく、夢をつくっている会社です。その夢には大きなものもあれば、小さなものもある。個人にもそれぞれ夢があり、その夢をひとつずつ実現できる会社に勤めさせていただいた。だから僕には本田技研から給料を頂いていたという感覚がない。むしろ、月謝を払いたいという思いが強いんです。


言葉の遣い方から学ぶ必要を感じた私は、当時東京・日比谷にあった東宝演芸場に通い始めました。時間があれば、できるだけそこに行き、古典落語を聴きました。しゃべりの問や言葉の遣い方、つかみなどが分かるんです。古今亭志ん生さんなどが面白かったですね。面白いだけではなく、話術に引きつけられる。情景が目の前に浮かんでくるんです。


吉村征之の経歴・略歴

吉村征之、よしむら・まさゆき。日本の経営者。「ドリームモータースクール」社長。静岡県出身。浜松商業高校卒業後、設立12年を迎えた本田技研工業に入社。同社に33年務めたのち、子会社のレインボーモータースクール社長に就任。その後、ドリームモータースクール専務、社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小杉俊哉

「自分のほうが立場は上だし、経験も豊富だから」と部下の話に耳を傾けようとせず、自分のやり方を一方的に押しつける人は、今の時代においてダメ上司でしかありません。上司の指示に従うのではなく、部下が自分の頭で考えて自由に動けるようになれば、モチベーションも成長速度も上がります。


松本晃(経営者)

改革をする前は設備投資も面白いようにやっていました。「地産地消」で大消費地の近くにどんどん工場を建ててしまい、現在全国に製パンを含めると17もあります。閉じるつもりはありませんが、いくら何でも多すぎます。その結果、業界2位の企業と比べて、減価償却の負担が7倍もありました。設備への投資自体は悪いことではありません。しかし、それは価格に跳ね返ります。


ジェイソン・ダーキー

私は米国のシアトルに生まれました。両親は芸術家で、普通のことが許されず、「面白いことはウェルカム」という環境で育ちました。


弘兼憲史

情報収集の仕方は変われど、今も昔もビジネスパーソンにとって、「情報」は武器の1つになることは変わらない。


鍵山秀三郎

本当の力を蓄えるにはやっぱり時間がかかるということを忘れてはいけません。まずそれには、明治維新のときのように、日本人としての精神の土台がきちっとしなければならないと思うのです。土台をおろそかにしたまま、いくら策を講じても儚いものです。


安政真弓

予定を守ることより、実際に何をしたかを記録することが大切。暗記ものが続いてはかどらないと感じたら数学に切り替えるなど、臨機応変にその日の計画を変更しながら、マイペースで取り組みました。


西野亮廣

僕らの身の回りには「取りこぼし」がまだまだ間違いなく残っていて、世の中はもっと面白くなる。


山田敏夫

どんな経験も無駄にはならないとよく言われますが、本当にそうだと実感しています。


内田幸雄

昨年来、弊社とJXTGエネルギーでは1000名弱の部長、副部長、そしてグループマネージャーを対象とした1泊2日の研修を16回に分けて順次行っている。テーマが、まさに変革なのだが、最初こそ「何のための変革か」と問う声も多かった。しかし、経営陣の本気度が伝わり、いまでは、現場の問題点を自分たちで洗い出し、具体的な改革案を出すようになっている。


中村天風

清濁併せ呑むということのできない人は、広い世界を狭く生き、調和ある人生を、知らず識らず不調和におとしいれる人である。


小林佳雄

私は大学卒業後、1年の留学を経てわずか10畳ほどの母の小料理屋を継ぎました。この頃の私は、自分が価値のある人間だとは思えませんでした。板前としての技量やスピードも、他の人に劣っていた。それでも仕事をするにつれ、出来なかったことが出来るようになる。得意なものが見つかって、駄目なばかりの自分ではないと思えました。


藤田晋

変化後の結果をすぐに求めてはいけません。短期的な視点でビジネスを捉えると、変化は怖くてできなくなります。「高い目標を達するために、短期的な犠牲は問わない」といった考え方をするようにしましょう。