名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉村崇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村崇のプロフィール

吉村崇、よしむら・たかし。日本のお笑い芸人。北海道出身。高校卒業後、NSC(吉本総合芸能学院)東京校に入所。徳井健太とお笑いコンビ「平成ノブシコブシ」を結成。テレビ、ラジオ、舞台で活躍。

吉村崇の名言 一覧

もっと派手な、バカをやりたいんですよ。人生をかけたバカを。ひな壇でもライブでも何でも、その中で一番のバカになりたい。それが僕の一番の目標。死ぬまでバカをやっていたい。


30歳過ぎてからようやく、「天才」なんて「ただの言葉なんだな」って気づいた。そんな言葉なんかに縛られるんじゃなくて、自分の身の丈にあったことを自由にやったほうがラクで、楽しいじゃないって。


たった一度でも、舞台で脚光を浴びたりすると、やめられなくなる。劇薬的な、危ないところもある。


「失われた20年」って言葉って大嫌いなんです。いま36歳だけど、「その中で20年も失われてんかよ」って。そんなわけないだろう。「こっちは36年生きてきたんだ、ふざけんじゃねえよ」って。だから、もうバブルが来るのを待ってるんじゃなくて、自分からつくってやろうと、一人バブルをやってるんですよ。


30歳を目前にして、学歴もない、手に職もない。いったい、どうすりゃいいんだ……って。いや、危なかったわぁ、ホント、危なかった(笑)。たまたまフジテレビの「(株)世界衝撃映像社」の「ホームステイin部族」という企画で注目されて、なんとか生き残ることができましたけどね。不思議なもんですよ、なにが縁で売れたりするのか。それまで売れる一番の近道って、漫才だったり、コントの大会で優勝することだったんです。当時は、「キャラクターだ」「リズムネタだ」と流行がおこると、芸人がみんな、石が飛んだ方向を向く時代だったけど、まさか「部族」とは誰も思わないでしょ(笑)。難しいですよ。


NSC(吉本総合芸能学院)を出たらすぐ、遅くても1年くらいで売れると思ってたんですけど。まさか10年以上、鳴かず飛ばずとは……。自信? あったんですよ、何の疑いもなく(笑)。世間を知らないって、すごいですね! これが大学を出ていたり、一回就職して社会をちょっとでも経験していたら、そうならなかったでしょう。高校を出たばかりのバカで無知な、向こう見ずな若者だったから出てこられたんですよ。


30歳過ぎて、ちょっとは忙しい感じになりましたけど、忙しいなんていってるうちはダメですね、この世界では。上の人たちは、自分の番組を中心に、スケジュール調整もドーンとしてるじゃないですか。間違っても「いやぁ、忙しくて」なんて、いいませんよ。やりたい仕事を自分のペースでやっているんですから。それも楽しみながら。「ああ、忙しい」なんていっているうちは下っ端なんですよ。


20代のころは「いい加減、(大御所たちは)みんな早く引退してくれないかな」って思ったこともありました(笑)。「後ろが何人つっかえてると思っているんだ」って。でも、よくよく考えたら、倒す前にいなくなるなんて、ずるいじゃないですか。倒すチャンスが少なからず与えられているっていうのは、幸せなことかな、というふうに捉え方を変えたら、なんか楽しくなってきましたね。たとえ無理でも(笑)。


吉村崇の経歴・略歴

吉村崇、よしむら・たかし。日本のお笑い芸人。北海道出身。高校卒業後、NSC(吉本総合芸能学院)東京校に入所。徳井健太とお笑いコンビ「平成ノブシコブシ」を結成。テレビ、ラジオ、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

川上全龍

瞑想やマインドフルネスに過剰に期待してしまうのは、日常とかけ離れたものとしてとらえてしまうからではないでしょうか。しかし日常に即して、初めて価値は生まれるもの。体験をきっかけに、自分の生き方や人間の幸せについて考えたり、姿勢や呼吸を気にしたり、生活の中に取り入れることが何より重要です。


本田健

「いい人脈をつくる」は多くの人が実践できていない。人は自分と同じような人と付き合う傾向にあり、同じ職業、同じ業種、同じ会社内にしか人脈がないことが多い。そうではなくてまったく違う業種、年齢、収入、役職、違う国の人と知り合うことでいい人脈がつくれる。そうした人との人脈ができれば、仕事の幅も、仕事に対する視点も広がるし、運も開けてくる。


下川浩二

高収入の人ほど手帳を利用して、時間を上手に使っています。優先順位を付け、無駄を排除し、自分が主体的に時間を管理できるようでないと、収入に見合うだけの仕事の量と質を担保できないからだと言い換えてもいいでしょう。


田崎ひろみ

当社は常に、ニッチな分野でのナンバーワンを目指しています。業界別に担当を分けて、各業界で、ここで人を紹介させたらJACの右に出るものはないと言われる仕事をしたいと思っています。


西川徹(経営者)

(AIはアイデアやノウハウを)特許で守ることが難しいので、情報を公開して「我々は先進的な研究をしていますよ」と宣伝しながら、データと(データセンターなどの)計算資源を押さえることが重要なんです。我々がトヨタさんと提携したのも、自動車のデータを押さえたいということもあるんです。


鈴木あや(IBM)

以前、弊社に赴任してきていたアメリカ人男性のエグゼクティブで、部下の尊敬を一身に集めていた人物がいました。彼は、部下の意見をとにかくよく聞いてくれたのです。個室を持っていましたが、ドアは開いたままでいつでも入れるようにしていました。アメリカ人上司というと私たちも少々構えるものですが、その壁を取り払おうという配慮です。


辻野晃一郎

私はいままで生き残るために必死でやってきただけです。でも、常に新しいところに行きたいという思いはありました。いまいる場所の居心地がよくなると、もうここにいてはいけないと感じてしまうんです。しかも、目の前に選択肢があると必ず大変な方を選んでしまう。損な性格だと、我ながら思います(笑)。


松井忠三

記事を読むときは「自分がその会社の社長ならどうするか」「他と比べて何が違うのか」といった視点を持つといい。他社の問題も「自分の問題」として考えていれば、実際に自分の仕事がうまくいかなくなった時に、問題を見つけて解決できる可能性が高くなるはず。


関戸正実

撤退の決断に当たって、私は「迷惑をかけない」ということを重視しました。お客様にも、取引先にも、社員にもできるだけ迷惑をかけない。そのために、無理に事業を継続することはやめようと決断しました。


柳澤大輔

1日10個のアイデアを出してみましょう。アイデアを出すコツは、つまらなくていいと意識すること。とにかくアイデアはいくつも出すと、発想グセがついてきます。


村尾和俊

書類整理のルールをうまく機能させるコツは、書類を捨てることです。社長という立場上、1日外出していると各部署からの報告などの書類が机に10センチもたまります。ほとんどは読んで捨てています。ただ、担当者が一生懸命作った書類だから目の前で捨てるのは気の毒ですので、2~3日置いておく場所も確保しています(笑)。


中鉢良治

日本には人も金も技術もあるのに、なぜビジネスで勝てないのかと考えたら、それら3つが結集できていないのではないかと思うのです。