名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

吉村喜彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村喜彦のプロフィール

吉村喜彦、よしむら・のぶひこ。日本の小説家、ノンフィクション作家。大阪出身。京都大学教育学部卒業後、サントリーに入社。宣伝部、広島支店営業職などを経験したのち退社し作家となる。小説とノンフィクション両方を執筆。小説に『こぼん』『ビア・ボーイ』、ノンフィクションに『マスター。ウイスキーください 日本列島バーの旅』『漁師になろうよ』『リキュール&スピリッツ通の本』『食べる、飲む、聞く 沖縄美味の島』ほか。

吉村喜彦の名言 一覧

サントリー宣伝部には「真剣に遊ぶ」文化がありました。先輩からは「遊びを遊んではいけない」と言われました。本を読み、音楽を聴き、映画を観て、五感を磨けと教わりました。私も本気で遊んで仕事をし、81年には朝日広告賞を受賞することもできました。


いまはどのメーカーでもマーケティングが偏重されているように感じていますが、営業でも宣伝でも、仕事において大切なのは、数字やグラフでは表すことができない、人の繊細な気持ちや機微、商品への愛情だと思います。


サントリーで宣伝部から広島支店の営業部に異動になりました。人生で初めて、自分の思っていない方向に無理やり動かされたことがショックでした。しかし、実際に広島支店で営業をしてみると、人と人とのコミュニケーションが大事だということを再確認しました。営業と宣伝は同じだったのです。


普段はクルマで酒販店を回っているところを、自転車で行ってみる。すると、酒販店の方の印象に残って、「今度の新しい営業は面白い」と思ってもらえる。あるいは、宣伝部で磨いた感性を活かして、一緒に商品展示を考える。そうして自分を売り込んでいきました。ほかの営業ができない新しいことをして目立つので、支店内や広島の同業他社から異端児扱いされることもありましたが、決して嫌われていたわけではありません。
【覚書き|サントリー時代、広島で営業マンをしていた頃を振り返っての発言】


メーカーだけでなく、いまの日本全体にも、目に見えないものを無視する傲慢さがあるように思えてなりません。だからこそ、人と人とのコミュニケーションや目に見えないものの大切さを伝えたい。作品を通して、机上のマーケティング理論ではわからない、目に見えないものの大切さを感じてもらえればと思います。


吉村喜彦の経歴・略歴

吉村喜彦、よしむら・のぶひこ。日本の小説家、ノンフィクション作家。大阪出身。京都大学教育学部卒業後、サントリーに入社。宣伝部、広島支店営業職などを経験したのち退社し作家となる。小説とノンフィクション両方を執筆。小説に『こぼん』『ビア・ボーイ』、ノンフィクションに『マスター。ウイスキーください 日本列島バーの旅』『漁師になろうよ』『リキュール&スピリッツ通の本』『食べる、飲む、聞く 沖縄美味の島』ほか。

他の記事も読んでみる

大八木成男

私は上司から文章を細部にわたって叩かれ続けてきました。徹底的に叩かれることによって、文章を書く経験は厚みを増していきます。部下にきちんとした文章を書かせたいと思ったら、叩くという作業もときに必要なのです。


飯間浩明

誰もが最初から簡潔な文章を書けるわけではありません。私も言葉を整理するため、推敲を重ねます。


午堂登紀雄

副業は最初にちょっと苦労すればあとはラクになることが多い。稼ぐには強制的にやる仕組みを持つことが大切。


大竹真一郎

男性はあまり医者に行かない人が多いですが、もっと気楽に検査をして体調管理をしてください。そこでもし異常が見つかって、治せるものであれば症状もよくなりますから。


橋本良亮

借り物の言葉はやっぱりバレちゃうから、自分の中からそういう言葉を探したい。


森下裕道

たとえその場は我慢が必要でも、相手に楽しい気分を伝染させられる人の方が、最終的には勝ちだと私は思います。


楠木建

読書は、自分の好きな時間に好きな場所でできます。誰かにアポイントを取る必要もありません。そのうえ、著者が時間と労力をかけてまとめた知見を、二千円程度で手に入れられるのです。本は、世の中に存在する最も安い財の一つだと思います。


水留浩一

今回の再上場では、時価総額が1000億円近くの規模になりましたので、他社がそう簡単に買える企業ではなくなりました。市場にしっかりと評価していただき、我々の企業価値に見合った株価を維持していくことが、一番の買収防衛策。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

実際にやってみて少なくとも次のことがわかりました。人間は自信を持って夢に向かってまい進し、心に思い描いているような人生を実現させようとつとめれば、普段は思いもよらないような成功に出会うものです。


佐藤浩志(コンサルタント)

ブランディングには、お金も時間もかかりますが、企業の収益が安定している時に次の一手を打つべきです。永くブランドを愛してくれるファンを逃さないために、こう思われたいという理想に向かっていくブランドの「生き方」を提案するのが当社の役目です。


河合良成

政治家は、本当に国家のためになるという考えで政治をやり、それがそのまま通るなら政治家もいいが、現在の政治はそうではないと痛感した。
【覚書き|政治家を辞めたきっかけについて語った言葉】


渡邉英彦

もちろん、カップ麺なんて偽物だという批判もあります。でも、私はやきそばを売っているんじゃなくて、地元の名前を売っているんだから、それでいいと思っています。地元の味を守ろうとか、地元の食材にこだわるという視点も大切だとは思いますが、地産池消だけでは広がりは期待できませんから。
【覚書き|ご当地やきそばカップ麺を発売したことについて語った言葉】