名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉村喜彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村喜彦のプロフィール

吉村喜彦、よしむら・のぶひこ。日本の小説家、ノンフィクション作家。大阪出身。京都大学教育学部卒業後、サントリーに入社。宣伝部、広島支店営業職などを経験したのち退社し作家となる。小説とノンフィクション両方を執筆。小説に『こぼん』『ビア・ボーイ』、ノンフィクションに『マスター。ウイスキーください 日本列島バーの旅』『漁師になろうよ』『リキュール&スピリッツ通の本』『食べる、飲む、聞く 沖縄美味の島』ほか。

吉村喜彦の名言 一覧

サントリー宣伝部には「真剣に遊ぶ」文化がありました。先輩からは「遊びを遊んではいけない」と言われました。本を読み、音楽を聴き、映画を観て、五感を磨けと教わりました。私も本気で遊んで仕事をし、81年には朝日広告賞を受賞することもできました。


いまはどのメーカーでもマーケティングが偏重されているように感じていますが、営業でも宣伝でも、仕事において大切なのは、数字やグラフでは表すことができない、人の繊細な気持ちや機微、商品への愛情だと思います。


サントリーで宣伝部から広島支店の営業部に異動になりました。人生で初めて、自分の思っていない方向に無理やり動かされたことがショックでした。しかし、実際に広島支店で営業をしてみると、人と人とのコミュニケーションが大事だということを再確認しました。営業と宣伝は同じだったのです。


普段はクルマで酒販店を回っているところを、自転車で行ってみる。すると、酒販店の方の印象に残って、「今度の新しい営業は面白い」と思ってもらえる。あるいは、宣伝部で磨いた感性を活かして、一緒に商品展示を考える。そうして自分を売り込んでいきました。ほかの営業ができない新しいことをして目立つので、支店内や広島の同業他社から異端児扱いされることもありましたが、決して嫌われていたわけではありません。
【覚書き|サントリー時代、広島で営業マンをしていた頃を振り返っての発言】


メーカーだけでなく、いまの日本全体にも、目に見えないものを無視する傲慢さがあるように思えてなりません。だからこそ、人と人とのコミュニケーションや目に見えないものの大切さを伝えたい。作品を通して、机上のマーケティング理論ではわからない、目に見えないものの大切さを感じてもらえればと思います。


吉村喜彦の経歴・略歴

吉村喜彦、よしむら・のぶひこ。日本の小説家、ノンフィクション作家。大阪出身。京都大学教育学部卒業後、サントリーに入社。宣伝部、広島支店営業職などを経験したのち退社し作家となる。小説とノンフィクション両方を執筆。小説に『こぼん』『ビア・ボーイ』、ノンフィクションに『マスター。ウイスキーください 日本列島バーの旅』『漁師になろうよ』『リキュール&スピリッツ通の本』『食べる、飲む、聞く 沖縄美味の島』ほか。

他の記事も読んでみる

クラウス・メーダー

私たちが変わらず目指すのは、創業者ロバート・ボッシュの信念でもある「人々の生活の質を向上させるために革新的なテクノロジーを提供すること」です。ロゴも弊社が最初に量産化した製品「マグネトー式高圧点火装置」の断面をもとにデザインしています。いつの時代も弊社の原点を忘れないという決意の表れなのです。


伊藤喜之

相手が何気なく言った言葉でも必ず実践することで、相手の中に「借り意識」が生まれます。ぜひあなたも、自分より立場が上で何か得るものがありそうな人を見つけたら、「悪かったな貯金」を始めてみてはいかがでしょう。本を勧められたら、医学書だろうがエロ本だろうがすぐ読む。誘われたら、デートも合コンもキャンセルして必ず行く。たとえその誘いが自分にとって無駄なことでも「貯金」ができるし、実際役に立てば儲けもの。どう転んでも将来への根回しにつながりますよ。


平山みき

クリスマスイベントを始めました。(東日本大震災の)被災地の子供たちにクリスマスツリーをプレゼントするイベントなんですが、お店や子供の遊び場もあってね。あの頃は何しろ世の中が暗くて、歌手もライブなんてしちゃいけない雰囲気でした。でも私はドイツのクリスマスマーケットが大好きだから、何とかこういうものを持って来て明るくできないかと思ったのね。1人じゃできないけど、幸い手伝ってくれる人もいて。そうやって何か始めると徐々に広がっていくんです。


山口敏明

自分が先頭に立ってのチャンチャンバラバラは「勇」。参謀とか参謀長は「知」。これだけじゃ駄目。やはり、日本的経営の中で総帥とか社長というのは勇も知もなくてはいけませんが、それより「仁」であり「徳」が備わっていないといけない。


楠本修二郎

うちはフランチャイズ制を取らず、店はすべて直営です。企画と運営を自分たちでやっているから、例えば、運営担当者から「こんなことをしたらお客様が喜んでくれた」とか、「こんなクレームを頂いた」といった情報が企画部門に寄せられる。それは全部財産として、次の店作りに生かすことができる。


長谷川裕一(お仏壇のはせがわ)

まずは自分の国の歩んできた道、自分たちのルーツを正しく学ぶ。当たり前のことを当たり前に学び、外国のこともよく学ぼう。


スティーブン・コヴィー

あなたはどんな状況下でも、自分がどう影響されるかを自分で選択することができる。あなたに起きた出来事あるいは受けた刺激と、それに対するあなたの反応との間には、あなたの自由、すなわち反応を選択する能力が存在しているのだ。


福原正大

先日、日本のある学校の授業を見学に行って驚きました。せっかく自由と平等について授業をやっているのに、先生が「こういう理由で、こっちの考え方がいい」と答えを押しつけていました。これじゃ生徒は自分の頭で考える力が身につかないでしょう。


大山健太郎

アイリスチトセの再生では、「無駄な支出を減らすこと」、「新たな事業の柱を作って売上を増やすこと」の2点を徹底的に進めました。


大塚寿

私は、一万人以上の企業経営者・管理職から、成功の秘訣や失敗の原因をヒアリングしてきました。彼らは、40代を振り返ってみて、「ビジネス人生の最大の転機だった」と異口同音にいい、その一方で最も後悔していることもほぼ共通していました。「40代では、仕事もプライベートももっと充実させられたはずなのに、時間がなくてできなかった」といいます。


藤田近男

先代(創業者、中島董一郎氏)とは42歳の年齢差がありました。入社したときは先代を含めて社員はわずか5人。20年以上も一緒に仕事をし、マンツーマンで教育してもらいました。厳しかったが、それでも一回目の失敗は許してくれました。企業に失敗や敗者復活を許す風土がないと、やっぱり社員は育ちません。


林野宏

何かに夢中になる時間が多ければ多いほど、人生は豊かになっていくもの。