吉村喜彦の名言

吉村喜彦のプロフィール

吉村喜彦、よしむら・のぶひこ。日本の小説家、ノンフィクション作家。大阪出身。京都大学教育学部卒業後、サントリーに入社。宣伝部、広島支店営業職などを経験したのち退社し作家となる。小説とノンフィクション両方を執筆。小説に『こぼん』『ビア・ボーイ』、ノンフィクションに『マスター。ウイスキーください 日本列島バーの旅』『漁師になろうよ』『リキュール&スピリッツ通の本』『食べる、飲む、聞く 沖縄美味の島』ほか。

吉村喜彦の名言 一覧

サントリー宣伝部には「真剣に遊ぶ」文化がありました。先輩からは「遊びを遊んではいけない」と言われました。本を読み、音楽を聴き、映画を観て、五感を磨けと教わりました。私も本気で遊んで仕事をし、81年には朝日広告賞を受賞することもできました。


いまはどのメーカーでもマーケティングが偏重されているように感じていますが、営業でも宣伝でも、仕事において大切なのは、数字やグラフでは表すことができない、人の繊細な気持ちや機微、商品への愛情だと思います。


サントリーで宣伝部から広島支店の営業部に異動になりました。人生で初めて、自分の思っていない方向に無理やり動かされたことがショックでした。しかし、実際に広島支店で営業をしてみると、人と人とのコミュニケーションが大事だということを再確認しました。営業と宣伝は同じだったのです。


普段はクルマで酒販店を回っているところを、自転車で行ってみる。すると、酒販店の方の印象に残って、「今度の新しい営業は面白い」と思ってもらえる。あるいは、宣伝部で磨いた感性を活かして、一緒に商品展示を考える。そうして自分を売り込んでいきました。ほかの営業ができない新しいことをして目立つので、支店内や広島の同業他社から異端児扱いされることもありましたが、決して嫌われていたわけではありません。
【覚書き|サントリー時代、広島で営業マンをしていた頃を振り返っての発言】


メーカーだけでなく、いまの日本全体にも、目に見えないものを無視する傲慢さがあるように思えてなりません。だからこそ、人と人とのコミュニケーションや目に見えないものの大切さを伝えたい。作品を通して、机上のマーケティング理論ではわからない、目に見えないものの大切さを感じてもらえればと思います。


吉村喜彦の経歴・略歴

吉村喜彦、よしむら・のぶひこ。日本の小説家、ノンフィクション作家。大阪出身。京都大学教育学部卒業後、サントリーに入社。宣伝部、広島支店営業職などを経験したのち退社し作家となる。小説とノンフィクション両方を執筆。小説に『こぼん』『ビア・ボーイ』、ノンフィクションに『マスター。ウイスキーください 日本列島バーの旅』『漁師になろうよ』『リキュール&スピリッツ通の本』『食べる、飲む、聞く 沖縄美味の島』ほか。

他の記事も読んでみる

アラン(哲学者)

社交生活や訪問や儀式やお祝いがいつも好まれるのである。それは幸運を演じてみるチャンスなのだ。この種の喜劇は間違いなく我々を悲劇から解放する。


土屋賢二

よく「話せばわかる」と言いますが、それは幻想にすぎません。本来、人は話せば話すほど互いの立場や考えの違いが明確になっていくものです。良好なコミュニケーションは、その違いの認知を前提として成立していくものです。


ウィリアム・ジェームズ

我々は泣くから悲しい、殴るから怒る、震えるから恐ろしいということであって、悲しいから泣き、怒るから殴り、恐ろしいから震えるのではない。


ジョセフ・スティグリッツ

イノベーションがもたらす効果をGDP(国内総生産)の統計に見いだすことは難しい。


中田誠司

「クオリティナンバーワン」を追求していく。顧客のニーズを引き出して喜ばれる提案をするには、知識と、自分でストーリーを考え組み立てる能力が必要だ。


日和佐信子

現場の判断に任せるという姿勢だけでは社員は本当につらいと思います。ルールに対して明確なメッセージをわかりやすく発信するのがトップの務めです。


織田大蔵

会社に事件が発生し、非常事態になったとする。このときぐらい人を見分ける絶好のチャンスはない。人というものは、平穏無事のときには、なかなかその尻尾を出さない。ところが、いったん火災とか、取引先の倒産、大きな交通事故、会社の乗っ取り、国税局の査察など、いろいろな大事件や非常事態が発生すると、どうしてもその人間の地金が出る。付け焼刃はすぐはがれてしまう。


千田琢哉

お金持ちの人はどれだけ人気があるラーメン屋でも並んでまで食べようとは思いません。その時間があればどれだけ仕事ができ、お金を生むかがわかっているからです。


長谷川裕一(お仏壇のはせがわ)

混乱期、大難の時期は、報いを求める者がリーダーになってはいけない。


ジェイソン・ダーキー

私は米国のシアトルに生まれました。両親は芸術家で、普通のことが許されず、「面白いことはウェルカム」という環境で育ちました。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

定年後も年収150万円で再雇用で働くとします。65歳までの5年間の収入は750万円。一方、国民年金保険料を40年間納めた時の老齢基礎年金は年約78万円です。つまり、5年間の労働力は基礎年金10年分に相当します。一方、運用で750万円を稼ぐには1000万円の元本を年12%という高利回りで5年間回す必要があります。これは非常に困難です。つまり、定年後5年間の労働は、年金や高利回り運用に匹敵する資産だと考えられます。その価値は自分自身で決められるのです。


大江英樹

働けるのであればリタイアせずに働いた方がいい。再就職はハローワークなどに頼っても望むような仕事はほとんどない。50代のうちから定年を見据えて社外で信頼できる人脈を作る努力をした上で、自分の人間性や能力を見極め、活用してくれる企業を探す必要がある。


竹原慎二

プロをめざして上京した翌日にはホームシックで泣きました。昼は内装建築で働いて、夜はジムでトレーニング。何度も逃げたいと思ったけど、耐えられたのは、ボクシングをやめたら、元の自分に戻ってしまうと思ったからです。


喜多村円

私で16代目の社長になりますが、創業時から顧客の満足を最優先する企業理念を守り続けたからこそ、会社が存続できたと考えています。


法華津孝太

若いうちは重荷に感じられても、自分の手に余るような仕事に勇敢にぶつかっていくことが大切である。
【覚書き:20代で日本軍とリットン調査団の英語通訳として同行した時のことを振り返っての言葉。】


ページの先頭へ