名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉村典久(経営学者)の名言

twitter Facebook はてブ

吉村典久(経営学者)のプロフィール

吉村典久、よしむら・のりひさ。日本の経営学者。「大阪市立大学経営学研究科」教授。奈良県出身。学習院大学経済学部経営学科卒業、神戸大学大学院修了。和歌山大学経済学部教授・同学部長、大阪市立大学経営学研究科教授などを務めた。専門は経営学、競争戦略論。

吉村典久(経営学者)の名言 一覧

クーデターが成功しても、新社長はリストラなど痛みを伴う改革には踏み切りにくい。自分に反対する勢力も含め社内の意見に幅広く耳を傾けないといけないからで、いわば「クーデターの2次被害」とも呼べる停滞期を迎えることになります。


企業におけるクーデターとは「社長が続ける意思があるのにもかかわらず、周辺の意向から退任させられること」。クーデターは起きないに越したことはありません。「ゴタゴタがあった企業」として評判を毀損するからです。そもそもクーデターが起きるのは、それだけ会社が追い詰められていた証拠でしょう。起きないためにどうするかを考えるべきです。


吉村典久(経営学者)の経歴・略歴

吉村典久、よしむら・のりひさ。日本の経営学者。「大阪市立大学経営学研究科」教授。奈良県出身。学習院大学経済学部経営学科卒業、神戸大学大学院修了。和歌山大学経済学部教授・同学部長、大阪市立大学経営学研究科教授などを務めた。専門は経営学、競争戦略論。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

事業の失敗は2通りあって、競合に負けるケースと、自らこけるケースがある。この比率は実は5対5なのです。長期的に安定して成長するための人材が自分のところにも、相手にもいるのかどうか。


岩瀬大輔

私は抱えている仕事が少しでも「煮詰まった」と思ったら、提出するようにしていました。コンサルティング会社にいたときも、レポートがそこそこできた時点で、すぐマネージャーにチェックしてもらっていました。「こんなに何度も持ってくる奴は初めてだ」と言われました。途中の過程で見てもらっていますから、内容は80点に満たないものもあります。だから、厳しい指摘も受けました。でも、上司やその分野に関して得意な人の力を借りた方が、短期間でよい成果のものができます。


兼元謙任

頭の中の回路を、目標を「考える」から、勇気を出して目標を「決める」に切り替える必要があります。ああでもないこうでもないと悩んでいるだけでは、目標なんていつまで経っても決まらないし、目標が決まらなければモチベーションも上がらないということを知っておくべきです。


玉塚元一

ビジネススクールでの2年間、それこそ必死で勉強しました。そこで学んだ財務やマーケティングなどの専門知識は、ラグビーでいえばベンチプレスのようなものです。ベンチプレスをやっておけば怪我のリスクがおさえられるように、知識があれば無用な失敗を避けることもできます。


國松孝次

警察の役人はまず目の前にある現実に対応しなくてはいけない。現実に対応するのは、実務教育だけでは無理です。逮捕状の取り方などテクニックを叩き込むだけでは優秀な警察官にはなりません。それよりも、全人教育というか、仕事以外のコミュニケーションや社会勉強を通して人格を練磨することが必要です。


山本高史

もし雑談が上手になりたいのであれば、まずは自分と相手の経験を重ね合わせることを意識することです。そうすれば徐々に話題が相手にヒットすることも増えて、アプローチするのが苦ではなくなっていくはずです。


片田珠美

普段の顔に騙されてはダメ。逆境のときの態度で見極めることが大切。


井阪隆一

「達成したいこと」をしっかり持っていれば、迷うことがあったとしても、その原点に立ち返って考えることができる。


中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)

悩むのは家の中だけでいい。稽古場ではとにかくやれ、動物的に動け。


鷹城勲

世界のハブ空港に勝つためには、羽田空港単独ではなく、日本の航空業界が一体となっていかに勝つかを考えなければなりません。また、よく航空と新幹線との競争をいわれますが、鉄道との共存も不可欠です。ひとつの例として、定時発着では航空も新幹線も世界一です。もし空港と新幹線を一体化すれば、これほど強力な交通システムはありません。