名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉村典久(経営学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村典久(経営学者)のプロフィール

吉村典久、よしむら・のりひさ。日本の経営学者。「大阪市立大学経営学研究科」教授。奈良県出身。学習院大学経済学部経営学科卒業、神戸大学大学院修了。和歌山大学経済学部教授・同学部長、大阪市立大学経営学研究科教授などを務めた。専門は経営学、競争戦略論。

吉村典久(経営学者)の名言 一覧

クーデターが成功しても、新社長はリストラなど痛みを伴う改革には踏み切りにくい。自分に反対する勢力も含め社内の意見に幅広く耳を傾けないといけないからで、いわば「クーデターの2次被害」とも呼べる停滞期を迎えることになります。


企業におけるクーデターとは「社長が続ける意思があるのにもかかわらず、周辺の意向から退任させられること」。クーデターは起きないに越したことはありません。「ゴタゴタがあった企業」として評判を毀損するからです。そもそもクーデターが起きるのは、それだけ会社が追い詰められていた証拠でしょう。起きないためにどうするかを考えるべきです。


吉村典久(経営学者)の経歴・略歴

吉村典久、よしむら・のりひさ。日本の経営学者。「大阪市立大学経営学研究科」教授。奈良県出身。学習院大学経済学部経営学科卒業、神戸大学大学院修了。和歌山大学経済学部教授・同学部長、大阪市立大学経営学研究科教授などを務めた。専門は経営学、競争戦略論。

他の記事も読んでみる

佐々木正

もっと広く考えないといけない。シャープも「ヘルシオ」や「プラズマクラスター」といった健康分野に力を入れ出したのはいいことです。


古森重隆

リーダーには、「いまやるべきことは、何があってもやるしかない」という強い決意が必要だ。


原志保(ビューティーアドバイザー)

最近、私が思うのは、美容を突き詰めると勝手に健康になっていくんです。だから、「健康ありきの美容、美容ありきの健康」かなと思います。


森川宏平

今、化学業界全体が非常に良いと言われますが、この状況は非常に珍しく、何年も続くとは思っていません。その意味でも、我々が持っている13の事業で、どこが良くなり、どこが悪くなるかを1つひとつ見ていく必要があります。


熊坂隆光

活字メディアの未来を悲観するという感じは持っていません。ある友人が、社長就任後「グーテンベルクが活字を発明して以来の大変な状況になっているらしいね。ご同情申し上げます」という内容の手紙をくれたのですが、私としては、新聞はまだまだ若いメディアだと思っています。つまり、やれることはたくさん残っているということです。


竹中平蔵

諦めて成功する努力を止めてしまえばすべては終わり。自分が諦めないかぎり、終わりは来ない。


山内溥

私はいま、経営体制から離れていますし、これから先も私自身が経営に口出しすることはありません。そこで辞めるにあたって、ひとつ提案をしています。かつて人々が考えたことのないような発想の転換をして、そういうハードを作っていく。そしてそれに対応するハードを作っていくべきなのです。しかもそのソフトは、いま現在作っているソフトに比べて短い時間と低いコストで作れ、これまでのものとは明確に違うという認識をユーザーに持ってもらえるようなものです。話だけを聞いてもらえると、「そんなものが作れるのか?」と言われそうですけど、そういう挑戦をし続けるのが任天堂のビジネスですし、私が言い続けてきた「任天堂のソフト化路線」というのは、実はそういうことを志向することでありました。そんなことを、私からの提案として新経営陣に残しました。そのソフトが具体的にどんなものかは言えませんが、おそらく彼らは近い将来、少なくとも私が生きているうちに、市場に送りだしてくれるだろうと期待しています。


永守重信

私は創業した時に、経理の専門学校に夜通った。技術者出身だが、経理・財務が分からなければ経営はできないと思ったからだ。だから今でも会計の仕訳はできるし、資金繰りの試算表も作れる。キャッシュがどう動いているかは体感で分かると言ってもいい。


土屋敦之

業界初の新たな取り組みを始めます。それが高校生の無料利用「HIGH SCHOOL PASS」です。部活や勉強、自分の将来について様々な悩みを抱える時期であるからこそ、心と身体に正しく向き合って欲しいという思いから、この制度を始めました。


鳥原隆志

注意していただきたいのは、「保留」と「先送り」は別物であるということ。先送りは単なる放置ですが、保留は「判断をするタイミングを決めて、それまでに判断の精度を上げるための情報を集める行動を取る」ということです。


寺尾玄

大手家電メーカーではできていないことがある。


津賀一宏

売上を維持するために製品を出すということはしない。お客様が、「本当にこれが欲しい」「これを使って仕事や暮らしぶりが変わった」と思ってもらえるものを作りたい。