名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉村元久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村元久のプロフィール

吉村元久、よしむら・もとひさ。日本の経営者、企業再生家。「ヨシムラ・フード・ホールディングス」社長。北海道出身。一橋大学商学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得。大和証券資産証券部課長代理、モルガン・スタンレー証券事業法人部エグゼクティブ・ディレクターなどを経てエルパートナーズ(のちのヨシムラ・フード・ホールディングス)を設立。

吉村元久の名言 一覧

中小企業にはいい技術や製品があっても、細かい無駄が多かったりする。それを取り除き、コツコツいい商品を生み出している中小企業が評価される環境を整えるのが我々の仕事。


海外から集まった優秀な人達と接することで、それまで自分の座標軸でしかモノを見ることが出来なかったことが、大きく視野が広がり、価値観の違いを前提にしてコミュニケーションできるようになったことは、米国留学から得た最大の収穫だったと思います。


M&Aによる中小企業の育成は、参入障壁が高いビジネス。中小企業を買収して経営を改善していくのは、相応の経験とノウハウが要る。例えば大企業は人が多いからリストラはしやすいですが、中小企業では限られた人を生かしていかないといけない。従業員と信頼関係を築き上げ、手間暇をかけて収益を出し、そこで得た収益を次のM&Aに回していくのは難しいのです。


買収金額が安いというだけでは、企業は選びません。企業再生系の案件だと、買収価格は安くてもその後に大きくコストがかかる場合があります。買収後の利益が少額しか出ない企業でも、買った後にかかるコストが軽く買収価格に見合うと判断すれば買う価値はあると思います。あくまで買う金額とその後の経営改善にかかるコストの合計が、買収後の企業の収益に見合ったものかを重視しています。


大企業や投資ファンドもM&Aを重視しますが、当社の競合にはなりません。買う企業は中小の食品メーカーに絞ってますが、こうした企業は大企業やファンドの投資案件にはならないのです。当社の場合、買収した企業をどこかに売却するのではなく、長期で育てるというのもポイントです。この点で買収・再生ファンドとは大きく異なります。だからこそ、後継行難の企業が信頼して経営を任せてくれるという面もあるのです。競争相手がいない、参入障壁が高いビジネスだからこそ、収益を伸ばせる余地は大きいと思います。


中小企業に対するM&Aを積極的に行う企業であるという点も、注目の背景にあると思います。中小企業を対象としたM&A仲介を手掛ける日本M&Aセンターも株価好調ですが、「中小企業の後継者難」というのは投資テーマとして認知されているようです。少子高齢化が進む中、後継難に悩む中小企業は増えています。広い意味での高齢化社会関連と捉えられているのでしょう。経済構造が変わりつつあるからこそのビジネスです。


吉村元久の経歴・略歴

吉村元久、よしむら・もとひさ。日本の経営者、企業再生家。「ヨシムラ・フード・ホールディングス」社長。北海道出身。一橋大学商学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得。大和証券資産証券部課長代理、モルガン・スタンレー証券事業法人部エグゼクティブ・ディレクターなどを経てエルパートナーズ(のちのヨシムラ・フード・ホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

袴田武史

日本の市場だけでビジネスを展開するための仕組みは作ってほしくありません。たとえ国内で成功して資金が入っても、長期的に考えれば日本の市場は小さすぎます。最終的には世界という大きな市場を狙わなければ、生き残れなくなってしまう。


藤田晋

最後のひと踏ん張りが、大きな差を生む。実はそこが一番苦しくて、辛い。そんな苦しい状況から逃げ出さずに、最後までやり切れるかどうか。そこが勝負の別れ目。


藤田晋

コンペで勝つにはプレゼン内容だけでは決まりません。自分が80点のプレゼンをしても、クライアントに足しげく通って信頼関係を築いたライバルの60点に負けることがある。「20点の差は企画を進めていくうちに埋められる。あの人の熱意や人柄に惚れた」という理由で。


永守知博

最初はメーカーをつくりたかった。ただ、メーカーを起業するにはお金や技術が必要で、いきなりは難しい。そこでまずはメーカーを応援する事業で起業しました。具体的には、小さなメーカーさんの海外進出を手助けする事業。これは失敗し約1年後に事業を切り替えました。次が電気関係の商社。LEDなどの節電商材を海外に販売しています。この事業はいまも継続してやっています。


三村明夫

ジャスト・イン・タイムの一つの思想というのは何かといったら、常に小さな危機を発生させるということですよ。在庫を持たないんだから、サプライ・チェーンのどっかが欠けても、どこのところが問題だって、そこのところがすぐ分かるわけです。だから、こういう問題を要するに、小さな芽のうちに潰す。これがその思想。


林田英治

各事業会社の細かなことには口を出さず、彼らが気づきにくい大きなトレンドを見てアドバイスをしていく。


八田英二

同志社の創立者・新島襄は、大学には二つの大きな社会的使命があると言っています。一つは「専門知識を教えること」、もう一つは「人格形成を行なうこと」。なかでも重視しているのが人格形成です。専門知識は、人類の幸福のため、社会のため、自分の将来のために必要です。ただし学び得た知識を世に活かす時、品性が備わっていなければ意味がありません。


小松易

あなたが取引先の事務所や店舗を訪れる機会があり、廊下のキャンペーンポスターが古いものだったり、共有スペースの荷物が崩れかけていたりしたらどんな印象を受けるだろうか。会社や仕事に対する諦めを無意識のうちに感じ取るはずだ。もし感じなければ、あなた自身も重症である。


高橋政史

相手を唸らせる企画は、ポイントが整理されているものです。そのためには不要なアイデアを捨てなければいけません。


佐藤康人

やる気のある集団を作れないのは、そもそも「売りたい」と思えるような仕組みが作れていなかったり、自信を与えていないから。


橋本雅治

お客様を楽しくさせたいという思いから、驚きと楽しみを大きなコンセプトにしています。


佐藤康行

人は、苦しい記憶を後生大事に握りしめて、写真を何度も見返すように「この恨みを忘れてなるものか」「私は不幸だ」と思いがちです。その恨みを外に向ける人は周りとの関係を壊していき、恨みを自分に、つまり「悪いのは自分だ」と思い詰める人は、うつになりやすい傾向があります。思考は現実化するという言葉がありますが、まさにそのとおりなのです。