名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉村元久の名言

twitter Facebook はてブ

吉村元久のプロフィール

吉村元久、よしむら・もとひさ。日本の経営者、企業再生家。「ヨシムラ・フード・ホールディングス」社長。北海道出身。一橋大学商学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得。大和証券資産証券部課長代理、モルガン・スタンレー証券事業法人部エグゼクティブ・ディレクターなどを経てエルパートナーズ(のちのヨシムラ・フード・ホールディングス)を設立。

吉村元久の名言 一覧

中小企業にはいい技術や製品があっても、細かい無駄が多かったりする。それを取り除き、コツコツいい商品を生み出している中小企業が評価される環境を整えるのが我々の仕事。


海外から集まった優秀な人達と接することで、それまで自分の座標軸でしかモノを見ることが出来なかったことが、大きく視野が広がり、価値観の違いを前提にしてコミュニケーションできるようになったことは、米国留学から得た最大の収穫だったと思います。


M&Aによる中小企業の育成は、参入障壁が高いビジネス。中小企業を買収して経営を改善していくのは、相応の経験とノウハウが要る。例えば大企業は人が多いからリストラはしやすいですが、中小企業では限られた人を生かしていかないといけない。従業員と信頼関係を築き上げ、手間暇をかけて収益を出し、そこで得た収益を次のM&Aに回していくのは難しいのです。


買収金額が安いというだけでは、企業は選びません。企業再生系の案件だと、買収価格は安くてもその後に大きくコストがかかる場合があります。買収後の利益が少額しか出ない企業でも、買った後にかかるコストが軽く買収価格に見合うと判断すれば買う価値はあると思います。あくまで買う金額とその後の経営改善にかかるコストの合計が、買収後の企業の収益に見合ったものかを重視しています。


大企業や投資ファンドもM&Aを重視しますが、当社の競合にはなりません。買う企業は中小の食品メーカーに絞ってますが、こうした企業は大企業やファンドの投資案件にはならないのです。当社の場合、買収した企業をどこかに売却するのではなく、長期で育てるというのもポイントです。この点で買収・再生ファンドとは大きく異なります。だからこそ、後継行難の企業が信頼して経営を任せてくれるという面もあるのです。競争相手がいない、参入障壁が高いビジネスだからこそ、収益を伸ばせる余地は大きいと思います。


中小企業に対するM&Aを積極的に行う企業であるという点も、注目の背景にあると思います。中小企業を対象としたM&A仲介を手掛ける日本M&Aセンターも株価好調ですが、「中小企業の後継者難」というのは投資テーマとして認知されているようです。少子高齢化が進む中、後継難に悩む中小企業は増えています。広い意味での高齢化社会関連と捉えられているのでしょう。経済構造が変わりつつあるからこそのビジネスです。


吉村元久の経歴・略歴

吉村元久、よしむら・もとひさ。日本の経営者、企業再生家。「ヨシムラ・フード・ホールディングス」社長。北海道出身。一橋大学商学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得。大和証券資産証券部課長代理、モルガン・スタンレー証券事業法人部エグゼクティブ・ディレクターなどを経てエルパートナーズ(のちのヨシムラ・フード・ホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

伊藤美恵

仕事をするには、ハングリーであることが必須です。野心のない人と話していても、つまらないし、疲れるだけ。


宮崎駿

中小企業は特にそうですね。なんかやっぱり、みんな同じような待遇で、ちゃんと扱いたいと思ってても、それができないから、アルバイトにしたり日給月給にしてやってるわけで、それは申し訳ないなあっていう気持ちがどっかに働かないとやっぱり嫌です。


遠藤章造

この10年、俺が感じていたのは縁の不思議さです。つながりが続く人もいれば、途切れてしまう人もいる。なんでやろうな……と。すごくモヤっとしていた思いを抱えていたんです。それが、この間テレビでご一緒した笑福亭鶴瓶さんのひと言で、すっと晴れていった。鶴瓶さんは「縁は努力だ」と仰っていて、本当にそうやな、と。人に出会うのは縁やけど、努力がなければすーっとなくなっていくもの。どうしても終わった番組のスタッフや演者さんとのつき合いは薄くなってしまい、俺もそれをそのままにしてきたことに後悔があったんです。だから、これから始まる番組、出会った人との縁は今まで以上に努力してつなげていこう、と。それが40代のテーマかなと思っています。


林高生

一発勝負だけでなく、ノウハウを少しずつ貯めて、ビジネスを育てるという風土と努力があってこそ、安定した息の長い企業であり続けることができる。


向井理

意見の相違は、もちろんないほうがいいと思います。けれど、良い作品を作るためには、自分の意見を主張することもあります。


水島広子

慢性的な怒りとは「我慢させられている」という思い、つまり被害者意識から生まれるものなのです。しかし、怒りを持ち続けると、心には更なるダメージが加わります。被害者意識に凝り固まるとものの見方が偏るため、何事につけても悲観的になりますし、対人関係も歪んできます。また、怒りは集中力を下げてしまうので仕事に支障をきたすというデメリットもあります。


冨安徳久

死生観についても指導しています。死生観とは、「人はいつか亡くなる」という時間への意識。「明日があるかも分からない」と思えばこそ、「今できることは今やろう」と即行動できるようになります。すると、ご遺族のためにすべきことを後回しにしなくなる。これだけでも、人はとてつもない力を発揮するようになるのです。


永守重信

貧しい農家で育っただけに、私は社員の誰よりも人の苦しみを知っています。一般の従業員がどれだけ解雇を心配しているかもよくわかります。だから、そんな恐ろしいことを私は絶対にしません。堀を埋められ城壁を壊されても、雇用だけは守り抜きます。当社にとって雇用は「天守閣」なのです。


野中郁次郎

実際に雨が降ったときに傘をさすという行為自体は、誰にでもできる自然な行為です。ところがそれが経営に関することとなると、その当たり前のことができなくなることがある。たとえば、適正利益を加味した値付けをしないとか、売ったものの代金をきちんと回収しないとかいったことです。


佐藤誠治(経営者)

アドラー心理学では、人は他者への貢献によって幸せを実感できると説いています。経済的な報酬に加えて誰かの役に立ったという実感が得られれば、行員のモチベーションを上げて成長の持続性を高めることができる。


山本晃則

競争力のある製品以外はそもそも開発しない。


似鳥昭雄

新しい担当者は今までと同じことをするなと言っています。今までと同じことを繰り返すだけなら3か月単位で交代してもらいます。実際、3か月で交代して辞めていった人もいますが、3か月でできなかったら1年経っても、10年経ってもできません。当社の社員にはそれくらいの心構えで仕事に取り組んでほしいと思っています。


フランソワ・デュ・ボワ

出発点は、自覚を持つこと。自分が悪いクセを抱えていることに気づいていない人も多い。気づかないことには断ち切れない。


松本大

十年ほど前に、ある有名なコンサルティング会社での講演を頼まれたことがあります。役員から新人まで、たしか約60人ものコンサルタントに向かって、なんでもいいから話をしてほしいということでした。これには困りました。みんな優秀な人たちですし、経験も豊富。新人は、経験は少ないとはいえ、かなりの勉強をしているでしょう。どんな話をすれば、彼らは耳を傾けてくれるのか? そこで私は、演台に立って最初に「どんな話が聞きたいですか?」と質問をすることにしました。そして、20ほど出てきた質問をいくつかのグループにまとめて、そのそれぞれについて話したのです。これは少しズルい方法かもしれませんが、満足していただける講演になったのではないかと思います。


遠藤功

私にとってノートは「落書き帳」。書き方にルールはなく、とにかく思いつくままなんでも書き殴るので、汚れたり書き損じたりしても気にならないキャンパスノートがベストです。年に約5冊のペースで使い切り、今までに書き終えた数十冊のノートは、大事なデータベースとしてすべて保存してあります。「前回あの人に会ったとき、どんな話をして、何を感じただろうか」と振り返りたいときも、ノートをさかのぼれば、自分の思考を辿れます。