名言DB

9413 人 / 110706 名言

吉村元久の名言

twitter Facebook はてブ

吉村元久のプロフィール

吉村元久、よしむら・もとひさ。日本の経営者、企業再生家。「ヨシムラ・フード・ホールディングス」社長。北海道出身。一橋大学商学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得。大和証券資産証券部課長代理、モルガン・スタンレー証券事業法人部エグゼクティブ・ディレクターなどを経てエルパートナーズ(のちのヨシムラ・フード・ホールディングス)を設立。

吉村元久の名言 一覧

中小企業にはいい技術や製品があっても、細かい無駄が多かったりする。それを取り除き、コツコツいい商品を生み出している中小企業が評価される環境を整えるのが我々の仕事。


海外から集まった優秀な人達と接することで、それまで自分の座標軸でしかモノを見ることが出来なかったことが、大きく視野が広がり、価値観の違いを前提にしてコミュニケーションできるようになったことは、米国留学から得た最大の収穫だったと思います。


M&Aによる中小企業の育成は、参入障壁が高いビジネス。中小企業を買収して経営を改善していくのは、相応の経験とノウハウが要る。例えば大企業は人が多いからリストラはしやすいですが、中小企業では限られた人を生かしていかないといけない。従業員と信頼関係を築き上げ、手間暇をかけて収益を出し、そこで得た収益を次のM&Aに回していくのは難しいのです。


買収金額が安いというだけでは、企業は選びません。企業再生系の案件だと、買収価格は安くてもその後に大きくコストがかかる場合があります。買収後の利益が少額しか出ない企業でも、買った後にかかるコストが軽く買収価格に見合うと判断すれば買う価値はあると思います。あくまで買う金額とその後の経営改善にかかるコストの合計が、買収後の企業の収益に見合ったものかを重視しています。


大企業や投資ファンドもM&Aを重視しますが、当社の競合にはなりません。買う企業は中小の食品メーカーに絞ってますが、こうした企業は大企業やファンドの投資案件にはならないのです。当社の場合、買収した企業をどこかに売却するのではなく、長期で育てるというのもポイントです。この点で買収・再生ファンドとは大きく異なります。だからこそ、後継行難の企業が信頼して経営を任せてくれるという面もあるのです。競争相手がいない、参入障壁が高いビジネスだからこそ、収益を伸ばせる余地は大きいと思います。


中小企業に対するM&Aを積極的に行う企業であるという点も、注目の背景にあると思います。中小企業を対象としたM&A仲介を手掛ける日本M&Aセンターも株価好調ですが、「中小企業の後継者難」というのは投資テーマとして認知されているようです。少子高齢化が進む中、後継難に悩む中小企業は増えています。広い意味での高齢化社会関連と捉えられているのでしょう。経済構造が変わりつつあるからこそのビジネスです。


吉村元久の経歴・略歴

吉村元久、よしむら・もとひさ。日本の経営者、企業再生家。「ヨシムラ・フード・ホールディングス」社長。北海道出身。一橋大学商学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得。大和証券資産証券部課長代理、モルガン・スタンレー証券事業法人部エグゼクティブ・ディレクターなどを経てエルパートナーズ(のちのヨシムラ・フード・ホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

相原孝夫

会社は利益を追求する組織といえども、その中にいるのは感情のある人間です。「この人が言うなら本気でやろう」と思うのが人間の心理。結果を出し、昇進するために、取引先や上司ばかりを大切にする人がいますが、まずは周りの人を、関心を持ってよく見ることが先決です。


マイケル・ゲルブ

私たちには過去の誰よりも自由、可能性、選択肢がある。それと同時に、無用なもの、凡庸なもの、えり分けて捨てるべきゴミなどもかつてないほどたくさんある。


小泉進次郎

僕は、政治家と団体の関係というのは「農家のみなさんに喜んでいただけるなら、団体に嫌われてもいい」ということに尽きます。「団体は喜ぶけど、農家の人は喜ばない」ようなことをやってはいけない。それは、業界団体との関係全般にも言えることではないでしょうか。とてもシンプルな考え方です。


三谷宏幸

いま、日本企業を見渡してみると、先達がつくったやり方から逃れられないという呪縛にも似たものを感じている。「角を矯(た)めて牛を殺す」という状況に映る。重要なのは企業がしっかりと利益をあげながら存続することであって、過去の手法を継続することではないはずだ。
【覚書き|角を矯(た)めて牛を殺す=牛の角を無理やりまっすぐに矯正しようとして殺してしまうこと。枝葉末節にこだわって肝心な根本を損なってしまうという意味のことわざ】


泉谷直木

人に学び、本に学ぶ。当たり前かもしれないが、それが大事。


加藤寛一郎

37歳で空手を始め、39歳で初段、50歳で四段をとりました。さらに67歳からボクシングまで始めました。こう言うと大抵かなり驚かれます。そろそろ40歳に手が届こうという年になって格闘技を始め、70歳近くになってボクシングに挑戦したのですから。友人などは正気の沙汰ではないなどと言いました。ですが、私は並外れた体力、運動神経の持ち主などではありません。でも、運動神経が鈍くて弱い私も格闘技に挑戦し続けてきたおかげで後半生の生き方のようなものが見えてきたように感じます。


岩渕健輔

今こそ変わらなければという認識が日本ラグビー協会の中にあった。そうでなければ私にGMのオファーは来なかったでしょう。


ムーギー・キム(金武貴)

雑誌の記事を読んで、「あの有名人がやっているのなら、自分もやってみようか」といった程度の意識では、決して長続きしません。また、健康法と同じで、習慣にも自分に合うものと合わないものがありますから、自分に合った「働き方の習慣」を選ぶことも大事です。


野村博(経営者)

製薬会社が医薬品だけを手掛ければいい時代は終わりました。医薬品に近い「フロンティア領域」で新たな事業のタネを探すのも使命です。生体信号を活用したデバイスやアジアでの病院経営、医療ツーリズムなどアイデアとしては何でもありです。患者の役に立つ事業を幅広く考えていきます。


藤屋伸二

企業経営に必要なマネジメントの条件を学ぶと、ヒト・モノ・カネの仕組みが分かる。中でも仕事に求められる「認識」「構想」「構築」「運営」の基礎知識を身につければ、組織内での自分の役割や問題の原因を特定でき、仕事の効率改善になる。


孫正義

時価総額なんて、影絵のようなもの。大きくもなれば小さくもなる。


佐々木眞一

大事なのはやはり人材育成です。IoTを導入しても、人というファクターがなくなるわけではない。IoTで異常を発見できても、実際に直すのは人です。人への投資をしないでいいと思っている経営者がいれば恐ろしいことです。ロボットのプログラミングでも、熟練した人間の動作を分析して何ができるのかを考える。最後はロボットでもできるようになるかもしれませんが、熟練した人間の技ありきです。


松岡修造

失敗してもいいんだぞ。失敗すれば、どこが悪かったのかわかる。失敗を恐れて何も行動しなくなるのが、一番よくない。


山東理二

社員と意識を共有する意味で、社長就任後、社員との対話集会を就任1か月で13回行った。社員の考えや悩みを知ると同時に、私の考えを理解してもらいたいという思い。話をしていると特に若手に現状への危機感、経営と議論したいという思いが強いことがわかった。今後も対話を続けていきたい。


新谷学

雑誌の誌面は上澄み。日の目を見なかったボツの現場は山ほどある。