名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉村元久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村元久のプロフィール

吉村元久、よしむら・もとひさ。日本の経営者、企業再生家。「ヨシムラ・フード・ホールディングス」社長。北海道出身。一橋大学商学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得。大和証券資産証券部課長代理、モルガン・スタンレー証券事業法人部エグゼクティブ・ディレクターなどを経てエルパートナーズ(のちのヨシムラ・フード・ホールディングス)を設立。

吉村元久の名言 一覧

中小企業にはいい技術や製品があっても、細かい無駄が多かったりする。それを取り除き、コツコツいい商品を生み出している中小企業が評価される環境を整えるのが我々の仕事。


海外から集まった優秀な人達と接することで、それまで自分の座標軸でしかモノを見ることが出来なかったことが、大きく視野が広がり、価値観の違いを前提にしてコミュニケーションできるようになったことは、米国留学から得た最大の収穫だったと思います。


M&Aによる中小企業の育成は、参入障壁が高いビジネス。中小企業を買収して経営を改善していくのは、相応の経験とノウハウが要る。例えば大企業は人が多いからリストラはしやすいですが、中小企業では限られた人を生かしていかないといけない。従業員と信頼関係を築き上げ、手間暇をかけて収益を出し、そこで得た収益を次のM&Aに回していくのは難しいのです。


買収金額が安いというだけでは、企業は選びません。企業再生系の案件だと、買収価格は安くてもその後に大きくコストがかかる場合があります。買収後の利益が少額しか出ない企業でも、買った後にかかるコストが軽く買収価格に見合うと判断すれば買う価値はあると思います。あくまで買う金額とその後の経営改善にかかるコストの合計が、買収後の企業の収益に見合ったものかを重視しています。


大企業や投資ファンドもM&Aを重視しますが、当社の競合にはなりません。買う企業は中小の食品メーカーに絞ってますが、こうした企業は大企業やファンドの投資案件にはならないのです。当社の場合、買収した企業をどこかに売却するのではなく、長期で育てるというのもポイントです。この点で買収・再生ファンドとは大きく異なります。だからこそ、後継行難の企業が信頼して経営を任せてくれるという面もあるのです。競争相手がいない、参入障壁が高いビジネスだからこそ、収益を伸ばせる余地は大きいと思います。


中小企業に対するM&Aを積極的に行う企業であるという点も、注目の背景にあると思います。中小企業を対象としたM&A仲介を手掛ける日本M&Aセンターも株価好調ですが、「中小企業の後継者難」というのは投資テーマとして認知されているようです。少子高齢化が進む中、後継難に悩む中小企業は増えています。広い意味での高齢化社会関連と捉えられているのでしょう。経済構造が変わりつつあるからこそのビジネスです。


吉村元久の経歴・略歴

吉村元久、よしむら・もとひさ。日本の経営者、企業再生家。「ヨシムラ・フード・ホールディングス」社長。北海道出身。一橋大学商学部卒業、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得。大和証券資産証券部課長代理、モルガン・スタンレー証券事業法人部エグゼクティブ・ディレクターなどを経てエルパートナーズ(のちのヨシムラ・フード・ホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

武田國男

リーダーがいないからというのは、逃げ口上でしかありません。いないんだから一人一人が自分でまず何ができるかを考えるべきです。


松本南海雄

豆腐や納豆などの「日配品」は安売りすれば集客の目玉になる半面、金額が小さいので安売りが利益に打撃を与えにくい。そうしたものと、あとはサンドイッチとか、日持ちのする総菜パンとか。「ついで買い」が期待できるものをひと通り揃えてしまえば、お客さんはわざわざほかの店に行ってまで買わなくなる。そうしたお客さんをポイントなんかでしっかりと確保していくことが重要でしょう。


黒川博昭

『ブルドーザー』。社長として、ここ数年の自分の役割は何だったのか、それを考えたときに思いついたのがこの言葉でした。富士通が本来の強さを発揮して、成長できる体制をつくるための地ならし役です。


齋藤勇(齊藤勇)

出世したいと思っているなら、40歳までに部長になるというように具体的な目標へと落とし込み、それを実現するために必要な行動を計画してみることです。計画を頭の中で思い描くだけではなく、書き出すことでいままで目をそむけていた現実的な課題を否が応でも意識するようになります。


上田準二

企画書を提出する前に各部署ときっちり詰めておかないといけません。各部署の状況を把握できれば、美辞麗句に頼らずとも説得力のある言葉をつかえます。期間やコスト、関係者に求める役割を具体的に示すこともできます。企画に協力してもらえるか、各部署でどんな問題が起きそうか、そのときどう対応するか。担当者とコミュ人ケーションする中で、いままで気が付かなかった企画の欠点が見えますし、信頼してもらえれば、企画を補強する手助けをしてくれるはずです。


平林実

「いまはあらゆる商品やサービスが行き渡っているから、みんなモノを買わなくなった」という人もいます。そうした意見はたしかに世の中の一面を捉えているかもしれません。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。時代や状況に応じて、消費者のニーズは刻々と移り変わっていくものです。それを的確に捉えることこそが、商売の面白さだと私は思います。そして、その面白さを味わうためには、私たち自身も変化していかなくてはなりません。


染谷光男

欧米でのしょうゆ事業が好調なのは、醸造しょうゆの良さが高く評価されている点が、最も大きな成功要因だと思います。商品の良さを知ってもらうには、実際に口にしてもらうほかに術はありません。キッコーマンは1957年に米国市場に進出しましたが、当時から手がけていたのがスーパー店頭でのデモンストレーションでした。消費者の方々に「やはり本醸造はいい」と納得していただくには、実際に食べてもらうのが一番だと考えての取り組みでした。マスメディアを使えば、不特定多数の人に一気にメッセージを流せます。他方、店内でのデモンストレーションは1日にせいぜい数百人規模の人たちにしかメッセージを送れません。実際に家庭で試してみようと思う人はごくわずかでしょう。それを週末ごとに繰り返すというのは、実に地味な作業です。しかし、海外で根を生やすには、この地道な取り組みこそが重要なのです。それをやらないと深みのない、うわべだけのものになってしまいます。


高橋恭平

昭和電工の社長になってから積極的に若手社員に小さな組織を任せる取り組みを始めました。優秀な社員を事業部は手放そうとしませんが、会社全体を考えれば、多様な経験を積むことはプラスに作用します。


野本弘文

企業というのは継続することが一番大事。世の中の変化に合わせて、企業として継続し成長するような仕組みを作っていくことが何より大事。


田中洋(マーケティング)

「全能感」という言葉は、精神分析学の創始者であるジークムント・フロイトの「幼児期全能感」に由来しています。幼児期の私たちは、実際には保護されている立場にもかかわらず、周りの人たちが何でも言うことを聞いてくれる完璧な存在だと思い込んでいます。こうした全能感は、成長するにつれて解消されるものですが、大人になっても姿を変えて表れることがあります。そのような状態を精神医学では「誇大観念」と呼びます。誇大観念を持っている人には、周囲に大きな態度で接したり、自己主張が激しかったり、周囲を気にせず自分のやることに没頭したりといった傾向が見られます。強いブランドを確立した企業にも、同様の傾向が表れることがあります。


渡辺捷昭

私が昭和39年の入社、奥田(碩)にしても昭和30年入社ですから、労働争議そのものは生で経験していません。でも、若いころに諸先輩方たちから辛酸をなめた時代の話を集中豪雨的に聞いていますから、身にしみついているんです。ただ、いまは豊かな時代に育って入社した世代ばかりです。苦労性と言われるかもしれませんが、語り部として危機感を後進に語り継いでいるつもりなんです。


広中平祐

コロンビア大学にいたころ、メキシコ出身の数学者がいました。とても真面目な人物でしたが、お世辞にも数学のレベルが高いとは言えません。ところが、あるとき、一流の数学者が束になっても解けなかった超難問を簡単に解いてしまったのです。皆、びっくり。ベテランが気付かなかった盲点を突く見事な着想でした。