名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉村久夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉村久夫のプロフィール

吉村久夫、よしむら・ひさお。日本の経営者。「日経BP」社長・会長。早稲田大学第一文学部卒業後、日本経済新聞社に入社。『日経ビジネス』編集長、『日本経済新聞』編集長、日経マグロウヒル(のちの日経BP)取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

吉村久夫の名言 一覧

ダーウィンも「変われるものだけが生き残る」といっている。「創意工夫」こそは古くて新しい人類の永遠の課題なのである。


多数決がすべて正しいわけではないように、「衆知」がすべて正しいとは限りません。ネット社会でも、足を使った事実の確認が必要であり、少数でも真実を究明する意見の提示が必要です。


平等は必要ですが、それはチャンスの平等であり、結果の平等ではありません。結果の平等ばかり求めて、向上心溢れる人たちのやる気を削いでは、社会全体が停滞してしまいます。


今の社会は均質化しすぎていて、成功者は足を引っ張られてしまう。むしろ、成功者を尊敬する風土がなければいけません。


我が道を行く、志の持てるような教育をしなければいけません。


私は日本の和の文化は世界で尊敬されるに値すると思っています。日本は世界からその存在を歓迎される国にならなければなりません。それこそが日本の生きる道です。それには日本が世界から尊敬される真の教育国にならなければならないと思います。教育は一朝一夕には効果が上がりません。それこそ百年の計で挑戦すべき課題なのです。


江戸時代後期の儒学者、佐藤一斎はその著『言志四録』の中で、それぞれの年代での勉学の勧めを述べた後で、最後に「老いて学べば死して朽ちず」と書いています。江戸の昔から生涯教育の教えはあったのです。政府も百歳時代の教育の在り方を考えなければならなくなりました。


昨今の世の中の変化には目を見張るものがあります。交通手段と通信手段の発達で、世の中が一気に狭くなりました。一国だけの閉ざされた社会で気ままに生きることは許されません。それは死を意味します。


環境変化に対応して人は開発され続けます。そのことは歴史が証明しています。人類は時代とともに進化して来たのです。それは人類自身の持って生まれた才能のおかげもありましたが、人為的に人材を開発して来た結果でもありました。つまりは教育の力です。


人類の生存の鍵を握る「創意工夫」の中で、いまやハードよりもソフトがより大事になっているように思われる。新しい技術を人間社会に役立つように使いこなすために、それにふさわしいソフトウエア、制度が必要になっているように思うからである。


既存のマスメディアの企画力の貧困やマンネリ化がなぜ起こるのか。優秀な人材を採用していながら、既得権益にあぐらをかき、本来の競争を忘れてしまっているからでしょう。今こそ激しい競争の中に身を投ずるという意識改革が必要です。


インターネットの登場で情報が氾濫し、人々が溺死しかねないネット社会が訪れたいま、メディアが果たすべき役割はむしろ増大しているといっていい。メディアはジャーナリズム本来の志を取り戻し、人々がより正しい情報判断ができるような選択肢を示すべきです。


やりたいことを自由にできる社会は大切で尊い。そこから本当の創意工夫が生まれます。しかし、放任主義という理解では世の中が収まりません。独占禁止法や公正取引委員会があるように、自由と言ってもあくまで基本的なルールの上に成り立っています。自由を放縦と勘違いして勝手をする人は、社会から必ず糾弾されます。


過度な個人主義は間違っています。人間は一人では生きられません。社会は集団で作る組織であり、皆で考えるべき事柄もあるのです。他人に干渉しすぎるのも考えものですが、人間関係を無機質化してはいけません。何事もバランスが肝要です。


会津藩の教育方法を調べると、制度の完成度もさることながら、家庭環境もしっかりしていたことが伺えます。有名な「什(じゅう)の掟」の最後を締める「ならぬことはならぬものです」という言葉は、世の中にはやってはいけないことがあると端的に教え込んでいる。


教育は学校任せにせず、社会全体で行うべきです。もちろん学校は教育の専門機関ですが、限界があります。今は、家庭で子供の教育ができておらず、全て学校任せなのです。学校と家庭とが相まって人を育てていく。隣近所の子供が間違ったことをしていたら注意できるような社会環境が望ましい形です。


教育の場は社会全般に広がっています。当然、マスコミにも責任があります。私自身、マスコミの世界で生きて来ましたから、大きな責任を感じています。IT社会となって、情報が氾濫しています。受信者の取捨選択が難しくなっています。言論を統制すべきだとは、毛頭思いませんが、マスコミは自分たちの責任を自覚して、もっと問題の本質に迫るべきだと思います。どうも昨今のマスコミは部数や視聴率を気にし過ぎるようです。読者や視聴者におもねっているように思います。そのせいか、番組の質が低下しています。半面、番組の宣伝が急増しています。政治だけでなく、マスコミまでが愚民政策の一端を担わないよう願いたいものです。


AIは新しいビジネスを生みます。教育の武器としても期待が持てます。AIは人々が嫌がる仕事を引き受けてもくれます。しかし、一歩間違うと、戦争だって引き受けてくれます。要は使い様です。つまりは私たちの英知の問題に帰着するのです。どうやら、創世紀は個々人が主役となって、新しい世界の調和を作り出していかなければならない世紀のようです。臨済宗を開いた臨済和尚が「随所に主となれば立処すべて真なり」と言っています、自分が主役となって対処すれば、真実が分かる、つまり悟りが開けるというのです。世界は個々人が、正役にならねばならない時代を迎えているのです。


吉村久夫の経歴・略歴

吉村久夫、よしむら・ひさお。日本の経営者。「日経BP」社長・会長。早稲田大学第一文学部卒業後、日本経済新聞社に入社。『日経ビジネス』編集長、『日本経済新聞』編集長、日経マグロウヒル(のちの日経BP)取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

社長になって希望退職を募ったとき、募った理由を社長自ら全員に説明しました。その結果会社がどう変わっていったのか、あるいはコマツの業績が今どうなっているのか、問題点は何か、コマツをどういう方向に進めようとしているのかなどなど、会社の状況についてその後も年2回の決算公表の度に説明し続けました。


カルロス・ゴーン

お互いに自分のアイデンティティを守り、相手のアイデンティティを尊重する。それがあるからこそ提携は前進するのです。この点はお互い意識して努めていかなければなりません。企業のアイデンティティがなくなってしまったら、企業としての価値は損なわれ、社員のモチベーションは大幅に失われてしまうからです。会社にとって大切なことのひとつは、社員のモチベーションを維持して、会社に対する帰属意識を高めることです。


大島武(学者)

対人コミュニケーションにおいては自分の主張を「わかりやすく伝える」ことも大切。人は相手の話がわかりにくいと警戒心を抱き、心を閉ざしてしまうからです。逆に、自分の主張を裏づけするような、わかりやすい説明ができれば、信頼感を確実に得ることができます。


山海嘉之

これまで「追いつき追い越せ型」の人材が日本を発展させてきました。アンテナを張って、世界の動きをぱっと掴んで、フォローアップしていく。学習能力の高い人ほど優秀だとされてきた。しかし、こういう人では、トップに近付くことはできますが、トップを走ることはできません。


林修

僕は高校まで男子校だったので、大学で高い授業料を払って女性との接し方を覚えました。そのときに得た知識と経験は、いまでも役立ってます。女性に対する気遣いや、細やかさはすべての仕事に通じることですからね。


ビクトル・ユーゴー

大洋よりもいっそう壮大なものは大空である。大空よりもいっそう壮大なものは人間の心である。


佐瀬守男

自分を成長させるヒントは、日々の仕事のディテール(細部)の中にあります。たとえば弊社でいえば、どうやって青のりをかけたらおいしく見えるか。あるいはお客様へどんな声の掛け方をしたら喜んでいただけるのか。そういった現場の小さな仕事と真剣に向かい合い続けることで、やがて本当の実力がついてくるはずです。


ジョン・リディング

紙媒体は、自然といろんなニュースや論評が目に入るので、読者に予想もしない着想を提供したり、リスクやチャンスの存在を伝えられたりする。これはフィナンシャルタイムズの読者に多い組織の上層部の人たちにとっては貴重だ。彼らには通常、自分が関心を払っていること以外についても知ってもらう必要がある。つまり、紙媒体には紙ならではの強みがあり、デジタルと両方が必要ということだ。


川畑のぶこ

職場は多くの情報がいき交う場ですから、モノの量も増え方も、家より多くなりますね。でも、両方に共通しているのは、ある「誤解」が浸透しているということ。多くの人が、「片づけ=収納」だと思い込んでいるんです。片づけとは「かたをつける」、つまり処分することを意味します。オフィスでも、この定義を適用することは十分に可能です。余計なものを捨てると流れがよくなり、新陳代謝ができます。


塩野七生

マキャヴェッリをはじめ、私たち書く人間の商売というのは、人々に理論武装してもらうために存在しているのです。


林總

ざっくりと材料費、外注費、ロイヤルティー以外は固定費と見なせばよい。まず着目すべき問題は固定費で、付加価値を上げるために会社が用意した費用。直営の不採算店が多いのは、用意した費用が十分な付加価値を生んでいない状態。であれば不採算店を閉めて、新しいメニュー開発などに振り向けたほうがいい。


稲盛和夫

経営者が自分を犠牲にしてでも従業員の待遇を良くしてやるとか、お客さまを大事にするとか、そういう心があれば、必ず従業員もお客さまも会社を大事にしてくれる。