名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉本龍司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉本龍司のプロフィール

吉本龍司、よしもと・りゅうじ。日本のプログラマー、経営者。「アール・ワイ・システム」「カーリル」社長。岐阜県出身。中学生時代にプログラミングを開始。18歳で「アール・ワイ・システム」を創業。慶應義塾大学環境情報学部卒業。防災メール配信システム、日本最大の図書館蔵書検索サイト「カーリル」などを立ち上げた。

吉本龍司の名言 一覧

一見、地味でつまらないように見えるお役所仕事も、主体的に取り組むと楽しくなるのが面白い。


東京で働き続けたら、人とガヤガヤ話しているだけで終わってしまう。深く考える仕事はできない。


中津川は何の取りえもない日本の平均的な田舎。ここでのノウハウは、全国の田舎に展開できる可能性がある。生活の中で、皆に使われるものを開発していきたい。


9時から5時まで働くスタイルは僕には絶対無理。仕事をしたい時はずっとしたいし、疲れたら休んで温泉とかに行きたい。平日働いて土日に消費するという生活は最悪。平日も全部楽しい方がいい。


吉本龍司の経歴・略歴

吉本龍司、よしもと・りゅうじ。日本のプログラマー、経営者。「アール・ワイ・システム」「カーリル」社長。岐阜県出身。中学生時代にプログラミングを開始。18歳で「アール・ワイ・システム」を創業。慶應義塾大学環境情報学部卒業。防災メール配信システム、日本最大の図書館蔵書検索サイト「カーリル」などを立ち上げた。

他の記事も読んでみる

植木理恵

「ご褒美をもらえるからやる」という外発的動機づけは報酬額が増えないと、モチベーションが続かなくなる傾向がある。


金田博之

本気で英語を自分のものにしたいなら、遠回りな日本式の学習法を捨て、最短距離を真っすぐ走るアジア式に変える意識改革が必要だと思います。友人の韓国人には、仕事では英語を流暢に使うのに、飲みに行ってワインの話になったら全く話せない。「何で?」と聞いたら「仕事で(ワインの話をする)必要ないから」と答える。狭い分野の必要最低限の単語しか知らないが、それらはしっかり使える。この割り切り方がビジネスの現場では特に大切だと思います。


岩下尚史

新橋演舞場に入社してすぐ岡副(おかぞえ)社長の名代(代理人)として邦楽舞踊の家元や歌舞伎俳優のリサイタルなどに、祝儀を預かり、「おめでとうございます」と見に行くようになりました。すると、20代の若造が演舞場の社長の席という特等席で、前後左右をお歴々に囲まれます。次第に界隈で「あの人は……」と知られるようになると、社長は名代を済ませて帰ってきた私に、公演の様子だけでなく、衣装や美術から踊りの振りなど、細かなことをだんだんお聞きになるようになりました。「わかりません」と言って叱られるわけではないですけれど、答えられないのも嫌じゃないですか。自分で調べるようになり、わからないことは演じられた本人か裏方のところへ聞きに行っていました。それも岡副さんのと認知されていたからできること。そんなふうにして、社長からは芸や芝居はもちろん、美術や料理、服飾や社交のあれこれまで、手取り足とり、何もかも教えていただきました。


杉山金太郎

製油業は非常に投機的なものであり、大連には油房という製油工場みたいなものがたくさんあった。そこにいる連中はみな、油をタネに投機するのが主な目的で、油房は定期取引のバクチの補助機関のように聞いていた。私はこれではいかん、どうしても製油工業を投機から離して、工業本位に持っていかなくてはならないと考えた。そして原料を買ったら必ず製油する。製油した製品は必ず売るという根本方針で経営を始めた。


今給黎勝

「自分たちの使命を明確にし」、「現状を見つめ」、そして「その現状をつくっているものを省察し」、さらに「ビジョンを描き」、「とるべき行動を決められる」かどうか。このプロセスはチーム全員がオーナーシップを持つための秘訣です。


野村忠宏

天理大学時代、当時の試合形式の乱取り練習は6分×13本だったのですが、僕は「残り何分?」「あと何本?」という意識で乱取りをこなしていました。するとそれを見抜いた細川(伸二)先生は「そのやり方は駄目だ。限界がきたら休んでもいい。ただし、最初の1本から全力を出し切れ」と。その後、1本1本を必死に取り組むようになってから、劇的に自分が強くなっていくのが分かりました。細川先生は、無駄をそぎ落とした意味ある努力の重要性を教えてくれたのです。


鳥塚亮

「地元の足を守る」という考え方だけではダメ。ローカル線に魅力を感じる都会の人たちを呼び込み、地域にお金を落としていってもらわなければならない。


高宮敏郎(髙宮敏郎)

業界の今後の方向性としては、アナログでしかできないことをどう差別化できるかがひとつのポイントです。教師がいて、子どもたちがいてという、集団授業の中でしかできないことが多分にあります。それらがすべてデジタルに置き換わる時代というのは想定しにくい。そこはきっちり磨いていかなければいけない部分です。


三上博史

僕は基本的に役作りという言葉が大嫌いで。作るものではないと思っているんですよね、役って。役者には顔や体など「自分」という制約があります。僕にはこれ(自分の体)しかないわけですから。でも理想は大きく持っている。98歳の老婆を演じたいし、動物までも演じてみたい。そういう難しいところに向かおうとすると、「作る」というアプローチでは知れていると、若い時に気が付きました。では何をするか。せめて自分を無くす作業をしようと思ったんです。中身、外側の両方から。


佐藤優

どうも一握りの幸運な成功者だとか、抜きんでた才覚の持ち主だとか、そんな人たちの話ばかりを聞きたがる人が多いようですが、僕から言わせれば方向が違うと。たとえば何かのサークルでもいいし、町内会や趣味のグループでもいい。マイペースで楽しく生きている人がいるはずです。そういう人たちのなかにこそ、幸せのヒントがあると思う。


池田ゆう

男のおしゃれにはルールがあるもの。服装は毎朝じっくりと自分で選びたい。でも、奥様や娘さんに意見を聞くのも良いですね。奥様や娘さんの「かっこいいね」の一言がおしゃれの源です。相談してみたら、自分では気付かないアドバイスや、「今日は寒いから、下にはこういうものを着たほうが良い」なんて細かい点にまで気を配ってくれるでしょう。また、これは家族とコミュニケーションをとる非常に良い方法です。是非いろいろな角度からファッションを楽しんでいただきたいですね。


中川路亜紀

ビジネスメールに必要なスキルや心得るべきマナーは、時代とともに変化してきました。メールが仕事で使われ始めた頃は、パソコンのスペックが低かったので、データ容量が大きくならないよう、宛名も挨拶もなしで電報のように用件のみを書くのがマナーでした。しかしIT環境が進化するにつれ、時候の挨拶や丁寧な前置きを書く人が増え、メールは次第に長くなる傾向が続きました。それが最近は、再び短さや簡潔さが求められるようになりました。仕事の効率や生産性の向上が求められるようになったことに加え、LINEやメッセンジャーなどのSNSが普及し、短文でのやり取りが増えたことも大きく影響しています。