名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉本隆明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉本隆明のプロフィール

吉本隆明、よしもと・たかあき。日本の思想家、詩人、評論家。大正時代、東京府出身。東京工業大学電気化学科卒業。町工場で働きながら詩集を発行。荒地新人賞を受賞。その後、多くの人物に影響を与えた。小林秀雄賞、藤村記念歴程賞、宮沢賢治賞を受賞。

吉本隆明の名言 一覧

個人個人が当面している、最も大切なことを大切にして生きなさい。


文化・芸術というものは、人を強制したり、または人を導いたり、ということはできない。もともと、何も役に立たないもの。そのかわり、何でもない自由度がある。


個人個人の小さな大切なことを拾い集め、積み重ねていくことが早い復興へと繋がっていく。


自然と一緒に生きるという意味で、一番バランス感覚があるのは庶民。専門家も間違うということを前提に、僕らは自分の生活に照らし合わせて考える必要がある。


人間という存在は考え、行動することで、天然、自然の与えた変化を乗り越えることもできるし、共存することもできる。それが動物との違い。


早急さと若さは同じようなもので、そういう意味では、仕方がなかったとも思う。ただ、早急に1つの方向に進むのは、あまりいいことではない。それだけは確信を持って言うことができる。


生涯の中で直面する事件、事変をどう捉えるか。精一杯、自分で考えることが、大人という成熟への抜け道になるというか。誰かが示した安易で、簡単な答えに飛びつかないことが大切。


公にどんなことがあろうと、自分や自分の近辺の人に役立つと思えることをやる。大人とは、信念を持ってそれができる人なのかもしれない。


危ないから壊して捨てる。この処方箋はとてもわかりやすいもの。しかし、そのわかりやすさや早急さに引っ張られ、僕ら庶民が自分の頭で考えることをやめてしまうのは最もいけないことだと思う。


知識や科学技術を元に戻すことはできない。どんなに退廃的であろうと、いまあるものの否定もできない。未来への道を進むには、常にいま以上のものを作るか、考え出すしか方法はない。文明は先へ先へ、未来の方へと進んでいく。


「何だこれは? おまえは87年生きて、何もないじゃないか」と不安になります。しかも、その気持ちをまじめに突き詰めていくと、心細くなっていき、生きちゃおられねぇよという感じになるのだから始末が悪い。ほどほどで切り上げて、「怠けて生きてきたわけではないのだから……」と、自分を納得させています。


吉本隆明の経歴・略歴

吉本隆明、よしもと・たかあき。日本の思想家、詩人、評論家。大正時代、東京府出身。東京工業大学電気化学科卒業。町工場で働きながら詩集を発行。荒地新人賞を受賞。その後、多くの人物に影響を与えた。小林秀雄賞、藤村記念歴程賞、宮沢賢治賞を受賞。

他の記事も読んでみる

鈴木貴博(コンサルタント)

クレーム主が優先客か劣後客で対応は異なります。劣後客の場合は、経営効率上自社サービスに適応しきれていないことがクレームにつながる場合がある。それが原因のクレームは仕方ないと見切る経営判断もある。


松下幸之助

部下を抜擢するときは、運が強いかどうかを見る。難しい問題にぶつかったときに面白がれるヤツは、運が向く。


伊賀泰代

マッキンゼー入社1年目に経験した印象深い「カルチャーショック」があります。週末にリゾートで研修旅行が行われました。夕方、研修プログラムは終わったものの、まだ仕事の議論を続けたい人と、時間だから食堂に移ろうとする人に意見が分かれてしまった。私はその旅行の企画担当だったので、「議論するか、夕食にするか、多数決で決めましょう」と提案しました。すると後になってシニアパートナーから烈火のごとく怒られたのです。「多数決だって? そんな方法で意思決定するのは、事実と論理で決断する職業の者にとって自殺行為だ。君はクライアントの役員会でも事業方針を多数決で決めましょうと提案するのか?」と。そのときは驚きましたが、こうやって日常的なイベントなどあらゆる機会で、若手にフィードバックを与える社内風土があります。


渡文明

40歳で病に倒れました。退院後も、しばらくはまともに働ける状態ではありません。順調に出世していく同期を横目に、自分の仕事人生はもう終わったのだ、とひとり達観せざるを得ませんでした。けれど、逆に怖いものがなくなりました。どうせ一度死にかけたのだからと、人が変わったように上司に何でも提言するようになったのです。一度どん底に落ちたがゆえに、私の中の何かに後押しされ、道が開けたのです。


稲盛和夫

人生というのは志で決まる。それを貫くだけの意志があれば。


相原敏貴

感謝を持って仕事をするとより捗ります。捗るから面白い!そして喜ばれる。


高田明(ジャパネットたかた)

私はこれまでの人生で眠れなかったことは1日もありません。私はいつも、今この瞬間を生きている人間です。これまで数えきれないほどスタジオに立ち続けてきましたが、毎回全力投球。そういう生き方をしてきたので、後悔がないのです。


岡崎慎司

試合を終えて完全に満足していることは、ほとんどありません。チームが勝って、自分が1点取っていても「あのシュートとあのヘディングが決まっていれば、もう2点取れたのに」と。1試合1試合が終わってもサッカーは続いていきますから。


上山保彦

リーダーは哲学者、戦略家、心理学者、教育者、演出家の5つの顔を持つべきです。そして、部下を率いる際、それぞれのケースでそれぞれの顔を発揮してみんなの力を引き出していくのが理想。


上田輝久

今は、政治や経済などで想定しなかったことが起こるという不透明性の高い時代。ですから昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない。


向谷匡史

最近「終活」という言葉を耳にすることが増えました。人生の最期に向けた準備活動のことで、真の還暦を迎えたら、やはり自分の死について考えたほうがいいでしょう。その際に思い出したいのが、仏典の『無量寿経』にある「独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る」という言葉です。結局、人間というものは一人で生まれてきて、一人で死んでいくものなのだということを教えています。


樫尾和雄

いま大事なのは、規模を追わずに利益を重視すること。事業は安定性が大事だ。