名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉本ばななの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉本ばななのプロフィール

吉本ばなな、よしもと・ばなな。日本の小説家、エッセイスト。東京都出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。『キッチン』でデビュー。海燕新人文学賞、泉鏡花文学賞、芸術選奨新人賞、山本周五郎賞、紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。

吉本ばななの名言 一覧

人生には、いろんな時期があるけれど、誰もがその人の本来の性質を取り戻すことはできるのだと思う。年齢に関係なく。


永い間、読んでもらえるとありがたい。一度読んで、もしたいして面白くないな、と横に置いても、5年後とかに「もう一回、読んでみようかな」と思ってもらえる本になるといいなと。


つらい状況であっても、新しいことは起きている。そして、その状況は、個人の人生にとって、ほぼ関係ない。


子供の頃、両親の友人で、すごく鬱陶しいと感じていた看護師さんがいたんです。私が病院に行くというとついてきちゃうんですよ。「頼むから来ないで」と思っていたんだけど、ある時、「この人、私についてこなければ、家で休めていたんだ」ということに気付き、ものすごく申し訳ないなと思ったんです。そこで初めて彼女の荷物を持ったり、「先にお蕎麦屋さんに行ってください」とか言ってみたり。そして、それを見たうちの親がまた、びっくりして。その時、「私、今、初めて全員との距離感が保てた。大人になったんだ」と感じたんです。中学生の時でした。それからずっと大人だったかというと、そんなことはないんだけど、他者が自分に何かしてくれるということを退けるにしても、受け入れるにしても、自分が考えなければいけないと。


『王国』シリーズを書いた30~40代の頃は、頻繁に本を出した方がいいよね、みたいな時期で。そのなかで、連作を書くことは、自分の中でも、ちょっと実験的なところがあったんです。思っていたとおり、爆発的に読まれるという感じではなかったけれど、かなり多くの方が今に至るまで、じわじわと読んでくださっているんですね。やっぱり続きものの魅力ってあるなと私自身も感じて。50代になったら、半分引退しようと思っていたので、制約のないその活動のなかで、それ(連作小説)をやってみようと思ったんです。今ならできるかなって。


吉本ばななの経歴・略歴

吉本ばなな、よしもと・ばなな。日本の小説家、エッセイスト。東京都出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。『キッチン』でデビュー。海燕新人文学賞、泉鏡花文学賞、芸術選奨新人賞、山本周五郎賞、紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

安部修仁

私が20代後半のころ、吉野家は急成長企業でしたから、社員も大きな希望を持っていました。それに、吉野家を企業化した先代の松田瑞穂社長は、教育投資、報酬制度、利益の配分といった面で、社員の成長に必要な環境を非常によく整備してくださる方でした。それらをトータルに考えると、決して労働搾取されていたとは思いません。やはり、残業や過重労働の問題を考えるときは、経営者がごまかしで搾取しようとしているのか、そうでないのかが非常に重要だと思います。


岩切章太郎

よく世間では、私のことを夢を見る男とか、ユートピアン(夢想家)とかいう。そのとおりだと自分でも思うが、なんでもいいから日本の新しいモデルになるようなものをつくってみたいという気持ちがいつも私を駆り立てるのである。そして柄にもない、大それたことと思いながら田舎住まいのただひとつの生きがいだから、どうか許していただきたいと心の中でお詫びしている次第である。


漆紫穂子

昨年のプロジェクトでCM制作を行ったとき、広告代理店のCMプランナーの方がある生徒について、「あの子にはくだらないことを次々と思いつく才能がある」とおっしゃったんです。それって才能なのかなと思いましたが、その方が言うには、「僕は広告代理店に入ったときに、それを上司がとても評価してくれたからいまがある。彼女の才能を大事にしてください」と。


押切蓮介

とくにありがたかったのは、業界の人たちの多くが「これで押切は終わった」と見捨てるんじゃなくて、本当に応援してくれたことです。時間があれば飲みに誘ってくれて騒動のことを根掘り葉掘り聞くでもなく、黙って僕の話をずっと聞いてくれて。こういう人たちに恩を返すためにも頑張らなくちゃいけないなと思いました。それと『HaHa』にも描いたことですが、母からも「マンガ家は良いことも悪いことも表現できる」「ピンチこそチャンス」と励ましてもらい、この時期に『HaHa』を描けたことはいろいろな意味で大きかったです。


和田裕美

旅行の予定を立てたり、見たいお芝居のチケットを買ったり、または仕事でもワクワクするイベントを計画したりと、未来のその日までワクワクして待てるプランを仕込んでしまう。とにかく無理矢理にでも「未来にワクワクがある」という状況を作ってしまう。そうすることで目標ができて前向きになり、次第に心がワクワクしてきます。現状から楽しいことを探すクセがついて、ワクワクが増えていくのです。


玉塚元一

ビジネススクールでの2年間、それこそ必死で勉強しました。そこで学んだ財務やマーケティングなどの専門知識は、ラグビーでいえばベンチプレスのようなものです。ベンチプレスをやっておけば怪我のリスクがおさえられるように、知識があれば無用な失敗を避けることもできます。


イビチャ・オシム

追いつこうと思うから離されるのだ。


内永ゆか子

私は理系出身ですが、若いころから広報やマーケティングなど数多くの仕事を経験しました。当時は、「なぜ、広報を……」と卑屈になることもありました。正直、興味もなければ知識もありません。でも先輩から、「与えられた仕事もできないのに、文句を言うな」と怒られて我に返り、それ以降は素直に、仕事のイロハを必死にインプットするようにしました。


宗次徳二

ココイチの店舗では欠品は厳禁です。どこの店舗に、いつ行っても、同じメニューが食べられる。このことはお客様との約束なのです。もし売れ行きがよくて材料がなくなりそうになった場合は、工場や隣接の店舗から欠品になる前に何としても届けます。私も新幹線を使って店舗に届けたことが何度かあります。そこまでこだわるのは、約束を守れないことで、「このカレーが食べたかったのに」と、お客様の期待を裏切ってしまうことが許せないからです。


フランソワ・デュ・ボワ

自分の性格や行動の傾向は、できるだけ正確かつ客観的に、細かく把握しておくこと。自分をしっかり理解できている人は、ビジネスパーソンとして将来成長していけるだろう。


小倉広

やることには、やらなければならない受動的なニーズと、将来の目標に基づく能動的なウォンツがあります。人から言われたニーズだけをメモにした「やることリスト」は単なる備忘録にすぎません。夢の実現を目指すなら、ウォンツをよりリストアップしていくべきです。


福田富昭

すぐ諦めたり、逃げ出したり、いい加減な人というのは勝てない。