名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉本ばななの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉本ばななのプロフィール

吉本ばなな、よしもと・ばなな。日本の小説家、エッセイスト。東京都出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。『キッチン』でデビュー。海燕新人文学賞、泉鏡花文学賞、芸術選奨新人賞、山本周五郎賞、紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。

吉本ばななの名言 一覧

人生には、いろんな時期があるけれど、誰もがその人の本来の性質を取り戻すことはできるのだと思う。年齢に関係なく。


永い間、読んでもらえるとありがたい。一度読んで、もしたいして面白くないな、と横に置いても、5年後とかに「もう一回、読んでみようかな」と思ってもらえる本になるといいなと。


つらい状況であっても、新しいことは起きている。そして、その状況は、個人の人生にとって、ほぼ関係ない。


子供の頃、両親の友人で、すごく鬱陶しいと感じていた看護師さんがいたんです。私が病院に行くというとついてきちゃうんですよ。「頼むから来ないで」と思っていたんだけど、ある時、「この人、私についてこなければ、家で休めていたんだ」ということに気付き、ものすごく申し訳ないなと思ったんです。そこで初めて彼女の荷物を持ったり、「先にお蕎麦屋さんに行ってください」とか言ってみたり。そして、それを見たうちの親がまた、びっくりして。その時、「私、今、初めて全員との距離感が保てた。大人になったんだ」と感じたんです。中学生の時でした。それからずっと大人だったかというと、そんなことはないんだけど、他者が自分に何かしてくれるということを退けるにしても、受け入れるにしても、自分が考えなければいけないと。


『王国』シリーズを書いた30~40代の頃は、頻繁に本を出した方がいいよね、みたいな時期で。そのなかで、連作を書くことは、自分の中でも、ちょっと実験的なところがあったんです。思っていたとおり、爆発的に読まれるという感じではなかったけれど、かなり多くの方が今に至るまで、じわじわと読んでくださっているんですね。やっぱり続きものの魅力ってあるなと私自身も感じて。50代になったら、半分引退しようと思っていたので、制約のないその活動のなかで、それ(連作小説)をやってみようと思ったんです。今ならできるかなって。


吉本ばななの経歴・略歴

吉本ばなな、よしもと・ばなな。日本の小説家、エッセイスト。東京都出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。『キッチン』でデビュー。海燕新人文学賞、泉鏡花文学賞、芸術選奨新人賞、山本周五郎賞、紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

田中良和(GREE)

企業というのは、たまたま1年うまくいくことはあっても、10年も20年も偶然は続きません。成長の陰には、社員一人一人の継続的な努力がある。


桜井玲香

私の発言がイコール、グループの発言として捉えてくださるファンの方が多いんですよ。だとしたらなおさら、前向きなことを言った方がいい。遠慮しながら、保険をかけながらしゃべるんじゃなくて、勇気を出して力強い言葉を言う。その言葉が有言実行できるよう、みんなで努力すればいい。


石井淳蔵

「理論」といわれると、私たちはつい、普遍的に正しいと思い込んでしまう。だが、物理や化学などの自然科学の理論はともかく、我々が生きている社会の理論となると、そうではない。社会の理論がいかに完璧に見えたとしても、時間がたつと相対化される。「これでしかない」と思ったことが、思い込みにすぎなかったことがわかってくる。そして、それは必ず起こる。


一瀬邦夫

以前、私は人を育てることをせずに自分の力を過信していたため、ペッパーランチに危機が訪れたことがあります。この時、仕事を人に任す委託経営方式によって危機を乗り切ることができました。そこで私は、人を信頼し任せることが商売を繁盛させる上で大切なことなのだと気がついたのです。それ以来、従業員を信頼することを自分との約束にしています。


ニーチェ

私はひとつのモットーに思い至った。それは、与えられた生活を与えられるがままに享受し、決してこれから起こるかもしれない苦難を思いわずらうなということである。とにかくこれが、私がプフォルタで学んだ最大の人生訓だ。苦い思いに苦しめられたり、ひどいホームシックに心が苛まれたり、行く春に心を痛めたり、憂愁に思い沈んだりしたとき、このモットーがひとつの花飾りのように過去の廃墟の間を縫って延びてくる。
【覚書き|プフォルタとは全寮制の名門中高等学校プフォルタ校のこと】


奥田吾朗

グローバルな人間になるためには、単に他者に自分のことを伝えるだけでなく、世界に広がっている基本的理念をきちんと身に付けることが必要です。そのためには自分自身の理念、人生観、存在意義、そして自分が生まれ育った日本の存在、良さも考えなければなりません。それを世界、社会に伝えることが、社会の深み、豊かさの根幹になると思います。


新田祥子

あがり症を治すため、まず声を発する器となる口や表情筋を鍛えます。なぜ赤ちゃんは上手く発声できないのか。それは言葉を知らない以上に表情筋が鍛えられていないからです。同様になぜ老人はモゴモゴとしたしゃべり方になるのかといえば、加齢で表情筋が衰えるからです。若いうちはまだなんとかなったとしても、30歳を過ぎれば確実に喋る方に影響します。まずは凝り固まった表情筋、舌、顎の関節をほぐし、自在に発声できる器を鍛えます。


山城徹也

社外だけではなく、社内においても、仕事ができる環境を作ってくれている周囲の方々すべてに「ありがたい」という気持ちを持ち続けることを、社員教育の根本においています。顧客ありきは当然ですが、契約までの過程においては、社内スタッフの協力は不可欠であり、それを認識できないようでは、弊社の今後の成長もおぼつかない。


津賀一宏

私たちは決して自動運転車をつくりたいわけでも、電気自動車をつくりたいわけでもありません。お客様が喜ぶ車は何かが一番のポイントになるのです。


片田珠美

精神科医も面談では必ず具体的に質問していく。心の中では「この人のわがままが問題だ」と思っていても、絶対に自分からは言わない。やり取りのなかでわがままである事実を浮き彫りにし、本人に気付いてもらう。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

加齢による体力の衰えに抵抗しようと、いきなりランニングやジム通いを始める人がしばしばいますが、これは考えものです。適度な運動ならば問題ないのですが、過去の自分を目指し、その頃と同じ体力をつけようと一念発起するのはケガのモト。運動をしすぎて体力が消耗し、仕事に支障が出るリスクもあるので要注意です。


渡瀬謙

自社の商品で気に入らない部分があれば、それを顧客に伝えてもいいでしょう。営業の世界でよくいわれる「マイナストーク」ですが、その方が正直な人物だという印象を与えられます。お客様は営業マンの言葉に警戒心を持っていますから、商品の長所と短所をきちんと提示する方が、言葉の信用度が増します。