名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉本ばななの名言

twitter Facebook はてブ

吉本ばななのプロフィール

吉本ばなな、よしもと・ばなな。日本の小説家、エッセイスト。東京都出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。『キッチン』でデビュー。海燕新人文学賞、泉鏡花文学賞、芸術選奨新人賞、山本周五郎賞、紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。

吉本ばななの名言 一覧

人生には、いろんな時期があるけれど、誰もがその人の本来の性質を取り戻すことはできるのだと思う。年齢に関係なく。


永い間、読んでもらえるとありがたい。一度読んで、もしたいして面白くないな、と横に置いても、5年後とかに「もう一回、読んでみようかな」と思ってもらえる本になるといいなと。


つらい状況であっても、新しいことは起きている。そして、その状況は、個人の人生にとって、ほぼ関係ない。


子供の頃、両親の友人で、すごく鬱陶しいと感じていた看護師さんがいたんです。私が病院に行くというとついてきちゃうんですよ。「頼むから来ないで」と思っていたんだけど、ある時、「この人、私についてこなければ、家で休めていたんだ」ということに気付き、ものすごく申し訳ないなと思ったんです。そこで初めて彼女の荷物を持ったり、「先にお蕎麦屋さんに行ってください」とか言ってみたり。そして、それを見たうちの親がまた、びっくりして。その時、「私、今、初めて全員との距離感が保てた。大人になったんだ」と感じたんです。中学生の時でした。それからずっと大人だったかというと、そんなことはないんだけど、他者が自分に何かしてくれるということを退けるにしても、受け入れるにしても、自分が考えなければいけないと。


『王国』シリーズを書いた30~40代の頃は、頻繁に本を出した方がいいよね、みたいな時期で。そのなかで、連作を書くことは、自分の中でも、ちょっと実験的なところがあったんです。思っていたとおり、爆発的に読まれるという感じではなかったけれど、かなり多くの方が今に至るまで、じわじわと読んでくださっているんですね。やっぱり続きものの魅力ってあるなと私自身も感じて。50代になったら、半分引退しようと思っていたので、制約のないその活動のなかで、それ(連作小説)をやってみようと思ったんです。今ならできるかなって。


吉本ばななの経歴・略歴

吉本ばなな、よしもと・ばなな。日本の小説家、エッセイスト。東京都出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。『キッチン』でデビュー。海燕新人文学賞、泉鏡花文学賞、芸術選奨新人賞、山本周五郎賞、紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

大串亜由美

ジェスチャーは慣れないと難しいですが、無理に多用するのではなく、必然性のあるところで使っていけばいいでしょう。たとえば、スライドを指し示すとき。指でさすと印象が強すぎるので、手のひらでさします。といっても、だらしなくみえないように、指はきちんと揃えること。このように、少し気を配りつつ、自然にジェスチャーを取り入れていけばいいのです。


出雲充

検討に時間を使うことこそがリスクになる。なぜなら、デジタル時代の現代では情報がすぐ広がってしまうから。当社のように、新規性やアイデアで勝負しようとする場合、「A」と「B」の2つの案件でどちらをやるべきか迷って時間が過ぎてしまうくらいなら、どちらでもいいから動くべきなのです。Aで試したら70点の結果だったとしても、「結果」と「経験」とが残ります。それを生かしてBに着手すれば、110点の結果が得やすくなる。


西任暁子(西任白鵠)

感情のままに、自分の怒りを発散させるような叱り方は、どこまでも自分中心の叱り方です。これでは、言いたいことが相手に伝わるはずがありません。


佐瀬守男

アメリカでは、「かつや」を展開しているアークランドサービスと合弁で「ランドランドUSA」を設立し、一緒に進めていきます。1つの店の中にたこ焼、から揚げ、焼きそばが並ぶ店をフードコートに出す予定です。お互いの会社が持っているノウハウを出し合って、店作りをしていきます。


木村康

何をおいても需要不足です。ですから、新規需要の創出も含めて需要の拡大が最も必要。


大山梅雄

経費の出るを制するだけでは企業は立ち直れません。私自身が社長と営業本部長を兼任して、率先して得意先を回りました。また、同業13社の中で最低であった「一人当たり生産高」と「一人当たり売上高」を業界平均まで引き上げるために、設備の改善と社員のモラル向上を図りました。


伊藤隆行

若い世代に「俺らはこうなんだから、おまえもそうやれ」って言ったって、ダメ。結局、正直な気持ちをさらけ出してつき合うしかない。


志賀俊之

企業は人で決まるのです、間違いなく。


枡野俊明

今やらなければならないことに没頭することが、成果に結びつく。


清水浩夫

ムダをなくすのは重要ですが、あくまでそれは自社のメリット。現在はお客様のため、一層商品力に磨きを掛けています。