名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉本ばななの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉本ばななのプロフィール

吉本ばなな、よしもと・ばなな。日本の小説家、エッセイスト。東京都出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。『キッチン』でデビュー。海燕新人文学賞、泉鏡花文学賞、芸術選奨新人賞、山本周五郎賞、紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。

吉本ばななの名言 一覧

人生には、いろんな時期があるけれど、誰もがその人の本来の性質を取り戻すことはできるのだと思う。年齢に関係なく。


永い間、読んでもらえるとありがたい。一度読んで、もしたいして面白くないな、と横に置いても、5年後とかに「もう一回、読んでみようかな」と思ってもらえる本になるといいなと。


つらい状況であっても、新しいことは起きている。そして、その状況は、個人の人生にとって、ほぼ関係ない。


子供の頃、両親の友人で、すごく鬱陶しいと感じていた看護師さんがいたんです。私が病院に行くというとついてきちゃうんですよ。「頼むから来ないで」と思っていたんだけど、ある時、「この人、私についてこなければ、家で休めていたんだ」ということに気付き、ものすごく申し訳ないなと思ったんです。そこで初めて彼女の荷物を持ったり、「先にお蕎麦屋さんに行ってください」とか言ってみたり。そして、それを見たうちの親がまた、びっくりして。その時、「私、今、初めて全員との距離感が保てた。大人になったんだ」と感じたんです。中学生の時でした。それからずっと大人だったかというと、そんなことはないんだけど、他者が自分に何かしてくれるということを退けるにしても、受け入れるにしても、自分が考えなければいけないと。


『王国』シリーズを書いた30~40代の頃は、頻繁に本を出した方がいいよね、みたいな時期で。そのなかで、連作を書くことは、自分の中でも、ちょっと実験的なところがあったんです。思っていたとおり、爆発的に読まれるという感じではなかったけれど、かなり多くの方が今に至るまで、じわじわと読んでくださっているんですね。やっぱり続きものの魅力ってあるなと私自身も感じて。50代になったら、半分引退しようと思っていたので、制約のないその活動のなかで、それ(連作小説)をやってみようと思ったんです。今ならできるかなって。


吉本ばななの経歴・略歴

吉本ばなな、よしもと・ばなな。日本の小説家、エッセイスト。東京都出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。『キッチン』でデビュー。海燕新人文学賞、泉鏡花文学賞、芸術選奨新人賞、山本周五郎賞、紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

齋藤貴(経営者)

お金は幸せな生活を送るための道具で目的ではありません。しかし、年を取るに従って、人生の充実感はお金の有無で大きく変わります。お金の苦労話を笑い話にできるのは若いうちだけです。


熊谷正寿

成長のためだからといって法律ギリギリのことは、絶対にやりません。なぜなら、会社は人が幸せになる道具でしかないからです。犯罪につながるような行為は、人を幸せにしません。


高野登

文章に「遊び」を入れると、相手との距離がぐっと縮まります。「この人以外と茶目っ気があるんだな」とわかると、それまで近寄り難いと思っていた人に、急に親しみを持つようになる。


マーク・カガヤ

正しいのか分からないまま生きてきて、この先も生きていくけど、やってく中で積み重なるものはわずかにある。分からないままに進むことを受け入れただけなんだ。


斉藤惇

日立製作所の中西宏明さんや、東原敏昭さんといった方々の経営を見ていると、本当は社外取締役など必要ないと思うんです。驕ってはいけないということを、あの方々自身が認識されていますからね。ですが、そんな会社でも社外取締役制度を導入するところに素晴らしさがあるんです。


火浦俊彦

創業者は自社の強みをゼロから築いた存在であり、その原点に立ち返ることは、自社の強みを再確認することにほかならない。ビジネスにおいても大量の情報が出回り、新しいツールが次々と出てくるなかで、目移りせず、自分たちは何を繰り返し磨き続けなければいけないのかを見極めるための「創業者目線」が求められているのである。


笠井伸啓

当社はプライベート・カンパニーですので、上場企業にありがちな短期的な成果を目指すことなく中長期的な視野で事業を進められますし、そうした中長期的な事業活動を支える潤沢な手持ち資金もあります。


三浦知良

(誰よりも早くグラウンドに入り練習することについて)他の選手の倍以上長くプロの生活をやっているから、倍以上体に気を付けなくてはならない。準備や体の手入れを慎重にやらないといけないから、どうしても早くなってしまうんです。


西本逸郎

プログラマーとして入社していた私は2000年からITセキュリティに携わるようになりました。当時はサイバー攻撃に関心を払う日本企業はわずか。事業は赤字続きでしたが、顧客企業へのサイバー攻撃を24時間体制で遠隔監視する組織を社内で立ち上げたことで流れが変わりました。従来は単発のサービスを提供していましたが、新組織の発足に合わせ年間の契約料をいただく形のサービスを強化。顧客の評価を獲得し、05年に初めてITセキュリティ事業を黒字にしました。


田中和彦

チームを作るとき、自分が扱いやすいメンバーを集めがちですが、多少クセのある持ち味の違ったメンバーのほうが、ひとつにまとまれば絶大なパフォーマンスを発揮してくれますよ。


劉海涛

成長し続けるには変化に対応できるかどうか、それが一番大事。


柴田励司

疲労の原因は、物事を自分でコントロールできないことです。仕事で疲れないポイントは仕事を“アンダーコントロール”にすること。これができるかどうかにかかっていると思います。