吉本せいの名言

吉本せいのプロフィール

吉本せい、吉本勢、よしもと・せい。日本の女性経営者、芸能プロモーター。「吉本興業」創業者。大阪出身。「第二文芸館」取得後、吉本興業の前身・吉本興業部を設立。同社の会長を務めた。

吉本せいの名言 一覧

時代を先取りして、誰の意見でも有り難く聴くこと。実行する・せんはこちらが決めればよろし。


心許すときはしっかりその人を観なはれ。


吉本せいの経歴・略歴

吉本せい、吉本勢、よしもと・せい。日本の女性経営者、芸能プロモーター。「吉本興業」創業者。大阪出身。「第二文芸館」取得後、吉本興業の前身・吉本興業部を設立。同社の会長を務めた。

他の記事も読んでみる

西山知義

アンケートを毎日実施するのは、社員全員がお客様の変化に気づくためです。また、タイムリーなアンケートを検証することで、次の手を打つための仮説の精度を高めることができます。


稲盛和夫

人間は、たとえ年を取っても考え方は変えられる。


西川世一

昨年、僕は会長に就任しました。会長って「一線を退いた」というイメージがありますよね。そうではなく、会社の将来を支える新規事業の開拓に打ち込むのが目的です。一方で既存事業は、新しい社長を中心に、さらに伸ばす。会長と名乗ったのは「役職がなくなってしまう」と思って(笑)。


佐治信忠

パソコンのキーを叩けば、過去の記録はいくらでも出てくるけど、明日のことは誰も教えてくれない。勘がなくなったら社長を辞めるべき。


雄星(菊池雄星)

プロで活躍してから体にお金を使おうと考えると、活躍できずに終わっていくと思うんです。先行投資して、活躍できる環境を自分で作れば、かけたお金が何倍にもなって返ってくるはずです。


北山節子

教えたことができなくても、頭ごなしには叱らないようにしましょう。「ポジティブ(褒めるなど)、ネガティブ(注意など)、ポジティブ」の順に話すと、スタッフは聞く耳を持つようになります。


細谷功

従来の成功モデルが通用しなくなったことにより、新しいビジネスモデルやアイデアを生み出すことが求められています。ただ、こうしたアイデアがネット上に転がっているわけではありません。むしろ情報が不足している状態です。


井上明義

商品開発においては、鑑定を依頼する側、発注者の立場から考える姿勢を貫きました。


前田修司

開発には多くの人が関わります。企画、ハード開発、ソフト開発、評価、運用、購買、広報、営業など、たくさんの登場人物によって、商品を市場に出すことができるのです。ですからプロジェクト・マネジャーはすべての登場人物と情報を共有し、進捗を確認しながら、スケジュールを前へ推し進めていく必要があります。


北尾吉孝

海外の市場は、ある意味で未知でした。私は、未知のことを始める場合には、自分だけで進めようとするとうまくいくはずがないと思いました。人任せにせず、経営トップである自らが動き、現地の良きパートナーをさまざまな地域で募りました。パートナーを説得するためには、必ず経営トップ自らが動くべきです。


間塚道義

受注時はもちろん、プロジェクトのフェーズごとに進捗や費用をチェックし、お客様に納得感を持っていただきながら進めることが大切です。同時に、営業の行動を変え、お客様視点に立ち、お客様が儲かる仕組みを提案できるようにならなくてはいけません。それは営業個人だけではできない。会社全体で知恵を集める仕組みが必要です。


村上太一

はじめは求人広告を無料で載せて、アルバイトを探している人から応募があるたびにお金をもらう仕組みでした。しかし、その仕組みでは反応が悪くて、応募ではなく採用が決まった後にお金をもらう成功報酬型に変更しました。成功報酬型にしたら、お客さんから「本当にそれでいいの?」と聞かれるくらいに反応があって。いままでお客さんのところに説明に行っても5件に1件くらいしか掲載させてもらえなかったのですが、採用ごとの報酬にしたらほぼ100%、掲載させてもらえるようになりました。


ゲーリー・ベッカー

人的資本は、コストであるだけではなく、便益でもあるのです。そして、より生産性が上がればより多くの賃金を支払うべきです。そうすればさらに生産性が高まり、企業が得るものも増えます。柔軟な報酬制度が必要です。


守屋淳

孫子の兵法の使い方は場面ごとで変化します。しかし、その根底にあるのは、感情は置いておいて、まず生き残ることを考えるリアルな哲学です。勇気を振り絞るだとか、敗者の美学といった世界とは真逆の世界観です。


黒田ちはる(ファイナンシャルプランナー)

一番大切なのはがんを人ごとと思わないことです。2人に1人ががんを経験するといわれている。自分だけでなく、家族や大切な人ががんになった時に、利用できる制度を知っておくことが大切です。保険や貯蓄と同じように、利用できる制度を知っておくこともまたがんに対する備えなのです。日本は病気になった人たちのための支援制度が整っています。でも患者さんに届いていない。申請主義、つまり知っていても申請しないと制度は利用できないのです。病気やけがで収入が減ってしまった時、自動的に銀行口座にお金が振り込まれるなんてことはありません。仕組みが縦割りなのも制度やサービスが利用しにくい原因です。


ページの先頭へ