名言DB

9413 人 / 110706 名言

吉弘和正の名言

twitter Facebook はてブ

吉弘和正のプロフィール

吉弘和正、よしひろ・かずまさ。日本の経営者。「リンクバル」社長。群馬県出身。カリフォルニア大学サンタバーバラ校経営経済学部・政治学部卒業、オックスフォード大学でMBAを取得。外資系投資顧問会社を経てリンクバルを設立。

吉弘和正の名言 一覧

私は会社をより大きくしたい。やるからには成長し続けたい。そして、企業理念である「世界をつなぎ社会を幸せにする」ということを実現したい。


吉弘和正の経歴・略歴

吉弘和正、よしひろ・かずまさ。日本の経営者。「リンクバル」社長。群馬県出身。カリフォルニア大学サンタバーバラ校経営経済学部・政治学部卒業、オックスフォード大学でMBAを取得。外資系投資顧問会社を経てリンクバルを設立。

他の記事も読んでみる

近藤宣之

高齢者には人生最後の献身をしてほしい。技術を継承し、後輩を育ててほしい。

【覚え書き|70歳までの再雇用を就業規則に掲げていることについて】


内永ゆか子

成果が出せれば、誰かが必ず見てくれています。もし思うように出世できていなくても、周囲のことなど気にせず、目の前の仕事で成果を積み上げていけば、必ず認められるときが来ます。


吉松徹郎

「注目(Attention)」「興味(Interest)」「欲望(Desire)」「記憶(Memory)」「行動(Action)」という段階を経て商品購入に至るとする「AIDMAの法則」はもう通用しません。店頭で気に入って買ってから、その商品について深く知り、その後にシリーズ買いをするなど、むしろ逆プロセスを辿る場合もあります。このような現状を鑑み、アットコスメのプラットフォーム化を推進し始めました。


益本康男

社員同士のコミュニケーションも非常に重要だと感じています。そのために、本社の3階フロアに明るい洋風の社員バーをオープンさせました。社内にアフター5で酒が飲める場所があれば、周りは弊社の社員ですから、「よう、しばらくだな」「おまえ、最近何しているんだ」と、自然と話の輪が広がっていきます。最近は、些細なことでもメールで連絡する社員が増えてきました。飲みニケーションの機会が増えれば、普段話すことのないような社員が隣にいたら、「ようよう」と言葉をかけ合うだろうと、コミュニケーションの活性化を狙って始めたのです。


佐藤昌弘(コンサルタント)

接触頻度が高いほど、信頼関係を培えるのは事実です。お客様のところにマメに通うことは基本中の基本です。しかし、1から2回目の訪問で、すぐに嫌がられる営業マンは少なくありません。その理由の多くは、どんな相手にも一種類の営業トークしかしていないことです。しかも、何回目の訪問でもそれを繰り返す。この方法では、よほど押しの強い人しか生き残れません。そこで私が実践したのは、関心がありそうな項目を複数用意して、小出しにぶつけることです。


五十嵐美那子

誤字脱字は、些細なケアレスミスと考える人が少なくありませんが、これは大きな誤解。1つの誤字で信用が失墜する恐れがあることを肝に銘じるのが何よりも重要。内容次第では会社や取引先に損害を与える恐れすらある。


相澤賢二

セールスでテクニックは不要です。セールストークというのは表面的な技術論ではありません。


村上太一

現在、リブセンスは主に3つの事業を進めていますが、基本的にはすべて事業責任者に任せています。転職口コミサイト「転職会議」の責任者は入社2年目の社員です。立ち上げを任せたのは、彼が入社前のインターンの頃でした。


中村俊輔

いまは運よくいっているだけ。もし違う監督がやってきて、「若い選手を中心に走るサッカーをしたい」と言われたら、それで終わりでしょ?そうしたら、「これも運命か。引退かな」と受け入れるしかない。ただ1年1年を全力でやって、「ダメだったらダメ」という感じ。でも、できるだけ長くやりたいね。手術にしろ、ケガにしろ、実体験のあるほうが選手に伝えられるから。


鈴木あや(IBM)

目先の契約だけでなく、地に足のついた長期的なパートナーシップを望んでいることなども好印象を与えます。それにプラスして、取引先から見た顧客の最近の動向に目を配り、ニーズを先読みした提案が盛り込まれていれば、なお一層、積極性を伝えることができます。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

世の中の経済というのは、作りさえすれば売れるものではないのです。あくまでも需要と供給のバランスでモノの価値は決まるのです。好況が永遠に続くはずはないわけで、好況の時から不況の時の用意をしておかなければいけないのではないか。糖尿病になってから改善するよりも、なる前に体質を整えるべきであって、それができないのが人間なんです。


田久保善彦

経営理念は「たかが言葉にすぎない」という人もいるかもしれません。でも人間は言葉で思考する生き物ですから、言葉は非常に大切です。


田中和彦

マネジャーになれば、できるだけまわりに仕事を振り、自分は重要な仕事に集中すべきです。ところが「失敗されると、尻拭いで余計に時間がかかる」「自分でやった方が早く片付く」といった理由で、仕事を抱え込む上司が少なくありません。短期的に見ると一理ありますが、仕事を任せなければ、いつまでも部下は成長せず、自分も忙しさから解放されません。


神戸蘭子

いまやれることをやるべきだと思うし、やりたい人がたくさんいる中で、モデルという仕事ができることに誇りを持っています。


川島永嗣

実は点を決めるチャンスの前に、ゴールキーパーがいいセーブをして、試合の流れをつくっていることが多いんです。そこにやりがいを感じます。