名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉川衡宇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川衡宇のプロフィール

吉川衡宇、よしかわ・ひろたか。日本の経営者。「マックスマイル」社長。群馬県出身。様々な仕事を経験したのち、健康食品会社に入社。その後、兄とともにマックスマイルを設立。

吉川衡宇の名言 一覧

弊社の自慢のひとつにスタッフの定着率の良さがあげられます。以前は歩合制で稼げる仕事を前面に出していましたが、スタッフの定着があまり良くなかったのです。いわゆる「売り逃げ」状態となってしまうので、クレームも多くなってしまいました。そこで思い切って方向転換し、ノルマやマニュアルは一切設けず、歩合制も廃止しました。その代わり時給をクラス別に分け、スタッフに対し信頼を置くことにしたのです。そうしましたら驚くほどリピート率も上がりスタッフも定着しました。


弊社ではお客様との距離感を大切にしています。お客様の平均年齢68歳に対して、弊社アポインタースタッフの平均年齢は65歳。自然と友達感覚でお客様との会話も弾み、社内でマーケティング的な効果も表れます。


吉川衡宇の経歴・略歴

吉川衡宇、よしかわ・ひろたか。日本の経営者。「マックスマイル」社長。群馬県出身。様々な仕事を経験したのち、健康食品会社に入社。その後、兄とともにマックスマイルを設立。

他の記事も読んでみる

桜井弘(櫻井弘)

周囲の人びとの得意分野や関心事、価値観などを、日々の会話の中で知っておくことで、いざというときに誰に何を頼めば良いか、どんなふうに頼めば良いかが見えてきます。その相手と親しい関係が築けていれば、頼みごとにYESと答えてもらえる可能性が大いに広がるでしょう。


福沢諭吉

碁・将棋の晴れの勝負に、ぜひとも勝とうとする人はかえって敗北して、無心の人が勝利することが多い。その理由は、勝負を軽く見るのと重く見るのとの違いで、無心の人は、もともと晴れの勝負を晴れと思わず、これくらいの争いに負けてもどうということはないと覚悟しているので、決断が速く駆け引きも活発になるのである。


天坊昭彦

出光では、失敗を激しく責めるということはありません。ただし、失敗して「すみません」と頭を下げればいいかといえば、そうではないのです。失敗をいかに次への教訓として活かすか、失敗を糧にしていかに自分の肥やしにしていくか、そこが大切です。出光では、失敗をした人がいったい何を得たのかということを重視します。


高橋滋

スペシャル(個別客への特別な対応)の積み重ねが、ある日スタンダードになる。それがレストランやホテルをスキルアップしていく。スペシャルのできないところに進化はないんです。今日はそのお客様にスペシャルのサービスをすると、その方は絶対に嬉しいんです。喜ばれるわけです。すると、それを見たスタッフは「こんなことでこんなに喜んでいただけるんだから、今日来るお客様にあと三組くらいサービスできないかな」というようになっていく。その繰り返しなんです。


スティーブ・ジョブズ

これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。
【覚書き|マッキントッシュの開発会議での発言。電話帳を持ちながら技術者たちに語りかけた。当時のパソコンは電話帳の倍以上の大きさがあり、技術者たちにとってこのコンパクト化は大きなチャレンジだった】


森正文(経営者)

「今日こそは提携を決めてもらおう」と思って客先を訪ねるとします。そういうときは相手も身構えていますから、私はあえて契約の話をせずに、雑談から入ります。相手の興味関心を示すことに話題を振りつつ、相手の話を聞いて、打ち解けてきたところに「ところで提携の話はどうですか?」と矛先を向けると、意外に上手くことが運ぶように思います。


鈴木篤(経営者)

うめだ本店は、どんどんとがっていったらいいと思っています。もう、百貨店でとがれるのは、うめだ本店と伊勢丹新宿店くらいではないでしょうか。顧客にひとつ上の夢を売るような、百貨店の原点を追求していきたい。


漆紫穂子

学業も大事ですが、学校での評価軸に限定されることなく、生徒たちの可能性は拓かれていることを伝えてあげたい。だから、「好きなことは大事にしてほしい」「いろんなことにチャレンジし続けてほしい」と、言い続けています。


北島義俊

バブル景気の時には、多くの会社が不動産投資などに走り、収益を伸ばしていました。当社にもお誘いがありましたが、私は否定的でした。あのころは余裕資金があったら、株式や不動産投資に踏み出さないと経営者失格だというような風潮でした。バブル景気で浮かれていた時期は、短い一瞬だったのです。あのときに本業に固執していたからこそ、今があるのだと思います。


青田嘉光

以前とはお客様のニーズが変わってきています。たとえば商業空間であれば、その場所で過ごす「時間」や「体験」がより重要な要素になっています。昔のように、単に「モノを買う場所」という捉え方ではもはや通用しません。空間を訪れる人々の想いは多様化しており、我々はそのニーズをとらえて、事業を行うお客様の課題解決に全力を注いでいます。


橋口昌弘

勝てると確信が持てない勝負はしたくないんです。リペア事業をスタートする際も半年間、様々なマーケットを調べたうえで、参入すべきと決断しました。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラ宣告をされたとき、会社の提示条件をそのまま受け入れたり、即答しては損。また、「考えます」などの曖昧な返事も会社の思うツボ。会社は強引に解雇しては違法になるので、「辞めない」と意思表示することが大事。