名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉川英治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川英治のプロフィール

吉川英治、よしかわ・えいじ。日本の小説家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。幅広い小説を書き、大衆文学の代表的な作家となった。主な作品に『鳴門秘帖』『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『宮本武蔵』など。

吉川英治の名言 一覧

人の生命を愛せない者に、自分の生命を愛せるわけがない。


登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さ、生命の息吹の楽しさは、その山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にあるという。


上手な相づちは、人の心の真実を汲み出す誘い水である。


この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。


吉川英治の経歴・略歴

吉川英治、よしかわ・えいじ。日本の小説家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。幅広い小説を書き、大衆文学の代表的な作家となった。主な作品に『鳴門秘帖』『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『宮本武蔵』など。

他の記事も読んでみる

増田直紀

知り合いを増やすか減らすか、あるいは人間関係に使う時間と自己開発に使う時間のバランスをどう取るか、たくさんの人と薄くつながるか、それとも少数の人と濃くつながるか……これらに一般的な正解はありません。自分がどうありたいかによって、取捨選択する必要があります。ただひとついえるのは、あまり偏りすぎるのはよくない、ということでしょう。


神谷えりな

アイドルは、周りからの支えで成り立つもの。私も支えてもらっていますし、ほかの人を支えたい。


岩渕龍正

独立・起業はパワーがかかります。当初から従業員を雇用する余裕もありません。夫婦2人ならできることが増えます。ただし、夫はもっとやってほしいのに、妻はパート感覚になるなど期待値にギャップができ、もめる原因になります。妻を経営パートナーにするなら、初めから自覚を持ってもらうことが非常に重要です。


和地孝

口だけでいくら「自由闊達にしなさい」とか「みずから使命感を持って仕事をしなさい」と言っても、人は変わりません。仕掛けが必要です。


松本晃(経営者)

世の中変わっちゃったんです。だから今、変わろうとしているんです。


横田南嶺

私は昨年、解剖学者の養老孟司先生にお話を聞いて、なるほどと思ったことがあります。この頃、アレルギーの子供が大変増えているのですが、その理由の一つが抗生物質のせいだと、養老先生はおっしゃるのですね。子供が持っている良い菌も悪い菌も、薬で全部殺してしまう。体の中で良い菌と悪い菌がバランスをとっていたから健康が保たれていたのに、全部殺して無菌状態にするので、アレルギーを引き起こすのだということでした。


岸見一郎

あらゆる人間関係の問題の中で、セクハラ疑惑ほど予防が重要なトラブルはないでしょう。予防のポイントは2つ。ひとつはセクハラの基準をきっちり把握すること。もうひとつは日頃から上司や同僚と信頼関係を築いておくこと。


岡内欣也

入行2年目になると、預金の流れに目が向くようになりました。日々の資金繰りが見えてくると、会社の実態がよくわかる。


加島禎二(加島禎二)

不文律がすべて悪いとは言い切れない。普段は無害のものもあるし、むしろプラスに作用することもある。例えば、ソリューション営業を喧伝する営業組織で「足で稼いで数字を出した者が偉い」という不文律があったとしよう。足で稼ぐ営業がモノをいう商品もそれなりに主力であるような場合は、この不文律はプラスに働くだろう。しかし、何かを変えようとするとき、不文律は急に壁となって立ちはだかる。


倉本由香利

ゼロベース構築力は、必要な目標や解決方法、戦略などをゼロから論理的に構築する力のことです。調整する力といえる「和」で問題が解決しない場合は、掘り下げて、ゼロベースで問題を解決していかないといけません。


木村皓一

単に1000円のものを1000円で買ったら、五分五分ですよね。でも、1000円のものを買って、いい接客をしてもらったなと思ってもらえれば、6対4になります。それが8対2になれば、「もう一回行こうかな」と思うでしょう。相手に自分より多く渡るようにすれば、次につながる関係が生まれてきます。五分五分では一回限りの関係しか成り立たず、後は何も残りません。


塚越寛

全社一丸となった時こそ、会社は最大の能力を発揮できる。