名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉川英治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川英治のプロフィール

吉川英治、よしかわ・えいじ。日本の小説家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。幅広い小説を書き、大衆文学の代表的な作家となった。主な作品に『鳴門秘帖』『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『宮本武蔵』など。

吉川英治の名言 一覧

人の生命を愛せない者に、自分の生命を愛せるわけがない。


登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さ、生命の息吹の楽しさは、その山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にあるという。


上手な相づちは、人の心の真実を汲み出す誘い水である。


この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。


吉川英治の経歴・略歴

吉川英治、よしかわ・えいじ。日本の小説家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。幅広い小説を書き、大衆文学の代表的な作家となった。主な作品に『鳴門秘帖』『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『宮本武蔵』など。

他の記事も読んでみる

裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

身体はきわめてシンプルにできています。働いたぶんだけ休ませれば回復するのです。どの疲れにも休養は有効。ですから、業務の合い間や週末などには疲れていなくても、予防的に休みを取るべきです。頭では疲労を感じていなくても、身体が疲れているケースがあるからです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

誠実な言葉を語り、自分のやるべきことを果たして正しく生きる人を、この世界は温かく包み込むでしょう。ですから、人の非難や妨害、お節介な口出しや余計なことでわき道にそれて、時間とエネルギーを無駄にしないことです。自分のエネルギーをパワーに変えて、やるべきことを充分にやり遂げましょう。人生は、シンプルで確かで、素晴らしいものです。あなたもそのことに、気づかずにはいられないでしょう。


岡藤正広

商売を成功させるために最も重要なことは何だと思いますか?儲けの秘訣と言い換えてもいいでしょう。正解は簡単です。それは、「お客さんに儲けてもらうこと」なんです。


小路明善

私は、よく社内で「成果=能力×努力+外的要因」と話すんです。ビジネスパーソンが出す成果は、その能力だけでは決まりません。能力が10で努力が1なら成果は10。能力が5でも、2以上の努力を費やす人材のほうが成果は大きくなるのです。外的要因も影響しますが、それでもなお素晴らい成果を出し続けられる人材は、能力が高い人であるよりも非凡な努力ができる人です。


入山章栄

ビジネスには正解がありません。そうした状況の中で決断するためには、常に考え続けることが大切。


ONE(漫画家)

『ワンパンマン』は、「どんな敵もワンパンで倒す」っていうひとネタを、ひたすら広げていってる感じです。世界とのバランスが悪いヒーローを作ったので、起こるストーリー自体はそんなに特徴的なものではなくても、普通のストーリーにはならないんですよ。


菊地敬一

僕はまず国内を固めて満を持して海外にいくのが望ましいと思います。あとは、現地の人を採用するなら、現地の人をトップにしたほうがいいと思います。うちは最初だけ日本人が3人行きましたが、現在は1人にして社長は香港人にしています。彼らには彼ら特有の文化やメンタリティがありますから、現地の社長に任せるべきところは任せるべきでしょう。日本人はうまく叱れないんですよね。現地のスタッフも日本人上司から叱られるとへこみますし。


野村与曽市

人は石垣であり城であるという。和親協力の真価である。まことに人こそすべてである。人間尊重は私の本願である。


中村貞裕

伊勢丹に入社当時、まだ経験もない私の仕事は、裏の倉庫での在庫整理でした。人と関わるどころか、毎日が数字との戦いでした。「もう辞めようか」と悩んで藤巻(幸夫)さんに相談したら、「会社は余程のことじゃない限り、クビになんてならないから、好きなことをやれ」と言われました。「自分が好きなことってなんだろう」と考えたとき、人を集めてパーティーをやろうと思いついたんです。


佐藤龍雄(経営者)

価値を創り出すのは皆さんです。本社ではなく現場が主役なんです。
【覚え書き|社員への言葉】


矢野貴久子

リスクを考えるときは、自分が最大限リスクを負ったときに何が起きるかをイメージします。たとえば、会社がつぶれたときに社員の就職先を走り回って探せるか。あるいは借入金がある場合、一生かかって払えるだけの金額であるか。最悪のケースをシミュレーションしながら、「ここまでならリスクを負える」と判断して進むと、新しいことに飛び込む覚悟もできます。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

父から「決して嘘をつくな、男は卑屈な真似をするな」と厳しくしつけられていたから、他の連中なら誤魔化して逃げてしまうところも、私は隠さず名乗り出る。ときには共同でしたいたずらの責任も、人の分まで被ってしまう。そのころ、一人の老帳場(事務員)さんが「お前は大人になったらきっと偉くなるぜ。なにをされても、そうでっか、ヘエヘエと笑っとるからな」と褒めてくれた。
【覚書き|小学校を中退して丁稚奉公をしていたときを振り返っての発言】