名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉川英治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川英治のプロフィール

吉川英治、よしかわ・えいじ。日本の小説家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。幅広い小説を書き、大衆文学の代表的な作家となった。主な作品に『鳴門秘帖』『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『宮本武蔵』など。

吉川英治の名言 一覧

人の生命を愛せない者に、自分の生命を愛せるわけがない。


登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さ、生命の息吹の楽しさは、その山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にあるという。


上手な相づちは、人の心の真実を汲み出す誘い水である。


この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。


吉川英治の経歴・略歴

吉川英治、よしかわ・えいじ。日本の小説家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。幅広い小説を書き、大衆文学の代表的な作家となった。主な作品に『鳴門秘帖』『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『宮本武蔵』など。

他の記事も読んでみる

小柴和正

高度成長時代の百貨店は、それこそ百貨が買える場所でした。ところが、いまや百貨店は80貨店、60貨店になっています。衣料品も、安い商品を大量に売る専門店が台頭しています。その中で、お客様に胸を張って示せる百貨店の価値は何かと問われたら、私は「ライフスタイルのコーディネート能力」だと答えます。


松本晃(経営者)

頭は良し悪しよりも、柔らかいのがいい。


白洲次郎

熱意だよ。日本でも明治維新の時の政治家とか実業家は、熱意があったからあれだけの仕事が出来たんだね。


岡野博一

弊社は社員の半数が職人なので、私が一生懸命ビジョンを語っても、基本的には「社長が何か騒いでいるな」という雰囲気です。それにもめげず、毎日同じことを言っています。


岡本友紀

お客様が一気に減って、経済的にも精神的にも大変な時期がありました。でも、「ここで諦めて、また悶々とした日々を過ごすくらいなら」と思うと踏ん張れた。夢を一度諦めたつらさが、逆に私を支えてくれた。


星野佳路

ほどよい緊張関係が、現場を活性化させる。


木暮太一

終身雇用制度は確実に崩壊しつつあるし、いま乗っている船がいつ沈没するかは誰にも予測できない時代なのだ。乗っている船が大企業だろうと中小企業だろうと、いまや事情は変わらない。そういう時代に生きていて、いざ船が沈没するときになって、自前の救命胴衣も持っていないというのでは、自分の人生に対して無責任だ。社内では目の前の仕事に集中し、一歩社を出たら、未来に備える勉強に集中する。こうした切り替えは、結果的に地力を高めることに繋がる。いざ転職という際のあなたの相場は、居酒屋で管を巻いている人々よりもはるかに高くなっているはずである。


福沢諭吉

十人に会って、その中の一人とたまたま友人になれれば、二十人と会えば二人の友人を得ることができるという勘定になります。人を知り、人に知られる源は、その辺りにあるのです。


小林一雅(小林製薬)

新市場を創造すればシェア100%の独占状態が謳歌できますが、それが売れる市場だとわかった途端にいろいろな会社が参入してきます。ライバルの参入でシェアを失うのは悔しく感じるかもしれませんが、それは逆でむしろ歓迎すべきことです。他社が参入することで競争が生まれ、市場全体が活性化します。そうすると、社会全体にその商品やサービスが認知され、それまでほんの小さな池だった市場が大きな湖に、または海にまで広がるのです。


桜井博志

周囲は「どうせダメなんだから、(社長を)やらせてみよう」という感覚だったと思います。旭酒造は、誰も経営をやりたがらない会社だった。だから、逆にやる気になりましたね。


藤井孝一

失敗しても気楽なのが週末起業です。会社員を続けながらですから、借金さえしなければ元の生活に戻るだけ。会社を辞めて起業するよりも、リスクは格段に低く抑えられます。


藤本篤志

リーダーがチームの営業目標に責任を負うと、えこひいきが減ります。好きな部下だろうが嫌いな部下だろうが、成績を上げてもらわないことには、自分の評価に響くからです。派閥や人間関係に左右されず、メンバー全体の平均レベルを上げていくうえでも、「営業日報をやめ、直接ヒアリングする」「同行営業をする」ことは最適だといえるでしょう。