吉川英治の名言

吉川英治のプロフィール

吉川英治、よしかわ・えいじ。日本の小説家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。幅広い小説を書き、大衆文学の代表的な作家となった。主な作品に『鳴門秘帖』『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『宮本武蔵』など。

吉川英治の名言 一覧

人の生命を愛せない者に、自分の生命を愛せるわけがない。


登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さ、生命の息吹の楽しさは、その山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にあるという。


上手な相づちは、人の心の真実を汲み出す誘い水である。


この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。


吉川英治の経歴・略歴

吉川英治、よしかわ・えいじ。日本の小説家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。幅広い小説を書き、大衆文学の代表的な作家となった。主な作品に『鳴門秘帖』『新・平家物語』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『宮本武蔵』など。

他の記事も読んでみる

下地寛也

結論の前に疑問(問いかけ)を言うことが大切。その方が説得力が増しますし、聞き手の興味を引きつけられます。


篠原欣子

奇をてらって何かをやってみようとか、買収して成功させようということは考えず、とにかく真面目に行うことが大切です。人材ビジネスは人を扱う仕事です。人を扱う仕事は真面目に取り組んで、そこから信頼を得ることができなければ続きません。これこそが一番大切にしていることだと思います。


今村暁

「初動にかけろ理論」と私は呼んでいますが、初動がうまく行けば大抵のことはうまく行きます。掃除も例外ではありません。掃除をする時間帯は、朝がおすすめです。夜は、残業や飲み会が入ると調整が難しいですから。朝起きてすぐ掃除すれば、眠気も吹き飛んでさわやかな気分になれるという相乗効果もあります。掃除=快感ということに気付くと、もっと掃除をしたいと思うようになります。


笠倉健司

「知恵」の力を磨くには、いろいろな方法があると思いますが、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という格言があるように、歴史的に評価が高い賢人の教えに学ぶのが基本的で確実な方法であろうと思います。環境は時代によって大きく変化しますが、人間の本質は簡単には変わらないからです。


馬渡修

自動運転のレベル3が実用化されれば新たな課題が見えてきて、レベル4が実用化されたらまた違った課題が見えてくる。そういったことを繰り返しながら、センシング技術やAI技術がさらに進化していくと思っています。例えば、味覚センサーや嗅覚センサーは既に実用化されていますが、五感だけでは足りないからと、いずれは人間が持つ第六感的なセンシングも実現されるかもしれません。


唐池恒二

誰でも分かる身近な言葉を使い、いろいろなところで発信し続けると浸透していく。


武田双雲

何に対しても新しく接する年にしたい。奥さんに対しても、新鮮な目で見る。毎日そう思う。すると新妻に見えてくる。だから、軽く触れられただけでも感動します!


奥谷禮子(奥谷礼子)

はっきりものを言うのが私の役目だと思っているので、社外取締役就任をお願いされたら、まず、「何でもはっきり言いますから、それが嫌でしたら、私を雇わないほうがいいですよ」と忠告してから(笑)、お引き受けしています。就任期間が長くなると、誰もモノを言えない組織になることが多いと思います。そういう組織に、はっきりものを言う、おかしいと思ったことには異議を唱えることが、社外取締役の役割です。


ハロルド・ジェニーン

いつでも私は仕事をするのが楽しかった。実際、私はそれを仕事だと思ったことはなかった。それは生活の一部、私が住んで呼吸している環境の一部だった。私はしばしば同僚たちに、仕事はゴルフやテニスやヨットやダンスや、その他どんなものにでも引けを取らないぐらい面白いと話した。仕事は思考を刺激し、その滋養となる知的挑戦を提供してくれる。


石破茂

政治家になってから、順風満帆のときなんてあったのかな? ないな(笑)。絶えず逆風が吹いていて、それに立ち向かってきたような31年ですから。


吉田たかよし

人が目覚める方法は二つ。音によるものと、光によるものです。理想的なのは、後者の光です。目覚まし時計の音は、脳にある脳幹網様体という部分を一時的に刺激し、緊急事態を知らせますが、実際は緊急事態ではないので、起きなければならないモチベーションに乏しいわけです。生命の危機でないとわかると安心して二度寝するようなことも起こります。


仙田満

建物は美しいハコではなく、人に使ってもらって、喜ばれるものでなくてはならない。建物=ハードだけではなく、使ってもらうためのソフトも自分たちでつくりたい。


茅野亮

新規事業は失敗を恐れていてはできない。手掛ける仕事の10分の1も成功すればいい。


平田進也

最初にツアーの原型を考え、2万円になったとします。そこから食事やホテルのグレードを落として1万円の安いツアーをつくるのが減点主義。旅行というのは心を癒やしに来るもの。そんなツアーじゃ誰も癒やされません。それに対して加点主義は、普段は行かないホテルの高級ランチを設定したり、部屋の茶菓子を老舗の銘菓にしたり、多少値段を上げてもお客が喜んでくれることを「これでもか」と提供するんです。


後藤田正晴

悪い情報は深夜でも報告せよ。いい情報は明朝でいい。


ページの先頭へ