名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉川英一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川英一のプロフィール

吉川英一、よしかわ・えいいち。日本の個人投資家。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』『サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい』。

吉川英一の名言 一覧

お金がなくても投資はできます。私自身、年収360万円のときに、株価の安い低位株投資を始め、10万20万のお宝株をコツコツ買って値上がりを待ちました。これがうまくいって資金が貯まり、不動産投資で資産を億単位にまで殖やすことができました。


投資では会社員のメリットを存分に使うべき。会社員のメリットとは「信用」。会社をやめた途端に、社会的な信用が激減します。お金を借りるのも苦労するでしょう。不動産投資などでお金を借りる場合は、辞める前に借りるのが鉄則。くれぐれも「辞めてやる!」と短気を起こさないよう注意ください。年収の5~6倍のお金なんてフリーになったら絶対借りられませんから。


吉川英一の経歴・略歴

吉川英一、よしかわ・えいいち。日本の個人投資家。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』『サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい』。

他の記事も読んでみる

吉田正弘(経営者)

フィットネスクラブにだけ来れば健康になるというものでもないので、体だけではなく心にまでフィットネスクラブの想いが伝わって、自宅でも適度な運動をしてもらえるようにしたいと考えています。


鈴木喬(経営者)

世の中のものの半分は「面白い」から買うんです。理屈で買っているものなんて、実際にはほとんどない。「見たことなくて面白そう」。じゃあちょっと買ってみるか、と。


逢沢明

私がときどき使う言葉で「顔の見える設計」というのがあります。開発者や設計者の「こだわり」や「一生懸命さ」が見えてくるんですね。それが製品に対する愛着を持たせてくれる。良い人が必死になって設計しているから大事に使おう。また次もそこで買おうと。


ビクター・ルイス(経営者)

我々がニューヨーク発祥のブランドであり、職人技が細部まで行き届いた手作りのレザー製品を展開する「本物」であることをしっかりと伝えていかなくてはなりません。こうした伝統に加えて、若々しいアメリカンカルチャーを組み合わせたものがコーチだ、と。


鈴木修

私には、会社経営について、ひとつの確信があります。企業は一時的に順調でも、いつまでも順風満帆で成長していけるものではないということです。周期的に危機がやってきて、それを克服できれば、よりたくましくなりますが、その波に飲まれると成長が止まってしまう。最悪の場合は倒産してしまうこともあります。その周期の長さは、だいたい25年くらいではないでしょうか。


ジェームズ・ヴァンフリート

戦争ほど尊い人命を無駄にするものはない。たったこれだけの弾薬を使っただけで、一人の戦死者も出さずにすんだのだ。なんと安上がりなことか。
【覚書き:朝鮮戦争時に防衛のため大量の弾薬を使ったことについてアメリカ議会から使いすぎではないかと問われていった言葉。部下を死なせずに済むなら弾薬を大量に使っても安いものだという趣旨の発言】


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

都心では住居費が高いものの利便性に優れ、自動車が不要なのに対し、郊外では住居費は抑えられても自動車の支出が不可避。住居費と自動車関連費はセットで考えるのが合理的で、資産になりやすい住宅にお金をかけるのが得策でしょう。都心に住んで車を持たないのが、現代の金持ちライフスタイル。


ムンク

僕の運命は今や――まさに画家になることだ。


鈴木喬(経営者)

心意気と算盤。私が常に意識してきた言葉です。経営者は常に、心意気と算盤の間で揺れ動いています。社長に心意気がないと、社員はついてきてくれません。経営者がぶれたらダメなんです。数字感覚を失ってしまっては立ち行かなくなりますが、かといって算盤勘定ばかりでは社員も私も精神的に参ってしまいます。バランスが重要です。


石角友愛

ビジネスにおいて、自分の仕事にかかわる生データを目にして、そこから何かを読みとれないというのは大きな問題です。生データを元に作成されたレポートは、作製者の意思が入っています。バイアスがかかっているのです。データドリブンな経営判断をするには、生のデータ、バイアスがかかっていないデータを読むことが大切なのです。


伊坂幸太郎

これは作家によると思うんですが、僕は(登場人物の)履歴書を準備しないし、小説の中では「見えているところだけ見えていればいい」と思っています。だから作品を映像化されたときに、自分が書かなかった設定ができたり、スピンオフのエピソードを作りたいと言われたりするとすごく違和感があります。それが嫌なわけじゃないし、つじつまを合わせようとしたらきっとできるでしょうが、省略された部分も作品の一部ですから、ない部分を書かないことも大事だと思っているんです。


真島茂樹

チャンスや出会いというのは下手な計算をせず、自然に受け止めていると、どんどん広がっていく気がします。