名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉川稲美(吉川稻)の名言

twitter Facebook はてブ

吉川稲美(吉川稻)のプロフィール

吉川稲美、きっかわ・いね。日本の経営者。翻訳・通訳サービス「吉香」創業者。政治家事務所「木曜研究会(のちの周山会)」勤務後、「吉香」を創業。そのほか、世界平和文化交流会理事長、東京商工会議所女性会会長、全国商工会議所女性会常任理事などを務めた。

吉川稲美(吉川稻)の名言 一覧

人間は自分の器に合った仕事しかできない。仕事を通じて人間の器を広げれば、その分だけ物事を広く見たり感じたりできるのではないでしょうか。


転機になったその時の受け止め方、思考の仕方、そして行動と、それらが分岐点となり、人生を左右する。


この世に奇跡があるとしたら人と人との「出会い」であると聞いて参りました。今、最前線で働いていた頃を振り返り、私はひとえにこの「出会い」に助けられてきたという感謝の思いでいっぱいです。


起業することは難しくない。会社を継続させることは難しい。


プラスの中にはマイナスの種、マイナスの中にはプラスの種がある。


言葉は言霊だと思います。言葉は人間の品格を表し、言葉の乱れは人心の乱れになり、そして社会の乱れにつながると聞いております。


家庭と仕事を分離して考えるとうまくいかないのではないでしょうか。自分が生きていく使命が何かということを軸に考えれば、現実を見据えて最善の方法が見つかるのでは。


先輩女性経営者の厳しそかった後姿から、引き際の潔さ良さ、執着心を引きずらない事の大切さ等も学ばせていただいたからこそ、今が社長交代のチャンスと決断できた。


起業して1~2年の頃の話ですが、社員のほぼ全員にやめられてしまいました。当時の私は、理想を追求しすぎてしまい、周りが見えず心の余裕がありませんでした。社員に知らず知らずに、きつく当たっていたのかもしれません。今思えば、本当に自分が至らなかったとしみじみ感じています。


通訳の方には「技術だけではなくその人の人間的な器を広げることが大切です」と伝えています。相手の思いがどこまで理解できるのかによって通訳の出来は違ってきますので、人間的な幅を広げていただきたいのです。


当社では24時間即対応で行う世界90ヶ国以上の言語を網羅した翻訳・通訳サービスをやっています。お客様の要望を受け止めることだけを考えて進めているうちに、自然と90ヶ国以上の言語数になっていました。


今の会社を起業するきっかけは、海外からの帰国子女や語学留学経験者の就職相談を受けていたことからです。当時、語学を学ぶため海外留学がブームでした。しかし、今と違い日本へ戻ると再就職が難しい時代だったのですですから、語学を勉強してきた方を活かしてあげられたらと思い34歳の時に吉香を設立しました。


私は、起業する女性の方に毎回指摘する大事な点が2つあります。1つ目は、何の目的で起業するのかをはっきりとさせておくことです。なぜ起業するのかということをしっかり自分の中で見つめて欲しいと思います。そして2つ目は、起業するということは自分の人間としての成長もあると思いますが、社会にも貢献するという思いを込めて取り組んでもらいたいということです。この2点をふまえ、ぜひ勇気を持って起業していただきたいです。


企業を長く続けるには他人からの信用を培うことが大事。そのためには礼儀や感謝が不可欠です。仕事はわがままが許される場ではありません。無心、無欲の精神を持ち、自分自身で徹底的に考え抜いて最善の策を見つけなければいけません。


業績が右肩上がりだった時には部下を責めてばかりいました。部下から業務について問われると全部答えていた。ですが、従業員と一緒に成長しようと考えるようになりました。今は従業員全員に壁の乗り越え方を自分でとことん考え抜いてもらい、その過程を毎月リポートで報告してもらっています。自我よりも公のことを考えるように促しています。


経営は前進だけではありませんでした。勢いづいていた頃、海外進出した業務を大手企業に巧妙に乗っ取られ、又同じ頃に大手企業の役員の娘の紹介で採用した社員に莫大な金額の詐欺を働かれ、みるみる内に経営難に陥った時もありました。寝ているのか起きているのか、桜が咲いたのかさえも気がつかない厳しい状況の中、ふと気がつくと大切に育てていた社長室の蘭の花が全て枯れてしまっていたのです。「私の苦しい思いを代わってくれたのだ、人間は自然に守られて生かしていただいている」とフッと想い、私は感謝の想いが溢れ、枯れてしまった蘭の鉢を抱えて思わず号泣してしまいました。感謝の想いで心が満たされたその時から事態は一変し、当社は生き返ったのでした。感謝の想いの凄さを実感させていただいた出来事でした。


吉川稲美(吉川稻)の経歴・略歴

吉川稲美、きっかわ・いね。日本の経営者。翻訳・通訳サービス「吉香」創業者。政治家事務所「木曜研究会(のちの周山会)」勤務後、「吉香」を創業。そのほか、世界平和文化交流会理事長、東京商工会議所女性会会長、全国商工会議所女性会常任理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

豊田昌洋

伸びる人は、反応の早い人。そういう人間が経験を積むと、仕事を任せても安心できます。こういう人は伸びると思います。


平井伯昌

私は常に、「もうこれ以上頑張るなと私が言ってしまうぐらいに、自分で頑張ってほしい」と選手に伝えてきました。つまり、選手に自主性の大切さを意識してほしかったからです。大きな舞台で結果を出す選手ほど、思わずこちらが練習を止めてしまうぐらいの意欲で、練習に取り組む傾向があります。強くなるには、そうした自分で伸びようとする力が不可欠です。


小形真訓

私たちは誰しも、他人から信頼されるのは素晴らしいことだと思い、信頼される人間になりたいと願います。しかし聖書には、「みんなから信頼きれるような人間を目指しなさい」とは、一言も書いてありません。


徳岡邦夫

一流料理人はみな個性はそれぞれなのですが、強いていえば好奇心が強いところが共通しています。遊びや料理以外の活動にも活発な人が多い気がします。


川村隆

村落共同体から脱するには、職場の上長に外国人が来るのが一番いい。例えば米スリーエムは興味深い。米国籍企業なのに執行役以上にはスウェーデン人や韓国人なんかがいて、米国人は少数派でしかない。非常に良い形態だと思う。日立も本社は日本に残すだろうが、会社に多様な人材が入ってくるようにすべきだ。


長沼睦雄

心の病を防ぐためには、少しずつ自己主張をしてみましょう。たとえば、急ぎの仕事を頼まれたとき、思い切って断ってみる。その場では勇気がいるかもしれませんが、心の病を患うよりはよほど良いはずです。


古川裕倫

よほど利己的な経営者でなければ、会社の利益が上がれば社員の給料を上げます。会社の利益は、社員の会社に対する貢献によって上がります。そして、個々の社員の貢献が会社に認められれば、その社員のボーナスが増えたり、昇進して給料が増えたりします。つまり、給料の金額を決めているのは自分なのです。「給料が安い」と愚痴を言うのは、「自分は会社に貢献していない」と言っているのと同じです。


朝倉千恵子

営業マンは、お客様が「きみの会社とつきあってよかった」と思う付加価値を売らねばなりません。日本一高い商品でもいいのです。高いからこそのメリットを明確に謳って、お客様が満足してくだされば問題はないのです。


根本次郎

確かに欧米人から見れば終身雇用という日本的な制度はエキセントリックに映るかもしれませんが、それは短期雇用であるのか、中期雇用であるのか、長期雇用であるのかという違いにすぎません。終身雇用は長期雇用のたくさんある中の一つなんです。


井上和雄

現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。