名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉川浩伸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川浩伸のプロフィール

吉川浩伸、きっかわ・ひろのぶ。日本の経営者。「インド定食ターリー屋」社長。東京都出身。日本大学農獣医学部卒業後、明治屋勤務、マネキン派遣業経営などを経てインド定食ターリー屋を設立。

吉川浩伸の名言 一覧

ライバルがどんどん出てくる中で何もしないでいると、いずれ店舗の売上は減少してしまいます。だから積極的に新しいことに挑戦し続けています。


現場に立てば色々な変化にも気付くことができるので、問題を速やかに見つけ出し、改善することができます。だから私は、今でも現場に出ているんです。


フランチャイズ加盟店は個人もあれば法人もありますし、社員から独立して開業したものも2人います。うちは将来的な独立を目指している人を採用にしているので、そのための支援制度も用意してあります。たとえば開業には2000万円くらいの資金が必要ですが、必要ならばこれを会社から貸すようにしています。


うちはまだ、それほど知名度が高いわけではありません。それなのに商圏が重なるからと離れた場所にしか出店しなかったら、ネームバリューは上がりません。それよりも集中的に出店してエリアナンバーワンを目指した方が、メリットははるかに大きいです。新宿はポテンシャルが非常に高いので、近所に新店を出したところで、既存店の客数が減るなんてこともありません。一番近い店舗は100mと離れていませんから。たとえば、インド料理やカレーを食べたいとなったら、多くの人は地域の一番店に行きたいと思うはずですからね。


厨房で働いている方は基本的にネパールの方で、しかもグルミという小さな村出身の方がほとんど。うちは今働いているスタッフの家族や血縁者、もしくはインドで一緒に働いていたという方しか雇わないようにしているんです。これは、国や地域、宗教の違いによる贔屓(ひいき)や差別をなくし、協調性やチームワークを重視した職場環境を作るためです。彼らの身内や知り合いには日本で働きたいという人がたくさんいるので、人不足と言われる時代にあって、コックの採用に苦労したことはありません。


マネキン派遣の会社を畳んだ後、次に、昔から興味を持っていた飲食店をやろうということになったんです。ただ、競合の多いジャンルだとすぐに価格競争に巻き込まれてしまうので、できるだけライバルの少ない分野を探しました。それでインド料理に行き着いたんです。もちろん大前提として、私がインド料理、特にカレーが好きだということもありました。


以前は、スーパーなどにマネキンを派遣する販促会社を経営していました。創業から10年間はずっと景気の良さも手伝い黒字でした、当時は私自身すっかり勘違いしていて、自分がすごい経営者だと思い込んでいましたね。ところがバブルが弾けた途端、クライアントの経費削減の煽りを受けて仕事が激減。売上もどんどん減り、立て直すことができないまま13年目に会社を畳みました。景気のせいにするのは簡単ですが、結局のところ、本当の意味での経営ができていなかったんだと、後になって気付きました。


我々のお店はワンプレートスタイルでインド料理を提供する定食屋です。だから競合するのは「大戸屋」や「やよい軒」なんです。レストランは本物のインド料理を食べたいという方を対象にしていますが、我々は初めての方や初心者をターゲットにしています。だから同じインド料理のお店でも、全然コンセプトが違うんです。定食屋であることが伝わるように、屋号やメニューには「定食」と入れていますし、価格も定食屋らしく、昼・夜問わず1000円前後に設定しています。安いものだと1000円以下で食べられますから、最近は女子高生が一人で来ることもあります。こんなこと普通のインド料理屋ではなかなかありませんよ。


吉川浩伸の経歴・略歴

吉川浩伸、きっかわ・ひろのぶ。日本の経営者。「インド定食ターリー屋」社長。東京都出身。日本大学農獣医学部卒業後、明治屋勤務、マネキン派遣業経営などを経てインド定食ターリー屋を設立。

他の記事も読んでみる

宇佐神慎

顧客企業からの要望を聞くだけではなく、リニューアルやオフィス移転の目的を問い直し、さらなる改善を提案する点も我々の特長といえる。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

近年は、「会計」「英語」「IT」は、ビジネスマンの「三種の神器」のスキルとされています。ただ、実際にこの三つを高いレベルで身につけている人は少ないので、これらのスキルをしっかり勉強するだけでも、他の人たちと差別化できるはず。


小林栄三

誰もが、自分自身より何かしら優れたところを持っているものです。かかわったすべての人の良いところを見極め、そこから何かを学ぶという姿勢で接していれば、誰かを嫌いになるということはありません。


井深大

人がやったというニュースだけで日本では同じものがすぐにできるという不思議な性質がある。これはそれをつくるだけの技術力は十分持っていながら、これを思い切って企業化しようという勇気に欠けていることを証明しているようだ。すべての分野で日本の技術力に自信を持ち、思い切った決断を下せるようになったときこそ真の日本の暁は訪れるだろう。


山口ひろみ(経営者)

社員教育で工夫していることは、現場で仕事を任せるということ。どんな仕事もそうだと思いますけど、まずは仕事を任せて、その中で自ら考えていけばいい。


成田和幸

売上・利益の落ちた分を補おうと価格帯の安い商品を勧めるということはしません。営業マンが易きに流れ、それに慣れてしまうと今度は景気が良くなった時に元に戻せるかというと戻せません。それだけはしたくありません。


猪瀬直樹

昨今の教育では歴史をあまり教えてこなかったこともあり、若い世代は歴史知識に乏しい傾向にあります。いまのように尖閣諸島の問題などが起きていても、歴史的背景を知らなければ、それに対する意見ももち得ないでしょう。これからの世の中を強く生きるには、自国の歴史を知り、己のよりどころとすることも必要なことだと思います。


槍田松瑩

効率のいい人生なんてつまらない。完全燃焼することが大事です。


ゲーテ

常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。


永守重信

大事なのは、社内の人材が私の考え方を理解しているか、理解できる素地があるかどうかを把握すること。


大平浩二

人間の問題を外側から補強するのが制度です。法律やルールをより厳格化するのも一つの方法で、飲酒運転を厳罰化したことで交通事故死が減少したという事例もあります。京セラの「アメーバ経営」は、相互チェックができることによって不正の芽を生じさせないようにしている組織構造(制度)といえるでしょう。次に、組織の上層部の流動化を促進すれば、緊張感も生まれ、オープンな組織文化が醸成され、隠ぺい防止につながります。また、監査法人による監査を数年おきの交替制にすることも実行すべきでしょう。利害の絡まない社外取締役を起用するなど、不断のチェックが行なえるガバナンス制度を構築することが重要です。


中村天風

貧乏な人は、ここいらで反省しなきゃ駄目だよ。「ああ、そうか、私は貧乏神と縁が切れない人間かと思ったら、そうじゃなかった。自分で招いたことなんだ」。そうですよ。あなた方のほうでもってウインクを与えるから、貧乏神が来るんだ。変なものにウインクを与えなさんなよ。