名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

吉川洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川洋のプロフィール

吉川洋、よしかわ・ひろし。日本の経済学者。東京大学名誉教授。東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業、イェール大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学経済学部助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、東京大学経済学部助教授・教授、立正大学経済学部教授などを務めた。

吉川洋の名言 一覧

起業やイノベーションは、ヘトヘトになった状況からは生まれない。ある程度の余裕というか、遊び心も職場には重要。


企業という組織も人で構成されていますから、人を育てることが、企業の競争力につながる。


今後、環境は激変する。環境が変われば、新しいニーズが出てくる。つまり、イノベーションが求められているということ。


人口減が即経済力低下と思い込むのはおかしい。今はイノベーションで生産性を上げられる。


戦前から、立派な企業は、人を蔑ろにしていない。工場法を作り、労働法制を整えたり、女工さんたちのために病院や学校をつくってきた。人をボロボロにして、取り替えながら雇うのでは良い企業とは言えない。


「今すぐのことではないから」と議論を先送りするのは、日本の悪い癖です。先のことでも、できるだけ前倒ししてきちんと議論しなくてはいけない。


人の数が減るということはそれなりに影響がありますが、経済学で言う「人的資本」、つまり人材は、数もさることながら、質が重要であって、人的資本の蓄積と養成が大事ということです。


「こういうものがあったらいい」というセンサーは、男性よりも女性のほうが発達しているのではないかと思います。消費者に近いものは、女性のアイディアがヒットを生むことがあると思います。古典的な例では、電気洗濯機は、シカゴの主婦がアイディアを出して、GEが開発したと言われています。電気洗濯機というアイディアは、おそらく男性からは出てこなかった。


先進国は成熟しているし、相当の水準まで来ているから、優良な投資先はほとんどないという議論は、先進国の間で100年間続いてきた議論です。しかし、いつの時代でも成長が止まったことはない。なぜかというと、新しいモノやサービスが生まれているからです。


人口減で働き手の数が減っていくことは、一国の成長にとってマイナス要因であることも事実です。ただ、人口が先進国の経済成長に直接的に寄与する部分というのは、実は非常に小さい。例えば、高度成長期、経済が10%成長した時の労働人口の成長率は概ね1.2%です。経済が10%成長して、働き手の数は1%プラス。この9%の差は何かというと、労働生産性の上昇というわけです。


吉川洋の経歴・略歴

吉川洋、よしかわ・ひろし。日本の経済学者。東京大学名誉教授。東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業、イェール大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学経済学部助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、東京大学経済学部助教授・教授、立正大学経済学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤巻健史

モルガンで採用担当をしていたとき、「将来おまえが使いたい人間を採れ」とボスに言われました。そのときに私が決めた採用基準は、スポーツなどで勝利した実績がある人でした。そして、ここが大事なのですが、ただ勝っただけでなく、一回挫折して勝ち上がった経験を持っていること。面接ではよく「あなたの実績と挫折の経験を話してください」と質問しました。


齋藤薫

美容って放っておいたらどんどん男っ気のないものになってしまいがちですから、男性の美容ジャーナリストがもっと増えてもいいのではないでしょうか。メイクや化粧品における男性クリエイターはかなりいるのですから、男目線で、別に変な意味でなく「そそる」であるとか、男性は女性のどのような気配に美しさを感じるのかなんてことを、丁寧に説明してくれたら、それは女性にとって参考になるのではないでしょうか。


藤本秀朗

新卒採用に力を入れ始めたとき、東大や東工大をはじめとする国立大学や有名私立大学にターゲットを絞って配っていたが、これが大きな間違いだった。たとえば、東大がいいとか悪いとかいう問題は別にして、実際に東大卒で使える人材が10人に一人というのが現実なのである。「経営者の育成」という観点からみても、学歴や出身大学などにこだわらず、幅広く人材を集めたほうが、はるかに優秀な人材を得られると思う。


平岩国泰

やっぱり継続は力なりで、続けていればおのずと行く道は開かれるし、周囲もちゃんと認めてくれるものです。


加藤暠

明日の朝には、私の首がその辺に転がっているかも知れない。弱い立場の個人投資家を団結させ、大手証券に負けない力を持ちたい。


岡倉天心

同時代の芸術こそは、真に私たちの芸術なのであり、私たち自身の反映なのだ。それを断罪することは、私たち自身を断罪することにほかならない。私たちは、今の時代には芸術が存在しないと嘆くが、そうだとすれば、その責任は誰にあるのか。


藤本昌義

商社という形態は世界でも珍しいと言われますが、時代の流れで変化していかないと稼げなくなっています。私が入社した時から商社冬の時代が叫ばれ、いつかはなくなると言われ続けてきましたが、今でも存続しているのは、どのステージでもその収益構造を変えてきた証左だと思います。


鳥羽博道

「孟母三遷」という言葉がある。孟子の母は息子の成長段階に合わせて、三度転居したという。企業が成長発展していくにつれ、本社というものもそれにふさわしい体裁を備えていかなければならないと、私は常々考えている。本社というのはある意味でその企業で働く人たちの心の変化をつくり出すうえで極めて重要なことだと思う。社員の意識改革が時代に対応した変化を会社にもたらすことになるといっても過言ではないだろう。


守島基博

どんなに戦略が優れていても、どんなに弁舌さわやかでも、いいリーダーシップとそうでないリーダーシップを分ける最後の基準は、フォロワー(部下)を率いて、成果を出すかにかかっている。そのためにすることは、極端に言えば何でもいいのだ。


今瀬ヤスオ

ひとつの事柄について悩み過ぎると、煮詰まってしまい、事態はかえって悪い方向に。その時は、趣味で気分転換を。意外と解決のヒントがひらめくことがある。


高田明(ジャパネットたかた)

人生は一回。だから、その都度の年齢に応じた生き方がある。


林成之

相手の話の中から自分の仕事などに関係のある「キー」を意識的に探すように聞くと、そこで面白さが発見でき、脳が「面白い」というレッテルを貼ってくれます。