名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉川洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川洋のプロフィール

吉川洋、よしかわ・ひろし。日本の経済学者。東京大学名誉教授。東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業、イェール大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学経済学部助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、東京大学経済学部助教授・教授、立正大学経済学部教授などを務めた。

吉川洋の名言 一覧

起業やイノベーションは、ヘトヘトになった状況からは生まれない。ある程度の余裕というか、遊び心も職場には重要。


企業という組織も人で構成されていますから、人を育てることが、企業の競争力につながる。


今後、環境は激変する。環境が変われば、新しいニーズが出てくる。つまり、イノベーションが求められているということ。


人口減が即経済力低下と思い込むのはおかしい。今はイノベーションで生産性を上げられる。


戦前から、立派な企業は、人を蔑ろにしていない。工場法を作り、労働法制を整えたり、女工さんたちのために病院や学校をつくってきた。人をボロボロにして、取り替えながら雇うのでは良い企業とは言えない。


「今すぐのことではないから」と議論を先送りするのは、日本の悪い癖です。先のことでも、できるだけ前倒ししてきちんと議論しなくてはいけない。


人の数が減るということはそれなりに影響がありますが、経済学で言う「人的資本」、つまり人材は、数もさることながら、質が重要であって、人的資本の蓄積と養成が大事ということです。


「こういうものがあったらいい」というセンサーは、男性よりも女性のほうが発達しているのではないかと思います。消費者に近いものは、女性のアイディアがヒットを生むことがあると思います。古典的な例では、電気洗濯機は、シカゴの主婦がアイディアを出して、GEが開発したと言われています。電気洗濯機というアイディアは、おそらく男性からは出てこなかった。


先進国は成熟しているし、相当の水準まで来ているから、優良な投資先はほとんどないという議論は、先進国の間で100年間続いてきた議論です。しかし、いつの時代でも成長が止まったことはない。なぜかというと、新しいモノやサービスが生まれているからです。


人口減で働き手の数が減っていくことは、一国の成長にとってマイナス要因であることも事実です。ただ、人口が先進国の経済成長に直接的に寄与する部分というのは、実は非常に小さい。例えば、高度成長期、経済が10%成長した時の労働人口の成長率は概ね1.2%です。経済が10%成長して、働き手の数は1%プラス。この9%の差は何かというと、労働生産性の上昇というわけです。


吉川洋の経歴・略歴

吉川洋、よしかわ・ひろし。日本の経済学者。東京大学名誉教授。東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業、イェール大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学経済学部助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、東京大学経済学部助教授・教授、立正大学経済学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

小山昇

まだみんなが竹槍で戦っているときに、いち早く飛行機を手に入れて空から攻撃すれば簡単に勝てる。IT化というのは空中戦ができるようにするための道具。


柳弘之

リーマンショックのときは、どの企業も多かれ少なかれダメージを受けたと思いますが、弊社が経営立て直しのために最大の課題としたのは、「損益分岐点型経営」の実現でした。リーマン・ショックによって、世界経済全体がドスンと下がってしまったわけですから、その状態から限界利益を急激に上げようとしても不可能です。そこで、まずは固定費を限界利益に見合ったサイズまで縮小し、世界経済が回復基調に入るまで次の成長への布石を打つのを待とうと考えました。
【覚書き|リーマンショックの痛手からV字回復した理由について語った言葉】


村上恭豊

正直、勤勉、誠実の社風は受け継がれています。ただ問題はそうした社風だけでは、この激動の時期は乗り切れないということです。私は、社員に対して、ビジネスの場合は「正直プラスαも考えなさい」といっています。αというのはいい意味での必要に応じた駆け引きとか、粘り、強引さといった積極性です。


伊藤雅俊(味の素)

味の素は、ふたつの分野で世界一を目指しています。ひとつは調味料とそれを生かした加工食品の分野、もうひとつはアミノ酸技術の分野です。さらに医療・健康の分野も手掛け、グローバルに事業展開をしています。


藤原和博

20代の後半になったら、本線とは別にキャリアの線を1本持ち、30代で3本、40代で4本、50代で5本に増やしていった方がいい。人生の後半になって、いきなり線を増やそうとしても間に合いません。人生の後半に登るべき山をつくっていくためには、早いうちにキャリアを複線化し、裾野を広げておいたほうがいいんです。


荒井邦彦

最近は若い経営者が率いるベンチャー企業のM&Aにも力を入れています。世の中にイノベーションを起こすのはベンチャー企業だと思うからです。日本は開業率が下がってきています。理由は、うまくいったときのボーナスが少ない一方で、失敗したときのペナルティーが大きいからです。私たちがやっているアプローチは、出口を増やして裾野を広げるためのもの。会社を興し、何年か経て4億とか5億円くらいで売却できるベンチャー企業がたくさんできれば、新陳代謝も進み、日本は元気になると思います。


越智直正

プロとしてお客様のために最善を尽くす。それが商人の仕事。


森永卓郎

週刊誌にしてもテレビにしても、そこに出てくる経済評論家の発言は、おおむね体制側に寄っていると思っていた方がいいだろう。反体制だと、しかるべき筋から圧力がかかるなどというようなことはさすがにないが、時の政権をあからさまに批判するような人を、メディアがあまり使いたがらないのは事実だ。私自身も、小泉内閣の政策に終始一貫して異を唱えていたら、みるみるうちに仕事が半分以下に減ってしまったという経験をしている。


石川康晴

緊張感のある会議では創造性は発揮できない。それよりも立ち飲み屋やカフェのような気楽な雰囲気でミーティングを行うと、いろんな発想が出てくる。


大室正志

オフィスでのストレス耐性を高めるには、トラブルへの上手な対処法を身に付けるとともに、適切な休息で脳を休ませ、コップの基本水位を下げておくことが大切。


菊原智明

クレームはとにかく逃げずに、ひたすら聞くことです。メールは読み返すたびに相手の怒りが再燃するし、電話も言った言わないになるので、直接会って聞くのがベスト。気が引けるのはわかるがたいていのクレームは、聞き尽くしてしまえば何とかなるものです。


坂本善博

自社の各種製品やサービスを紹介・販売する場合に「この製品の特長はこうで、こういう機能があります」といった提供者視点での説明をするのではなく、「あなたのこのような問題や課題をこのように解決します」という顧客視点での説明をすることにより、顧客の理解度が向上すると同時に当社への信頼感も増す。