名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉川洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川洋のプロフィール

吉川洋、よしかわ・ひろし。日本の経済学者。東京大学名誉教授。東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業、イェール大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学経済学部助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、東京大学経済学部助教授・教授、立正大学経済学部教授などを務めた。

吉川洋の名言 一覧

起業やイノベーションは、ヘトヘトになった状況からは生まれない。ある程度の余裕というか、遊び心も職場には重要。


企業という組織も人で構成されていますから、人を育てることが、企業の競争力につながる。


今後、環境は激変する。環境が変われば、新しいニーズが出てくる。つまり、イノベーションが求められているということ。


人口減が即経済力低下と思い込むのはおかしい。今はイノベーションで生産性を上げられる。


戦前から、立派な企業は、人を蔑ろにしていない。工場法を作り、労働法制を整えたり、女工さんたちのために病院や学校をつくってきた。人をボロボロにして、取り替えながら雇うのでは良い企業とは言えない。


「今すぐのことではないから」と議論を先送りするのは、日本の悪い癖です。先のことでも、できるだけ前倒ししてきちんと議論しなくてはいけない。


人の数が減るということはそれなりに影響がありますが、経済学で言う「人的資本」、つまり人材は、数もさることながら、質が重要であって、人的資本の蓄積と養成が大事ということです。


「こういうものがあったらいい」というセンサーは、男性よりも女性のほうが発達しているのではないかと思います。消費者に近いものは、女性のアイディアがヒットを生むことがあると思います。古典的な例では、電気洗濯機は、シカゴの主婦がアイディアを出して、GEが開発したと言われています。電気洗濯機というアイディアは、おそらく男性からは出てこなかった。


先進国は成熟しているし、相当の水準まで来ているから、優良な投資先はほとんどないという議論は、先進国の間で100年間続いてきた議論です。しかし、いつの時代でも成長が止まったことはない。なぜかというと、新しいモノやサービスが生まれているからです。


人口減で働き手の数が減っていくことは、一国の成長にとってマイナス要因であることも事実です。ただ、人口が先進国の経済成長に直接的に寄与する部分というのは、実は非常に小さい。例えば、高度成長期、経済が10%成長した時の労働人口の成長率は概ね1.2%です。経済が10%成長して、働き手の数は1%プラス。この9%の差は何かというと、労働生産性の上昇というわけです。


吉川洋の経歴・略歴

吉川洋、よしかわ・ひろし。日本の経済学者。東京大学名誉教授。東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業、イェール大学で博士号を取得。ニューヨーク州立大学経済学部助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、東京大学経済学部助教授・教授、立正大学経済学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

茂木健一郎

私の周辺でも、「あいつは欠かせないな」という人物が何人かいる。そのような人物は、ある特定の問題の専門家であるというよりは、「場」をつくることができる人物だというケースが多い。単純なようだが、宴会のときに注文などを仕切ることができる。話題を絶やさずに、その場にいる人を楽しませることができる。その人がいると、何とはなしに安心で、楽しい。姿が見えないと、あいつはいないのかと探してしまう。そういう人は、必要な人だ。人と人との関係を、潤滑油として触媒することができる。そのような人は、結局、会社に求められる。


オグ・マンディーノ

いかなる人をもその莫大な資産ゆえに羨んではならない。彼の荷物は彼にとってそうであるように、あなたにも重すぎるだろう。あなたはそうした富を得るために、彼のように健康や心の平和、誇り、愛、静けさ、そして時には良心までも犠牲にすることはできないだろう。払われた対価があまりにも大きいと、結局は大きな損失を出すことになる。あなたの生活を簡素にしなさい。最小の物で満足する者が最も豊かなのだ。


松本大

私自身は「誰もが英語を絶対に身につけるべき」とまでは思っていません。ただ一つ、確実に言えることは、「英語が話せると世界が広がる」ということ。


酒巻久

若いときに「あいつは優秀だ」といわれていた人が、40代になったときに必ずしも優秀であり続けるとは限りません。逆に若手のときには目立たない存在だった人が、いまでは役員や社長を務めているというケースはいくらでもあります。これは30代と40代以降とでは、仕事に求められる能力が変わってくるからです。


横川竟

企業の価値は拡大だけにあるのではありません。体に良い商品を提供する。という志を失ったなら、自分が育ててきた子供のようなジョナサンでも、病死したと思ってあきらめるようにしています。もちろん、そんなことはあり得ないと信じているからこそ、潔く後進に後を譲ったのです。


山本忠人

仮に製品をめぐって、開発部門と営業部門で意見の対立があったとします。最終的には顧客が判断するわけですから、開発部門の立場が悪くなったとしても、顧客の意見を優先します。常にそれで押し通してきたし、これからも変わりません。


太田彩子

最初はどのお客様にもそんなにニーズはないんですよ。ニーズがあるかどうかを見極めるというより、対話をしながらニーズを喚起していくというほうが近いかもしれません。


三木泰雄

日本人は通常中学と高校で都合6年間、それから大学で2年か3年英語を勉強してきているわけですから、コミュニケーションに必要な英語の知識は、すでにみな持っているはずなのです。それなのに英語ができないというのは、結局使う機会がないので、覚えたことをみな忘れてしまうからにほかなりません。だから、英語が必要な環境に行きさえすれば、基礎力はあるのですから、必ずできるようになると私は思います。


榊原清則

古い構造、体質にしがみついていると会社は十年で潰れる。日本の企業は本業にこだわりすぎ、赤さび企業に転落しないうちに異分野の柱を立てておけ。ライバルはどこから出現するかわからない。その中で自社が生き残り、勝ち残るためには狭い世界で本業を墨守しているだけでは駄目。思いもよらない分野に進出してこそ本業倒壊のリスクを回避できる。


猪瀬直樹

事態が刻々と変化する震災のような状況下では、あれこれ思い悩んでいる時間はありません。ときには、すべての情報が集まるのを待たずに動き出し、その都度軌道修正していくことも必要です。


江川達也

誤解を恐れずに言うなら、手を抜いてでも締め切りに間に合わせるのがプロでしょう。編集者の想定するレベルは、当然、超えていなければ話になりません。それがプロですから。手を抜くというのはそこから先の話で、時間が許せば、自分としてはもっと描き込みたいという部分を制御してでも、締切りを守るということです。


是枝裕和

興行のことはわからないことばかりなんです。海外の評価にしても、計算や予想は外れることばかりですので、自分本位に面白がるようにしています。褒められて乗せられる、評価されたいからやる、というのでは自分を見失ってしまいますから。