名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

吉川元春の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉川元春のプロフィール

吉川元春、きっかわ・もとはる。毛利元就の二男、毛利隆元の弟、小早川隆景の兄。毛利家の重役を務めていた吉川家に養子として入り、毛利家の発展に貢献した。名将として知られ、生涯合戦数76、うち勝利64という武功を挙げた。父元就に「戦では元春に勝てないだろう」と高い評価を受けた。

吉川元春の名言 一覧

小さな敵には恐る恐る対する。大敵の場合は恐れず、十死一生の戦いをやるぞという気概を君主から示す。


数多の人たちに対して、えこひいきなく、よく目をかけてやって頂きたい。人びとに行きわたらない情けは、なんの役にも立たぬものです。


人から敬礼をお受けなされたときの御挨拶も、目で礼をなされたようにお見受けしましたが、あれもまた軽々しい振る舞いと思いました。今後はよくおかがみになってていねいになさるがよろしいと存じます。


外出なさる場合も、よく注意しておとりつくろいなさるがよろしい。その際の着物の着方についても、簡単に商人などが着るように着たり、また、首に巻きつけるような格好で御召しなさったならば、はたの見た目も実に笑止千万なことであります。そのようになされたところで、健気に見える点は少しもありませぬ。着物は普通に正しく御召しになるのが最もいいことなのです。


自分の身づくろいの出来栄えは、人から見て批評してもらわぬと駄目です。それを自分で御覧になることはとうていできるものではありません。


吉川元春の経歴・略歴

吉川元春、きっかわ・もとはる。毛利元就の二男、毛利隆元の弟、小早川隆景の兄。毛利家の重役を務めていた吉川家に養子として入り、毛利家の発展に貢献した。名将として知られ、生涯合戦数76、うち勝利64という武功を挙げた。父元就に「戦では元春に勝てないだろう」と高い評価を受けた。

他の記事も読んでみる

高橋がなり

佐川急便で働いていたときも辛かったよ。だけど体力だけが自慢の僕にとってはまだ楽だった。毎日毎日をサボらずにコツコツ働けば、残りの仕事は減っていく。それでも自分のテリトリーに荷物がドサッと来ると、今日こそは配達と集荷を全部終わらせられずに逃げ出すんじゃないかと思いながら、いつもよりガッツを入れてコツコツ働いているといつの間にか終わっていた。そんな毎日を過ごしながら一年も経つと、筋肉痛もなくなるし、3時間睡眠にも慣れてしまっていた。


堀切功章

しょうゆは国内ではあまりに日常的な存在のため、価格競争に陥りがちだが、だからこそ新しい価値を訴求する必要がある。例えば加熱処理をしていない生しょうゆを、空気に触れない密封容器に入れた「いつでも新鮮」シリーズは、国内の消費者にしょうゆの新しい価値を伝える効果があり、売上も好調だ。


山田昌弘

大学に入り直す高齢者などは、女性のほうが圧倒的に多い。そんな中で、威張らずに雑巾がけから始める男は受けがいい。俳句の会などで、女性に「教えてください」と頭を下げるのもいいでしょう。


堀尚弘

PL/BS(損益計算書と貸借対照表)の数値をもっと身近な数値にブレークダウンすることが大切です。それぞれのマネジメントの範囲の中で、経営数値に結びつく具体的な指標を設定する。皆で共有できる数字があればわかりやすいし、社員のモチベーションアップにもつながります。


治山正史

私は「持っていない需要」と呼んでいますが、消費者の方々は、まだ持っていないもの、持つことで生活が豊かになるものに対しては消費意欲が強い。我々もそうした需要に合う商品を提供していこうと考えています。


高見沢俊彦

ライブをやって曲を作って、40年同じことを繰り返してますが、好きとか嫌いとかじやなくて、染みついていることだからやらなきゃいけない。どうしてそこまでできるのか。それは、「根性」ですよ。使い古された言葉かもしれないけれど、それがないとできない。


藤堂高明(経営者)

厳しい環境で優秀な人たちのなかで頑張るのもいいんですけど、投資の基本はやはり人が目をつけていないというか、「安く買って、高く売る」という基本のところだと思います。変化とかギャップが大きいところって、実はチャンスがあるんですけど、誰もそこに価値を見出していないというところがあるわけですね。


曽山哲人

私たちは日本人であり、日本人の強みを生かした戦い方をしながら、「進化した日本的経営」を築き上げていきたい。そのためにも、かつて日本で活躍した経営者から学べるものは学び、時代に合わせてそれらを変え、生かすことが大事だと思っています。


又吉直樹

マイノリティの感覚は確かにあると思うのですが、一方でマジョリティの感覚もあります。自分の中で、両方を行きつ戻りつみたいな感じです。


ロベルト・シンヤシキ

より良い結果を得るために、それまでのやり方や習慣を手放し、自分を引き離すことが必要。


仲村トオル

いつも、まず台本をいただいたら「こういう人物で演じたらどうだろう」とキャラクターをイメージして読み進めます。途中で「このキャラクターではこれ以上進めない」と感じたら、また別の人物を思い浮かべ、最初から台本を読み直す。一回でキャラクターを掴めることもあれば、なかなかスムーズにいかないときもあります。


橋本孝之

常に10年後の自分の姿を思い描いて働くことが大切です。とくに若い人の場合、今日、明日のことだけを考えて仕事をしてしまいがちです。しかし、それでは成長しません。10年後の自分はどの国で、どんな立場で、どんな仲間たちと、どんな仕事をやっているのか。こうしたイメージを明確に持つことです。「自分はここまで行きたい」ということを、はっきりイメージすることです。