吉川元春の名言

吉川元春のプロフィール

吉川元春、きっかわ・もとはる。毛利元就の二男、毛利隆元の弟、小早川隆景の兄。毛利家の重役を務めていた吉川家に養子として入り、毛利家の発展に貢献した。名将として知られ、生涯合戦数76、うち勝利64という武功を挙げた。父元就に「戦では元春に勝てないだろう」と高い評価を受けた。

吉川元春の名言 一覧

小さな敵には恐る恐る対する。大敵の場合は恐れず、十死一生の戦いをやるぞという気概を君主から示す。


自分の身づくろいの出来栄えは、人から見て批評してもらわぬと駄目です。それを自分で御覧になることはとうていできるものではありません。


数多の人たちに対して、えこひいきなく、よく目をかけてやって頂きたい。人びとに行きわたらない情けは、なんの役にも立たぬものです。


人から敬礼をお受けなされたときの御挨拶も、目で礼をなされたようにお見受けしましたが、あれもまた軽々しい振る舞いと思いました。今後はよくおかがみになってていねいになさるがよろしいと存じます。


外出なさる場合も、よく注意しておとりつくろいなさるがよろしい。その際の着物の着方についても、簡単に商人などが着るように着たり、また、首に巻きつけるような格好で御召しなさったならば、はたの見た目も実に笑止千万なことであります。そのようになされたところで、健気に見える点は少しもありませぬ。着物は普通に正しく御召しになるのが最もいいことなのです。


吉川元春の経歴・略歴

吉川元春、きっかわ・もとはる。毛利元就の二男、毛利隆元の弟、小早川隆景の兄。毛利家の重役を務めていた吉川家に養子として入り、毛利家の発展に貢献した。名将として知られ、生涯合戦数76、うち勝利64という武功を挙げた。父元就に「戦では元春に勝てないだろう」と高い評価を受けた。

他の記事も読んでみる

一瀬邦夫

「いきなり!ステーキ」1号店をオープンした数か月後、「国内で年内に30号店まで出店する」と宣言しました。これには社員たちもおおいに驚いたばかりか、言った当の本人も内心、「本当にできるのか」と半信半疑になりそうなほどでした。「一店一店繁盛店をつくっていけば、その日は必ずやってくる」という信念を持ち続け、積極出店を続けました。その結果、年末も押し迫った12月29日に、待望の30号店を開店することができました。あの時は本当に嬉しかったですね。年内に30号店まで必ずオープンさせるというのは「自分との約束」、言い換えれば「決意」です。私は「決意すれば、その日は必ず来る」と信じて行動したわけです。


枡野俊明

重要なのは、目の前のことに一生懸命に取り組み、縁が来た時に、ぽんと捕まえられるだけの準備を怠らないこと。縁をつかむ原因は、人間性かもしれないし、お金かもしれません。


梶明彦

長生きの秘訣は「楽しむ」こと。


村上憲郎

ビジネスパーソンとして生きていくうえで最も基本となる知識は、「会社のしくみ」「財務・簿記の知識」「経済学」などです。どんな仕事をするにせよ、これらの知識を持っているか否かの差は大きい。


稲盛和夫

百年に一度という大変革期に巡り合わせたことを大変な幸運と思おうではないか。このチャンスを大事にして、成功に向けて一丸となって燃えよう。


諏訪内晶子

人生には本当にいろいろなことが起こるけれど、そのいろいろなことを無駄にせず、経験を自分の内面で芸術として成熟させなければなりません。成熟こそが問われていることなのでしょう。


リチャード・カールソン

作家でも何でも何かになるための最初のステップは、最大の批評家であるあなた自身を黙らせることだ。自分自身の限界を口にするのはたんなる癖で、もっと肯定的な考え方に変えられると知る必要がある


江上治

成功した人たちの話には、ドラマがあります。飽くなきチャレンジを繰り返し、成功もすれば失敗もしている。そんな山あり谷ありの人生からつむぎだされるストーリーが面白くないわけがありません。彼らは失敗や挫折した自分を躊躇せずにさらけ出す強さも持っています。「この人でもこんな失敗をしているんだ」という意外性は、相手の共感と信頼を生み出します。


片田珠美

なかには怒りの感覚を自覚できない人もいます。よいことのように思われがちですが、怒りが自分でも気づかぬうちに蓄積されて、心や体に変調をきたすことがしばしばあります。自分の怒りに気づくことは、自分を守るためにこそ必要なのです。


テリーザ・メイ

人がどれほど成功できるか、人が人生の中で何を成し遂げられるかは、その人の才能や、その人がどれだけ頑張ったかによって決まるべきだ。


御手洗冨士夫

米国では(経営者の)進退は株主や委員会が決め不文律で決めるなんてことはまったくない。でも、日本は日本のやり方があってフィットしているのだろうから、それでいいと私は思っています。ただ、一定期間で経営者が交代する日本ではキヤノンは変わった会社と思われるかもしれませんね。私はキヤノンの6代目の社長です。初代社長は会長を含め40年ほどやって現役のまま亡くなっている。3代目も20年ぐらい会長と社長をやりました。病没や70歳を機に一線を退きたいといった人もいましたが、いずれにしても「何期でやめる」という社長は我が社の歴史にいません。これは初代社長が非常に合理的で、米国式の信奉者だったからです。


金花芳則

社長就任が決まり、今春、全工場を回りました。鉄道以外は初めて訪れる場所も多く、それぞれ優れた技術や製品を持っていることに目を開かされました。同時に、もっと会社としての相乗効果を発揮できるはずだと確信しました。成長分野のロボットは電気系だけでなく、油圧系の技術も活用すれば一段と品質が向上します。ガスエンジン、タービン、ボイラーも連携によって営業力が高まります。着手できることからどんどん進めますよ。


津久井将信

デザイン会社に勤務していたときに、ある企業のロゴマークに3億円の制作費がかかっていると聞き、ロゴにはすごい価値があると知ったんです。だから、ロゴの仕事は安く請けないという暗黙のルールがありました。格安でデザインすれば勝負できると思ったのが起業のきっかけです。


三宅占二

競争すべきところはうんと競争してもいいのです。しかし、余計な部分にはコストをかけて収益の足を引っ張る、それをお客様に負担していただくというのはよくない。


柳沢慎吾

初めての収入はエキストラ出演のギャラ。すっごい安かったけどね。そのときの給料明細は、いまでも実家のお母ちゃんが持ってるんですよ。


ページの先頭へ