名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉岡隆治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡隆治のプロフィール

吉岡隆治、よしおか・りゅうじ。日本の経営者。「第一織物」社長。福井県出身。繊維会社勤務を経て、家業の第一織物に入社。社長を務め、同社を大きく成長させた。

吉岡隆治の名言 一覧

ワッと売れたものはワッと消える。トレンドとはそういうもの。


トレンドに関係なく本物だけが残る。完成度が低く、コピーできるものが入れ替わり、消えていく。いつまでも世の中に残るスタンダードを作りたい。


今までなかったものを作り出せば、きっと誰かがその良さを分かってくれる。好きになって使ってくれる。


自分と生まれた土地に誇りを持ち、オープンマインドで接すれば、世界中OKです。人は相手がいい人だと思ったら、自分の大切な人を紹介してくれるもの。そこから輪が広がり、ビジネスは後から付いてくる。


本当に親しくなって初めてビジネスができる。1年のうち半分は海外出張という生活を続けてきましたが、まずは商売を抜きにして、人との出会いを求めてのものでした。


老舗ブランドは自分たちが何を求め、何をしたいのか、明確な方向性を持ち、世界観、価値観にかなうものだけを使う。


発売当初は「こんなもの誰が使うんだ」と散々な評判だった。でも大人気になったので、言った本人が後で謝りに来た。


電話とメールは仕事ではない、作業だ。人と会わなければ仕事にならない。フェイスブックやネットからは本当に大切なことは出てこない。本当に大事なことは人間そのものの中にある。私たちは感性に訴えることを仕事としている。感性は会議やメールでは伝わらない。


現地のエージェントを探し、彼らを通して直接、現地で商売をする。それが私たちのビジネスモデルです。日本に住んでいる日本人だけでは、いくら優秀で、どれだけ言葉ができても、現地の人のようにはいきません。その国で生活し、文化に通じ、社会を肌で知っている人と一緒に輪を広げていくのです。


私たちが作るテキスタイル(生地)はハイテクのマシンで織ります。しかし、それを操作するのは人間です。あらゆることに目を配り、心を砕いて、手作りの風合いを大切にした丹念な職人の仕事を貫いています。高機能のハイテクではなく、高感性のローテクが心を動かします。


合繊生地は巨費を投じて最新鋭の設備を導入すれば、すぐに高品質な製品を実現できる。その最先端を行く中国と機能性で戦ったら、必ず負ける。人の感覚に訴えかける、つまり「高感性」が我々の武器だ。


例えば、生地中の糸の密度が100本から101本に上がったことを優位性だと言うこと自体が愚かだ。機能性を打ち出していくような商品は、生産の速さから価格まで考えて、日本に残る道理はない。


ものづくりは人づくりです。世代を受け継ぎながら日本のものづくりを続けていきたいのです。一つの会社だけが残ることなどありえません。織物なら、糸をよる、色を染めるなど、様々な担い手が必要です。織る仕事も一つの会社だけでは成立しません。一番に考えることは絶対に産地を残さなければダメということです。それを自分の使命のように感じています。65歳を機に最前線から少し引く予定でしたが、今また東京に出てきて、いろんな人と出会いたいと考えています。


私たちの会社は、すぐに売れるものは作っていません。今、一番売れているのは5年前に作った商品です。高密度織物は見た目に比べて重みがありますが、それはポリエステルでありながら麻のように見えて、とても軽い。出来上がったときは海外のエージェントも含め、総スカンでした。誰も見たことのないオリジナルだからです。知らないものに対し、ときに人は拒絶反応を示すものです。発売3年目から日本で反応が出て、ヨーロッパに波及しました。よいものだと認められるのに時間はかかりましたが、今では生産が追いつきません。それはこれ以上ないレベルにまで完成度を求め、価値と価格のバランスを取っているからでしょう。完成度やバランスを決めるのは私たち自身。私たちの誇りが決定するのです。


コミュニケーションに語学は大切なツールですが、それだけで国際人になれるわけではないと思います。日本人なら日本に誇りを持っていなければ、世界のどこに行っても相手にされません。イタリアでは、どんな田舎に行っても、おばあちゃんたちが自分の土地を自慢します。「あんた、よく来たね。これ美味しいよ」と、家族自慢、お国自慢です。そこで打ち解け、互いに心を開きます。世界のどこでもそうです。これはとても大切で、日本人に欠けがちなことです。


機能の良さだけでは使ってもらえません。もっと風合いの良いもの、見た目が美しいもの、肌触りを重視したものが欲しいと、いろいろな声がありました。糸をよる回数や強さ、タテとヨコの糸の組み合わせ、織り方、織りの密度、織る際に糸を張る強さなど、一つ一つの事柄と地道に向き合い、愚直に試行錯誤を重ねました。3年越しでポリエステルのテキスタイル(生地)が出来上がりました。一振りするだけで乾いたようになりながら、やわらかな着心地を実現できたのです。フランスやイタリアの高級ブランドがコートに採用してくれました。


吉岡隆治の経歴・略歴

吉岡隆治、よしおか・りゅうじ。日本の経営者。「第一織物」社長。福井県出身。繊維会社勤務を経て、家業の第一織物に入社。社長を務め、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

ジェイソン・ダーキー

日本の人材教育ではどんな知識を教え、講師が誰かなど「インプット主義」に陥りがちですが、ぜひ「アウトプット主義」になりましょう。誰に、どんなシーンで、何を使って欲しいのかを意識することです。


川田修(ライフプランナー)

私は、営業で大事なことは結局、感謝と愛情だといつも言っており、それなしには、どんな工夫も生きてこないからです。できれば、その奥にある考え方を理解したうえで、テクニックを使ってほしいと思います。


田村哲夫

強調したいのは、米国が世界に誇れる大学を抱えるに至ったのは制度改革によってではなく、制度が変わり、やる気のある人を受け入れていったことで変わっていった点です。


岩切章太郎

よく世間では、私のことを夢を見る男とか、ユートピアン(夢想家)とかいう。そのとおりだと自分でも思うが、なんでもいいから日本の新しいモデルになるようなものをつくってみたいという気持ちがいつも私を駆り立てるのである。そして柄にもない、大それたことと思いながら田舎住まいのただひとつの生きがいだから、どうか許していただきたいと心の中でお詫びしている次第である。


飯田亮

私は終戦を経験しています。国は崩壊していて、頼りになるのは自らの力だけ。私が常識外の力を発揮できた背景には、こうした社会状況もあったのでしょう。


田原総一朗

日本には一代での成り上がり成功者を嫌い、足を引っ張りたがる傾向がある。ただし、成り上がりでも一つだけ気をつければ、足を引っ張られることはありません。それは単純ですが、年配の人に気に入られること。孫(正義)さんや三木谷(浩史)さんはこれができた。


稲盛和夫

それぞれの会社には、会社を律するためのルール、または仕組みというものがあるでしょう。不祥事が起きるのは、それ以前に、人間個人としていかにあるべきかという根本的な哲学が欠落しているからだと思います。


川村元気

想像力をたくましくして、3年後、5年後に自分が上司の立場になったら、どう見るだろうかと考えることも大いに役立つと思います。


寺尾玄

「可能性は誰もが持っていて、いつでも自由に使うことができる」。このことを知っていれば、物事と向き合う時に「できないことはない」と考えられるようになる。こうなれば、不可能と思われていることであっても、当たり前のように挑戦できるようになる。


鈴木久仁

数字に対する想像力を磨くには、日々の仕事を数字で締めくくることが大切。営業社員であれば、その日に何件訪問して、何件成約がとれ、どれくらいの確度で目標を達成できるのか。結果の理由を考え、一日を必ず数字で締めくくる。そして次の日の行動に反映する。これを日々繰り返し、行動を数字に置き換えて自分の中に蓄積するのです。


土光敏夫

成功は次の成功への呼び水とせよ。失敗は次の成功への足がかりとせよ。この二つの相反する格言は、アフターケアの大切さを指摘している点で、共通の真理なのである。


菅原道仁

「少しくらいミスしても大丈夫でしょ」と楽観的に考えていると、準備や努力を怠ってしまい、取り返しのつかないミスを犯すことになる。