名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉岡隆治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡隆治のプロフィール

吉岡隆治、よしおか・りゅうじ。日本の経営者。「第一織物」社長。福井県出身。繊維会社勤務を経て、家業の第一織物に入社。社長を務め、同社を大きく成長させた。

吉岡隆治の名言 一覧

ワッと売れたものはワッと消える。トレンドとはそういうもの。


トレンドに関係なく本物だけが残る。完成度が低く、コピーできるものが入れ替わり、消えていく。いつまでも世の中に残るスタンダードを作りたい。


今までなかったものを作り出せば、きっと誰かがその良さを分かってくれる。好きになって使ってくれる。


自分と生まれた土地に誇りを持ち、オープンマインドで接すれば、世界中OKです。人は相手がいい人だと思ったら、自分の大切な人を紹介してくれるもの。そこから輪が広がり、ビジネスは後から付いてくる。


本当に親しくなって初めてビジネスができる。1年のうち半分は海外出張という生活を続けてきましたが、まずは商売を抜きにして、人との出会いを求めてのものでした。


老舗ブランドは自分たちが何を求め、何をしたいのか、明確な方向性を持ち、世界観、価値観にかなうものだけを使う。


発売当初は「こんなもの誰が使うんだ」と散々な評判だった。でも大人気になったので、言った本人が後で謝りに来た。


電話とメールは仕事ではない、作業だ。人と会わなければ仕事にならない。フェイスブックやネットからは本当に大切なことは出てこない。本当に大事なことは人間そのものの中にある。私たちは感性に訴えることを仕事としている。感性は会議やメールでは伝わらない。


現地のエージェントを探し、彼らを通して直接、現地で商売をする。それが私たちのビジネスモデルです。日本に住んでいる日本人だけでは、いくら優秀で、どれだけ言葉ができても、現地の人のようにはいきません。その国で生活し、文化に通じ、社会を肌で知っている人と一緒に輪を広げていくのです。


私たちが作るテキスタイル(生地)はハイテクのマシンで織ります。しかし、それを操作するのは人間です。あらゆることに目を配り、心を砕いて、手作りの風合いを大切にした丹念な職人の仕事を貫いています。高機能のハイテクではなく、高感性のローテクが心を動かします。


合繊生地は巨費を投じて最新鋭の設備を導入すれば、すぐに高品質な製品を実現できる。その最先端を行く中国と機能性で戦ったら、必ず負ける。人の感覚に訴えかける、つまり「高感性」が我々の武器だ。


例えば、生地中の糸の密度が100本から101本に上がったことを優位性だと言うこと自体が愚かだ。機能性を打ち出していくような商品は、生産の速さから価格まで考えて、日本に残る道理はない。


ものづくりは人づくりです。世代を受け継ぎながら日本のものづくりを続けていきたいのです。一つの会社だけが残ることなどありえません。織物なら、糸をよる、色を染めるなど、様々な担い手が必要です。織る仕事も一つの会社だけでは成立しません。一番に考えることは絶対に産地を残さなければダメということです。それを自分の使命のように感じています。65歳を機に最前線から少し引く予定でしたが、今また東京に出てきて、いろんな人と出会いたいと考えています。


私たちの会社は、すぐに売れるものは作っていません。今、一番売れているのは5年前に作った商品です。高密度織物は見た目に比べて重みがありますが、それはポリエステルでありながら麻のように見えて、とても軽い。出来上がったときは海外のエージェントも含め、総スカンでした。誰も見たことのないオリジナルだからです。知らないものに対し、ときに人は拒絶反応を示すものです。発売3年目から日本で反応が出て、ヨーロッパに波及しました。よいものだと認められるのに時間はかかりましたが、今では生産が追いつきません。それはこれ以上ないレベルにまで完成度を求め、価値と価格のバランスを取っているからでしょう。完成度やバランスを決めるのは私たち自身。私たちの誇りが決定するのです。


コミュニケーションに語学は大切なツールですが、それだけで国際人になれるわけではないと思います。日本人なら日本に誇りを持っていなければ、世界のどこに行っても相手にされません。イタリアでは、どんな田舎に行っても、おばあちゃんたちが自分の土地を自慢します。「あんた、よく来たね。これ美味しいよ」と、家族自慢、お国自慢です。そこで打ち解け、互いに心を開きます。世界のどこでもそうです。これはとても大切で、日本人に欠けがちなことです。


機能の良さだけでは使ってもらえません。もっと風合いの良いもの、見た目が美しいもの、肌触りを重視したものが欲しいと、いろいろな声がありました。糸をよる回数や強さ、タテとヨコの糸の組み合わせ、織り方、織りの密度、織る際に糸を張る強さなど、一つ一つの事柄と地道に向き合い、愚直に試行錯誤を重ねました。3年越しでポリエステルのテキスタイル(生地)が出来上がりました。一振りするだけで乾いたようになりながら、やわらかな着心地を実現できたのです。フランスやイタリアの高級ブランドがコートに採用してくれました。


吉岡隆治の経歴・略歴

吉岡隆治、よしおか・りゅうじ。日本の経営者。「第一織物」社長。福井県出身。繊維会社勤務を経て、家業の第一織物に入社。社長を務め、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

熊谷直彦(経営者)

インドネシアに赴任した当時の最大の問題は、相手の支払い能力でした。インドネシアも戦後でカネがなかった。つまり、バーターではないけれど、まず物を買ってあげないことには繊維であれ何であれ売ることができない。だから、農産物やゴム、スズといった原材料の買い付けに走り回りました。そういうところから戦後日本の貿易は始まったわけです。この「片道通行的な仕事では伸びていかない」という発想はいまに通じています。


スティーブン・コヴィー

非常に素晴らしい親子関係を築いている人が、次のように述べている。「一人一人の子供に対して、それぞれ違う接し方をしてこそ、公平に接することになる」


古森重隆

仕事の成果はその人の持つ五体の総和である。人材育成はとかく首から上ばかりに偏りがちだが、大切なのは首から下も合わせた五体の総和。


中原淳

ひとつの組織に属して、仕事に熟達してくると、その組織特有の物の見方や考え方が身についてしまい、惰性を獲得し始めます。ひどい場合には「世間感覚」を失ってしまう。組織特有の知識があるからこそ、その組織で効率的に仕事ができるのですが、その半面、失うものもある。


郡昭夫

創業当時から、海外製品の品質を超えるために努力を重ねる一方で、油脂や様々な化学品へ多角化を進めるなど、チャレンジを続けてきました。現在の経営理念である「新しい潮流の変化に鋭敏であり続けるアグレッシブな先進企業を目指す」「世界とともに生きる」にも、その精神が受け継がれています。


斎藤広達

「すぐやる」人のなかには、いろんなことに手を出しすぎてかえって結果が出ないというタイプも存在します。ビジネス書に書いてあるノウハウを次から次へと試しているのだけれど、いつまで経っても変わらない……なんて人もいるのではないでしょうか。そういう人は、一度立ち止まって、焦らずひとつの方法でじっくり腰を据えて取り組んだほうが、うまくいくのではないかと思います。


菊間千乃

将来の希望は持っていた方がいいけれど、自分の希望と周囲が考える適性は違うことも多い。だから私は、入社から3~4年間は好き嫌いを言わず、何でも自分の中に取り込んでいく修業期間だと考えていました。その過程で自分の特徴、会社や業界の仕組みなどが分かり、やっとスタートラインに立てる。


稲盛和夫

経営マインドを持った人材の育成には、小さくてもいいので自らの責任で部門運営をさせることが一番。


樋口武男

様々な取り組みによって、大和団地の経営状況は、次第に好転するはずでした。ところが、その矢先、大きなトラブルが発生しました。大和団地が連帯保証をしていた病院が倒産し、68億円もの負債を背負うことになってしまったのです。これは全くの計算外だったので、石橋(信夫)オーナーに相談に行きました。ところが、「お前がなんとかしろ」の一点張りで、いっさい手を貸そうとはしてくれません。あまりにも理不尽で、その時は納得できませんでした。しかし、今思えば、絶体絶命の状況を経営者としてどう乗り越えるのか、私を試されていたのだと思います。とはいえ、打開策など何もないため、私は思い切って倒産した病院に融資していた銀行を訪ね、交渉に臨みました。「大和団地には連帯保証の責任があるが、銀行にも危ない病院に融資した責任があるのではないか」と、銀行の取締役に詰め寄り、解決方法を話し合ったのです。なんとしてでもこの危機を乗り切らねばならない、というこちらの覚悟が伝わったのでしょう。ひねり出された打開策が、大和団地が保有していたその銀行の株の売却でした。持ち合いで銀行が保有している大和団地の株はそのまま手放さず、こちらの銀行株だけ手放し、しかも友好関係は維持するというウルトラCの結論が出た時には、心底安堵しました。この時ばかりは、「道をひらいた」というよりも、粘り腰で「道をこじ開けた」といったほうが正解かもしれません。


鶴野充茂

話の組み立てを考える際には、伝えたいことをパソコンに向かって書きだします。思いつくままで構いません。データがないと整理できませんから、とにかく頭にあるものを言葉に変換するのです。ポイントは、なるべく多くの内容を書き出すことです。母集団が多ければ、そこから選ばれたものの質は自然と高くなります。同じように、自分が伝えたいと思う内容をたくさん書きだすことが、説明の要素の質を上げることになるのです。


マーク・ベニオフ

オラクルに在籍していた当時、休暇中のハワイの海で泳いでいたときに、アマゾンのウェブサイトとオラクルのサイトを同時に思い浮かべたところ、機能をネットワークに乗せ、必要な期間に必要な容量のサービスをネット上で提供するクラウド型サービスのアイデアがひらめいたのです。これがセールスフォースの業態につながっています。


三宅占二

競争すべきところはうんと競争してもいいのです。しかし、余計な部分にはコストをかけて収益の足を引っ張る、それをお客様に負担していただくというのはよくない。