名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉岡隆治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡隆治のプロフィール

吉岡隆治、よしおか・りゅうじ。日本の経営者。「第一織物」社長。福井県出身。繊維会社勤務を経て、家業の第一織物に入社。社長を務め、同社を大きく成長させた。

吉岡隆治の名言 一覧

ワッと売れたものはワッと消える。トレンドとはそういうもの。


トレンドに関係なく本物だけが残る。完成度が低く、コピーできるものが入れ替わり、消えていく。いつまでも世の中に残るスタンダードを作りたい。


今までなかったものを作り出せば、きっと誰かがその良さを分かってくれる。好きになって使ってくれる。


自分と生まれた土地に誇りを持ち、オープンマインドで接すれば、世界中OKです。人は相手がいい人だと思ったら、自分の大切な人を紹介してくれるもの。そこから輪が広がり、ビジネスは後から付いてくる。


本当に親しくなって初めてビジネスができる。1年のうち半分は海外出張という生活を続けてきましたが、まずは商売を抜きにして、人との出会いを求めてのものでした。


老舗ブランドは自分たちが何を求め、何をしたいのか、明確な方向性を持ち、世界観、価値観にかなうものだけを使う。


発売当初は「こんなもの誰が使うんだ」と散々な評判だった。でも大人気になったので、言った本人が後で謝りに来た。


電話とメールは仕事ではない、作業だ。人と会わなければ仕事にならない。フェイスブックやネットからは本当に大切なことは出てこない。本当に大事なことは人間そのものの中にある。私たちは感性に訴えることを仕事としている。感性は会議やメールでは伝わらない。


現地のエージェントを探し、彼らを通して直接、現地で商売をする。それが私たちのビジネスモデルです。日本に住んでいる日本人だけでは、いくら優秀で、どれだけ言葉ができても、現地の人のようにはいきません。その国で生活し、文化に通じ、社会を肌で知っている人と一緒に輪を広げていくのです。


私たちが作るテキスタイル(生地)はハイテクのマシンで織ります。しかし、それを操作するのは人間です。あらゆることに目を配り、心を砕いて、手作りの風合いを大切にした丹念な職人の仕事を貫いています。高機能のハイテクではなく、高感性のローテクが心を動かします。


合繊生地は巨費を投じて最新鋭の設備を導入すれば、すぐに高品質な製品を実現できる。その最先端を行く中国と機能性で戦ったら、必ず負ける。人の感覚に訴えかける、つまり「高感性」が我々の武器だ。


例えば、生地中の糸の密度が100本から101本に上がったことを優位性だと言うこと自体が愚かだ。機能性を打ち出していくような商品は、生産の速さから価格まで考えて、日本に残る道理はない。


ものづくりは人づくりです。世代を受け継ぎながら日本のものづくりを続けていきたいのです。一つの会社だけが残ることなどありえません。織物なら、糸をよる、色を染めるなど、様々な担い手が必要です。織る仕事も一つの会社だけでは成立しません。一番に考えることは絶対に産地を残さなければダメということです。それを自分の使命のように感じています。65歳を機に最前線から少し引く予定でしたが、今また東京に出てきて、いろんな人と出会いたいと考えています。


私たちの会社は、すぐに売れるものは作っていません。今、一番売れているのは5年前に作った商品です。高密度織物は見た目に比べて重みがありますが、それはポリエステルでありながら麻のように見えて、とても軽い。出来上がったときは海外のエージェントも含め、総スカンでした。誰も見たことのないオリジナルだからです。知らないものに対し、ときに人は拒絶反応を示すものです。発売3年目から日本で反応が出て、ヨーロッパに波及しました。よいものだと認められるのに時間はかかりましたが、今では生産が追いつきません。それはこれ以上ないレベルにまで完成度を求め、価値と価格のバランスを取っているからでしょう。完成度やバランスを決めるのは私たち自身。私たちの誇りが決定するのです。


コミュニケーションに語学は大切なツールですが、それだけで国際人になれるわけではないと思います。日本人なら日本に誇りを持っていなければ、世界のどこに行っても相手にされません。イタリアでは、どんな田舎に行っても、おばあちゃんたちが自分の土地を自慢します。「あんた、よく来たね。これ美味しいよ」と、家族自慢、お国自慢です。そこで打ち解け、互いに心を開きます。世界のどこでもそうです。これはとても大切で、日本人に欠けがちなことです。


機能の良さだけでは使ってもらえません。もっと風合いの良いもの、見た目が美しいもの、肌触りを重視したものが欲しいと、いろいろな声がありました。糸をよる回数や強さ、タテとヨコの糸の組み合わせ、織り方、織りの密度、織る際に糸を張る強さなど、一つ一つの事柄と地道に向き合い、愚直に試行錯誤を重ねました。3年越しでポリエステルのテキスタイル(生地)が出来上がりました。一振りするだけで乾いたようになりながら、やわらかな着心地を実現できたのです。フランスやイタリアの高級ブランドがコートに採用してくれました。


吉岡隆治の経歴・略歴

吉岡隆治、よしおか・りゅうじ。日本の経営者。「第一織物」社長。福井県出身。繊維会社勤務を経て、家業の第一織物に入社。社長を務め、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

前田晃伸

重要なのは「何が問題か」ではなく、「どうやったら解決できるのか」なんです。


藤原智美

フランスの批評家、ポール・ヴァレリーは読書は創造力を弱めるとさえ考えていたようです。私はこの主張を、乱読を続けると枝葉の情報ばかりに詳しくなり、自分の考えの幹ができないという意味に解釈しています。幹のない人は、たとえ具体論を並べたところで、結局は枝葉の羅列になって読み手を混乱させるだけです。逆にいうと、自分の考えの幹さえあれば、たとえ抽象論であっても訴求力のある文章を書くことは可能なはずです。


松野小百合

現地の人の物差しで見ないといけない。それができないのなら、そういう目で見える人たちをビジネスのメンバーに入れて、その意見をくみ取らないといけない。


岡潔

日本人の美術的感性があればこそできることもある。


岩田聡

「任天堂はビデオゲーム(だけ)の会社だ」と世の中の多くの方々は思っておられるでしょうし、当社の社員でさえ、だんだんそう考える人が増えていると思います。モノを作る立場にある社員も、目の前のビデオゲームをどう面白くするかという考えだけに捕らわれかねない状況なので、社外の人たちがそうお考えになるのは仕方がないことだと思います。ですので、ビデオゲームを軸にすることは変わらないとしても、一度「任天堂はどんなことをやっていい会社なのか」ということを、今、言葉にする必要があると思ったんです。


松岡浩(経営者)

社員から改善提案を募集し始めたのは創業6年目のこと。社員たちにこの会社で働くことの意識を高めてもらおうと考えて始めました。毎月1件知恵を出すというのが、当初、私が社員に唯一の命令として強制したことです。だから最初は「何でもいいからアイディアを出したら1件500円の報奨金を差し上げます」と。そしたら一気に1か月で500件近く出たので、知恵をつのれば改善というのはこんなにも出るものなのかと思いました。


江上治

自分がいまいる場所からさらに高みを目指すなら、普段と同じ行動をしていてはいけません。異質なものや一流のものに触れ、自分の感性を磨いたり、新たな視点を得ることが大切です。


大河正明

Bリーグにもバスケットボール界をより発展させ、より良い未来を築くという使命がありますし、Bリーグは誰のためにあるのかという基本的な考え方はJリーグと同じだと思います。我々はもっともっとバスケットボールをメジャーにしたい。そして、スポーツを通じて、子供からお年寄りまですべての人々が楽しみ、元気になることで日本の活性化に貢献していきたいと考えています。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

有能なビジネスマンは、迅速かつ正確に優先順位を決められるもの。対して、判断の精度が弱い人はスタートが遅れたり、とりあえず発生した順に着手してしまったり、想定外の案件に混乱したりする中で、時間と体力を浪費してしまいます。こんな人は、トレーニングとして「優先順位の点数化」の習慣を持つことをお勧めします。抱えているタスクを列挙し、重要度を計算してみましょう。基準は「ヒト」「モノ」「カネ」「時間」、いわゆる経営資源の四要素。タスクごとにその四要素を照らし合わせ、「不要なら0点、そこそこ必要なら1点、絶対に必要なら2点」と点数をつけて加算すると、得点の多いものほど重要度が高いとわかります。この方法に慣れてくると、書き出さなくても頭の中で即座に計算できるようになります。こうして判断力を鍛えることから、まずは始めてみましょう。


森勇(NTTファシリティーズ)

NTTから独立したことによって、むしろ顧客視点に立ち、品質の向上やコストダウンなどで貢献する意識は高まっています。
【覚書き|NTTのエネルギー部門などがNTTファシリティーズとして分離独立した理由について語った言葉】


鈴木敏文

セブンイレブンのあらゆる活動は顧客のロイヤリティを高めるためにある。高い収益はその結果にすぎない。


弘兼憲史

人生は生涯、学びです。何事にも疑問を持って、自分で考える姿勢を保つこと。そして柔軟に構え、人との関係性を構築する方法を考えること。これが、僕の学び方でもあります。