名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉岡秀和の名言

twitter Facebook はてブ

吉岡秀和のプロフィール

吉岡秀和、よしおか・ひでかず。日本の経営者。「EYS-STYLE」社長。大阪出身。京都大学経済学部卒業後、介護ベンチャー立ち上げ、A.T.カーニー、インヴィニオ、コンコードエグゼクティブグループなどを経てEYS-STYLEを設立。

吉岡秀和の名言 一覧

水がたまる桶があっても、蛇口をつけなければ仕組化にはなりません。


当社はバンドが起源の会社ですので、私たち自身が究極の顧客でした。バンドの原体験から、音楽を本当に楽しめる場所を仕組化して提供したかったのです。このビジネスを始めたい、というよりも、この楽しさをあらゆる人に伝えたいという思いが原点としてあります。


吉岡秀和の経歴・略歴

吉岡秀和、よしおか・ひでかず。日本の経営者。「EYS-STYLE」社長。大阪出身。京都大学経済学部卒業後、介護ベンチャー立ち上げ、A.T.カーニー、インヴィニオ、コンコードエグゼクティブグループなどを経てEYS-STYLEを設立。

他の記事も読んでみる

大川隆法

自分の能力にも厳しく、精進にも厳しく、目標にも厳しくなければいけない。そして、仕事を徹底的に追究していくことです。夜眠れないところまで行かなければ本物ではありません。営業系統であれば、血尿が出るところまで行くぐらいの覚悟がなければ本物ではありません。そこまで行かないようでは、「仕事をしていない」と言わざるを得ないのです。


ロバート・キヨサキ

今こそ、迫りくる経済的大嵐を生き抜くために、あなた自身の「お金の箱舟」を築き始めよう。準備を始めるのに早すぎるということはないのだから。


吉冨隆安

競馬での勝率を高めるためにはデータの解析が不可欠ですし、投資額と回収額のバランスを理論的に捉える工夫もいります。結果的に、数字に強くなることも期待できる。競馬は単なるギャンブルではなく、経営力を高められる奥深いゲームなのです。


吉野浩行

大型合併で失われかねないのがスピードです。世の中の変化が非常に早くなってきていますから、それに対応できるスピードが企業にとってなにより重要になってきています。しかし、企業が巨大化するとそのスピードも落ちる可能性が出てくる。ですから他社の合併を恐れることは全くない。


風間健

揉め事の仲裁には、いわゆる人間力が問われる。両者を理詰めで説得しようとしても無理ですし、押さえつけようとすればなおさら反発する。おそらく誰にでもできるわけではないでしょう。仲裁には経験も人徳も必要です。知識として仲裁の方法を覚えるよりも、人間力という土台づくりに励むことが、他者と軋轢を生まない一番の近道。


山本ケイイチ

安全な姿勢や、特定の部位に効果的なトレーニング法というのは確かにありますが、あまり細かいことに神経質になる必要はないと思います。大切なのは、細かなやり方よりも、とにかく運動を習慣化し、続けることだと思ってください。


荒濱一

稼ぎを自動化する仕組みを作り上げた人には共通した思考がある。数多くの「仕組み」所有者を取材した結果、一番核になる思考が「他力」と「継続」でした。


盛田昭夫

我々技術系の者は、目標設定がハッキリすれば、それに向かって創造できる。目標のためにはどうしたらいいかということで、逆に技術を開発していくわけです。


長谷川武彦

ヒット商品になっている当社の電動ハイブリッド自転車「パス」は、94年の発売まで10年以上もかかりました。最初は補助動力としてエンジンを使ったのですが、快適な自転車にはとてもならなかった。モーターに切り替えてからも、ギクシャクとした感覚を解消し、違和感のない乗り物にするのはとても困難な仕事でした。それでも製品化でき、ヒット作に育ったのは、人力をアシストする乗り物、との発想には自信があり、そこにこだわり続けたからです。


桜井章一

会社や肩書きから離れた場を自分の中に設けるようにしてもらいたい。それが自分を一歩引いた立場から眺め、心のバランスを取ることにつながるはず。


小林宏(工学博士)

どれだけユーザー目線でロボットを開発できるか。そこに生活支援ロボットの成否が懸かってい。


中野克彦(経営者)

仕事を緊急性と重要性とで4分割すると、「緊急かつ重要」なのが第一領域、「緊急ではないが重要」なのが第二領域の仕事になります。ライバルから抜きんでるには、第一領域(緊急かつ重要)に加えて第二領域(緊急ではないが重要)の仕事をやり抜くことが必須です。商談後のメモでは「話全体のポイント」「当方がやらなければならない宿題」が第一領域、「自分なりの意見」が第二領域にあたります。ここまでメモしないと、仕事をしたことになりません。


畑正憲(ムツゴロウ)

先日、アブダビ行きの飛行機に乗ったときのことです。隣に座った乗客が、ノートパソコンの画面を見ながらしきりと手を動かしている。画面がチラッと眼に入ったのですが、どうやら手術の様子を収録した映像のようでした。その人はおそらく外科医で、10時間以上のフライト中ずっと、手術のシミュレーションをしていたのです。圧倒されましたね。こうした向上心があれば、人間はいくつになっても成長し続けることができるのではないでしょうか。


内藤忍

毎朝書くブログは半分義務のように感じていますが、やはり楽しいことでもあるから起きられます。起きてしまえば出かけるまでの日課はルーティン化されているので、体が自然に動くのです。


岩佐琢磨

少し誤解があるかもしれません。じつはパナソニックはニッチなものもたくさんつくっています。たとえば1個10万円もする音響スタジオ専用の照明もつくっているし、松下の創業製品である二股ソケットもまだ販売しています。なので、ニッチだから企画が通らないということはありません。