名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉岡秀和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡秀和のプロフィール

吉岡秀和、よしおか・ひでかず。日本の経営者。「EYS-STYLE」社長。大阪出身。京都大学経済学部卒業後、介護ベンチャー立ち上げ、A.T.カーニー、インヴィニオ、コンコードエグゼクティブグループなどを経てEYS-STYLEを設立。

吉岡秀和の名言 一覧

水がたまる桶があっても、蛇口をつけなければ仕組化にはなりません。


当社はバンドが起源の会社ですので、私たち自身が究極の顧客でした。バンドの原体験から、音楽を本当に楽しめる場所を仕組化して提供したかったのです。このビジネスを始めたい、というよりも、この楽しさをあらゆる人に伝えたいという思いが原点としてあります。


吉岡秀和の経歴・略歴

吉岡秀和、よしおか・ひでかず。日本の経営者。「EYS-STYLE」社長。大阪出身。京都大学経済学部卒業後、介護ベンチャー立ち上げ、A.T.カーニー、インヴィニオ、コンコードエグゼクティブグループなどを経てEYS-STYLEを設立。

他の記事も読んでみる

和田完二

会社の一員として誇りと責任を持つところに愛社精神が生まれる。各自会社の柱であることを自覚して、その職場をまっとうする。我々は組織を重んじ、規律に従う。各部署は互いに緊密な連絡を保ちあい、協調して社務の円滑な運行に努める。


坂本光司

残業をしなければならない会社というのは、それだけ競争力が弱いということ。不況だろうが、為替レートが変動しようが、赤字にならない。そういう競争力の強い会社は、月の残業時間が10時間以下なのです。1か月の営業日が20日だとすると、1日平均30分以下。実質的には残業がないと言っていいでしょう。


赤根祥道

泳ぎもせず、漕ぎもしないで、一生を終えるな。


小川理子

企業価値を高めるためには、多様性が必要です。その中の一つとして女性の管理職の数を増やしたほうがいいと思っています。


平本清

会社の経営方針も、社員からの提案も、いつでもだれでも書き込むことができ、だれでも反対意見を述べられる。あいだに中間管理職のような人を介さないので、全社員が即座に、かつ正確に情報を共有し、決定までのスピードも、周知徹底も、とにかく速い。「打てば響く」と言えば、これほど響きが感じられる会社は、そう多くはないのではないでしょうか。


松澤昭(工学博士)

東工大でも博士課程の学生には3カ月のインターンシップを義務づけています。私の研究室は留学生が多いということもありますが、インターンシップは自分のステップアップにとってとても重要なので、できるだけ海外の先端的な企業に行くように勧めています。


佐藤達雄

当社がPOS(販売時点情報管理)システムを導入したのは1978年。日本の小売業ではうちが初めてです。売れ筋を把握するといった本来の目的以外に、導入を急いだ理由がもう一つありました。それは、レシートを見れば、自分が買った商品と値段がすぐ確認できるということです。当時は実に画期的なことだったんです。


高島宏平(髙島宏平)

値段を安くしてほしいとき、クライアントの数を増やしたいと考えている営業マンには「倍の数を発注するから3割引きにしてくれませんか」と持ち掛けても、相手の動機とすれ違ってしまうから話が通じないというケースは結構あります。「この案件は年間で発注するので、そのたびに別々のアカウントで発注します。10のアカウントをつくりますので、それで安くしてもらうことはできますか」と提案します。すると相手の方も、交渉に乗ってきてくれます。


前野隆司

年齢を重ねると、利己的な欲求より利他的な欲求、つまり家族のために何かしたい、社会に貢献したいという欲求が強くなっていきます。「自分」が消えて「家族」が上位に入ったのもそのためでしょう。利他的な欲求が強くなるのは仕事でも同じ。自分の仕事が社会にどうつながっているのか。それを意識することが幸せにつながります。


松下幸之助

世の中には秘訣とかコツとか、それさえ心得ていれば何でもできるという当意妙法なんて絶対にありえない。私に言わせると人間万事、世の中すべては、天の摂理で決まるのが90%、あとの10%だけが人間の成し得る限界だと思う。私の言いたいことは、「絶対に無理をしない」ことなのである。宇宙大自然に逆らわず、むしろ宇宙大自然に溶け込んで、これと一体になりきってしまう。これが人間の本当の姿であり、その結果あらわれてくるものが、世の中でいう成功とか成就とか、あるいは億万長者ということになるのではなかろうか。


駒崎弘樹

倫理観を失うと、信頼そのものが崩れる。


田口佳史

人間は「いま、ここ」でしか生きられません。いま、ここでやると心を決められるかどうかで人間は変わる。それが覚悟。