名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉岡知哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡知哉のプロフィール

吉岡知哉、よしおか・ともや。日本の国際政治学者。立教大学総長。東京出身。東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、立教大学法学部助手、法学科専任講師、助教授などを経て立教大学法学部法学科教授に就任。その後、立教大学法学部長、立教大学総長を務めた。法学博士。専門は欧州政治思想史。

吉岡知哉の名言 一覧

どれだけ役に立つかわからないにしても、ある事柄をギリギリまで考える、やってみる経験が必要。


何か突出した関心を持つことによって、その周辺の分野にも興味を広げていく可能性が出てきます。


大学の存在意義は人間の個別の能力を伸ばすことよりも、総合的な力を育てることにあるはずです。総合的な力とは、「基礎力」「応用力」「人と一緒に生きる力」、そして「勇気」をもつこと。この4つを統合する力こそが企業が求める能力であり、大学教育でしか身につけられない力だと思います。


コミュニケーション能力を高めるには異質なものとの触れ合いが欠かせません。大学という場所は、とかく偏差値も家庭環境も似通った人たちが集まりがちです。異質なものと触れ合う場としても、ボランティアなど課外活動が重要です。


そもそも自分というのは最初から存在するのではなく、他者との関係のなかで成立するものです。というのも、子供は親の眼差しを受けて自我を育み、人間になるのですから。


リベラルアーツは昔、語学と天文学、代数学で構成されていたことからもわかるように、神がつくった被造物の世界を知るための基礎技術であったと思います。世界のことを知る過程で、今度は世界という広い視野から自分を見たときに、自分は何のためにこの世界にいるのか、自分のミッションとは何なのかを考える。これこそがリベラルアーツが育てる視点だと思うのです。


本学(立教大学)はキリスト教の大学ということもあり、従来から障がい者やハンセン病者の施設を訪れるなど、ボランティアには力を入れてきました。そういう場所を訪れて、自分たちが想像もつかないほどの苦しみを経験した人たちがいることを知り、彼らの世界に触れ、共感することは、全人格的な教育の観点からとても重要なことだと考えています。


専門分野に対する関心が、リベラルアーツへの入り口になる。


いまのリベラルアーツに求められているのは、専門性を足がかりに知識の裾野を広げていくことだと思うのです。たとえば、法律を勉強している学生が、民法に興味を持ち始めたとします。民法を知るには、その背景にある憲法の知識、さらには法律の歴史や法哲学的な知識も必要です。つまり、リベラルアーツの上に専門分野があるのではなく、専門分野を追究する際に必要な基本的な考え方や方法論を身につける。これがリベラルアーツの本来の目的だと思います。


大学で成長する人は、何か面白いことを見つけて、一生懸命やってきた人でしょう。別の言い方をすれば、ある分野について早熟な人と言えるかもしれません。たとえば、中学のときに音楽に目覚めて、ギターに熱中した人は、その領域はもちろん、それ以外の領域にも伸びていく可能性があります。これはスポーツに関しても言えることです。


多様な学生を集めるため、私たちは複数の入試制度を取り入れています。一般入試や大学センター試験入試、さらには特定の分野に秀でた人を集めるためのアスリート選抜入試や自由選抜入試などです。本学は1学年に4~5千人の学生がいますが、そのなかに外国籍の人もいれば、スポーツに卓越した人もいる。そういう多様な人間がいる集団をつくることが非常に重要だと考えています。


競争が激しくなり、数値目標が重視されるようになると、往々にして基準の単純化と平準化が起こります。大学ランキングがいい例で、数ある基準のなかの一部の基準をもとにした順位です。順位を上げたければ、その限られた基準を満たせばいいということになります。最近、各大学が個性を主張し始めているのは、単純化・平準化された基準でランク付けされることへの危機感でもあると思います。


何のためにその企業がつくられたのか、なぜ現在存続しているのか、その原点を考えることは重要なのではないでしょうか。


これだけ激動してくると、どうしても目先のところで対応をしてしまうことはやむを得ないと思いますが、その時に、この企業は何のためにあるのかという原点を見失ってしまうと、その企業の良さがなくなってしまうのではないかと思います。


大学の勉強は、知識を伝えることはもちろんですが、何のための知識か、どうしてこの知識を身に付けたら面白いと思うのか顧みる、あるいは立ち止まって考えるという機会を与えること。


今、就職のために学生は自己分析をしますが、たかだか20歳前後で自己分析をして「自分はこういう人間である」と思うのはマイナスの方が大きいのではないかと最近思います。今は関心がないけれども、やってみたら面白かったということはいくらでもあります。20歳前後は圧倒的にそうです。


学生の特権のひとつは、失敗するチャンスが豊富にあるということです。学生時代であればいくらでもやり直しがきく。挫折する、失敗する経験を含めて、何かに取り組むのは非常に重要だと思います。


自分の能力を何のために発揮するのかを省みることができる人でなければ、本当には役に立たないのではないでしょうか。そのような自己を客観できる力を持った人を、大学は育成する必要がある。


大学は一番根本まで遡っていろいろなことを考える場所。10年、20年、あるいはもっと先になって生きてくる事柄も考えなければならない。あるいは、歴史の中で物事を考えるというのは、大学でなければできない。


吉岡知哉の経歴・略歴

吉岡知哉、よしおか・ともや。日本の国際政治学者。立教大学総長。東京出身。東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、立教大学法学部助手、法学科専任講師、助教授などを経て立教大学法学部法学科教授に就任。その後、立教大学法学部長、立教大学総長を務めた。法学博士。専門は欧州政治思想史。

他の記事も読んでみる

山本真司

話し下手で悩んでいる人でも、実は話すコンテンツは持っています。話し下手でも、何も考えてない人はあまり悩まないものです。伝えたいことがあるのに、上手く伝わらないからこそ悩むわけです。ですから、話下手で悩んでいる人も、自分の仕事の話や趣味の話を上手く表現できるようになれば、いい話し手になることは十分できるはずです


エラン・カッツ

何かを覚えたいときにひとつのことに集中することは大変重要です。別の部屋にペンを取りにいく際、途中に敷いてあるカーペットのシミは無視しなければならないのと同じ。つい気を取られてしまうような事柄を「脇に置いておく」作業が重要です。


犬山紙子

相手のためを思っているようで、じつは上から目線で持論を押しつける自称アドバイスを、私は「クソバイス」と呼んでいます。人にアドバイスをする時って、ちゃんと相手の事情を知っているかどうかがポイントになると思うのです。後輩が仕事で悩んでいるのを察してアドバイスをするのは、もちろん良いアドバイス。毎日相手の仕事ぶりを見ているはずですから。しかし、全く事情も知らないプライベートに「先輩だから」という理由で「もっと遊ばないと駄目だぞ」なんて言うのはクソバイス。クソバイスという言葉を作ってから、「何もアドバイスできなくなる」と言われることもあるのですが、相手のことを思って、相手の事情を聞いて、押しつけもしないものは、どんどんしてほしいなと思います。


寺尾玄

大手の経営陣がアイデアの良さを判断して投資できるはずがない。


三谷宏治

明確なキャリアビジョンのもと、勉強に取り組む欧米人とは違い、漠然とした将来への不安や危機感から学び直す人が多いのが、日本人の特徴です。ただ私はそれが悪いこととは思いません。ビジョンに縛られないぶん、深い思索や柔軟性につながるからです。


村瀬治男

私はもともと几帳面なタイプで、時間の使い方についても、「仕事の在庫は持たない」が一貫した流儀です。


猪瀬直樹

いきなり全体の空気を変えようとするのではなく、まずは1人の味方を作る。そうすれば空気の支配力が弱まり、さらに味方が増やしやすくなります。1人また1人と仲間を増やして半数までいけば、こっちのもの。もともとなんとなく反対していただけの人は、風向きが変わったことを敏感に感じ取り、風見鶏のようにコロッと態度を変えます。


栗山年弘

半導体やソーラーパネルは製造設備をレシピ付きで買えば、あとは資本力だけなので不利ですが、日本の部品や素材はレシピが買えないのが大きな強みになり、さらに技術をブラックボックス化することで、新興国に真似されにくい高付加価値な製品やソリューションを創り出していけると考えています。


大久保幸夫

ハイリスク・ハイリターンを好むか、ローリスク・ローリターンを好むかは、変化志向の強弱によって決まってきます。ローリスク・ローリターン志向、つまり変化志向の弱い人材ばかりが集まった会社は、時代の変化に対応できず、早晩つぶれてしまう可能性が高いでしょう。


弦本將裕

そもそも本当に「いいアイデア」と言えるものは、ほとんどない。アイデアには新規性や独創性は大切ですが、それだけでは他人に伝えられるものにはならない。説得性を加えることで、他人が納得できるアイデアになる。


笹川祐子

人とお金の苦労をしたことで、自分自身が成長し、強くなることができました。


ティム・コラー

外資に対する規制のある中国やインドのような国・地域を除けば、個人投資家が海外で対象となる企業を発掘して投資することは、昔に比べてはるかに容易になっている。ホームバイアス(自国の金融資産にウェイトを置きすぎる傾向)から脱却して海外に分散投資できれば、より良いリターンを得られるだろう。