名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉岡知哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡知哉のプロフィール

吉岡知哉、よしおか・ともや。日本の国際政治学者。立教大学総長。東京出身。東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、立教大学法学部助手、法学科専任講師、助教授などを経て立教大学法学部法学科教授に就任。その後、立教大学法学部長、立教大学総長を務めた。法学博士。専門は欧州政治思想史。

吉岡知哉の名言 一覧

どれだけ役に立つかわからないにしても、ある事柄をギリギリまで考える、やってみる経験が必要。


何か突出した関心を持つことによって、その周辺の分野にも興味を広げていく可能性が出てきます。


大学の存在意義は人間の個別の能力を伸ばすことよりも、総合的な力を育てることにあるはずです。総合的な力とは、「基礎力」「応用力」「人と一緒に生きる力」、そして「勇気」をもつこと。この4つを統合する力こそが企業が求める能力であり、大学教育でしか身につけられない力だと思います。


コミュニケーション能力を高めるには異質なものとの触れ合いが欠かせません。大学という場所は、とかく偏差値も家庭環境も似通った人たちが集まりがちです。異質なものと触れ合う場としても、ボランティアなど課外活動が重要です。


そもそも自分というのは最初から存在するのではなく、他者との関係のなかで成立するものです。というのも、子供は親の眼差しを受けて自我を育み、人間になるのですから。


リベラルアーツは昔、語学と天文学、代数学で構成されていたことからもわかるように、神がつくった被造物の世界を知るための基礎技術であったと思います。世界のことを知る過程で、今度は世界という広い視野から自分を見たときに、自分は何のためにこの世界にいるのか、自分のミッションとは何なのかを考える。これこそがリベラルアーツが育てる視点だと思うのです。


本学(立教大学)はキリスト教の大学ということもあり、従来から障がい者やハンセン病者の施設を訪れるなど、ボランティアには力を入れてきました。そういう場所を訪れて、自分たちが想像もつかないほどの苦しみを経験した人たちがいることを知り、彼らの世界に触れ、共感することは、全人格的な教育の観点からとても重要なことだと考えています。


専門分野に対する関心が、リベラルアーツへの入り口になる。


いまのリベラルアーツに求められているのは、専門性を足がかりに知識の裾野を広げていくことだと思うのです。たとえば、法律を勉強している学生が、民法に興味を持ち始めたとします。民法を知るには、その背景にある憲法の知識、さらには法律の歴史や法哲学的な知識も必要です。つまり、リベラルアーツの上に専門分野があるのではなく、専門分野を追究する際に必要な基本的な考え方や方法論を身につける。これがリベラルアーツの本来の目的だと思います。


大学で成長する人は、何か面白いことを見つけて、一生懸命やってきた人でしょう。別の言い方をすれば、ある分野について早熟な人と言えるかもしれません。たとえば、中学のときに音楽に目覚めて、ギターに熱中した人は、その領域はもちろん、それ以外の領域にも伸びていく可能性があります。これはスポーツに関しても言えることです。


多様な学生を集めるため、私たちは複数の入試制度を取り入れています。一般入試や大学センター試験入試、さらには特定の分野に秀でた人を集めるためのアスリート選抜入試や自由選抜入試などです。本学は1学年に4~5千人の学生がいますが、そのなかに外国籍の人もいれば、スポーツに卓越した人もいる。そういう多様な人間がいる集団をつくることが非常に重要だと考えています。


競争が激しくなり、数値目標が重視されるようになると、往々にして基準の単純化と平準化が起こります。大学ランキングがいい例で、数ある基準のなかの一部の基準をもとにした順位です。順位を上げたければ、その限られた基準を満たせばいいということになります。最近、各大学が個性を主張し始めているのは、単純化・平準化された基準でランク付けされることへの危機感でもあると思います。


何のためにその企業がつくられたのか、なぜ現在存続しているのか、その原点を考えることは重要なのではないでしょうか。


これだけ激動してくると、どうしても目先のところで対応をしてしまうことはやむを得ないと思いますが、その時に、この企業は何のためにあるのかという原点を見失ってしまうと、その企業の良さがなくなってしまうのではないかと思います。


大学の勉強は、知識を伝えることはもちろんですが、何のための知識か、どうしてこの知識を身に付けたら面白いと思うのか顧みる、あるいは立ち止まって考えるという機会を与えること。


今、就職のために学生は自己分析をしますが、たかだか20歳前後で自己分析をして「自分はこういう人間である」と思うのはマイナスの方が大きいのではないかと最近思います。今は関心がないけれども、やってみたら面白かったということはいくらでもあります。20歳前後は圧倒的にそうです。


学生の特権のひとつは、失敗するチャンスが豊富にあるということです。学生時代であればいくらでもやり直しがきく。挫折する、失敗する経験を含めて、何かに取り組むのは非常に重要だと思います。


自分の能力を何のために発揮するのかを省みることができる人でなければ、本当には役に立たないのではないでしょうか。そのような自己を客観できる力を持った人を、大学は育成する必要がある。


大学は一番根本まで遡っていろいろなことを考える場所。10年、20年、あるいはもっと先になって生きてくる事柄も考えなければならない。あるいは、歴史の中で物事を考えるというのは、大学でなければできない。


吉岡知哉の経歴・略歴

吉岡知哉、よしおか・ともや。日本の国際政治学者。立教大学総長。東京出身。東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、立教大学法学部助手、法学科専任講師、助教授などを経て立教大学法学部法学科教授に就任。その後、立教大学法学部長、立教大学総長を務めた。法学博士。専門は欧州政治思想史。

他の記事も読んでみる

天野総太郎

レノボの社長就任打診を受けたときは驚きましたが、競争相手としてレノボのポテンシャルの高さはわかっていました。自分自身、新たなチャレンジができると思い、引き受けました。


小林栄三

商社である伊藤忠商事にとって、人材、人脈は最大の財産です。商社で働くならば、モノにもお金にも企業にも、そして人間にも興味を持たなくてはなりません。人に興味を持つということは、イコール、人を好きになることです。メーカーのような技術がベースになっている企業と商社は根本的に発想が違うのです。


山村輝治

お客様係にはタブレット端末を携帯してもらい、新しいサービスができた時など、お客様にサービス内容を動画で見ていただけるようにしています。従来の説明よりもさらにわかりやすく、幅広くご案内できるようになったことで利用率も上がり、お客様の「きれい」のために、よりいっそう貢献できるようになりました。


池田貴将

チームの生産性を上げるには、みんなを良い気分にさせることです。ちょっとしたことでも、ご褒美は仕事に好ましい影響を与える。「ご褒美」はモノだけではありません。「褒める」「朗報を伝える」「変化に気づき指摘する」などで、相手に良い気分になってもらいましょう。


井川幸広

起業してから最初の1年は仕事がほとんど無く、様々なバイトを掛け持ちして食いつないでいました。それから徐々に仕事をいただけるようになり、会社が大きくなればなるほどお金がかかるものだと実感したものです。銀行から1億円を借金した時はドキドキしましたが、開き直りの精神で乗り切りました。


高島宏平(髙島宏平)

以前、海外のカンファレンスで、ユーチューブの創業者やスカイプの社長と「アントレプレナーにとって最も必要な力は何か」を議論したことがあります。そのとき、「パッション」や「チームマネジメント力」を差し置いて、最終的には「売る力」が最も大事という結論に達しました。何をすれば売れるのか。それを常に意識していれば、仕事に必要な考える力は高まると思います。


酒巻久

説得力を生むのは熱意。自分の成し遂げたいこと、それによって起こる良い結果、そしてその根拠を、情熱を持って語ること。


藤井美保代

複数のタスクを同時並行的に進めるより、ひとつひとつの仕事に集中するほうが生産性は上がります。そこでお勧めしたいのが、メールを見る回数を限定すること。返信に追われたり、その都度発生する用事に対応したりしていると、業務が細切れになり、集中力も途切れます。いったん途切れた集中力は、取り戻すのに15~20分かかると言われます。メールチェックは「朝・午後1時・夕方」など、1日3回程度に決めておくと良いでしょう。


中野幸治

現在、日本洋酒酒造組合は、酸味料や着色料を添加せず、梅と糖類、酒類のみで造る梅酒を「本格梅酒」とする基準を作り、和歌山県も「本格梅酒」のPRに力を入れています。昔ながらの梅酒と添加物を使った梅酒を差別化することで、梅酒のブランドづくりや、原材料の青梅の需要拡大につなげているのです。


辻野晃一郎

81歳になった俳優のクリント・イーストウッドが、あるときテレビでこう言っていました。「年を取るということは、よりよい人間になることだ」と。そのために必要なのが日々進化し続けることです。夢を叶えるために学び続けることです。


佐藤優

下を育てても自分に直接利益がないからと、面倒を見ないという人も増えているようです。しかし10年後、20年後、自分が別の部署に移動したり、転職や退職したりしたときに、育てた若手が現場の第一線で、色々力になってくれることも出てきたりします。長期的な視点に立てば、自分に返ってくることは多い。何よりも親身に育ててくれた恩を、下の人間は覚えているもの。僕がそうでしたから。


御手洗冨士夫

連結決算で見たキヤノンの売り上げは、9割近くが海外です。世界の市場で毎年、7~8%の成長が目標で、今年1~6月に欧州は7%、米国は10%と、現地通貨ベースでは目標通りに成長しました。ただ、円高のために円換算すると売り上げも利益も目減りします。円ベースの業績予想は下方修正を余儀なくされますが、これをもって、成長力が落ちたという指摘は当たらないでしょう。海外で稼いだ外貨は現地で再投資し、資本を増やしながら成長を続けています。