名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉岡民夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡民夫のプロフィール

吉岡民夫 よしおか・たみお。日本の経営者。「パナソニックエコソリューションズ」社長。大阪府立大学経済学部卒業後、松下電工(のちのパナソニック)に入社。パナソニック電工取締役、パナソニックエコソリューションズ常務、専務などを経て社長に就任。

吉岡民夫の名言 一覧

経営リーダーの質が事業の質を決める。


刻々と移り変わる環境下では、瞬時に判断し実行する力や、あらゆる角度から物事を見る力が必要になってくる。


研修も大事だけど、その後の宴会が実は大事。お酒を片手に、2次会まで胸襟を開いて侃々諤々に語り合う。これに尽きる。


子会社の社長との経営報告会議では、終了時間を設けない「エンドレス経営会議」を導入した。トップ自身の経営スキルもさらに高めていく必要があった。


吉岡民夫の経歴・略歴

吉岡民夫 よしおか・たみお。日本の経営者。「パナソニックエコソリューションズ」社長。大阪府立大学経済学部卒業後、松下電工(のちのパナソニック)に入社。パナソニック電工取締役、パナソニックエコソリューションズ常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

孫正義

M&Aというと日本ではいかがわしいマネーゲームを連想する人がまだ多いと思いますがそうではありません。日本のM&Aのイメージは創業者が経営に失敗して手放すという負け犬か、業績が伸びている会社に対する敵対的M&A、乗っ取りです。アメリカにはその種の負のイメージはなくて会社は生き物であるという意識が強いのです。健全に継続して育てていかなければいけないという


安田順

売上総利益率が下がる原因は、「販売価格の低下」「仕入れ価格の上昇」「低利益率商品の売上構成比の上昇」の3つが考えられます。それらがなぜ起きたのかを分析したうえで、改善案があることを伝えましょう。


高柳健次郎

いかなる苦難にも負けず、苦難を友とし、苦難をわが師とする。


楠木建

「好きこそものの上手なれ」が経営の最強の理屈だと思っている。上手でなければ人に貢献できない。仕事は基本的に人のためにならないと成立しないからだ。上手になるには、努力しなければならない。なぜ努力できるのか。好きなことだと、はたから見ると努力していても、本人には努力している自覚はない。好きでやるから上手くなる、上手くなるから人の役に立つ。これが仕事の理想だと思う。


堀紘一(コンサルタント)

人は交友関係が広ければ、目の前の相手の性格や考え方についても、より広い視点から客観的にみることができる。しかし交友関係が狭いと、目の前の人が自分の交友関係の範疇を超えた人物であると、そこで対応できなくなってしまう。だからこそ、人の数だけ多様な価値観が存在することを、交友関係をとおして実感してほしい。


関淳

私は人の話をよく聞くように心がけましたが、とくに創業者(松下幸之助)が言う「世間は正しい」という言葉は、台湾で何度もかみしめたものです。店回りをしていて「ナッチョラン電器(台湾でのナショナルをからかう呼び名)」と言われたら、それは謙虚に受け止めないといけない。買わないほうが悪いなどと思っていては、進歩はありません。世間の「ナッチョラン電器」という言葉を真摯に受け止めたことで、合弁と技術指導の必要性を痛感し、のちの台湾松下の発展に寄与できたのだと思います。


若林克彦(経営者)

初めて周囲に認められた発明は、「転がすだけで等間隔で種がまける機械」。当時お年寄りが腰を曲げてつらそうに種をまいているのを見て、何とか負担を軽くしたいと。小学生だった私の発明を大人たちが賞賛し広まりました。その時の喜びが私の原点になっています。


赤羽雄二

ほとんどの人はメールを返信する際、重要な内容のメールから返信しようと考えます。これが大きな誤りです。メールは受信順に返信した方が余計な負担を減らせます。メールは次々に届きますから、どれから返信を書くべきかと優先順位を考えることや、後回しにしたものを返信する前に再度、読み直したりすることが大変な時間のロスを生んでしまいます。


カーリー・フィオリーナ

目標は組織を一つにする役割を果たす。メンバーがバラバラに動くチームよりも一丸となったチームの方が強いのは誰もが知っている。ただし目標が壁に貼るスローガンで終わってはいけない。全員に理解され支持されて初めて、全員の行動を導く羅針盤になる。目標、戦略、使命がはっきりしていれば、メンバーのエネルギーは同じ方向に向かうので、リーダーの指示は不要となる。


飯島勲

客観的に考えて、上司と部下には正反対の性格の人間を据えるべきだ。上司がよく喋る、よく行動する「動」のタイプなら、その直属の部下・参謀には冷静に物事を判断できる「静」のタイプを置く。人間はどうしても自分と同じタイプの人間を重用したがるものだ。自分への自信のなさの表れだろうが、それでは組織がうまく機能しない。まったく違うタイプの部下をあえて抜擢する。性格が合わないから表向きは反発し合うが、必ず成果が挙がるだろう。


山極寿一(山極壽一)

以前は、総長室という特別な部署があったのですが、私はそれを廃止しました。そして、執行部の7人の理事や部局長と対等に付き合い、割と距離を置いた体制をつくっています。大学のリーダーというのは、自分の理念を持ちながら、6千人以上の教職員の実力を発揮させなければなりません。私は、自分のことを「猛獣使い」と言っているのですが、猛獣である教職員に実力を発揮してもらうために、手綱をつくるのでもなく、餌を与えるのでもなく、みんながやりたいようにやれる環境をつくらねばならないのです。その時に、ある特定の部局なり、人を支援していたら、あいつはえこひいきすると思われてしまう。だから、そういう意味では、私は孤独なんです。でも、それをゴリラから学んだのです。背中で語らなきゃならないのです。


中山哲也

当社にはOJS(オープン・ジャッジ・システム)という電子投票システムがあります。人事考課というのは、どの会社も一番大事だけれども、答えの見つかりにくい課題ですよね。そこで、当社では社員を昇給や昇格させる時に、昇格対象者の名前が全社員のパソコンに流れてくるようになっています。この中から全社員が昇格にふさわしい人には「○」、ふさわしくない人には「×」と書いて、その理由を記入してもらうんです。そこで、投票者の8割が昇格にふさわしいと判断すれば昇格、ふさわしくないと判断すれば昇格は見送りになる。誰がどんな意見を書いたかというのは、私も見ることができません。これは社員のわだかまりをいかに少なくし、社員が納得して働ける環境をつくることができるか、というのが目的です。人間というのは、自分は頑張っているのに上司は見てくれない、会社は見てくれないと不満を持ちがちです。しかし、これなら客観的な評価ができると思います。誰が投票したかは分かりませんが、結果は必ず社員にフィードバックしています。社員にはそうやって自分の長所、短所をふまえて、納得して次の仕事に取り組んでいってほしいですね。