名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉岡徳仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡徳仁のプロフィール

吉岡徳仁、よしおか・とくじん。日本のデザイナー。佐賀県出身。桑沢デザイン研究所卒業後、倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学ぶ。吉岡徳仁デザイン事務所を設立し、様々な分野のデザインを担当した。世界のデザイン賞を多数受賞。

吉岡徳仁の名言 一覧

僕らの仕事も未来との対話が起点になります。価値観は時代と共に変化していくけれど、変わらない本質がある。それを見つめながら、変化に対して果敢にチャレンジしながらこれからも成長していきたい。


日本のものづくりの本質は欧米のそれとは異なります。インパクトやアイデアの斬新さを主張する欧米に対し、日本は完成度に対するクオリティを追求する。しかも、それは世界トップクラスのレベルです。


いまの時代は物質的なものだけじゃなく、カタチの無い時間にクオリティを求めています。


吉岡徳仁の経歴・略歴

吉岡徳仁、よしおか・とくじん。日本のデザイナー。佐賀県出身。桑沢デザイン研究所卒業後、倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学ぶ。吉岡徳仁デザイン事務所を設立し、様々な分野のデザインを担当した。世界のデザイン賞を多数受賞。

他の記事も読んでみる

澤穂希

自分のことはネットで検索しないですね。まず私、アナログ人間なので、機械系、コンピューター系が苦手でして(笑)。ネットで調べると、おそらく、いろいろな人が、いろいろなことを書いていると思います。でも、そうした書き込みに一喜一憂しても、疲れるだけだし、生産的ではないですよね。知らない人、見えない人たちに、自分の人生が左右されるのはおかしいと思うし、自分をしっかり持って、自分がすべきこと、したいことをしていたほうがずっと充実した日々になるように思います。


小路明善

希望退職によって多くの人がやむなく会社を辞めていく姿を見て、もう二度とこんな悲しいことは繰り返してはいけないと思いました。だから、社長に就任したときにも、最初にお話ししたのは、「人は会社の命である」ということでした。経営判断をするときには、常にそのことを念頭に置いています。
【覚書き|スーパードライ発売以前、苦境に陥っていたアサヒビールで人事の仕事を担当していたときを振り返っての発言】


押井守

仕事をしているときの顔は一切家庭には持ち込まず、「僕はあなたと結婚した時と同じ、ただのダメな男ですよ」という姿勢を崩さない。家では夫の顔、娘の前では父の顔、仕事場では監督の顔とそれなりに上手く使い分けられるように努力している。


遠藤功

営業情報の価値は鮮度にある。ライバルの値下げの動きといった予兆をとらえることができれば、先回りして策を講じることが可能なのです。鮮度の落ちた情報は、腐った果実であることを意識すべきです。


岡藤正広

社員が前向きに働けるインセンティブをどうつくるかが一番大事じゃないかな。結果が出ればちゃんと報いるということを約束し、実行することがね。僕が社長になった頃は、社員の給料は総合商社で4~5位だった。今では、社員の平均年齢が比較的若いことも考慮すると実質的にはトップ。クラスでしょう。


下野紘

ストレスがたまると料理をつくりますね。黙々と料理をつくっていると気持ちがリセットできて。何かいいものないかなってスーパーを散策している行程も含めて、ストレス発散にお勧めです。


茂木友三郎

私やキッコーマンのビジョンだけでは駄目だったでしょう。地域に貢献できること、それが一番のポイントだったと思います。
【覚え書き|アメリカ工場建設時を振り返って】


水谷研治

皆の役に立つ事は、本当に幸せなことではないでしょうか。命まで犠牲にする必要はないけれど、ある程度の犠牲を払うことは必要です。自分の国くらいは自分で守らないと。


花輪陽子

何でもよいのですが、目標金額を具体的に決めた方がいい。その方が無駄に使わず、お金を活かす使い方をするようになる。これはあとになって、仕事に必ずよい効果をもたらすでしょう。また目標があれば、節約しようという意識も高まります。


岩本栄之助

相場だけは明日はわからんのやで。相場は全て結果論なのや。君の助言で、今までの売り玉をやな、損見切りしてドテン買いに 回った時、それを天井にして相場が下がったらどないする?相場の道は孤独なものや。一人で仕掛けて、一人で耐えて、最後の勝負を収めればそれでよいのや。 助言はいらん。


宮内義彦

失敗だと判断したら即座に止めること。一度始めたことをやめる決断はトップにしかできないことです。ひとつのことに執着しすぎると、先見性が損なわれることが多いようです。さっさとやめれば次のことが見えてくる場合が少なくありません。


飯島彰己

私は南アの人種差別があった時代と、なくなった時代と両方を見ることができました。そのどちらの時代にも良い点も、悪い点もある。それがコントラストとしてわかったという体験があります。そうした外の変化を見て、新たなヒントを得る。それを肌感覚で感知することが大事。