吉岡喜一の名言

吉岡喜一のプロフィール

吉岡喜一、よしおか・きいち。日本の経営者。日本窒素(のちのチッソ)社長。大阪出身。神戸高等商業学校(のちの神戸大学)卒業後、日本窒素の前身、信越窒素に入社。その後社長を務めた。社長就任翌年から、同社水俣工場からの廃液による水俣病が問題となり、その後社長を退任。公害問題で初めての刑事責任を問われ有罪が確定。享年88。

吉岡喜一の名言 一覧

人生には道草ということも大事だ。


吉岡喜一の経歴・略歴

吉岡喜一、よしおか・きいち。日本の経営者。日本窒素(のちのチッソ)社長。大阪出身。神戸高等商業学校(のちの神戸大学)卒業後、日本窒素の前身、信越窒素に入社。その後社長を務めた。社長就任翌年から、同社水俣工場からの廃液による水俣病が問題となり、その後社長を退任。公害問題で初めての刑事責任を問われ有罪が確定。享年88。

他の記事も読んでみる

鈴木修

会社が大きくなったからといって、スズキという会社に実力がつき、強くなったわけではありません。体の内部の筋肉や臓器が十分に発達していないのに、身長だけがどんどん伸びたようなものです。外からは一人前に見えるかもしれませんが、内部にいれば、その危うさを感じないわけにはいきません。


嶋浩一郎

分からないことだらけで恥ずかしい経験をするかもしれません。でも、その恥ずかしさに慣れてしまえば最強です。人って成功体験に頼って、つい「型」を作っちゃいますが、型に頼るのはやめましょう! 今年1年、未知なる世界に飛び込んでみましょう。


鈴木みゆき(経営者)

ジェットスター・ジャパンでは、ゼロから組織をつくってきました。集まったのは様々な経歴、国籍のスタッフです。多様性があるほど、経験者が予期しないような示唆に富んだ提案が生まれます。多様性あるスタッフから出たアイデアが、様々な場所で生きています。


白洲次郎

すべての物事で大事なのはその事自体より、それに掛かり合っている原則だということを忘れてはならない。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

嵐はいつでもやってきます。上手く対処できる態勢を日ごろから築いておく必要があります。


中村史朗

文章を書くうえで最も重要なのは構造です。私の場合、机に向かって考えるよりも、移動中や街中を歩いているときに構造を考えることが多いですね。この段階を経てから、実際に文書を書き始めます。書き始めたら、いったんサッと書き上げてしまいます。それから、じっくりと推敲していくのです。以前はこのようなプロセスを経ず、いきなり考えながら書いていたのですが、いまは「考える段階」と「書く段階」を分けています。


塚越寛

成長は、会社を存続させる上で欠かせない要素のひとつではある。しかし、成長は手段であって目的ではない。ここを間違えるから会社がおかしくなる。


及川智正

当社の業績が右肩上がりなのは、やはり需要があったからでしょう。生産者の需要とスーパーの需要の2つがあって、生産者には、自分の作りたいものを作り、それをもっと自由に販売して利益を増やしたいという思いがあった。我々の提供する流通の仕組みがその思いにぴたりとはまった。スーパーの側も、他と差別化するためにもっと新鮮な野菜を仕入れたいと考えていた、我々の仕組みならそれが実現できます。あと「新鮮でおいしい野菜を食べたい」という消費者の需要を満たしていることも大きいと思います。


三木雄信

ソフトバンク入社2年目から社長室長として孫社長を間近に見てきたからわかりますが、「P(計画)→D(実行)→C(評価)→A(改善)」なんてのんびり仕事をしていたら、あの急成長はありえない。実のところ孫さんは、最初に「P」から始めません。「D」から始める。しかもいくつかのDを提示し「せーの!」で同時にスタートさせます。同時に実行すれば短時間で結果の良し悪しがわかり、見込みがある事業を早くみつけられるわけです。


池谷裕二

直感のもとになるのは「方法記憶」です。自転車に乗るときは体中の筋肉を使いますが、あまりに動きが複雑で、それを意識するのは困難です。しかし、実際は方法記憶として無意識の脳が記憶しているため、筋肉の動きを意識しなくても自転車に乗れます。直感もこれと同じで、意識はできなくても、無意識の脳が膨大な処理をして答えを導いてくれるのです。直感は、経験を積めば積むほど精度が増します。なんとなく浮かんだアイデアを上手く説明できずに窮することもあるかもしれませんが、キャリアを積んだビジネスマンなら選択に自信を持つべきです。


佐藤優

「内省ノート」をつけることをお勧めします。批判や忠告を受けたときに、なぜその人がそんな言質を取ったかを書き出してみる。少なくとも誤解や嫉妬からではないと判断できたなら、傾聴するに値します。自分に何か落ち度や侮りがないかを虚心坦懐に書き出してみましょう。


鈴木貴博(コンサルタント)

確かに思考力を鍛えるためには、情報を集めるだけではなく経験の量も重要です。私もコンサルティングファームで数々の修羅場や失敗を経験し、そこから学ぶことが多くありました。ただ、これについては、本を読んで間接体験することで、補うことができると思います。


剣持忠

デジタルクリエイターの価値を認めてくれる企業とお付き合いする。それが社員にとっても大事。


宮本彰

当社では失敗は査定上、プラスになります。ホームランには程遠いけど、内野安打ぐらいには認めていいんじゃないかと考えています。


江村林香

膨大な資料を用意して、それを人数分コピーしてくるのは、大手企業出身の人に多いと思います。膨大な資料作成は、その人自身の自己満足以外の何ものでもありません。それに資料の中身だって「これだけのことでしょ」って場合がほとんどで、「だったら口で言えば」って言いたくなりますよ。言いますけど(笑)。


ページの先頭へ