名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉岡信一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡信一(経営者)のプロフィール

吉岡信一、よしおか・のぶかず。日本の経営者。フリーズドライ食品の天野実業社長。同志社大学卒業後、日本麦酒(のちのアサヒビール)に入社。スーパードライや十六茶、ワンダモーニングショットの開発に携わる。常務執行役員開発本部長アサヒグループホールディングスに子会社化された天野実業へ移籍し副社長を経て社長に就任。同社の改革にあたった。

吉岡信一(経営者)の名言 一覧

フリーズドライ・カレーの開発を私が提案したことで、若手が気付いてくれました。何か新しいことを、自分たちがやっていいんだということを。
【覚書き|社長に就任し、同社の改革のためフリーズドライのカレーの開発を指示した当時を振り返っての発言。】


樋口廣太郎社長から、「アメリカで遊んで来い。成果はいらない」と、まだ経営が苦しいのに送り出されました。人材育成で受けた経験を、いまは当社に活かしたい。
【覚書き|アサヒビール時代を振り返っての発言】


当社を元気社員が集まる、元気な地方企業にします。


吉岡信一(経営者)の経歴・略歴

吉岡信一、よしおか・のぶかず。日本の経営者。フリーズドライ食品の天野実業社長。同志社大学卒業後、日本麦酒(のちのアサヒビール)に入社。スーパードライや十六茶、ワンダモーニングショットの開発に携わる。常務執行役員開発本部長アサヒグループホールディングスに子会社化された天野実業へ移籍し副社長を経て社長に就任。同社の改革にあたった。

他の記事も読んでみる

寺尾玄

「願い」は「憧れ」から始まることも少なくありません。夢に対しては、根拠のない自信を持っていい。「不可能を証明することは不可能」なので、まずは自分の可能性をとことん信じてください。夢を強い願いをもとに鮮明に思い描く。それができれば、夢が叶う確率は格段に上がる。


熊谷正寿

私は弊社を100年単位で成長するグループにしたいですし、その仕組みを作るために奮闘しています。もちろん最終的には優秀な後輩たちにバトンタッチしていくつもりですが、今は基盤作りの最中なので、もう少し私が引っ張るつもりです。


岩瀬大輔

起業家は会社の利益を追求するだけじゃなく、社会と共生したり貢献する姿勢を示さないとリスペクトされません。そこに気づいた人は、僕らの世代でもTシャツじゃなくてスーツを着ていますし、文化・芸術の保護にも積極的です。楽天社長の三木谷浩史さんは最近、東京フィルハーモニーの理事長になられた。そこは先をいかれています。


蒲島郁夫

一歩を踏み出せば、何かが起こり、人生が動き出す。そこで、120%の努力をする。その繰り返しが自己実現であり人生だ。


辻野晃一郎

多くの人は、うまくいかないことがあると「なんで自分だけこんなについてないんだ」とネガティブ思考に陥りますが、そもそも人生なんて思うようにならないのが当たり前。もし、とんとん拍子に物事が運んだら、人間は必ず傲慢になって、自信過剰になってしまうでしょう。


市江正彦

簡単ではないけれど、実現不可能では決してない。


柴田励司

リーダーが心がけるべき2つのこと

  1. 自分の技量より組織力を重視すること。
  2. チーム全体で仕事のプロセスを共有できる仕組みをつくること。

山内隆司

相手を説得するにはまず情報量。情報が少ないと逆に論破されてしまう。


水野健次郎

普通、オーナーはいいなと思われるが、本当はつらい。従業員、株主、お客さんに対して無限責任を負っているから。
【覚書き:上記発言は父から受け継いだ会社をスポーツ用品のトップメーカーに成長させた経験を振り返っての発言。発言時期は会長時。法的にはオーナーが出資額以上の責任(無限責任)を負うことはない。しかし道義上どこまでも責任を負っていると忘れてはいけないという経営者の覚悟を語った言葉】


内藤誼人

自分の弱みは隠すべきではない。むしろ、それを武器とすることを考えると良い。弱みをさらけ出すと、相手はあなたに親近感を覚えるばかりか、守ってあげたい対象と見なすようになる。強がっている人間は、あまりかわいくない。少しくらいおどおどしていて、扱いやすい人間であるかのように振舞うことは、賢い戦略なのである。


佐治信忠

パソコンのキーを叩けば、過去の記録はいくらでも出てくるけど、明日のことは誰も教えてくれない。勘がなくなったら社長を辞めるべき。


三宅占二

みんな腑に落ちなくてもある程度業務をこなしますけど、そういう仕事はやらされ感が強く、上手くいかないと「やらせる方がいけないんだ」となってしまいます。だから私は「なぜこれをやるんですかと上司に何度でも聞いてみろ」と言っています。2回、3回聞かれただけで「会社が決めたんだから黙ってやれ!」というリーダーはいりません。実際、こういうリーダーのもとで求める人材は育っていませんし、何よりリーダーを選べないことが部下の不幸ですから。