名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉岡信一(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

吉岡信一(経営者)のプロフィール

吉岡信一、よしおか・のぶかず。日本の経営者。フリーズドライ食品の天野実業社長。同志社大学卒業後、日本麦酒(のちのアサヒビール)に入社。スーパードライや十六茶、ワンダモーニングショットの開発に携わる。常務執行役員開発本部長アサヒグループホールディングスに子会社化された天野実業へ移籍し副社長を経て社長に就任。同社の改革にあたった。

吉岡信一(経営者)の名言 一覧

フリーズドライ・カレーの開発を私が提案したことで、若手が気付いてくれました。何か新しいことを、自分たちがやっていいんだということを。
【覚書き|社長に就任し、同社の改革のためフリーズドライのカレーの開発を指示した当時を振り返っての発言。】


樋口廣太郎社長から、「アメリカで遊んで来い。成果はいらない」と、まだ経営が苦しいのに送り出されました。人材育成で受けた経験を、いまは当社に活かしたい。
【覚書き|アサヒビール時代を振り返っての発言】


当社を元気社員が集まる、元気な地方企業にします。


吉岡信一(経営者)の経歴・略歴

吉岡信一、よしおか・のぶかず。日本の経営者。フリーズドライ食品の天野実業社長。同志社大学卒業後、日本麦酒(のちのアサヒビール)に入社。スーパードライや十六茶、ワンダモーニングショットの開発に携わる。常務執行役員開発本部長アサヒグループホールディングスに子会社化された天野実業へ移籍し副社長を経て社長に就任。同社の改革にあたった。

他の記事も読んでみる

内藤明人(内藤進)

最高が叫ばれている「モノづくり」の現場では、技術力だけでなく、「なぜつくるのか」という哲学を持ち、心技一体でことにあたらない限り、顧客の信頼を得ることはできません。


ドナルド・トランプ

安全地帯から踏み出してみよう。安全地帯とは別の呼び方をすれば現状への満足である。そこにいたら絶対に何も成し遂げられない。


デール・カーネギー

最善を尽くそう。そのあとは古傘をかざして、非難の雨が首筋から背中へ流れ落ちるのを防げばよい。


上昌広

トップが部下を切り捨て保身に走ると部下は必ず離反する。そして、人望を失い、内部告発が始まる。


飯塚恒生

建設業界にあって、作業所長や工事主任が現場を任されており、それぞれの立場で、その責務を精一杯全うしなければなりません。これは企業トップにも当てはまることでもあります。


長谷川裕一(お仏壇のはせがわ)

痛みを伴いながら、思い切って新しい扉を開き、新しい国づくりをしなければならない。


大山健太郎

あまり難しいことを考えずに、「自分が欲しいもの」「改良すれば使いやすくなるもの」を作るようにしています。


辻本憲三

社員を新しいことにどんどん挑戦させて、「上手くいかないこと」を見つけ、対策を練るのが経営者の役目です。


小林多喜二

闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、本当に光のありがたさがわかるんだ。世の中は、幸福ばかりで満ちているものではない。不幸であるから幸福がある。そこを忘れないでくれ。


柳弘之

リーマンショックのとき、EUには工場が4つありましたが、そのうちの2つを閉鎖するという大鉈をふるえたのも、18年間の海外勤務で培った肌感覚で生産現場の規模感を掴めていたからです。