名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉岡俊介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡俊介のプロフィール

吉岡俊介、よしおか・しゅんすけ。日本のキャリアコンサルタント、シニア産業カウンセラー。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、東京海上火災保険などを経てカウンセリングルーム「オフィスよしおか」を設立。

吉岡俊介の名言 一覧

私たち人間はできないことがあって当然です。ですから「これ以上はもう無理」という心のSOSを感じたら、いったん仕事を切り上げたり、周囲の人に相談したりして構わないのです。こうして自分の限界を自覚し、「無理に頑張らなくてもいいのだ」と気づくことが、ストレスでつぶれないためには非常に重要。


ストレスでつぶれやすい人に共通する特徴は、「建て前にこだわる」ということです。自分の弱さを決して表に出さず、会社のルールや上下関係、完璧であることを優先してしまうのです。


「頑張らないこと」を「怠けること」と考える人は多いのですが、私は「スピードを落とすこと」と捉えています。走りやすい直線の道を進むときは、できる限りスピードを上げればいい。でもカーブに差し掛かったら、誰でもスピードを落とすでしょう。難しい局面を猛スピードで突っ走れば、曲がりきれずに崖から転落するだけ。最終的なゴールに到達することを目指すからこそ、途中でスピードを落とすことも必要なのです。


普段の会話では、「ありがとう」という言葉を積極的に使ってみてください。これは感謝の言葉であると同時に、自分の気持ちを肯定的に保つ効果があります。たとえば上司から抑圧的な物言いをされたときも、「嫌なやつだ」と思うと自分のストレスが増すだけなので、「貴重な助言をありがとうございます」と言ってみる。部下に対してつい怒ってしまったときも、「いろいろ言ったけれど、聞いてくれてありがとう」と言ってみる。職場だけでなく家庭などにおいても「ありがとう」と口に出すだけで、自分も相手も心が軽くなるはずです。


状況を変えるには、まず自分の本音に目を向け、自分の限界を認めることから始めてください。そのためには、友人や家族といった自分に寄り添ってくれる相手に、本音を素直に語ってみることをお勧めします。言葉にするだけでも頭の中が整理されて、気持ちがラクになるからです。身近な人に弱みを見せるのはどうしても抵抗があるなら、今は地方自治体が開設している無料の相談窓口もありますから、そこに匿名で電話をかけるのもいいでしょう。


建て前の世界で生きる人たちは、上から「明日までに書類を作成しろ」と言われると、反射的に「今すぐ完璧な書類を作らねばならない」と考えます。しかし時には、すでに大量の仕事を抱えていて、翌日までに仕上げるのはどうやっても無理という場面もあるでしょう。そこで「今は手一杯なので、明後日まで時間をいただけませんか」とか、「私一人では難しいので、Aさんに手伝ってほしいのですが」といった本音を言えれば、その人が感じるストレスは大きく減らせるはずです。


吉岡俊介の経歴・略歴

吉岡俊介、よしおか・しゅんすけ。日本のキャリアコンサルタント、シニア産業カウンセラー。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、東京海上火災保険などを経てカウンセリングルーム「オフィスよしおか」を設立。

他の記事も読んでみる

守島基博

重要なのは、自分の企業の人材がほかの企業でも優秀な人材かということである。逆説的に聞こえるかもしれないが、他社から引き抜きのかかる人材を育てる企業がよい企業なのかもしれない。評価基準を世界化すれば、人材はグローバルな評価基準に基づいて自分を磨く。


萩本欽一

それぞれが得意なことをやってると、チームとしてのまとまりもできるし、いい仕事になる。


赤塚保正

目先のことを考えすぎると物事はうまくいかない。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

不動産投資で不動産会社を選ぶときは、きちんと将来のキャッシュフローも提示してくれるかどうか。こうしたところはポイントになります。さらにキャッシュフロー表については金利や入居率の変化、修繕費の積み立てなどをどれだけシビアに織り込んでいるか、しっかり確認しましょう。そのためには、投資する側もある程度勉強しておく必要がありますね。


糸井重里

事業を成立させるには僕らなりのリサーチが欠かせません。できることとできないことを分析する。何が足りていて何が都合がつかないかを、一つひとつひもといてみる。そうした作業を進める中で、僕が考える計画の実現は割と難しくないことが分かってきました。


カーマイン・ガロ

英語のなまりがあっても、話し手が熱意を込めてストーリーを語るスピーチはとてもパワフルになる。英語力を問わず、誰でも英語で伝えることはできる。そのことを、優れたスピーチから学ぶことができる。


西川光一(経営者)

私は自分が理解出来ないことをビジネスにはしません。


松井順一

ミスは企業にとって宝の山。ミスという事実から学べば、企業も人も成長する。むしろ、ミスを避けて安全な道を進もうとする組織が発展することはないと考えるべき。


西澤ロイ

「英語ができるようになりたい」という人に、どのようになりたいのかを尋ねると、「字幕なしで映画を観られるようになりたい」「日常会話で不自由しないようになりたい」といった答えが多いのですが、実は、これはとても大変なことなのです。映画の英語のセリフをある程度正確に聴き取るにも、日常の幅広い会話に対応するにも、相当の英語力が必要です。英語でプレゼンテーションができる人でも、外国人の友人の家に招かれたらほとんど話せなかった、ということもよく聞く話です。ですから、上達を実感するには漠然とした目標ではなく、「自己紹介ができるようになる」「ビジネスの特定のシーンでの表現が使えるようになる」といった具体的な目標を立てるのが効果的です。「英単語を100個覚える」でもいいでしょう。そうして小さな目標をひとつずつ達成して積み重ねていくことで、さまざまな場面で英語が使えるようになっていくのです。


籠屋邦夫

プレゼンや講演の前には、電車の中や喫茶店での休憩時間などのスキマ時間を使って、思いついた内容を付箋に書いておきます。そして、記入済みの付箋がたまったら、並べてみて整理するのです。こうすると、短い時間で自分の考えを整理できます。


森島洋太郎

製造業においても、ハードばかりでなくソフト面での勝負が重要になる中、今後は技術者であっても、分野を横断した幅広い知識を身に付け、それを柔軟に生かす能力が求められる。


守安功

弊社は現状では成長していますが、そこで満足していてはダメだと思っています。安泰なんてことはなくて、放っておけば下がっていくと考えないといけません。「誰かが何とかしてくれるだろう」という人間が集まってきたら危険です。