名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

吉岡俊介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉岡俊介のプロフィール

吉岡俊介、よしおか・しゅんすけ。日本のキャリアコンサルタント、シニア産業カウンセラー。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、東京海上火災保険などを経てカウンセリングルーム「オフィスよしおか」を設立。

吉岡俊介の名言 一覧

私たち人間はできないことがあって当然です。ですから「これ以上はもう無理」という心のSOSを感じたら、いったん仕事を切り上げたり、周囲の人に相談したりして構わないのです。こうして自分の限界を自覚し、「無理に頑張らなくてもいいのだ」と気づくことが、ストレスでつぶれないためには非常に重要。


ストレスでつぶれやすい人に共通する特徴は、「建て前にこだわる」ということです。自分の弱さを決して表に出さず、会社のルールや上下関係、完璧であることを優先してしまうのです。


「頑張らないこと」を「怠けること」と考える人は多いのですが、私は「スピードを落とすこと」と捉えています。走りやすい直線の道を進むときは、できる限りスピードを上げればいい。でもカーブに差し掛かったら、誰でもスピードを落とすでしょう。難しい局面を猛スピードで突っ走れば、曲がりきれずに崖から転落するだけ。最終的なゴールに到達することを目指すからこそ、途中でスピードを落とすことも必要なのです。


普段の会話では、「ありがとう」という言葉を積極的に使ってみてください。これは感謝の言葉であると同時に、自分の気持ちを肯定的に保つ効果があります。たとえば上司から抑圧的な物言いをされたときも、「嫌なやつだ」と思うと自分のストレスが増すだけなので、「貴重な助言をありがとうございます」と言ってみる。部下に対してつい怒ってしまったときも、「いろいろ言ったけれど、聞いてくれてありがとう」と言ってみる。職場だけでなく家庭などにおいても「ありがとう」と口に出すだけで、自分も相手も心が軽くなるはずです。


状況を変えるには、まず自分の本音に目を向け、自分の限界を認めることから始めてください。そのためには、友人や家族といった自分に寄り添ってくれる相手に、本音を素直に語ってみることをお勧めします。言葉にするだけでも頭の中が整理されて、気持ちがラクになるからです。身近な人に弱みを見せるのはどうしても抵抗があるなら、今は地方自治体が開設している無料の相談窓口もありますから、そこに匿名で電話をかけるのもいいでしょう。


建て前の世界で生きる人たちは、上から「明日までに書類を作成しろ」と言われると、反射的に「今すぐ完璧な書類を作らねばならない」と考えます。しかし時には、すでに大量の仕事を抱えていて、翌日までに仕上げるのはどうやっても無理という場面もあるでしょう。そこで「今は手一杯なので、明後日まで時間をいただけませんか」とか、「私一人では難しいので、Aさんに手伝ってほしいのですが」といった本音を言えれば、その人が感じるストレスは大きく減らせるはずです。


吉岡俊介の経歴・略歴

吉岡俊介、よしおか・しゅんすけ。日本のキャリアコンサルタント、シニア産業カウンセラー。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、東京海上火災保険などを経てカウンセリングルーム「オフィスよしおか」を設立。

他の記事も読んでみる

岡本欣也

数字は差別化の強力な武器です。画期的な商品やサービスが登場した時は、ストレートに伝えた方がインパクトが強くなる。


林文子

私がBMWに就職活動をした当時は、今とは違って人を採用する際には年齢や性別の制限がありましたから、普通なら40代の女性を採用する会社はないだろうと最初から諦めてしまいますが、私は誠意を持って伝えれば、必ず気持ちは通じると信じていました。年齢や性別がハンデになるとしても、「実年齢よりも気持ちは若いし、体力もある。ぜひ私にやらせてください」と言えば、相手も受け止めてくれるはずだと考えました。


吉田忠裕

現地の社員と語り合う場を設けています。例えば、中国の現地法人に行った時、私が席に着いた途端、ものすごい勢いで質問が始まりました。「お客様から価格が高いと言われたけれどどう改善すべきか」「リーダーになったばかりだが、どうやって組織をまとめていったらいいか」と。それに私はヒントやアイデアを与えるように答えていくんですが、このように彼らの口から出てくるのは実務に直結した悩みなんですね。通り一遍の質問など一つもありません。ですが、その日々の実務が理念の実践につながっているんです。


市村洋文

自分の軸とは、使命のこと。使命は「命を使う」と書く。つまり、命がけでする仕事は何かを考えて行動するということ。


加藤千麿

新しいことにチャレンジするとき、止める場合もあります。とにかく試みて試みて、軌道に乗らなければ、早いうちに止めていく。いったん手を打つ。でも、最初からノーノーノーでは駄目なんです。言葉は悪いけど、役所の発想はそうでしょう。最初からノーノーノーで、できないという前提で行っちゃうんですから。ノーが一番楽なんですよ本当は。ああ止めとけっていうのが一番楽なんですね。


中野健二郎

経営の原則はやはり、多種な情報と現場を分かっている人間がものを決めるということに尽きるのです。


手島太郎

大型案件が取れたら、すぐにでも上場したい。株式投資ファンド型クラウドファンディングからの上場企業として先鞭をつければ、今後出てくるベンチャー企業にも貢献できるし、国にも貢献できるのではないかと思っています。


紫関修

今後も当社がこのまま続くと思ったら大間違いです。当然、お店を長く続けていけば、お客様から要求される商品やサービスのレベルは高くなると思います。時代の変化やニーズに対応しない店は生き残っていけません。


堤清二

消費者のニーズにこたえるという姿勢がなくて、これでやれば競争に勝てるぞと思った時は失敗するケースが多い。自分の思いつきでいい気になって走ると必ず失敗している。消費者のニーズに触れて、あ、それじゃこうしてみようかなという場合はだいたい失敗しません。


山崎大地

日本はクオリティーの高いモノづくりを誇ります。しかし近年は中国をはじめ他国も同等レベルにある。その上で価格を下げられたら日本に勝ち目はありません。そこで日本の特長である、おもてなしの心、クオリティーの高いサービス、クリエーティブな発想を生かすことが、世界に負けない宇宙ビジネスをつくり上げていくことになります。


オカダ・カズチカ

目標は、プロレスの面白さを世間に広めること。それしかない。


塚越寛

経済競争=安売り競争と思っている経営者が多くいるのは残念なことです。我々の育った昔、値段を安くして売ることは、経営者にとって恥ずかしいことだった。なぜこうなったかというと、ある時期から商道徳が欠けたからです。どうあるべきかが欠けたのです。