吉岡俊介の名言

吉岡俊介のプロフィール

吉岡俊介、よしおか・しゅんすけ。日本のキャリアコンサルタント、シニア産業カウンセラー。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、東京海上火災保険などを経てカウンセリングルーム「オフィスよしおか」を設立。

吉岡俊介の名言 一覧

私たち人間はできないことがあって当然です。ですから「これ以上はもう無理」という心のSOSを感じたら、いったん仕事を切り上げたり、周囲の人に相談したりして構わないのです。こうして自分の限界を自覚し、「無理に頑張らなくてもいいのだ」と気づくことが、ストレスでつぶれないためには非常に重要。


ストレスでつぶれやすい人に共通する特徴は、「建て前にこだわる」ということです。自分の弱さを決して表に出さず、会社のルールや上下関係、完璧であることを優先してしまうのです。


「頑張らないこと」を「怠けること」と考える人は多いのですが、私は「スピードを落とすこと」と捉えています。走りやすい直線の道を進むときは、できる限りスピードを上げればいい。でもカーブに差し掛かったら、誰でもスピードを落とすでしょう。難しい局面を猛スピードで突っ走れば、曲がりきれずに崖から転落するだけ。最終的なゴールに到達することを目指すからこそ、途中でスピードを落とすことも必要なのです。


普段の会話では、「ありがとう」という言葉を積極的に使ってみてください。これは感謝の言葉であると同時に、自分の気持ちを肯定的に保つ効果があります。たとえば上司から抑圧的な物言いをされたときも、「嫌なやつだ」と思うと自分のストレスが増すだけなので、「貴重な助言をありがとうございます」と言ってみる。部下に対してつい怒ってしまったときも、「いろいろ言ったけれど、聞いてくれてありがとう」と言ってみる。職場だけでなく家庭などにおいても「ありがとう」と口に出すだけで、自分も相手も心が軽くなるはずです。


状況を変えるには、まず自分の本音に目を向け、自分の限界を認めることから始めてください。そのためには、友人や家族といった自分に寄り添ってくれる相手に、本音を素直に語ってみることをお勧めします。言葉にするだけでも頭の中が整理されて、気持ちがラクになるからです。身近な人に弱みを見せるのはどうしても抵抗があるなら、今は地方自治体が開設している無料の相談窓口もありますから、そこに匿名で電話をかけるのもいいでしょう。


建て前の世界で生きる人たちは、上から「明日までに書類を作成しろ」と言われると、反射的に「今すぐ完璧な書類を作らねばならない」と考えます。しかし時には、すでに大量の仕事を抱えていて、翌日までに仕上げるのはどうやっても無理という場面もあるでしょう。そこで「今は手一杯なので、明後日まで時間をいただけませんか」とか、「私一人では難しいので、Aさんに手伝ってほしいのですが」といった本音を言えれば、その人が感じるストレスは大きく減らせるはずです。


吉岡俊介の経歴・略歴

吉岡俊介、よしおか・しゅんすけ。日本のキャリアコンサルタント、シニア産業カウンセラー。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、東京海上火災保険などを経てカウンセリングルーム「オフィスよしおか」を設立。

他の記事も読んでみる

坂尾晃司

交渉の秘訣は、「こちらにとって価値が低く、相手にとって高いもの」は何かを意識することです。つまり、「相手には役立つが、こちらの懐は痛まないものを提供する」「こちらには役立つが、相手の懐は痛まないものをもらう」。これが最も理想的な価値交換です。


石黒不二代

女性の活用には、その能力が組織に多様性を与えイノベーションを生む原動力になる、との視点が欠かせない。


黒土始

社是は会社の憲法。これをしっかりと社員に伝えていくことで、労使の信頼関係が固まっていく。


米村でんじろう(米村傳治郎)

教師を辞めてから、仕事がなくなるのが不安で、来た仕事は片っ端から受けていました。


西川光一(経営者)

今、当社の駐車場では1物件当たりの平均契約年数は7.5年で、古いものだと10年以上の物件もあります。これは業界の平均と言われる3年とか3年半より圧倒的に長いんです。とにかく営業は足で稼ぐ。空き地の情報を数多く集めようと思ったら、本来は不動産会社を回るのが手っ取り早いんです。ただ、不動産会社に情報提供する地主さんは、売却したかったり、積極的に運用したい人が多い。そういう土地を駐車場にしても、すぐ解約されるリスクが高いんですね。


篠田法正

名刺交換の時、自分を売り込むより相手を支援したい気持ちを伝えると人脈が広がります。


小室淑恵

部下にとって頼りになる上司は、本当に困ったときにアイデアや人脈や情報で助けてくれる人です。たとえば、企画で行き詰っているときにひと言ヒントをくれたりとか、人脈がなくて悩んでいるときに、キーパーソンを紹介してくれたりとか。それができる上司になるためには、誰よりも早く会社を出て、最新情報の収集にデパートをのぞいたり、学生時代の友達と会って情報交換や人脈づくりをしてみたりといった努力が不可欠です。


宮城治男

「言う」ことが「成る」と書いて誠(まこと)という字になります。誠の人は、やはり強い。


鍵山秀三郎

企業犯罪が増えてきた背景には、経営者としての人格と資質を正しく備えた人が少なくなったことがあるのではないでしょうか。本来、部下がモラルに外れた仕事をした場合に、断固として是正しなければならないのが経営者です。間違った見識がどんな不測の事態につながるのか、その怖さを察知し、予測して判断するのが役目なのです。


八木洋介

経営者にはロジックだけでは足りない。心を動かすコミュニケーション力、もっといえば、誰にでもわかるストーリー構築力が求められる。


麻生けんたろう

メタファー(たとえや隠喩)は、相手の印象に残りやすい。話に合わせてメタファーを自在に使いこなせるようになると、ビジネスマンならプレゼン能力が見違えるほどアップすると思います。もちろん、一朝一夕には使いこなせない。新聞でも雑誌でも「これはわかりやすいな」と思ったメタファーに出合ったらメモ書きして、すぐに自分で使ってみることが大事です。


柴田励司

目標設定する際に気をつけなくてはならないのは、目標が最終的な目的にすり替わらないようにすることです。「売上を2倍にする」「年収を2000万円にする」といった目標の背景には、「それで○○したい」という本来の目的があるはずですが、そこが抜け落ちて「とにかく年収を2000万円にする」という話になると、本来の趣旨からズレてしまいます。


加藤俊徳

通勤電車の車内での行動には気を付けてください。スマホなどを見てじっと下を向いていると、視野が狭くなり、眼球が動きません。そうすると視覚系脳番地が機能せず、脳も活性化されないのです。時々は上を向いたり、窓の外を眺めたり、できるだけ遠いところを見て眼球を動かすように心掛けてください。


岩下秀麿

ドラッカーも言っていますが、世の中には博識な経営者は多いが、効果的経営者は少ないのはなぜか。それは、知識は苦しい修練を通じてのみ、骨肉になるということを知るだけの経験を欠いているからであると。逆に言えば、知識は苦しい修練を通じて骨肉にして、初めて意義のあるものになるのだと思います。


ニクラス・ゼンストローム

私は2003年に無料電話ソフト「スカイプ」の事業を立ち上げました。いまでこそ世界中で使われているソフトウェアに成長しましたが、起業当時はいろいろと悩みを抱えていました。最大の悩みは資金調達でした。スカイプで用いる技術は画期的なものでしたが、その技術を理解してくれる投資家が周りにいなかったのです。世の中のトレンドがどう変わっていくのかを理解してくれる投資家もいませんでした。


ページの先頭へ