名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉尾弘の名言

twitter Facebook はてブ

吉尾弘のプロフィール

吉尾弘、よしお・ひろし。日本の登山家。谷川岳一ノ倉沢滝沢下部ルート、北岳バットレス中央稜、穂高屏風岩中央壁JECCルートなどを積雪期初登攀に成功。日本合同登山隊の隊長としてヨーロッパアルプスに遠征し、ヴェッターホルン北壁、ドリュ北壁を登攀。金銭名誉欲がなく、一生涯を登山に捧げた人物

吉尾弘の名言 一覧

山では人にできないことが自分の力でできる。努力さえすれば、それ相応に得られるものがあるのだ。目標とするルートの困難さが大きければ大きいほど、可能性を期待する楽しみも大きい。


自分だけが頼りなのだ。信ずるものはこの腕しかない。神々の力の及ばないところに私はいるのだ。この岩と雪の中に自分がどうかしてしまいそうな不安な心持になる。そこから逃れるために、私は力いっぱいアイスバイルをふるった。行動することだけが私の神経をいやすのだ。


吉尾弘の経歴・略歴

吉尾弘、よしお・ひろし。日本の登山家。谷川岳一ノ倉沢滝沢下部ルート、北岳バットレス中央稜、穂高屏風岩中央壁JECCルートなどを積雪期初登攀に成功。日本合同登山隊の隊長としてヨーロッパアルプスに遠征し、ヴェッターホルン北壁、ドリュ北壁を登攀。金銭名誉欲がなく、一生涯を登山に捧げた人物

他の記事も読んでみる

草野顕之

先日、小学校の教壇に立つ卒業生と話をしたのですが、彼女はまず生徒の言い分をじっくりと聞き、感情に寄り添うことが、困難な問題を氷解していく力になることを実感していると言っていました。


岩村水樹

最も大切にしてほしいのは、「テクノロジー」と「チームの力」を生かしきるということ。最新テクノロジーをフル活用すれば、時間や場所に縛られずにいつでもどこでも仕事ができる。「テレワークは、自分1人で行う単純作業しかできない」と思い込んでいる方も多いかもしれませんが、テレワークでもチームでの仕事は可能です。


松本晃(経営者)

カルビーは商品の品質も高く、一連のサプライチェーンも良くできていた。しかし、コストには無頓着だったのでそこにメスを入れただけです。品質にこだわるあまり、会社の本来的な意義である儲けることに対しての意識が弱かったのです。


南谷三世

海外ドラマを最初に話の内容を知らないで、すなわちネタバレ禁止状態で字幕なし英語音声のみで観るのが、私の英語勉強の肝です。映像と英語の音だけでどこまで理解できるか。これは自宅に居ながら留学に匹敵する英語を浴びられる方法だと思います。それによって、自分の真の実力や弱点がわかります。


ジェームズ・ラシュトン

ダゾーンの契約会員数は100万人を超えました。この数は予想していたところに着地したという印象です。堅調に進んでいます。でも登山に例えると、やっとベースキャンプに到着できたという位置で、登頂するにはまだまだ先は長いです。


小池龍之介(小池龍照)

人間も心身のメンテナンスをせずにこき使っていると、ダメになってしまいます。仕事最優先で、家族や友人あるいは自分一人で過ごす時間をないがしろにすれば、結果として、自己の再生産のための力が落ちていってしまうのです。


吉村崇

30歳を目前にして、学歴もない、手に職もない。いったい、どうすりゃいいんだ……って。いや、危なかったわぁ、ホント、危なかった(笑)。たまたまフジテレビの「(株)世界衝撃映像社」の「ホームステイin部族」という企画で注目されて、なんとか生き残ることができましたけどね。不思議なもんですよ、なにが縁で売れたりするのか。それまで売れる一番の近道って、漫才だったり、コントの大会で優勝することだったんです。当時は、「キャラクターだ」「リズムネタだ」と流行がおこると、芸人がみんな、石が飛んだ方向を向く時代だったけど、まさか「部族」とは誰も思わないでしょ(笑)。難しいですよ。


佐伯チズ

私がエステティシャンを指導したり、自ら手がけたりして思うのが、挨拶の大切さ。基本的なことで拍子抜けする方もいるかもしれませんが、挨拶を徹底しましょう。


鵜澤静

IT分野等における技術革新のスピードは、人の7倍の速さで年をとる犬にたとえて「ドッグイヤー」と呼ばれたが、いまではその倍以上速いねずみにたとえて「ラットイヤー」になっている。過去の延長線上で動いていたら、とても時間的に間に合わない。必要な場合には、時間も技術も、おカネで買わなければならないこともある。そのために、M&Aを積極的に活用していくことも必要なのだ。


篠原菊紀

一般に、歳をとると頭が固くなり、ひらめきも生まれなくなると思われているが、実際にはどうだろう。知的活動の中心といわれるニューロンは大脳の表面にある大脳新皮質に集まっており、加齢とともに数が減少していくが、その下の白質と呼ばれる神経繊維の束の層は、むしろ40代、50代で増加していく。白質はニューロン感を結ぶネットワークを形成しており、これから考えれば一つの問題を別の問題と結びつけて解決していくひらめきに関しては、能力が上がっていくとしてもおかしくはない。