吉尾弘の名言

吉尾弘のプロフィール

吉尾弘、よしお・ひろし。日本の登山家。谷川岳一ノ倉沢滝沢下部ルート、北岳バットレス中央稜、穂高屏風岩中央壁JECCルートなどを積雪期初登攀に成功。日本合同登山隊の隊長としてヨーロッパアルプスに遠征し、ヴェッターホルン北壁、ドリュ北壁を登攀。金銭名誉欲がなく、一生涯を登山に捧げた人物

吉尾弘の名言 一覧

山では人にできないことが自分の力でできる。努力さえすれば、それ相応に得られるものがあるのだ。目標とするルートの困難さが大きければ大きいほど、可能性を期待する楽しみも大きい。


自分だけが頼りなのだ。信ずるものはこの腕しかない。神々の力の及ばないところに私はいるのだ。この岩と雪の中に自分がどうかしてしまいそうな不安な心持になる。そこから逃れるために、私は力いっぱいアイスバイルをふるった。行動することだけが私の神経をいやすのだ。


吉尾弘の経歴・略歴

吉尾弘、よしお・ひろし。日本の登山家。谷川岳一ノ倉沢滝沢下部ルート、北岳バットレス中央稜、穂高屏風岩中央壁JECCルートなどを積雪期初登攀に成功。日本合同登山隊の隊長としてヨーロッパアルプスに遠征し、ヴェッターホルン北壁、ドリュ北壁を登攀。金銭名誉欲がなく、一生涯を登山に捧げた人物

他の記事も読んでみる

岩崎夏海

会食が終わったあとは、こちら側が接待した場合、基本的に相手から連絡が来るのを待ちましょう。「接待をしたからビジネスの話をさせてください」と言っても、上手くいきません。逆に、接待が「貸し」になっていることもわからない相手とは、ビジネスをする意味がないでしょう。


佐野恵一

介助を受けつつも、いままで諦めていたことができるようになった。それが本人の自信につながります。あるお客様は当初一泊旅行をいやがっていたのですが、温泉に入ったら「すごく気持ちいいな」と喜ばれ、帰るころには「また行きたいな」とおっしゃいました。そして、「実は北海道にお墓があって気になっている。あんた、連れていってくれるか」とか「孫の結婚式が今度あるのだけれど、そういうものでも連れていってくれるか」と質問なさるほど、外出することに前向きになられたのです。


糸井重里

会社が本当に上手くいかなくなったという経験はないんですけど、危険な匂いを感じたことは何度かありましたね。皆の目がネガティブな方に向けられて、ちっちゃいネガティブがぷつぷつ湧き出すような……。うちは皆で協力しながらやる仕事ばかりだから、誰か1人の小さな不満や不信でも、隣の人に伝染する恐れがある。それが広がってしまうと、不信の派閥ができて、サボっているのがカッコイイなんて風潮が生まれたりします。じゃあ、それを防ぐにはどうするか。もっと目を向けざるを得ないポジティブなプランをぶつければいい。面白いものが見つかると、人は飛びつくんです。楽しいことで忙しくなれば、いつしかネガティブな要素は消えてきます。


山田進太郎

なぜ海外にこだわるのかといえば、マーケットが大きいからです。インターネットオークションの市場規模も、10倍くらい違う。可能性に投資をするのは、難易度は高いですが、成功したときのリターンが大きいという意味で、十分、勝負する価値があると思います。現在、日本、アメリカ、イギリスでサービスを提供していますが、世界中の国に進出し、最終的にはすべての国と国をまたいで使われるサービスにしていきたいですね。


似鳥昭雄

逆境は最大の教育の場。逆境だからこそ、今まで全く縁のなかった場所や発想で一から商品開発に取り組むことが出来る。


小池百合子

時にはイチかバチかの決断をすることで、大きく前進できる。


和田秀樹

ビジネスマンが曖昧さを取り入れれば、まず分析の視点や、意思決定のバリエーションが広がります。一面的な思考の持ち主は、会議でもすぐに白か黒かの結論を出したがる。メリットとデメリットを比較して、「go」か「not go」の二元論しかありえない。でも、曖昧さを武器にするビジネスマンなら、もっと多くの選択肢がある。リスクが高いという理由でボツになりそうな企画があったとします。そのケースで単純に「やる」「中止する」の判断ではなく、曖昧さがあれば、当初の予算より小規模で展開することもできる。試験的にアンテナショップを出店する手も考えられる。


泉谷直木

よく社員を育成すると言いますが、私は違うと思うんです。今は、社員ではなく、経営者の育成が必要です。


浜田宏

コアがぶれなければ、集中力も高まるはずです。だからまずは、ブレない自分の価値観を見極めましょう。


池田弘(経営者)

会議も市場調査も全く意味がない。みんなで話し合ったり、データを分析したりして商売がうまくいくか分かるならこんな楽な話はない。


蛭子能収

オレの漫画はそんなに上手ではないし、人前で話しても面白いことが言えるわけじゃありません。ただ、昔から変わらず「なんとか人に喜んでもらいたい」という気持ちだけは忘れなかったつもりです。いま、俺に仕事を持ってきてくれる人がいるのも、この気持ちがあるからではないかと思っています。


吉野孝行

在宅勤務やフレックスタイム導入などのワークスタイルの改革は、自ら試すという当社の特徴である先駆的精神の表れともいえます。「最新の機器をどう使えば効果があるのか」、お客様にマッチしたシステム設定と優れた機能を引き出すための高度な調整能力が重要です。そのために「自ら試す」のです。


岩田松雄

言葉は、いったん伝わると、相手に強い足跡を残す。


藤田田

昭和50年4月1日は、日本の人口分水嶺、すなわち昭和20年8月15日を境に、それ以前と以後に生まれた日本人の比率が、50対50になる日である。戦後生まれを顧客の主軸とするわが社は4月1日以降、毎日3000人ずつ客が増加していくことになる。まさに「追い風」である。(覚書き|藤田氏は客観的な数字のデータを経営に大きく取り入れていた。発言にも細かい数字データを多用した)


永守重信

企業の経営者は、赤字になっても自分のせいではないと思っている人が多いのではないか。理由を挙げたらキリがない。でもそんな言い訳をしたり政府にモノ申しても何の解決にもなりません。大企業ならいいかもしれませんが、中小企業なら潰れてしまいます。


ページの先頭へ