名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉原義一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉原義一のプロフィール

吉原義一、よしわら・よしかず。日本の刀匠。文化庁認定刀匠。東京都出身。刀鍛冶の家に生まれる。18歳で父(吉原義人)に弟子入り。審査なしで展覧会に出品できる「無鑑査」に史上最年少で認定された。高松宮賞、文化庁長官賞をはじめ、多くの賞を受賞。

吉原義一の名言 一覧

良いものがわからないと、良い作品はつくれない。


作品には人間性が表れる。様々な経験をするほど、仕事に深みが出てくる。


難しさは同じものが出来ないこと。作る度に、より良いものにしていきたい。形だけであれば、3年で出来るが、良い作品となれば5年でも難しい、挑戦となれば一生になるはず。


常に挑戦し、私の刀を手にして頂いた方々に絶対に悲しい思いをさせたくない。


自分らしさを出すには、基本を忠実に行うことが条件。


展覧会においては、常に上の賞を目指していく事を心掛けました。刀の出品は、初めての参加から、特賞を取り、展覧会の度に毎回、胃が痛くなるような挑戦の日々でした。


曾祖父が昭和の初めの頃に刀鍛冶を始めました。父も叔父も刀鍛冶です。ですから、刀鍛冶になるのは自然なことでした。他の道に進もうと思ったこともありません。18歳で父に弟子入りし、5年後に正式に刀鍛冶になりました。しかし、独立してからが本当の修業でした。


日本刀は美術工芸品ですから、刀鍛冶は職人でもあり美術家でもあります。つまり、センスを磨くことも仕事のひとつなのです。センスを養うには日本刀を観賞するだけではなく、あらゆる分野に興味を持つことが大切。


吉原義一の経歴・略歴

吉原義一、よしわら・よしかず。日本の刀匠。文化庁認定刀匠。東京都出身。刀鍛冶の家に生まれる。18歳で父(吉原義人)に弟子入り。審査なしで展覧会に出品できる「無鑑査」に史上最年少で認定された。高松宮賞、文化庁長官賞をはじめ、多くの賞を受賞。

他の記事も読んでみる

佐藤綾子(心理学者)

優れた経営者は、「オプティミズム(楽観主義)」と「先天的才能」と「無制限の努力」という3つの力を持っている。


大倉忠司

私はこれまで、「他社がやっているかどうか」を基準に経営判断をしたことはありません。すべては、「お客様の満足につながるか」「事業や従業員のためになるか」で決めてきました。だから、業界では常識でも、烏貴族では「やらないこと」がたくさんあるんです。


福嶋康博

閃いたら即実行していくことが重要です。そして、実行していく時に最悪駄目だった場合のことを想定しておけば、思い切って実行することができるし、成功する確率が高くなります。


松本晃(経営者)

私は新卒で伊藤忠商半に入社したのですが、当時の越後正一社長は、ことあるごとに「名を成すは常に窮苦の日にあり。事を敗るるは多く得意の時に因る」と言っていました。「成功しようと思ったら、しんどいときにちゃんとやっておかないとダメだ。良いときに浮かれて気を抜いてしまうから、失敗する」という意味なのですが、とにかく何度も何度も聞かされたので、40年以上経った今でも覚えています。しかし次の社長は、いろんなことを言っていたので、あまり覚えていない(笑)。言うことは絞らないと伝わらないのです。


吉野真由美

月単位だと期間が長すぎて、月初に気が抜けてしまいます。すると、月末になって焦り出す。焦るとお客様にそれが伝わり、ますます結果が出ない、という悪循環に陥りがちです。週単位なら、それが防げます。


マティアス・クラウディウス

ある人間を判断するには、その人の言葉によるよりは、むしろ行動によって判断するようにしたほうがよい。なぜなら、行動はよくないのに言葉は素晴らしい人間が多くいるからだ。


鑄方貞了(鋳方貞了)

人の上に立つためには、まわりの人すべてへの感謝の心がなくてはなりません。それにはまず、両親を尊び、先祖を敬うことが大切です。親孝行はビジネスの世界にも通じる。社員やお客様あっての自分という感謝の心は、両親あっての自分という考え方と相通じるものなのです。きちんと親孝行ができる人は、社員やお客様を本当に大切にすることができるはずです。


松下幸之助

一心不乱でやる、そうするとまわりもただ見てばかりはいないものです。一心不乱という本当に真剣な姿を見ていると、そこには必ず何か教えられるものが出てくる。まわりの人々は、いちいち言わんでも、手伝うし、働く。


野村恭彦

「良いアイデアを出せば成功する」という幻想を持っている人は少なくないと思います。物が売れる時は、それに共感して買うわけで、アイデアの良し悪しではありません。相手のニーズをつかんでいなければ意味がないのです。


出雲充

朝礼でいつも「ベンチャーはアタマを使わなくてはいけない」と言っています。これは勉強しろといった意味ではありません。「明るく、楽しく、前向きに」の頭文字をとって、「ア・タ・マ」を使おうということです。


山本晴義

私は、心身ともに健康的な生活は、運動、労働、睡眠、休養、食事、会話をバランスよくとることによって成り立つと考えています。しかし多くの人は、平日は労働と睡眠だけの生活になっているのが現実です。仕事しかない毎日だと、人の心は枯れていきます。


林修

男は女性の応援が得られて、初めていい仕事ができるもの。