名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉原義一の名言

twitter Facebook はてブ

吉原義一のプロフィール

吉原義一、よしわら・よしかず。日本の刀匠。文化庁認定刀匠。東京都出身。刀鍛冶の家に生まれる。18歳で父(吉原義人)に弟子入り。審査なしで展覧会に出品できる「無鑑査」に史上最年少で認定された。高松宮賞、文化庁長官賞をはじめ、多くの賞を受賞。

吉原義一の名言 一覧

良いものがわからないと、良い作品はつくれない。


作品には人間性が表れる。様々な経験をするほど、仕事に深みが出てくる。


難しさは同じものが出来ないこと。作る度に、より良いものにしていきたい。形だけであれば、3年で出来るが、良い作品となれば5年でも難しい、挑戦となれば一生になるはず。


常に挑戦し、私の刀を手にして頂いた方々に絶対に悲しい思いをさせたくない。


自分らしさを出すには、基本を忠実に行うことが条件。


展覧会においては、常に上の賞を目指していく事を心掛けました。刀の出品は、初めての参加から、特賞を取り、展覧会の度に毎回、胃が痛くなるような挑戦の日々でした。


曾祖父が昭和の初めの頃に刀鍛冶を始めました。父も叔父も刀鍛冶です。ですから、刀鍛冶になるのは自然なことでした。他の道に進もうと思ったこともありません。18歳で父に弟子入りし、5年後に正式に刀鍛冶になりました。しかし、独立してからが本当の修業でした。


日本刀は美術工芸品ですから、刀鍛冶は職人でもあり美術家でもあります。つまり、センスを磨くことも仕事のひとつなのです。センスを養うには日本刀を観賞するだけではなく、あらゆる分野に興味を持つことが大切。


吉原義一の経歴・略歴

吉原義一、よしわら・よしかず。日本の刀匠。文化庁認定刀匠。東京都出身。刀鍛冶の家に生まれる。18歳で父(吉原義人)に弟子入り。審査なしで展覧会に出品できる「無鑑査」に史上最年少で認定された。高松宮賞、文化庁長官賞をはじめ、多くの賞を受賞。

他の記事も読んでみる

筒井義信

社長就任後、現場に出向くことはもちろん、社内の諸会議にも多数参加してコミュニケーションを増やす努力をしてきましたが、量・質ともにまだ足りないと思っています。そこは引き続き私の課題です。


田中仁(経営者)

組織というのは、頭が変わらないと変革は無理。


村山昇

仕事に取りかかる前に、現段階での自分が考える結論や上司に相談したい事柄を、1枚のシートにまとめてみるとよいでしょう。それをもとに上司に事前相談をするのです。それをメールで送ってもかまわないのですが、私はあえてプリントアウトして上司の机の上に置いておくことをお勧めします。プリントアウトしてあれば忙しい上司であっても、移動などの空き時間に目を通すことができるからです。そして、お昼時の雑談の中で、「先日ご相談した件ですが……」と切り出して、上司の反応や問題意識をヒアリングしておくのです。そうやって情報共有の下地を作り、上司の考えるゴールを見定めておけば、いざ承認を得たり企画書を提出する際に、意見の大きな違いは避けられます。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

資産運用で重要なのは、「お金をコントロールする」という意識を持つこと。もちろん、置かれている状況や経済情勢は変化していきますから、予定どおりにいかないことも出てくるでしょう。それでも流れに任せるのではなく、できる限りお金の出入りを自分でコントロールしていく姿勢が大事。


根岸秋男

社内外の声に耳を傾けて刺激を受けることは大事なこと。


児玉光雄

ビジネスパーソンでも、朝、燃料を満タンて出社し、ガス欠状態になるまで仕事で完全燃焼すれば、ベッドにたどり着いたときには数分以内で深い眠りに入ることができる。それを継続すれば、トップクラスまで上り詰め、長く活躍できるというわけだ。


近藤良平

(コンドルズを立ち上げて)最初はやっぱりダンスのお客さんが多かったですよ。そこから「何かへんてこだ」ということで、演劇のお客さんも見に来るようになって、一方で「これはダンスじゃない」というダンスのお客さんは減っていって。でも、面白いと思ってくれた人は戻ってきてくれた。今はもう、いろんなもののミクスチャーがコンドルズだから、何のジャンルだろうと自分たちが面白いと思ったことをやっていけばいいやと思ってます。


伊藤潤二

せめて細かいところは現実的に描かないと、ただの突拍子もない話になっちゃう。


山光博康

型番みたいな製品名より、一発で内容が伝わるストレートな商品名でパッとわかれば、興味を持ってもらえる。


土屋賢二

純粋に議論させても女は強いんです。長年、大学で学生を教えてきた経験から言ってもそうですし、小さい頃から女は違う。それでいながら多分、女の人は論理の力なんて大したことがないと思っている。そこがすごい。男にしたら「論理で言い負かせば自分の勝ち」、でも女は「勝ったから何?」で、その先の利益を求めるでしょう。「謝ってすむなら警察はいらない」とか言ってバッグや靴を買わせたりして。どうやっても、男は女に勝てません。


小林陽太郎

仕事は常に人間によって行われ、人間のつながりによって進行していくことを忘れてはならない。


新将命

正しくPDCサイクルを回すための4つの質問

  1. 「今、わが社はどこにいるのか」(現状の把握)
  2. 「将来、わが社はどうなりたいのか」(ビジョンの設定)
  3. 「そのために、わが社は何を、どうやるのか」(具体的目標の設定)
  4. 「それをやって、わが社はどうなったのか」(実行の評価)

ゴードン・ムーア

企業は放っておけば成功体験にしがみついてリスクを避けるようになります。その方が楽だからです。しかし、企業にとってこれが一番怖いのです。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

私が結婚した当時、義理の父とよく話す機会がありました。そのときに聞いた彼の家業についての話に影響を受けたのです。江戸時代に藍商人として活躍していた8代目の話です。当時、藍商人は阿波藩(のちの徳島県) と密接なつながりで商売をしていたのですが、その8代目は阿波藩との関係で、ほかの地に行かなくてはならなくなった。そこで琴平(香川県)の酒造会社を買ったそうです。当時としては、リスクを分散しながら、色々なことを考えてやっていたんですね。その話を聞いて、私が思ったのは、資産をどう分散化して、資産から収益を上げていくかということです。


包行均

技術屋がすぐに「できます」と返事をする場合は、たいしたものはできない。反対に「絶対に作れません」と言う場合は、すごい新商品になるんです。