名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉原直樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉原直樹(経営者)のプロフィール

吉原直樹、よしはら・なおき。日本の経営者。「アルテサロンホールディングス」会長。神奈川県出身。埼玉大学教育学部卒業、中央大学でMBAを取得。タカラベルモント、美容室チェーンなどを経て美容室アルテを設立。また東京美髪芸術学院学院長を務めた。

吉原直樹(経営者)の名言 一覧

皆、自分の店になると思えば必死に努力する。


実家の酒屋ののれん分けがヒントになりました。美容業界では顧客を奪って独立するなどのトラブルが少なくありません。愛と憎しみに終止符を打ち、皆がハッピーになって欲しいと思いました。
【覚え書き|自社の「のれん分け型フランチャイズ方式」について】


吉原直樹(経営者)の経歴・略歴

吉原直樹、よしはら・なおき。日本の経営者。「アルテサロンホールディングス」会長。神奈川県出身。埼玉大学教育学部卒業、中央大学でMBAを取得。タカラベルモント、美容室チェーンなどを経て美容室アルテを設立。また東京美髪芸術学院学院長を務めた。

他の記事も読んでみる

アラン(哲学者)

雨が降り出してきたら、舌打ちなんかせず、軒下に出て悠然と傘を広げよう。傘がなけりゃ、ああけっこうなお湿りじゃないかと言おう。人間関係もこの雨と同じだ。対応の仕方はいくらでもあるものだ。要するに、自分のため、できるだけ気持ちよく過ごすためには、いやな言葉を吐いたり、いやな思いを抱いたりしてはならない。


高田明(ジャパネットたかた)

私は常に今を大事にしています。スタジオに立ったら、その商品を紹介することしか考えていません。それを乗り越えて一歩一歩行かないと未来は創れない。


川田篤(経営者)

自分の会社がどこで利益を出しているか正確に知らない人は多い。


富野由悠季

あなた以上に才能がある人はいっぱいいるので、生半可な気持ちでは、世の中はやっていけません。自分には多くの競争相手がいるということが想像できていないところが、すでにイメージが貧困だと感じます。何ごとも「なあなあ」でできることがあるなんて思わないでください。


大高弘之

営業には2種類あり、ひとつは短期に成果を出そうとする強引な手法の「狩猟型」営業。値引きで売り込むなど、お客の食いつきはいいが、一度売れればそれっきり。一方「農耕型」は顧客と営業マンとの人間関係を重視するスタイル。両者にいったん信頼関係が生まれれば、長期的なつき合いに発展します。これこそが不況時代に求められる姿勢。


鳥居勝幸

値上げ交渉は断られてからが本当の始まりです。はねつけられることも想定して、どの段階でどのステップを踏むか、交渉プロセスを事前にプランニングしておくことが重要です。何と言われても諦めず「一緒に解決法を見つけたいので、ぜひ協力してほしい」という態度で交渉を続けてください。


田坂広志

一流になれば格好の良い仕事ができ、毎日楽しく働ける。若い人はそう考えがちですが、それはまったくの誤解です。どのような一流のプロフェッショナルも、仕事の9割は地味で単調な作業の連続です。「神は細部に宿る」といいますが、その神をつかまえるには、目に見えない単調な作業の積み重ねが必要です。それがあって初めて、目に見える成果が生まれます。


榎本博明

有効なのが部下やチームメンバーへの声かけです。人間は誰もが、「ポジティブ・イリュージョン」を抱いています。これは、自分の能力や業績、性格などを、実際より優秀と評価する認知的な歪みのことです。つまり人間には、自分を過大評価する心理的傾向があるということ。だから職場では、多くの部下が人事評価に不満を持ちます。仮に上司が部下の能力や業績を正当に評価したとしても、本人は実際以上に「自分は優秀だ」と思い込んでいますから、「上司が自分をちゃんと評価してくれない」と不満に思うわけです。そこで重要になるのが、声かけです。上司が部下に「調子はどう?」「頑張ってるね」などと声をかけることで、部下は「自分を気にかけてくれている」と感じて不満は和らぎ、気持ちも前向きになって、モチベーションが高まります。


市江正彦

重要性を感じ、新たな方針として「お客様への約束」というものを作りました。それはお客様からの信用、信頼をまずは回復しようということでもありました。その中でも、安全はもちろん最優先にしますが、次に、お客様の時間を大切にしようということで欠航、遅延は最小限にする、やむを得ない場合は他社の便を利用してでもお客様にご迷惑をかけないようにしましょう、としました。私自身、「1に安全、2に定時、3に経済性」と言い始め、利益よりもまず「時間どおり」ということを優先させたのです。


工藤公康

改善策を講じても、すぐに不調から脱け出せない時もあります。よく効く改善策は、効き目がジワジワと表れるものだと思います。皆さんの仕事も同じじゃないでしょうか? 目先の結果を求めて焦ると、ますます調子を崩したり、周囲の評価も下がる悪循環を起こすこともあります。


井上義久

国民の支持がなければ政治の安定はないのは当然。世論に常に耳を傾けモノを言う。そういう意味で公明党の役割は非常に大きい。公明党は地方議員の地域のネットワークがあって、そこから民意が集約されてくる。その場では当然、国の政策についても自民党以上に説明責任が求められている。ネットワークがあるゆえに、自分たちの日常生活にどういうふうに影響するかということを常に考えている人たちが我々を支え、同時に厳しい意見や本音も言われる。その中から民意を感じ取っていく。


三橋志津子

人が動く時の決め手になるのは、理性的な判断ではなく感情による判断。敬意や配慮を欠いた依頼は、相手の感情を損ね、成功しません。