吉原直樹(経営者)の名言

吉原直樹(経営者)のプロフィール

吉原直樹、よしはら・なおき。日本の経営者。「アルテサロンホールディングス」会長。神奈川県出身。埼玉大学教育学部卒業、中央大学でMBAを取得。タカラベルモント、美容室チェーンなどを経て美容室アルテを設立。また東京美髪芸術学院学院長を務めた。

吉原直樹(経営者)の名言 一覧

皆、自分の店になると思えば必死に努力する。


実家の酒屋ののれん分けがヒントになりました。美容業界では顧客を奪って独立するなどのトラブルが少なくありません。愛と憎しみに終止符を打ち、皆がハッピーになって欲しいと思いました。
【覚え書き|自社の「のれん分け型フランチャイズ方式」について】


吉原直樹(経営者)の経歴・略歴

吉原直樹、よしはら・なおき。日本の経営者。「アルテサロンホールディングス」会長。神奈川県出身。埼玉大学教育学部卒業、中央大学でMBAを取得。タカラベルモント、美容室チェーンなどを経て美容室アルテを設立。また東京美髪芸術学院学院長を務めた。

他の記事も読んでみる

孫正義

のほほんとやっていたら、あっという間につぶれてしまうのがベンチャーです。ベンチャー企業イコール危なっかしいってことです。


野村克也

仕事道具にこだわる人間は、仕事に対する貪欲さを常に持っている。だから、成果をあげられるのかもしれん。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

失敗の経験を経て、素人なら素人なりに、身の丈にあった経営をしようと思い直しました。2社目のテラは経営のプロではなく、細胞治療を面白いと思ってくれる人を集めて立ち上げたのです。


鈴木敏文

私はイトーヨーカ堂で人事や新事業開発のような仕事ばかりだったから、自分でモノを仕入れたり、レジを打ったり、販売した経験がない。だから別の言い方をすれば客観的に物事が見えたし、格好よく言えばお客様の立場で判断することができた。


砂山起一

従業員のやる気を引き出すために、様々な取り組みをしています。今年1月末にはキャストだけのために、ディズニーランドを貸切にして遊んでもらう「サンクスデー」を開催しました。管理職や正社員は、この日ばかりは「もてなし役」になります。私は清掃担当者の制服を着て、掃除しながらいろいろな場所を歩き回って、キャスト(アルバイトを含めた従業員)の皆さんに感謝の挨拶をしました。


ヘラクレイトス

戦いは万物の父であり、万物の王である。ある者たちを神々に列し、ある者たちを人間の列に置いた。またある者たちを奴隷とし、ある者たちを自由人とした。


前田祥子(経営者)

オーナー様に対し、マンションやアパートのお部屋が末永くお客様に利用されるために、間取りやデザインのアドバイスもしています。これは本来ハウスメーカーの仕事ですが、ハウスメーカーは直接入居者と接していないので、住む人のニーズに合った物件がどのようなものか、必ずしも把握していません。一方、お部屋を探しているお客様と毎日のように接している私たちには、そのニーズが手に取るように分かります。それをマンション建設やリフォームに生かせれば、入居者のみならず、オーナー様にとっても有益に違いないでしょう。


小林栄三

我々商社の商売の基本は、社会に貢献する、あるいは生活をもっと便利にしようとすること。


小笹芳央

小僧には、意味など考えず取り組むことが何よりも大切なのです。思い出してみてください、小学生の頃を。掛け算の九九を覚えるのに「何のために?」なんて考えなかったでしょう。言葉を発し始めた赤ん坊は「これに何の意味があるのか」なんて考えませんよね。


小嶺忠敏

技術は時間をかければ育てることができるので、身長がむちゃくちゃ高い、ものすごく足が速いといった、鍛えても身につかない能力は重要です。


東出浩教

人の資質や適性は、7割以上の部分が後天的に作られると言われています。リーダーシップについても、基本的なセオリーとコミュニケーションのスキルを学び、それらを実際に使ってみて、振り返りをする習慣を続ければ、自分で育てることが可能です。


似鳥昭雄

良いと思ったものがあれば全て丸呑みして徹底的にマネをして、どうしても消化できなかったものだけ吐き出せばいい。出して足りなくなった分だけ、日本のものを入れてみればいい。


菊池健彦

英語の肝はとにかく単語を覚えることにあります。英語は他の言語に比べても単語の数が多いため、どうしても学習の中心は単語学習になります。


黒川康正

時間は「あるかないか」ではなくて、「作るか作らないか」で考えましょう。どんなに忙しくても勉強時間を作ろうと思えば、必ず作れる。


高島宏平(髙島宏平)

指標はそれぞれの現場にもわかりやすい形で落とし込む必要があります。つまり、それぞれの役割の中でお客様の満足度をより高める行動をとっていく必要があります。そのためにも、グループや部門ごとにもいくつかの指標があります。個人でも、それぞれが個別の評価指標を持ち、それを達成できるかどうかを普段から計算して業務をしています。


ページの先頭へ