名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉原珠央の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉原珠央のプロフィール

吉原珠央、よしはら・たまお。日本のキャリアカウンセラー、イメージコンサルタント。全日本空輸客室乗務員などを経て独立。また、テレビのコメンテーターを務めた。著書に『人とモノを自由に選べるようになる本』『「また会いたい」と思われる人の38のルール』。

吉原珠央の名言 一覧

人から好感を持たれるには、相手や場面をわきまえて臨機応変に対応できる、ファッションをコーディネートするスキルが求められているのです。それこそが、ビジネスファッションの大切なポイントです。


ビジネスでは、人は見た目で判断しています。ですから会った瞬間に、「この人と仕事をしたい!」、そう思われなければ次のチャンスはありません。何度もお会いすれば、誠実さや実力が伝わることがあるかもしれませんが、ビジネスの世界ではチャンスは1回と思ってください。


パソコンが得意という女性が、キーを打つのが大変そうな長い爪をしていたり、営業志望の男性がシワだらけのスーツ姿で面接会場に現れたら、採用しようと思う人はいないでしょう。そこに本人は気づいていない、つまり相手の期待やニーズを読めないことが問題なのです。


吉原珠央の経歴・略歴

吉原珠央、よしはら・たまお。日本のキャリアカウンセラー、イメージコンサルタント。全日本空輸客室乗務員などを経て独立。また、テレビのコメンテーターを務めた。著書に『人とモノを自由に選べるようになる本』『「また会いたい」と思われる人の38のルール』。

他の記事も読んでみる

元榮太一郎

インターネットは他メディアでは考えられないほどの伝播力を持っており、放置すれば、猛烈なスピードで、きわめて広範囲に情報が伝わっていく。一方で、自社の名誉毀損に当たる文言を見つけた際に大騒ぎをするのも禁物です。騒げば騒ぐほど内容の拡散に拍車を掛けるからです。インターネット上の名誉毀損に対しては、「速やかに、密やかに」対応することが肝心。


三谷宏治

基礎データや情報のあるなしによって、仕事の難易度や所要時間は大きく変わります。これを早めに見極めるためにも、早めに仕事にとりかかっておくことは必須です。


松沢哲郎

たとえ明日死ぬとわかっても、いつもと同じ1日を淡々と過ごしたい。


弘兼憲史

私の周囲にいる「かっこいい大人」には共通している点が3つあります。

  1. 自分のことだけでなく、周囲のことも考えられる。
  2. 何事にも動じない。
  3. 責任を取れる。

高岡浩三

アイデアは「出すのが2割、それを実行する力が8割」。いけそうなアイデアを思いついたら、すぐに信頼できる誰かに話してみて、必ず実行してみる。その繰り返しこそが勝ち続ける秘訣。


樋口廣太郎

私の持論の一つに「メーカー大根役者論」というのがあります。メーカーというのは役者でなくてはならない、役者でも、二枚目でわがままが通るような役者ではなく、大根役者でなくてはならない、というわけです。監督はお客様です。演出は流通のみなさん、小売店さんです。こういう味、こういう商品があればいいということを言ってもらい、いただいた役柄を忠実にやるのがメーカーです。そういう感覚でお客様の求めておられるものを敏感にキャッチし、それを演じる、こういった姿勢にならなければいけないということです。


田中孝司(経営者)

驚きを通り越して感動を与えられるもの。それがうちから出るという姿を目指したい。


菅谷太一

私が不動産業界に入ったのは、前職でのお客様が不動産投資をしていたのがきっかけです。自分でもやってみようと500万円の物件を取得し、セルフリフォームしたところ、相場より高く賃貸ができました。「工夫すれば、喜んで住んでくれる人がいる」と考えるようになりました。リニューアルで必ず魅力ある物件になると考えているのです。


星野佳路

飛び抜けた何かがあれば施設を再生できる。


菅原正(経営者)

経営は人文科学。いくつもの中からとった選択肢がベストかどうかはわからないが、一度決めたらぶつぶつ言う声を抑えてでもとことん実行する。そうすれば必ず成功する。


山極毅

AIは入力されたデータによって学習する内容が変化します。つまりデータを入力する人間の考え方によって結果が大きく変わります。大事なのはツールではなく、何を学ばせるかという思想と信念なのです。


泉谷閑示

自分を持つには、従順さが邪魔になるところがあります。従順さを美徳としてきた日本では、「反抗」は、ともすれば悪と見なされ、その意義があまり認められてきませんでした。しかし、信念を持つには、たとえば会社や上司から押し付けられる常識を、疑ってみることも必要です。反抗としては、赤ん坊のイヤイヤ期や、10代の思春期はよく知られていますが、大人だからこそ考えたい「反抗期」があるのです。