名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉原珠央の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉原珠央のプロフィール

吉原珠央、よしはら・たまお。日本のキャリアカウンセラー、イメージコンサルタント。全日本空輸客室乗務員などを経て独立。また、テレビのコメンテーターを務めた。著書に『人とモノを自由に選べるようになる本』『「また会いたい」と思われる人の38のルール』。

吉原珠央の名言 一覧

人から好感を持たれるには、相手や場面をわきまえて臨機応変に対応できる、ファッションをコーディネートするスキルが求められているのです。それこそが、ビジネスファッションの大切なポイントです。


ビジネスでは、人は見た目で判断しています。ですから会った瞬間に、「この人と仕事をしたい!」、そう思われなければ次のチャンスはありません。何度もお会いすれば、誠実さや実力が伝わることがあるかもしれませんが、ビジネスの世界ではチャンスは1回と思ってください。


パソコンが得意という女性が、キーを打つのが大変そうな長い爪をしていたり、営業志望の男性がシワだらけのスーツ姿で面接会場に現れたら、採用しようと思う人はいないでしょう。そこに本人は気づいていない、つまり相手の期待やニーズを読めないことが問題なのです。


吉原珠央の経歴・略歴

吉原珠央、よしはら・たまお。日本のキャリアカウンセラー、イメージコンサルタント。全日本空輸客室乗務員などを経て独立。また、テレビのコメンテーターを務めた。著書に『人とモノを自由に選べるようになる本』『「また会いたい」と思われる人の38のルール』。

他の記事も読んでみる

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)

他のチャンスを諦めました。例えば、スマートフォン向けのビジネスはもっと追求できた。ゲーム機とタブレットを開発するチャンスもあった。でも、それらからは一歩引きました。多くのチャンスを失いましたが、その犠牲によってAIにフォーカスできた。AIがもたらす恩恵はすさまじい。一生に一度のチャンスですよ。絶対にフォーカスしなければならないと思いました。


安藤徳隆

「変えてはいけないもの」「触ってはいけないもの」なんてない。一歩先行く発想があるなら、実行すればいい。


小山昇

毎朝4時半起きで、6時前には自宅で仕事を始める。誰にも邪魔されないから、仕事ははかどり、朝だから静かで集中して考えることもできる。普通の人が働いている時に遊んで、遊んだり寝たりしている時に働けば、生産性は何倍にもなる。


駒崎弘樹

興味を引かれていろいろ調べてみたら、アメリカのNPOはボランティアではなく、ビジネスの手法を使って社会問題を解決するソーシャルビジネスという形が多いということがわかりました。収益を出しながらやっていくなら長続きしそうだし、日本でもできるのではないかと思って、僕も社会起業という形でやることにしたのです。


見城徹

「負ける」と「負けている」は、まったく別のものである。負けたと認めたときに負けとなる。


西樹

一般的に、仕事上の失敗を前向きに生かそうとするときに、ボトルネックとなるのは上司ですね。上司の対応しだいでは、一回の失敗で人もプロジェクトもつぶれてしまいかねません。


前川孝雄

女性が求めるのは肩書よりも働きがいです。女性は自分が頑張って働き、誰かに喜んでもらえることがモチベーションになる傾向があります。ところが管理職世代の男性は、「法人営業は男性」「大きな取引先は男性が担当すべき」などといった固定観念から抜け出せない。同じように、育休明けの女性にも、「子育てが大変だろうから」と勝手な思い込みで配慮し、負荷の軽い仕事に配置換えする。これでは向上心のある女性ほど物足りなさを感じ、やる気を失います。


菅義偉

細い糸で、糸を切られないように大きい魚を釣るのはなかなかおもしろい。太い糸だと、食わないんですよ。
【覚書き|趣味の渓流釣りについて語った言葉】


澤田浩

問題は収益性です。多角化しても儲からない事業では困ります。収益性の高い事業を柱にし、低い事業は場合によっては切り捨て、体質を変えるべきです。


西岡壱誠

「今売れている本」を読むことをお勧めします。ベストセラーがすなわち良い本とは限りませんし、誰が読んでも得られるものがあるとも限りません。しかし、売れている本には、それなりの理由があります。売れているからといって、書かれていることを受け入れるのではなく、「なぜこの本が今売れているのか?」と疑問を持ちながら読んでみてください。ベストセラーは往々にして「議論を呼ぶ本」であることも、読むべき理由の一つです。自分で問いを立てながら読み、自分なりの結論を導き出すことで、考える力が身につくはずです。


柏木斉

再建のフェースが終わったいまは、これまでの延長ではない新しい事業にどれほどチャレンジできるかが問われています。


渡邉美樹

経営もそうですけど、一瞬ですべてガラッと変わっていく機というものがあります。政治も同じで、自分がやらなければ最高の結果が出ないんじゃないかと思ったんですね。