名言DB

9429 人 / 110879 名言

吉冨隆安の名言

twitter Facebook はてブ

吉冨隆安のプロフィール

吉冨隆安、よしとみ・たかやす。日本の競馬予想師。鹿児島県出身。様々な職業を経て競馬予想師に転身。大井競馬場公認予想「ゲート・イン」主宰。

吉冨隆安の名言 一覧

成功しようと思ったら、表面的なデータだけ見て安易に満足してはダメ。


複数の競馬場で全レース勝負しようとすると、膨大なデータ分析が必要になって手が回らなくなります。そこで私は、大井競馬場というニッチな場に絞っているのです。独立する場合も、得意分野に絞って勝負する方が、生存確率を高められるはずです。


実力馬でも、ペースが遅いレースで大外の枠順に入って走れば、タイムは必然的に遅くなります。ですから前レースのタイムが遅いからといって、その馬が弱いとは言えないのです。そこで私は、過去のレース映像で一頭一頭の状況を確認し、実力を反映した馬身差(=実走着差)を求め、レース予想を行っています。


16頭が出走するレースの場合、各馬の状況をつぶさに確認するため、16回にわたってレース映像を確認することもあります。また、得られたデータを自分なりの方程式に入れて予想をするのですが、レース結果に応じて、方程式を繰り返し繰り返し修正することも欠かせません。そういう面倒な努力を愚直に重ねなければ、勝負には勝てないのです。ビジネスも同様でしょう。


競馬での勝率を高めるためにはデータの解析が不可欠ですし、投資額と回収額のバランスを理論的に捉える工夫もいります。結果的に、数字に強くなることも期待できる。競馬は単なるギャンブルではなく、経営力を高められる奥深いゲームなのです。


独立を目指す皆さんには、競馬場での勝負をお勧めしたいですね。競馬場では、多くの人が予想を誤って損をします。そして、手痛い失敗の中から自分なりの必勝法を編み出そうと知恵を絞るのです。この時、こだわりを捨て、専門紙の予想など「他者の意見」を取捨選択することは、経営者に求められる大事な資質です。


吉冨隆安の経歴・略歴

吉冨隆安、よしとみ・たかやす。日本の競馬予想師。鹿児島県出身。様々な職業を経て競馬予想師に転身。大井競馬場公認予想「ゲート・イン」主宰。

他の記事も読んでみる

中嶌秀高

ベンツという商品自体はどこで買われても同じですから、最終的には人だと思います。来店される方にも、お電話で最初のコンタクトをとられる方にも、第一印象が非常に大事でしょう。受付の女性、応対する社員、商談を進めるうえであいさつをする上司、それぞれの対応が大切です。


ミシュラ・マニッシュ

インドにはおむつ文化はありませんでしたが、徐々に変わりつつあります。そのタイミングでユニ・チャームはインド市場に合わせたおむつを投入しました。そのタイミングがよかったのです。市場を信じ、文化を理解したことが大きかったのだと思います。


中村天風

もし、知識だけを磨いて人間が幸福になれるなら、学問を一生懸命勉強した人はみんな幸福になれそうなもんじゃないですか。そして、学問を勉強しない人はみんな不幸であるべきはずだが、そうじゃないでしょう。


伊藤整

いつも自分を少しだけ無理な状態の中に置くようにしなさい。


安倍昭恵

ちゃんと受験勉強をして立教大学の大学院に入りました。学生に戻ってみて、自分がいかに勉強してこなかったかを痛感しました。それまでは、新聞を読んだり、テレビのニュースを見て、わかった気になって、受け売りの意見を口にしていた。大学院ではみんなで議論をする機会がたびたびあって、きちんと調べたことを、一旦、自分のなかに落とし込み、自分としての考えを口にしなくてはいけないと感じるようになりましたね。


川村治

「考え方」の基本は利他の心。自分のところではなくお客様の儲かることを考える。当社は広告・宣伝業なので、お客様の商品がいかに売れるかがお客様のためになり、それが自分たちのためになるのです。


藤沢武夫

ホンダほどプロジェクトの多い会社はないんじゃないでしょうか。エキスパートがたくさんいるから、何かあるときは、サッと集めることができます。それぞれの知恵を効率よく生かす組織ができているからです。


金子高一郎

地にしっかり足がついていれば必然的にお客様もついて信頼していただける。


西田東作

8人兄弟の末っ子で、男が4人、女が4人でした。そのうち長兄と三兄が戦死し、2人の姉の旦那も戦死してしまって、もう戦争犠牲者ばかりだったんです。今でさえそうですが、その当時、大黒柱の親父が亡くなるということは全員が食えなくなるということでしたから、皆集まってきたんです。すでに私は、北日本紡績の前身の会社に就職していましたが、それを親父に引き戻されまして、それでやむを得ず、皆を食わすためにメリヤスでもやって食わそうかということになったんです。もう、最初から後へは引けない状態でした。


鈴木敏文

成功するリーダーというのは時代の変化を感じ取り、時には失敗してもいいから何度もチャレンジしていく。そして組織を成功に導いていく。