名言DB

9413 人 / 110706 名言

吉冨隆安の名言

twitter Facebook はてブ

吉冨隆安のプロフィール

吉冨隆安、よしとみ・たかやす。日本の競馬予想師。鹿児島県出身。様々な職業を経て競馬予想師に転身。大井競馬場公認予想「ゲート・イン」主宰。

吉冨隆安の名言 一覧

成功しようと思ったら、表面的なデータだけ見て安易に満足してはダメ。


複数の競馬場で全レース勝負しようとすると、膨大なデータ分析が必要になって手が回らなくなります。そこで私は、大井競馬場というニッチな場に絞っているのです。独立する場合も、得意分野に絞って勝負する方が、生存確率を高められるはずです。


実力馬でも、ペースが遅いレースで大外の枠順に入って走れば、タイムは必然的に遅くなります。ですから前レースのタイムが遅いからといって、その馬が弱いとは言えないのです。そこで私は、過去のレース映像で一頭一頭の状況を確認し、実力を反映した馬身差(=実走着差)を求め、レース予想を行っています。


16頭が出走するレースの場合、各馬の状況をつぶさに確認するため、16回にわたってレース映像を確認することもあります。また、得られたデータを自分なりの方程式に入れて予想をするのですが、レース結果に応じて、方程式を繰り返し繰り返し修正することも欠かせません。そういう面倒な努力を愚直に重ねなければ、勝負には勝てないのです。ビジネスも同様でしょう。


競馬での勝率を高めるためにはデータの解析が不可欠ですし、投資額と回収額のバランスを理論的に捉える工夫もいります。結果的に、数字に強くなることも期待できる。競馬は単なるギャンブルではなく、経営力を高められる奥深いゲームなのです。


独立を目指す皆さんには、競馬場での勝負をお勧めしたいですね。競馬場では、多くの人が予想を誤って損をします。そして、手痛い失敗の中から自分なりの必勝法を編み出そうと知恵を絞るのです。この時、こだわりを捨て、専門紙の予想など「他者の意見」を取捨選択することは、経営者に求められる大事な資質です。


吉冨隆安の経歴・略歴

吉冨隆安、よしとみ・たかやす。日本の競馬予想師。鹿児島県出身。様々な職業を経て競馬予想師に転身。大井競馬場公認予想「ゲート・イン」主宰。

他の記事も読んでみる

鈴木あや(IBM)

私は部下によく「何か迷うことがあったら言ってね」と声をかけます。他部門との折衝などでは「私が出て行った方が話が早いと思うならいつでも呼んでください」と伝えています。執務中も部下に「ちょっといいですか」と話しかけられたら、「もちろん!」と答えるようにしています。


金田一秀穂

ムダ話には価値があり、得することが多い。理由は簡単。ムダ話には、「人と人をつなげる力」があるからです。たとえ伝えたいことがあっても、ストレートに放つ言葉は響かない。むしろムダ話によって人の心は潤され、通い合う。


嶋浩一郎

企画書の文章を書くときは、はやる気持ちを抑え、「そもそも何が問題なのか」「何のための提案なのか」に立ち返り、読み手とミッションを共有することが重要です。それがあって初めて、「続きを読みたい」という気持ちになります。「うんうん、確かにそういう問題はあるよね。ぜひとも解決したい」と読み手が感じ、ミッションやゴールについて合意できてから、本丸である内容に踏み込んでいくべきです。


魚谷雅彦

「やる気スイッチ」を押してあげさえすれば、奮い立つ若者はたくさんいる。


ジャック・ウェルチ

「効率」という言葉はよくない。「創造性」という言葉を使うべきだ。


木村惠司(木村恵司)

厳しい状況では、年齢とは関係なく、自ら考えリーダーシップを取れる人が組織にどれだけいるかが重要です。


吉田洸二

控え選手の役割は重要です。普段の練習も、控え部員たちのテンションが低いと活気が出ません。「レギュラーだけで頑張っていればいい」といった雰囲気が広がると、チームの勢いが失われてしまいます。


三枝利行

お役所に対しては、「そんな画一的な考え方では、新しいことなんてできませんよ!」なんて、けっこう激しく言うこともあります。反対に「いやいやどうもどうも」と下手に出ながらこちらの考えを聞いてもらうこともある。まあ、ケース・バイ・ケースとしか言いようがありませんね。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

幸福な人生を送るのに必要不可欠なものなどほとんどない。それはすべてあなたの内部、あなたのものの考え方の中にある。(マルクス・アウレリウス・アントニヌス、第16代ローマ帝国皇帝、ストア派学者)


ロバート・キヨサキ

お金や投資についてあまりにも無知であるがゆえに、大半の人がいまだに「マイホームは資産だ」と信じ込んでいる。だが、それは間違いだ。マイホームは「資産」ではない。「負債」だ。資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるものだ。負債とはあなたのポケットからお金を取っていくものだ。お金が入るのは、家が売れたときの売却益だけで、しかも、投資した資金を回収できるだけの高値で売れる保証はない。


近藤史朗

現在起点ではなく、未来起点でお客様がどう変化して、どういう固有価値がトレンドになるかを考えるべき。


塚越寛

「幸せ」を求めて繰り広げられるはずの経済活動で、なぜ不幸が生まれてしまうのか。私は常にこのことを考えてきました。その結果得た結論は、目的と手段のはき違いをしているということです。


桐山一憲

日本人は世界の舞台に弱いと言われていますが、私はそう思いません。個人の能力はもともと高いのです。


松下幸之助

私は社員に、私の会社は人をつくる会社であって、電器製品は人の次につくるものだと言っているんです。人をつくるのが本業で、電器製品をつくるのは副業やと。


川口盛之助

高齢化は、生産年齢人口比率を低下させると同時に医療費や社会福祉費を増大させ、国家財政を疲弊させつつ産業競争力を削いでいく。ただ、この試練は「次世代の競争力を身に付けるための好機」にもなり得るということを忘れてはならない。