名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉冨学の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉冨学のプロフィール

吉冨学、よしとみ・まなぶ。日本の経営者。ラーメンチェーンの一蘭社長。福岡県出身。第一経済大学卒。19歳のときにアルバイトとして食堂の開業に携わり、立ち上げの実務を学ぶ。その後、ファミコン販売業を起こし失敗、人材派遣業を起こしある程度の成功を収める。一蘭の常連であった縁で初代店主夫婦から店とのれんを引き継ぐ。軌道に乗っていた人材派遣業を部下に譲り、一蘭を全国チェーンへと成長させた。

吉冨学の名言 一覧

人の成長には「人との出会い」「出来事との出会い」「本との出会い」が必要。


苦境に陥ったとき、本から多くの学びをえるとともに、奮起するパワーをもらい、精神的にも助けられた。本はその気になれば、いつでも出会える。


企業理念は確かに私が作りました。でも、それに賛同するのなら、リーダーは誰でもいいんです。一蘭は、私の所有物じゃないんです。


うちの社員は知識労働者でなければいけないと思っているんです。会社はイノベーションを続けていかないと衰退していきます。そのアイデアを出す社員が、本を読むのは当然じゃないですか。
【覚書き|一蘭本社に図書室があることについて語った言葉】


精神的に追い詰められていたので、走り続けることで苦しみを忘れようとしました。あとは、経済や経営の本を読み続けること。そうすると、多くの本が同じことを言っている。利益ばかり考えていては駄目で、人の心を重視すべきだと。


おいしいラーメンと金儲け、この二つを追っていました。儲かったんだから、贅沢してもいいじゃないかと。部下にも高い給料を払っていたし。でも、社長が金に走ると、部下も金の亡者になるんですね。
【覚書き|幹部が新しいラーメンチェーンをつくるため、社員を大量にひきつれて出ていってしまった事件を振り返った言葉。これ以降、おいしいラーメンを売るという原点に立ち返って一蘭は盛り返した】


会社の成長にはイノベーションが必須ですが、社長一人では限界がある。全社員が本を読み、豊かな知識を得ることができれば、イノベーションにつながるアイデアが生まれるはず。
【覚え書き|社員が読書をする仕組みをつくったことについて】


吉冨学の経歴・略歴

吉冨学、よしとみ・まなぶ。日本の経営者。ラーメンチェーンの一蘭社長。福岡県出身。第一経済大学卒。19歳のときにアルバイトとして食堂の開業に携わり、立ち上げの実務を学ぶ。その後、ファミコン販売業を起こし失敗、人材派遣業を起こしある程度の成功を収める。一蘭の常連であった縁で初代店主夫婦から店とのれんを引き継ぐ。軌道に乗っていた人材派遣業を部下に譲り、一蘭を全国チェーンへと成長させた。

他の記事も読んでみる

原晋

2月に新チームを始動、翌年1月2日、3日の箱根駅伝を最終的なゴールとして、その間に自分がすべきことを紙に書き出させる。時間が有限であることを肌で感じ、1分1秒でも無駄にできないと意識できるようになる。


小池直己

40代からは勉強法を根本的に変えるべきです。必要なのは社会人経験や論理的思考力を駆使し、答えを推測していく「一を聞いて十を知る」勉強法。たとえば、英単語を覚える場合は、語源を通して覚えるようにすると、より効率的です。また、単語の意味を、全体の文脈から類推する習慣をつけておくと、未知の単語に出合ったときでも、意味を推察することができます。


山本崇雄

文法も教えなければいけません。でもそれも教科書を読めば分かるんです。例えば中1ならCanの使い方、あるいはbe動詞の疑問文の作り方などですね。それなのに教師は、文法についてわざわざ板書して教える。僕はそれはやりません。その代わり、生徒たちにcanの使い方を1枚の紙にまとめるように指示します。教師が作るワークシートを生徒に作らせるのです。その中で出来のいいものを選んで生徒に配り、作った生徒に「せっかく作ったのだから、君から説明して」と僕の役割を生徒に移していく。すると教師は少しフォローするくらいで十分になり、生徒は自分たちで授業する時間を楽しむようになってくる。そこに僕はいらないんです。


渡辺広明

ライブコマース(テレビ通販のネット版・個人版)が伸びている理由の一つは、情報が増えすぎて、どれを選べばいいのかわからなくなっているということがあるでしょう。だから、自分で探すよりも信頼できる人に勧めてもらったほうがいい。これは、ジャパネットやQVCなどのテレビ通販にも同じことが言えます。中でも私が面白いと思ったのが、「サロミーライブ」というアプリです。ヘアサロンなどのスタッフが商品を紹介するというもので、たとえば、カリスマ美容師が商品を紹介してくれる。


佐藤富雄

「心配事とは、ほとんど起こらないものなのだ」という正しい認識を持ち、心配事を想像するのではなく、ものごとを成し遂げたあとの満たされた瞬間を想像しましょう。ドライブ先での楽しい光景や、楽しい時間を過ごして家に帰って祝杯をあげているところなどを考えるのです。


岩崎博之(経営者)

どんどん成長を続け、世界に羽ばたく存在となっていくベンチャー企業の創業者と話していると共通点が2つあることに気づきます。1つはカネ儲けではなく業界や社会に影響をもたらすことを目的に起業していること。もう1つは社会性のあるビジネスを手がけていることです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

若い頃の僕も、「お金には興味がない。お金に左右されるような人生は嫌だ」、そう考えていた時期があった。でも、あるとき気づいたんだ。一流の大人になろうと思ったら、お金は必要であり、お金を持つことを否定しちゃいけないということに。


新浪剛史

買収して業績の数字だけを追っていても相乗効果は出ません。大事なのは価値観を統一させること。


村井満

好かれたいという考えを捨てることが、好かれるための条件。


大西賢

いまJALの社内では「トレードオフ(同時に成立しない二律背反の関係)」という言葉は禁句になっています。「AとBはトレードオフだから」と言った瞬間に、思考停止になってしまいますから。


勝海舟

機先を制するというが、機先に遅れる後の先というものがある。相撲取りを見てもただちにわかる。


澁谷誠(経営者)

トップから情熱がなくなったら、「ただそこにいるだけの人」だ。