名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉井雄一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉井雄一のプロフィール

吉井雄一、よしい・ゆういち。日本の経営者。「巴里屋」社長。カフェ&デリ「PARIYA」、ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」、コンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX」などを展開。

吉井雄一の名言 一覧

お客さんを馬鹿にしちゃいけない。お客さんのセンスの方が進んでいるんです。まして今のような時代、店の規模は違えど、お客さんはみんな、本物しか選ばなくなってくると思います。


今はネットでも何でも買える時代です。だからこそ、「ここに来て」買うことに意味がある。どういうスタッフがいて、どういう空気感で、どういうものが目に飛び込んでくるかというのがすごく重要なんです。


やたらめったら何でも波に乗って買っていくような時代は終わって、何を買うべきか、一人ひとりが見極めている。だから本物じゃないと生き残れない。


消費者の目線を常に大事にして、自分がいいと思うものなら、お客様も受け入れてくれるだろう。


ファッションって、ある意味“上っ面”なビジネスなんですよ。だからこそ、そこに100%のスピリッツを注ぎ込まない限り、本当に薄っぺらなものになる。


もちろん、お金があるに越したことはない。お金があることで余力もできるし、思ったことを実現するために具体的なプランが立てられる。お金を持っているということは、すごく大事なんです。でもそれは、裏を返せばその程度のことでしかない。


今のような時代に、一番先にダメになっていく人たちというのは、薄っぺらい偽者。愛情を込めずに、上っ面でビジネスをやっている人。ただお金儲けのためだけに何かを利用しようとしているとか、流行っているものしか見ないような人。


ある日、仕事を終えたスタッフが、駅へ向かう途中に歩きたばこをしていたんですね。見つけてダッシュで叱りに行きました。お客さんとすれ違う可能性だってあるんだから、がっかりさせてはダメだよ、と。


すごく大事なのは、日々何を思っているかということ。毎日お客さんに対応していく中で、小さなことでもお客さんを喜ばせられるよう、思い続けていく。その積み重ねが一人ひとりに届いているんだと思います。


人は、払った金額から想像されるものにプラスアルファの喜びがあると、満足を感じるんです。だから、900円のランチでも、それ以上の満足を提供する。それが消費者目線で“いい”と感じられること。


母親の教育で、子供の頃からいろいろな経験をさせられたというのはあります。例えば、最高級のうなぎを食べさせられた直後に、スーパーで売られているうなぎを食べさせられ、違いを実感させる。そのうえで、「ちゃんと温かいご飯にのせて、みんなで楽しく食べれば、十分おいしいでしょ?」と母は言うんですね。モノ自体の質は大切だけど、それがすべてではない、という具合に。


何か事業を始めたいとか、お店をやりたいって、多くの人が思うでしょうけれど、それを続けていくのは、簡単なことではないんです。強い信念を抱き続けるというのは、すごく消耗するし、疲労することでもある。1年間だけ頑張れと言われたら誰でも頑張ると思うんですよ。でも、それを一生やれるかどうかですね。


吉井雄一の経歴・略歴

吉井雄一、よしい・ゆういち。日本の経営者。「巴里屋」社長。カフェ&デリ「PARIYA」、ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」、コンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX」などを展開。

他の記事も読んでみる

森雅彦

今や、国対国、宗教対宗教、白人対黒人といった対立の概念で会社を経営する時代ではありません。もし対立するとすれば、貧困とか資源不足とか、そういった人類全体の敵とどう向き合うべきかを考えた方がいいのではないでしょうか。


ドナルド・トランプ

相手から利益を得たい場合は、あらかじめ相手に脅しをかけておかなければならない。こちらの要望が通らなければ、そちらにも相応の痛みを感じてもらうぞ、と。


砂山起一

私は企業の寿命は30年という説を信じていません。明日にだって駄目になるかもしれないという危機感が常にあります。だからこそ顧客満足度を向上させるために努力し続けるのです。それを実現する従業員の満足度も同時に高めていけば、東京ディズニーリゾートは100年後も発展し続けられるはずです。


小池利和

ブラザーが扱う事業や商品には、常に国内外の大手電機メーカーとの競争が待っています。生き残るには、資本をニッチ分野に集中投下する経営が求められます。これは小が大を倒すには欠かせない戦略です。


澤口俊之

人に何かを言われると落ち込みやすく、いつまでも引きずるという人は、「自分は創造力が高い」と思いましょう。芸術家として成功した人の多くがうつ病を患っていたことからもわかるように、落ち込みやすい人は高い創造力を持つ傾向があります。別の言い方をすると、落ち込んだときこそ、クリエイティブな仕事をした方がいい。


成毛眞

自分を磨くためにお勧めしたいのは読書ですが、お手軽なハウツー本は駄目です。方法論を覚えて自分を型にはめ込むのは、まさに感性を停止させる行為ですから。もちろん、ビジネスをするうえで覚えなくてはいけない知識はありますが、勉強するなら、経済学や会計学などの基礎教養が身につく本がいいでしょう。


野呂影勇

座った時の正しい姿勢を考える前に、椅子から立ち上がってオフィスを動き回る機会を頻繁に作ることを考えてほしいんです。歩けば椎間板の角度が常に変わるから、かかる圧力が高くなったり低くなったりする。これで椎間板内に栄養が行き渡り、老廃物を排出しやすいから健康にいい。トイレ休憩をこまめに取ったり、会議資料をメールに添付して送るのではなく、たまには紙で関連部署へ持参するなど、一工夫することをお勧めします。


加藤一二三

将棋の世界には、名人を決める順位戦というものがあります。全棋士がA級からC級2組までの各リーグに所属し、戦績によって昇降級する制度です。すべてのクラスで対戦した経験から、私はA級とC級2組の差は紙一重だとわかりました。そもそも、プロの棋士たちは天才の集団。誰がいつ勝ってもおかしくはないのです。逆もまた然り。トップの人間が落ちていくことも稀ではありません。つまり、いつでも下剋上できる可能性があるのです。


堀江裕介

(最初に手がけたデリバリー事業の失敗は)競合を見誤ったことですね。本当に戦うべき相手は同業他社などではなく、コンビニエンスストアだったのです。サービス開始当初は、注文の密度を上げるために渋谷エリアに絞って営業していたのですが、数分も歩けばすぐにコンビニエンスストアに出くわすような環境では、利用者にとって配送料500円は非常に重い。海外とは前提条件がまったく違っていたわけです。強いていうなら、配送料を上回る便利さを提供できなかったことが敗因でした。


奥村隆一

抱えている問題や悩みの根本的な原因を探って解決策を考えたい時は、ノートを使った思考の整理術が有効。問題をシンプルな図にまとめるのがポイントで、中でも矢印を使って簡単に因果関係をまとめられる「フロー図」がオススメです。


横山信弘

会議は、必ず前回の振り返りから始めること。前回決めた目標と行動計画から話し始めることで「そもそも、何のために集まったのか?」といった会議迷子を防ぐことができます。基本、会議はやらないに越したことはありません。ただ、どうしてもやる必要がある場合は意味があるものにする。これを心がけてください。


中本晃

競合がひしめく海外でどのように勝つのか。そのポイントは、1番にその市場に進出することです。最初に行けば、メーカーの名前も覚えてもらえます。