名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉井雄一の名言

twitter Facebook はてブ

吉井雄一のプロフィール

吉井雄一、よしい・ゆういち。日本の経営者。「巴里屋」社長。カフェ&デリ「PARIYA」、ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」、コンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX」などを展開。

吉井雄一の名言 一覧

お客さんを馬鹿にしちゃいけない。お客さんのセンスの方が進んでいるんです。まして今のような時代、店の規模は違えど、お客さんはみんな、本物しか選ばなくなってくると思います。


今はネットでも何でも買える時代です。だからこそ、「ここに来て」買うことに意味がある。どういうスタッフがいて、どういう空気感で、どういうものが目に飛び込んでくるかというのがすごく重要なんです。


やたらめったら何でも波に乗って買っていくような時代は終わって、何を買うべきか、一人ひとりが見極めている。だから本物じゃないと生き残れない。


消費者の目線を常に大事にして、自分がいいと思うものなら、お客様も受け入れてくれるだろう。


ファッションって、ある意味“上っ面”なビジネスなんですよ。だからこそ、そこに100%のスピリッツを注ぎ込まない限り、本当に薄っぺらなものになる。


もちろん、お金があるに越したことはない。お金があることで余力もできるし、思ったことを実現するために具体的なプランが立てられる。お金を持っているということは、すごく大事なんです。でもそれは、裏を返せばその程度のことでしかない。


今のような時代に、一番先にダメになっていく人たちというのは、薄っぺらい偽者。愛情を込めずに、上っ面でビジネスをやっている人。ただお金儲けのためだけに何かを利用しようとしているとか、流行っているものしか見ないような人。


ある日、仕事を終えたスタッフが、駅へ向かう途中に歩きたばこをしていたんですね。見つけてダッシュで叱りに行きました。お客さんとすれ違う可能性だってあるんだから、がっかりさせてはダメだよ、と。


すごく大事なのは、日々何を思っているかということ。毎日お客さんに対応していく中で、小さなことでもお客さんを喜ばせられるよう、思い続けていく。その積み重ねが一人ひとりに届いているんだと思います。


人は、払った金額から想像されるものにプラスアルファの喜びがあると、満足を感じるんです。だから、900円のランチでも、それ以上の満足を提供する。それが消費者目線で“いい”と感じられること。


母親の教育で、子供の頃からいろいろな経験をさせられたというのはあります。例えば、最高級のうなぎを食べさせられた直後に、スーパーで売られているうなぎを食べさせられ、違いを実感させる。そのうえで、「ちゃんと温かいご飯にのせて、みんなで楽しく食べれば、十分おいしいでしょ?」と母は言うんですね。モノ自体の質は大切だけど、それがすべてではない、という具合に。


何か事業を始めたいとか、お店をやりたいって、多くの人が思うでしょうけれど、それを続けていくのは、簡単なことではないんです。強い信念を抱き続けるというのは、すごく消耗するし、疲労することでもある。1年間だけ頑張れと言われたら誰でも頑張ると思うんですよ。でも、それを一生やれるかどうかですね。


吉井雄一の経歴・略歴

吉井雄一、よしい・ゆういち。日本の経営者。「巴里屋」社長。カフェ&デリ「PARIYA」、ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」、コンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX」などを展開。

他の記事も読んでみる

寺澤芳男

自己顕示欲の強い、目立ちたがり屋になれと言っているんじゃないのです。そうじゃなくて、本当に本当に最後の大事なことは自分で決めなきゃいけない。自分の価値観じゃなきゃいけない。何が自分にとって一番大切なのかということを常に持っていなければいけない。


吉越浩一郎

優れたリーダーになるには、早い段階から上に立つ仕事をしなければいけない。私は、係長には課長の仕事をさせ、課長には部長の仕事をさせるべきだと考えている。能力がある人を出世させるのではなく、出世させることで人の能力を上げていくのだ。少々無理なように見えてもどんどん難易度の高い仕事を任せて人を育てていくべきで、日本はこうした状態になっていないから、上司の目を気にして「報連相」に依存したまま、自立した「個」にならないのである。


近田哲昌

直属の上司と部下の距離感が近いのは当然ですが、さらに上の上司(上級上司)とも気軽に話せる距離感であることも、熱狂するチームづくりのポイントではないかと思っています。


ジョセフ・ウィルソン

どんな会社のどんな製品であっても、永遠に成功し続けることはない。


松井忠三

当社のマニュアルの各項目の最初には、「何のためにその作業を行うのか」、作業の意味・目的が書かれています。つまり、「何を実現するか」という仕事の軸を持つためのものなのです。作業の意味を理解すれば、問題点や改善点も発見できるようになります。そして問題の本質がどこにあるのかを考えることにつながるのです。


津田全泰

成功した楽天市場では、システムを内製していましたが、楽天トラベルは外注だったんです。それだけに、失敗したときのコストも大きかったのです。起業しても、コストさえかけなければ、大やけどはしないことを学びました。
【覚書き|楽天トラベル立上げに参加し、当初失敗した原因について語った言葉】


小川仁志

楽観的になるとは、怒りや絶望から生まれた緊張状態の「結び目」を解くことにほかならない。その方法の一つが微笑むこと。


真山仁

まずはもう一度、組織の中での武器ではなく、一人の人間として天寿を全うする上で自分の武器は何だろうかと見つめ直すこと。現実を直視して、積み重ねてきた経験の中で何をプライドとして持って生きればいいのかを見つけ出すこと。


槍田松瑩

会社の中でミドルは、現場の最前線を統率しつつ次代を支えていく若い人たちを指導・育成する非常に重い役割を担っています。それだけに、次世代を支えていく人たちをよく指導・育成しているかどうか、会社として強い関心を持って目配りしています。


大坪勇二

売れている営業マンを見ているうちに、「できる・できない」の差は、ただ単に行動量が多いか、少ないかの差であることに気づいた。


橋本真由美

ブックオフ1号店のオープニングスタッフ募集に応募したのが、私とブックオフとの最初の出会いです。「誰でもできる」「働ける時間帯だけでいい」という条件が主婦の私には魅力的でした。当時15歳と17歳の子供がいて、子供の大学進学を考えると家計を助けるためにも、少しは働いた方がいいかなと思ったことがきっかけでした。


寺尾玄

クリエイティブとは、私は「工夫」のことだと捉えています。料理をしやすくするために、まな板の位置をちょっと変えるのも工夫、つまりクリエイティブな行為。そうした工夫の中で、世界を変えるほど大きな影響力を持ったものを「イノベーション」と呼ぶ。ただそれだけのことです。


田中良和(GREE)

いいか悪いかといわれたら、仕事なんだから早い方がいいに決まっているじゃないですか。早くやった方が、それだけ先に行けるんですから。


泉谷しげる

自分には才能があると自信を持つことも大事だけど、足りないものもあると気づくことが修業時代なのかもな。


早見和真

社会のルール、とか、みんなが共通幻想として抱いている社会通念が、毎年3万もの人を殺しているように見えるんです。3万人は自殺しているんじゃなく、よってたかって社会が、俺たちが、殺してるんじゃないか。言い換えると、そのルールや社会通念こそが、自分自身を殺すことにつながるんじゃないか。みんながこうだからとか、社会がこうだからとか、親がこうだからっていう思考法では誰も幸せになれない。自分で覚悟を決めて、自分で責任を取って、自分の頭で考えて選び取っていこうってことを、僕はどの小説でも書いてるつもりなんです。