名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉井雄一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉井雄一のプロフィール

吉井雄一、よしい・ゆういち。日本の経営者。「巴里屋」社長。カフェ&デリ「PARIYA」、ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」、コンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX」などを展開。

吉井雄一の名言 一覧

お客さんを馬鹿にしちゃいけない。お客さんのセンスの方が進んでいるんです。まして今のような時代、店の規模は違えど、お客さんはみんな、本物しか選ばなくなってくると思います。


今はネットでも何でも買える時代です。だからこそ、「ここに来て」買うことに意味がある。どういうスタッフがいて、どういう空気感で、どういうものが目に飛び込んでくるかというのがすごく重要なんです。


やたらめったら何でも波に乗って買っていくような時代は終わって、何を買うべきか、一人ひとりが見極めている。だから本物じゃないと生き残れない。


消費者の目線を常に大事にして、自分がいいと思うものなら、お客様も受け入れてくれるだろう。


ファッションって、ある意味“上っ面”なビジネスなんですよ。だからこそ、そこに100%のスピリッツを注ぎ込まない限り、本当に薄っぺらなものになる。


もちろん、お金があるに越したことはない。お金があることで余力もできるし、思ったことを実現するために具体的なプランが立てられる。お金を持っているということは、すごく大事なんです。でもそれは、裏を返せばその程度のことでしかない。


今のような時代に、一番先にダメになっていく人たちというのは、薄っぺらい偽者。愛情を込めずに、上っ面でビジネスをやっている人。ただお金儲けのためだけに何かを利用しようとしているとか、流行っているものしか見ないような人。


ある日、仕事を終えたスタッフが、駅へ向かう途中に歩きたばこをしていたんですね。見つけてダッシュで叱りに行きました。お客さんとすれ違う可能性だってあるんだから、がっかりさせてはダメだよ、と。


すごく大事なのは、日々何を思っているかということ。毎日お客さんに対応していく中で、小さなことでもお客さんを喜ばせられるよう、思い続けていく。その積み重ねが一人ひとりに届いているんだと思います。


人は、払った金額から想像されるものにプラスアルファの喜びがあると、満足を感じるんです。だから、900円のランチでも、それ以上の満足を提供する。それが消費者目線で“いい”と感じられること。


母親の教育で、子供の頃からいろいろな経験をさせられたというのはあります。例えば、最高級のうなぎを食べさせられた直後に、スーパーで売られているうなぎを食べさせられ、違いを実感させる。そのうえで、「ちゃんと温かいご飯にのせて、みんなで楽しく食べれば、十分おいしいでしょ?」と母は言うんですね。モノ自体の質は大切だけど、それがすべてではない、という具合に。


何か事業を始めたいとか、お店をやりたいって、多くの人が思うでしょうけれど、それを続けていくのは、簡単なことではないんです。強い信念を抱き続けるというのは、すごく消耗するし、疲労することでもある。1年間だけ頑張れと言われたら誰でも頑張ると思うんですよ。でも、それを一生やれるかどうかですね。


吉井雄一の経歴・略歴

吉井雄一、よしい・ゆういち。日本の経営者。「巴里屋」社長。カフェ&デリ「PARIYA」、ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」、コンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX」などを展開。

他の記事も読んでみる

谷井昭雄

人生をポジティブにとらえるか、ネガティブにとらえるかで、その結果は大きく変わってくる。


ヘレン・フォン・ライス

自分の思い込みではなく、他者の声や市場の実情に耳を傾けないといけない。


朝原宣治

我々アスリートは通常、順位やタイムといった結果を出すことを日的に練習します。しかし、加齢は体力や競技レベルを低下させ、結果につながりにくくさせる。結果が出なくなると、自分の存在価値まで下がったような気になるんです。それはアスリートにとって非常に辛いことです。そこで私は35歳の時、大阪で開催される世界陸上競技選手権に向け、「自分の価値を上げること」を目的にし、「順位やタイムを上げること」を、目的を達成するための手段だと考えるようにしました。すると気力は高まり、順位やタイムに縛られすぎずに、やるべき練習に集中できました。


渡辺實(経営者)

業界よりも厳しい伊藤園独自の基準を作っていきましたので、一部から反対の声も出たことがありました。それに対し私は株式を公開して株主様が入る部分については分かりやすい基準でやらないと意味がない。会社で働いている人間も社外の人間も共通して分かるような物差しが必要だと主張すると、上司も会社も何も言いませんでした。


小笹芳央

極端な考え方をすることで、物事の本質が見えてくることがある。最適解は極論と極論の間にあることが多い。


姜尚中

20代最後の年、旧西ドイツに留学したことで、世界の見方が変わりました。見方が変わるということは、自分が変わるということ。ですから、この留学が私の人生のターニング・ポイントだったと言えるでしょう。


大倉忠司

「やらないこと」を明確にして、その分、「やるべきこと」に心血を注ぐ。このメリハリをしっかりとつけることが、強い事業を作る最短ルート。


北沢敬二郎

とにかくいったん入社した以上、十年間は辛抱する覚悟が必要だ。十年経ってもうだつがあがらないなら、不当な扱いをされているか、無能力のどちらかだ。前者なら潔く住友を去ればよし、後者なら会社には迷惑だろうがそのまま置いてもらうほかない。
【覚書き|住友本社の新入社員時代、東京帝国大学を出たのに帳簿付けをやらされ続けていることに対して同期の仲間が「辞めてやる」と言い出したことに対する返答】


近藤誠一

絶えざるレビューをしなければ、自由や民主主義のよい点は活かされない。楽なことではありませんが、考え続けるしかない。考えないと一つの方向に流されてしまいます。それは大変危険なこと。


島田安浩

自分はこのまま営業の仕事を続けるべきか悩んだ。ただし、できないまま辞めたら逃げたことになる。せめて人並みになってから辞めてやろうと。


新貝康司

「ウォール・ストリート・ジャーナル」や「フィナンシャル・タイムズ」などを継続的に読んでいると、繰り返し出てくる表現や単語があるのがわかってきます。そういうものも片っ端から暗記して、会話に使うようにしていました。それによって表現力の幅が広がったのは間違いありません。


中島孝志

これからのビジネスマンに求められるのは、自分にしかできないという得意技、スペシャリストとしての能力。ひと通り業務がこなせるだけの人材は結局取り替えのきく人材です。会社としてはより人件費の安い方に切り替えるのが当たり前の時代、いつリストラ要因になってもおかしくない。