吉井雄一の名言

吉井雄一のプロフィール

吉井雄一、よしい・ゆういち。日本の経営者。「巴里屋」社長。カフェ&デリ「PARIYA」、ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」、コンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX」などを展開。

吉井雄一の名言 一覧

お客さんを馬鹿にしちゃいけない。お客さんのセンスの方が進んでいるんです。まして今のような時代、店の規模は違えど、お客さんはみんな、本物しか選ばなくなってくると思います。


今はネットでも何でも買える時代です。だからこそ、「ここに来て」買うことに意味がある。どういうスタッフがいて、どういう空気感で、どういうものが目に飛び込んでくるかというのがすごく重要なんです。


やたらめったら何でも波に乗って買っていくような時代は終わって、何を買うべきか、一人ひとりが見極めている。だから本物じゃないと生き残れない。


消費者の目線を常に大事にして、自分がいいと思うものなら、お客様も受け入れてくれるだろう。


ファッションって、ある意味“上っ面”なビジネスなんですよ。だからこそ、そこに100%のスピリッツを注ぎ込まない限り、本当に薄っぺらなものになる。


もちろん、お金があるに越したことはない。お金があることで余力もできるし、思ったことを実現するために具体的なプランが立てられる。お金を持っているということは、すごく大事なんです。でもそれは、裏を返せばその程度のことでしかない。


今のような時代に、一番先にダメになっていく人たちというのは、薄っぺらい偽者。愛情を込めずに、上っ面でビジネスをやっている人。ただお金儲けのためだけに何かを利用しようとしているとか、流行っているものしか見ないような人。


ある日、仕事を終えたスタッフが、駅へ向かう途中に歩きたばこをしていたんですね。見つけてダッシュで叱りに行きました。お客さんとすれ違う可能性だってあるんだから、がっかりさせてはダメだよ、と。


すごく大事なのは、日々何を思っているかということ。毎日お客さんに対応していく中で、小さなことでもお客さんを喜ばせられるよう、思い続けていく。その積み重ねが一人ひとりに届いているんだと思います。


人は、払った金額から想像されるものにプラスアルファの喜びがあると、満足を感じるんです。だから、900円のランチでも、それ以上の満足を提供する。それが消費者目線で“いい”と感じられること。


母親の教育で、子供の頃からいろいろな経験をさせられたというのはあります。例えば、最高級のうなぎを食べさせられた直後に、スーパーで売られているうなぎを食べさせられ、違いを実感させる。そのうえで、「ちゃんと温かいご飯にのせて、みんなで楽しく食べれば、十分おいしいでしょ?」と母は言うんですね。モノ自体の質は大切だけど、それがすべてではない、という具合に。


何か事業を始めたいとか、お店をやりたいって、多くの人が思うでしょうけれど、それを続けていくのは、簡単なことではないんです。強い信念を抱き続けるというのは、すごく消耗するし、疲労することでもある。1年間だけ頑張れと言われたら誰でも頑張ると思うんですよ。でも、それを一生やれるかどうかですね。


吉井雄一の経歴・略歴

吉井雄一、よしい・ゆういち。日本の経営者。「巴里屋」社長。カフェ&デリ「PARIYA」、ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」、コンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX」などを展開。

他の記事も読んでみる


大喜多寛

アウディは目に見えない部分にもお金をかけて徹底してこだわります。そんなエンジニアの魂を感じてもらえるのは本当に嬉しいですね。


高野孝之

指針としたのは「限界に挑戦する!」という言葉。実際、1日126件の飛び込み営業など、限界に挑戦することで、知識が体系化され、営業の本質や効率的なやり方が見えてきました。


桐山一憲

大きなものになびいていくのは人間の習性であるから、仕方がないのかもしれない。しかしそこで1つ、2つと思い切ったアクションを取れるようになった人は、優秀なリーダーへの道をたどり始めたと言えるだろう。


南原竜樹

再起なんて絶対無理だというのが大方の見方でした。なかには、処分できるものをさっさと現金化して、海外にトンズラしてしまえばいいと言う人もいましたよ。僕自身、倒産や自己破産も考えましたが、結果的にはきちんと借金を返済して再起を図るという道を選びました。今考えると、根拠のない過剰な自信に満ちあふれていたとしか思えませんが、再起のためには銀行の債務から逃げ出すわけにはいかなかったのです。


里岡美津奈

サービスは一期一会、同じ場面は二度とありません。その場その場のベストを探っていく、一回ごとの勝負なのです。


江崎利一

先行者の失敗は不可能を物語っているのだろうか。いや、むしろ限られた可能性があって、それを発見し、徹底的に研究していけば間違いあるまい。彼らはなぜ失敗したのか。私はその辺をよく考えた。
【覚書き|大阪から東京へ進出した業者7社がすべて失敗したということを聞いたときを振り返っての発言】


中原圭介

年利7%の金融商品に投資しても、倍にするのには10年かかります。ところが自分に投資しスキルを高めれば、年収をいまの20%、うまくいけば2倍以上、上げることも可能です。自己投資は投資効率が抜群に良いうえ、仕事が途絶えるリスクも減ります。


ページの先頭へ