名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉井信隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉井信隆のプロフィール

吉井信隆、よしい・のぶたか。日本の経営者。「インターウォーズ」社長。新潟県出身。リクルートに入社。新宿支社長、首都圏営業部長、新規事業開発部長などを経てインターウォーズを設立。著書に『「新規事業」はどうすれば育つのか』。

吉井信隆の名言 一覧

企業内起業も経験豊富な社外役員や顧問、アドバイザリーがいると成功する確率が高くなる。


米びつに米があるうちに次世代の成長エンジンを作っていきたいと考える企業も多く、企業内起業の動きは活発ですね。


次世代に通じるビジネスモデルや商品、サービスを作り込み、イノベーションを起こしていかなければ、企業も中長期的には生きていけない。


母体企業から切り離して当社のオフィス内でビジネスを立ち上げる「出島」方式も取り入れています。会社の中で起業を目指すと上司の意向に逆らえず、気に入られるようなプランを作ってしまい、マーケットの要望から逸脱します。ここに新規事業の落とし穴があります。そこで、会社から隔離をして我々と一緒に侃々諤々と議論を行い、知恵を出すだけじゃなく、他企業とのコラボレーションや事業提携なども一緒に構築していきます。


吉井信隆の経歴・略歴

吉井信隆、よしい・のぶたか。日本の経営者。「インターウォーズ」社長。新潟県出身。リクルートに入社。新宿支社長、首都圏営業部長、新規事業開発部長などを経てインターウォーズを設立。著書に『「新規事業」はどうすれば育つのか』。

他の記事も読んでみる

菅野智之

投手はチームからの信頼が大事。同じ失敗を二度やれば、だんだんと信頼が失われます。


内藤誼人

コミュニケーションは質より量。意味のない内容でも、たくさんコミュニケーションを取ったほうが相手は好印象を抱いてくれます。


杉山春樹(経営コンサルタント)

失敗を公にしてから、コンサルタントの仕事が増えたんです。お客さんには「成功例は世の中にいっぱいあるけど、失敗例を知ることができたから役に立った」「いくらでも失敗してもいいんだと、勇気づけられた」と言われることが増えました。


渡邊陽一

人は人との出会いによって、変わることができる。


セネカ

真の幸福は現在を楽しむことだ。希望や不安で気を散らせ、ひたすら将来に望みを託すのではなく、無欲であることで自分がすでに十分に持っているもので満足し、泰然自若として暮らすことだ。人間が神から恵まれたものは、我々の内にあり、手の届くところにある。賢者はいかなる運命であれ、おのれの運命に満足し、自分が持っていないものを乞い願わない(ルキウス・アンナエウス・セネカ、ローマ帝国時代の哲学者、政治家、詩人、ローマ皇帝ネロの家庭教師、ストア派学者)


イチロー(鈴木一朗)

野球の人気ということを考えるのならば、そこで選手たちがどういう立ち振る舞いをするかというのは大事だと思います。子供たちに対しては、勝つだけじゃなくて、カッコいいなぁと思ってもらえなければダメなんです。真摯に野球のことを考えている選手たちが集まって、それでさらに勝てれば、子供たちが野球に向いてくれるきっかけになる可能性は十分にあると思います。


アルボムッレ・スマナサーラ

人間は生身の生き物なのです。人間の尊厳に関係ない目的をつくると、心はうまく働きません。最も大事なのは生き物としての尊厳です。それを忘れるとすべてが崩れてしまう。たとえば、かたつむりは動くのがすごく遅いですが、早く動いてほしくて後ろから押したらどうなりますか?


吉川良三

一番が利益の大部分をとって、二番手はわずかなおこぼれをもらえる程度、三番手以下にいたっては利益はゼロ、と考えるのが世界標準の考え方だ。何をするにも、躊躇は許されない。走りながら考え、走りながら修正しなければならない。


児玉光雄

アイデアは絵の形でメモをとると、右脳が活性化され、さらにアイデアが浮かぶ可能性がある。


辻慎吾

現在進めている大規模な再開発プロジェクトは、いずれも森ビルらしい、森ビルにしかできない都市再生プロジェクト。これらをしっかりとやりきること。それが森ビルにとっても、東京にとっても、日本にとっても一番良いと思ってやっています。


真藤恒

世界の巨人IBMと手を組めば飲み込まれると注意してくれる人もいる。しかし、それほどの相手だからこそ21世紀につながるような大きな仕事ができるはずだ。食うか食われるかの厳しい競争こそ企業を発展させる。日本が世界の中で生きていくためには、競争を続け、企業は未来分野へ進出していかなければならない。世の中のため仕事を作るのが、私の最後の使命だとさえ思っている。


渡文明

大事にしていることは、ガッツを持つ、あるいは逆境に強くなるということ。