名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉井信隆の名言

twitter Facebook はてブ

吉井信隆のプロフィール

吉井信隆、よしい・のぶたか。日本の経営者。「インターウォーズ」社長。新潟県出身。リクルートに入社。新宿支社長、首都圏営業部長、新規事業開発部長などを経てインターウォーズを設立。著書に『「新規事業」はどうすれば育つのか』。

吉井信隆の名言 一覧

企業内起業も経験豊富な社外役員や顧問、アドバイザリーがいると成功する確率が高くなる。


米びつに米があるうちに次世代の成長エンジンを作っていきたいと考える企業も多く、企業内起業の動きは活発ですね。


次世代に通じるビジネスモデルや商品、サービスを作り込み、イノベーションを起こしていかなければ、企業も中長期的には生きていけない。


母体企業から切り離して当社のオフィス内でビジネスを立ち上げる「出島」方式も取り入れています。会社の中で起業を目指すと上司の意向に逆らえず、気に入られるようなプランを作ってしまい、マーケットの要望から逸脱します。ここに新規事業の落とし穴があります。そこで、会社から隔離をして我々と一緒に侃々諤々と議論を行い、知恵を出すだけじゃなく、他企業とのコラボレーションや事業提携なども一緒に構築していきます。


吉井信隆の経歴・略歴

吉井信隆、よしい・のぶたか。日本の経営者。「インターウォーズ」社長。新潟県出身。リクルートに入社。新宿支社長、首都圏営業部長、新規事業開発部長などを経てインターウォーズを設立。著書に『「新規事業」はどうすれば育つのか』。

他の記事も読んでみる

長谷川嘉哉

私たちは日常生活の中で多くの人に接しますが、ほとんどの相手にはなんの感情も抱きません。つまりその人たちは、あなたの扁桃核を刺激していないということ。刺激がなければ相手を嫌いにならない半面、急に好きになることもありません。一方、「嫌い」という感情を強く抱いた相手は、あなたの扁桃核をおおいに刺激しています。ですから、刺激の種類が変化しそれが快につながるものであれば、その人を急に好きになることは十分あり得ます。いつも厳しいことばかり言う上司が、たまに優しいひと言をかけると、それだけで「本当はすごくいい人なんだ!」と思ってしまった。そんな経験はないでしょうか。これはまさに「振り子の法則」の典型的なケースです。


坂東眞理子

創造力が問われますが、そのためにも違う人種・性別・文化と触れ合う必要がある。自分と違う人に出会うのはとても大事なこと。


高田純次

他の人たちが、はっきりしたギャグや言葉で勝負しているとしたら、俺の場合はそういう言葉と言葉の間にある行間を泳いできたようなもの。それがよかったのかも。ただし、これはそうやって行間の味わいみたいなもので勝負してきたということじゃなくて、むしろはじめから「勝負を避けてきた」ということかもしれない。ネタで勝負をしてきたら、ひとつやふたつはヒットを飛ばし、もっと売れた可能性はある。でも、逆にそんな時期があったら、いまの年齢までテレビに出ていられなかったんじゃないかとも思う。まともなネタ勝負をしてこなかったのは、意外に賢い生き方だったってことにもなる。もっとも、そうやって生き残ってきたのは緻密な計算では全然なくて、単なる流れだからあんまり参考にはならないけれど。


樺島弘明

ビジネスでは結果を重視し、人生ではより良いプロセスで今後も多くの方々に喜びと感動を提供してきたい。


大屋敦

事業の繁栄は自分の力によるものではなく、国家、社会の恩恵によるものだから、報恩の精神を忘れてはならぬことなどの心得を、ことにふれ、ときに応じ、身をもって教えられた。「浮利を追うべからず」という住友の家憲なども、題目だけでは、多数の社員に浸透するはずがない。要は最高統治者の実践躬行(きゅうこう)にあると私は信じている。
【覚書き|住友財閥で仕事した当時を振り返っての発言】


鈴木敏文

彼らのやり方ではうまくいくはずないと思っていた。我々がやれば、再建できる。あの時も相当反対されたけど、自信があったから突っ走った。
【覚え書き|倒産した米国セブンイレブンを買い取ったことについて】


魚谷雅彦

「これカッコイイよね」とか「デザインが素晴らしいよね」というふうに、その商品が持っているブランド価値に共感していただく必要があります。そうやってお客様の心が動いて、「これだけの価値があるんだから、これだけのお金を払っても納得できる」と思っていただくことによって初めてモノが売れます。そこが、ブランドビジネスの妙だと私は思っています。


高橋俊介

普段から頭の中でしょっちゅうシミュレーションをしてみるといい。それを繰り返すと、想定外の出来事が起きた時の対応力が高まる。


小寺圭

私の若いころは、いわばモーレツ社員の時代で、段階的にキャリアアップをするという発想はなかったですね。そうしたことを考える暇もなく、仕事に追われる毎日で、それに応えるだけで精一杯でした。会社から要求される仕事のレベルも高く、上司も非常に厳しかった。それこそ、いまならパワハラになるようなことも日常茶飯事でした。


根津公一

他人の評価よりも、自分が食べて、美味しいか美味しくないか、その店を好きか嫌いか。好きな店にはまればいい。