吉井信隆の名言

吉井信隆のプロフィール

吉井信隆、よしい・のぶたか。日本の経営者。「インターウォーズ」社長。新潟県出身。リクルートに入社。新宿支社長、首都圏営業部長、新規事業開発部長などを経てインターウォーズを設立。著書に『「新規事業」はどうすれば育つのか』。

吉井信隆の名言 一覧

企業内起業も経験豊富な社外役員や顧問、アドバイザリーがいると成功する確率が高くなる。


米びつに米があるうちに次世代の成長エンジンを作っていきたいと考える企業も多く、企業内起業の動きは活発ですね。


次世代に通じるビジネスモデルや商品、サービスを作り込み、イノベーションを起こしていかなければ、企業も中長期的には生きていけない。


母体企業から切り離して当社のオフィス内でビジネスを立ち上げる「出島」方式も取り入れています。会社の中で起業を目指すと上司の意向に逆らえず、気に入られるようなプランを作ってしまい、マーケットの要望から逸脱します。ここに新規事業の落とし穴があります。そこで、会社から隔離をして我々と一緒に侃々諤々と議論を行い、知恵を出すだけじゃなく、他企業とのコラボレーションや事業提携なども一緒に構築していきます。


吉井信隆の経歴・略歴

吉井信隆、よしい・のぶたか。日本の経営者。「インターウォーズ」社長。新潟県出身。リクルートに入社。新宿支社長、首都圏営業部長、新規事業開発部長などを経てインターウォーズを設立。著書に『「新規事業」はどうすれば育つのか』。

他の記事も読んでみる

茂木健一郎

自分ができなくても、できる人を知っている。あるいは、誰に任せることができるか判断できる。このような能力は、管理職はもちろんのこと、一般社員でも必要な能力とまっている。


赤尾昭彦

コンビニは表看板として置いておきますが、実態としては物流や卸業務を積極化していきます。一番収益が上がるのはメーカー機能の部分です。みんながコンビニだと思っているうちに、気がついたらもうコンビニでなくなってしまっている、というのが当社の今後の姿。現在、会社は大きく戦略転換する時期に来ています。


池谷裕二

ご褒美というと、多くの人は好きなものを買ったり、おいしい食事をするなど、具体的なメリットが生まれることを想定するでしょう。しかし、それだけでなく、いったんマイナスに下がった状態を平常に回復するのも立派なご褒美になります。嫌な仕事をしなくてはならないときは、その嫌な仕事から解放される自分を強くイメージして、自分の背中を押してあげるのもひとつの方法だと思います。


浅野ヨシオ

企画を通したい、仕事につなげたいときのメールは、ギラギラさせないのが鉄則。あからさまに「企画を通してください」と書いてしまうと、相手は引きます。まずは、メールのやりとりが自然にできるような関係をつくりましょう。


サミュエル・スマイルズ

強く期待する気持ちがあれば、それだけで可能性は現実に転化する。強い願望はわれわれが何かを成し遂げるための先触れとなる。


立川談慶

日々宝探しの気持ちが大事。「コピーを取れ」って言われて、漫然とコピーを取るんじゃなくて、まず読んでみて、「ああ、今会社はこういう方向へ動いているのか」と。そこに、将来の自分につなげるべき財産が何か埋まっているかもしれない。


松下幸之助

当時(太平洋戦争時)、政府に200トンの木造船の生産計画があり、大阪府にもこれを割り当ててきた。結局、これを松下でやることになった。電器屋が船をつくるというのだからまことに妙ちきりんなものだが、それでも1日1隻を目標に半年ほどのうちに工場を建ててしまった。一心とは恐ろしいもので、町工場の古い機械をほごして持ってきたような設備でも、夢中になってやっているうちに6日に1隻ずつできるようになり、終戦までに56隻を水に浮かべた。


渡瀬謙

営業のときに重量の都合などで、実物をもち運べない場合もあるでしょう。そのようなときは、そのモノの一部分だけを見せるのも一案だと思います。私は精密機器の営業をしていたことがあります。手軽にもち運べない大きなものでしたので、その機器のコアとなる部品だけをもち歩いて、商談のときに見せていました。ただの針金のようなものだったのですが、「そこにプラスとマイナスの磁気が細かく刻んでありまして……」と説明すると、ただカタログだけを見せながら説明するのとでは、相手の興味の惹き方が違います。


大前研一

経営トップは常にアンテナを高くして、自分の会社、業界がどれだけの危機にさらされているのかを自覚して、正しい経営判断につなげていくしかない。


嶋津良智

人に生かされ、社会に生かされている感覚が持てると、貢献心が生まれてきます。


奥田健次

対人関係が苦手なら、人とあまり会わずに済む仕事を選ぶべきですし、組織であっても強引な教育を施すよりも適材適所を心がけたほうが絶対にいい。


豊田章男(モリゾウ)

実際問題、社長に就任して次から次へと試練が続き、もう必死でした。いまだってまだ必死ですよ。しかしながら、会社経営のトップに立つ者が悲壮感など見せるわけにはいきません。


森幹雄

フィロソフィー(哲学)がない人は、国籍や人種を問わずリッチにはなれない。これは世界共通のルールだと思います。


飯島勲

もし、私の執務室に、お茶の道の師匠やその道のプロがやってきたら、何を出すべきだろうか。ズバリ、水道水である。お茶の道に通じている人間に、お茶などもってのほか。お茶でなくて紅茶やコーヒーであっても、きっとその鍛えられた舌で、安物であったり、インスタントであったりすることがバレる可能性があるからだ。ミネラルウオーターも安い高い、軟水硬水があったりして煩わしい。「私は質素にやっています。だから美味しくないことがわかっていても水道水を出すことにしています」と胸を張るぐらいにして、水道水を美味しそうに飲む。このようにその道の専門家がでてきたら、競う価値観を変えることが大事だ(笑)。


安川第五郎

小さな規模で大工場を向こうに回して、何でも来いと言ったところで、大工場には勝てるものではない。この工場として何を作るのが一番適しているのか、またそれが将来性があるかと品目を定め、その方に一路力を注ぎ、他の雑多な方面はいっぺんに整理すべきだと考えたのである。


ページの先頭へ