吉井信隆の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉井信隆のプロフィール

吉井信隆、よしい・のぶたか。日本の経営者。「インターウォーズ」社長。新潟県出身。リクルートに入社。新宿支社長、首都圏営業部長、新規事業開発部長などを経てインターウォーズを設立。著書に『「新規事業」はどうすれば育つのか』。


吉井信隆の名言 一覧

1 / 11

企業内起業も経験豊富な社外役員や顧問、アドバイザリーがいると成功する確率が高くなる。


米びつに米があるうちに次世代の成長エンジンを作っていきたいと考える企業も多く、企業内起業の動きは活発ですね。


次世代に通じるビジネスモデルや商品、サービスを作り込み、イノベーションを起こしていかなければ、企業も中長期的には生きていけない。


母体企業から切り離して当社のオフィス内でビジネスを立ち上げる「出島」方式も取り入れています。会社の中で起業を目指すと上司の意向に逆らえず、気に入られるようなプランを作ってしまい、マーケットの要望から逸脱します。ここに新規事業の落とし穴があります。そこで、会社から隔離をして我々と一緒に侃々諤々と議論を行い、知恵を出すだけじゃなく、他企業とのコラボレーションや事業提携なども一緒に構築していきます。


吉井信隆の経歴・略歴

吉井信隆、よしい・のぶたか。日本の経営者。「インターウォーズ」社長。新潟県出身。リクルートに入社。新宿支社長、首都圏営業部長、新規事業開発部長などを経てインターウォーズを設立。著書に『「新規事業」はどうすれば育つのか』。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ