合田耕平の名言

合田耕平のプロフィール

合田耕平、ごうだ・こうへい。日本の経営者。長谷工コーポレーション社長。長谷工創業家出身者。

合田耕平の名言 一覧

私のモットーは知行合一。自分でやってみてなるほどと納得できればおのずと熱も入る。自分でやってみないと事業の先は読めません。物事を理路整然と分析したり説明したりする経営者がいますが、私は体で感じないと迫力が出てこないほうです。


合田耕平の経歴・略歴

合田耕平、ごうだ・こうへい。日本の経営者。長谷工コーポレーション社長。長谷工創業家出身者。

他の記事も読んでみる

菅原洋平

生体リズムを立て直すポイントは、「起床時間をそろえる」ということです。残業や飲み会で就寝が遅くなってしまっても、なるべく起きる時間はそろえて、朝、光を浴びるようにします。睡眠時間が足りないぶんは、翌日、少し早めに寝るようにします。毎日の睡眠時間を記録しておけば、そうした調整がしやすくなります。


本郷和人

秀吉がかわいがられた理由は、持ち前の「人たらし」であったことに加えて、「人よりも一歩先に出る」「誰よりもうまくやる」ことを貫いたからだと言える。


森田直行(経営者)

経理は会社の財産を守るのが仕事。


ハヤカワ五味

高校生のころ、自分が着たいと思えるようなデザインのタイツがなかったんです。それなら自分で好きな柄を入れようと思って、カラースプレーを吹きつけてオリジナルのタイツをつくりました。それを予備校にはいていったら、友達から「いいね、私も欲しい」とお願いされてつくるように。それがブランドをつくった最初のきっかけです。リアルな友達だけじゃなく、ブログの読者も「欲しい」と言ってくださって、ネットを通して通販も始めました。


織畠潤一

組織は小さくても構わない。それよりも、最先端を走っていること。突き抜けようとしていること。それが大事。


コシノジュンコ

「JUNKO KOSHINO」というブランドは、常に面白がってつくりあげてきました。でも、このブランドは、私一代限りのものだと考えています。ファッションブランドの中には、デザイナーを変えて継続しているものもありますが、私がつくりあげた。「JUNKO KOSHINO」というブランドで、私を超えることはできません。それよりも、私のブランドとは違うことで超えてもらいたい。若い人たちには、そちらに期待しています。


伊藤邦雄

アメリカの企業もそうですが、世界のグローバルカンパニーってもう新興国に早く出てますよ。ある種の危機というか、アメリカ国内でもう成長の余力はないんだというある種の危機に直面して、早くから新興国に出ている。


金杉恭三

社員に「脳の筋トレをしろ」と言っています。難題にチャレンジして、悩み苦しみ、時には失敗する。その痛みが脳を強くし人を成長させます。これは筋肉を作る理屈と同じです。もちろんアウトプットで失敗すればお客様にご迷惑をかけるので避けるべきですが、そこに至るまではアグレッシブに挑むべきです。


藤原和博

レアな人材になって付加価値を高めるには、まずいまの仕事で100人に1人の人材にならなくてはいけない。100分の1と聞いて腰が引けるかもしれないが、実はそれほど難しくない。マルコム・グラッドウェルは『天才! 成功する人々の法則』で、さまざま実例をあげながら、どんな人もある分野について1万時間練習すれば、その道のマスターになれることを示した。1万時間は、1日8時間、年間200日働いたとして約6年。営業でも、経理でもいい。多少の個人差があるかもしれないが、その仕事を少なくても10年真面目にやれば、誰でも自ずと100人に1人のレベルに達するのである。


石田純一

必要以上に自分を責めることもない。仕事はないけど、時間はあるのでチャンスだと思って(笑)、次の飛躍をイメージしながら自分を磨くことにしました。小説を読んだり、美術館に行ったり、毎日ランニングをしたり。


樋口泰行

私の座右の銘は「解決しない問題はない」です。


飯野修一(経営者)

流通コストやブランドロイヤリティーなどを極力カットすることで、オーダーカーテンを1万円でつくることは可能なんです。それに従来、カーテンは高級だから、一度購入するとなかなか買い換えませんが、この価格だとインテリア感覚で季節ごとに交換もできるので、リピーターの獲得にもつながります。


柳沢正史

「寝る間を削って働く」と言えば聞こえはいいが、そういうやり方では単純作業しかこなせない。創造的な仕事をするなら、睡眠を軽視してはいけない。


ジェイ・エイブラハム

若いころ、特に夢中で仕事をしているときは、自分が何を学ぶ機会に直面しているかに気がつかないものですね。


伊藤雅俊(味の素)

「いける」と確信したら成果を出すまで粘っこく続けることが私の仕事スタイル。


ページの先頭へ