名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

司馬遼太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

司馬遼太郎のプロフィール

司馬遼太郎、しば・りょうたろう。日本の小説家、評論家。大阪出身。大阪外国語学校(のちの大阪外国語大学)蒙古語学科卒業。新世界新聞社、新日本新聞社、産経新聞社で記者として働く。産経新聞で文化部長、出版局次長などを務めた。仕事をしながら創作活動を行い、『ペルシャの幻術師』で講談倶楽部賞を受賞。その後、『梟の城』で直木賞を受賞し、専業作家になる。歴史小説を中心に多くの名作を書いた。

司馬遼太郎の名言 一覧

イデオロギーというものは宗教と同様それ自体が虚構であることを思わねばならない。虚構はその虚構に人が酩酊するときしか実在しない。


司馬遼太郎の経歴・略歴

司馬遼太郎、しば・りょうたろう。日本の小説家、評論家。大阪出身。大阪外国語学校(のちの大阪外国語大学)蒙古語学科卒業。新世界新聞社、新日本新聞社、産経新聞社で記者として働く。産経新聞で文化部長、出版局次長などを務めた。仕事をしながら創作活動を行い、『ペルシャの幻術師』で講談倶楽部賞を受賞。その後、『梟の城』で直木賞を受賞し、専業作家になる。歴史小説を中心に多くの名作を書いた。

他の記事も読んでみる

松橋良紀

雑談では「お勧めの本」を聞くのもいいでしょう。好きな本には相手の考え方が表われるものです。さらにすぐにその本を購入して感想を伝えれば、確実に好意を持ってくれます。


立石豊

制度はただつくるだけでは無意味。それを、どう効果あるものにするかを考えるのが重要。


古川武士

「しないこと」を決められない人は、タスクを大きな塊として漠然と捉える傾向があります。その結果、目の前の作業に片っ端から手をつける、という仕事の仕方になるのです。その癖を改めるには、構成要素をできるだけ細分化して書き出しましょう。そのうえでタスクの重要性を判別していきます。


エマニュエル・プラット

マーケットごとの特色を把握して、それに合った店づくりをすることが大切です。


橘玲

働く側も「覚悟と選択」をしなければならない。昇進や出世を目指すのではなく、スペシャリストとして現場の第一線で働き続けるという選択もあるでしょう。培った技術や知識、人脈が豊富で、会社の中でこれをやらせれば右に出る者はいないとか、この分野に関しては一番詳しいなどです。


浜田宏

お客様はそれぞれ異なる人生を歩んでいます。我々も多様な人材をそろえないと、お客様ひとりひとりのニーズに合ったサービスを提供することができない。


宗次徳二

最初は理屈でなく行動である。あれこれ考えるのではなく、まずやってみる。一歩を踏み出せば答えが出る。たいていは意に反した厳しい答えですが、それはまた後に活かすこともできる。


鍵山秀三郎

各種のセミナーで、「会社は利益をあげないと一人前ではない。まず一億円以上の利益をあげないと一流の経営者としての資格などない」と言われる。私の知人のある経営者はその言葉を信じて、一億円の利益をあげるまでにがんばった。ところが目標が達成されたからいい会社になったかというと、決してそうではありませんでした。社員それぞれが勝手なことを言い出して、社風が悪くなった。おりしもバブルが崩壊し始めて、売上が下がっていく。彼は真っ青になりました。私が彼と出会ったのはそんな状態のときでした。私は売上よりも大切なものがあると諭しました。その後、彼が私の助言で経営のやり方を変えたところ、会社がよくなったのです。今は売上がピーク時から比べると4割減、半分になることすらあります。ところが自己資本比率は90%、キャッシュフローは300%という強い経営体質の会社になりました。ですから知人は、もしあのとき、あのまましゃにむに売上、利益に固執していたら、会社はなくなっていたと思うと述懐していました。目に見える、数値で示されるものだけを追い求めていくと、結局行き詰まるのです。


安藤美冬

独立後、半年目にようやく手にした収入が4万円。会社に守られた生活から抜け出したら、これかって。でも仕事をくださいとは言えない。どうしたら自分らしい働き方ができるか試行錯誤しました。転機になったのはソーシャルメディアです。ツイッターやブログを使って自分をアピールする方法を研究しました。そして、強みやビジョンを書くうちに「会いたい」「一緒に仕事がしたい」と連絡がくるように。書籍のPRや有料メルマガの企画から、丸の内朝大学での講師など依頼が舞い込むようになりました。迷ったら危険な道を選べ――。私の場合は正解でした。


西多昌規

仕事を少しやり残すことには、仕事の質を高める効果もあります。仕事を完全に仕上げずに切り上げれば、「少し残っている」という適度な不安が残ります。大きな不安は心をむしばむ恐れがありますが、小さな不安は頭の片隅に仕事のことを残して、アイデアを醸成してくれます。


新将命

今、世界を覆っている潮流はグローバル化と多様化であり、同じ会社の中で宗教や価値観の異なる人々が働いています。日常業務には多様なやり方があってかまいませんが、根源となる理念は全員が一つの方向を向かなければなりません。皆の心を一つに束ねる企業理念があると、組織に求心力が働きます。


松坂晃太郎

チームを構成する個々人の能力の高さよりも、チームワークや助け合いの精神といったものが、仕事の面でも大事。