名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

司馬遼太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

司馬遼太郎のプロフィール

司馬遼太郎、しば・りょうたろう。日本の小説家、評論家。大阪出身。大阪外国語学校(のちの大阪外国語大学)蒙古語学科卒業。新世界新聞社、新日本新聞社、産経新聞社で記者として働く。産経新聞で文化部長、出版局次長などを務めた。仕事をしながら創作活動を行い、『ペルシャの幻術師』で講談倶楽部賞を受賞。その後、『梟の城』で直木賞を受賞し、専業作家になる。歴史小説を中心に多くの名作を書いた。

司馬遼太郎の名言 一覧

イデオロギーというものは宗教と同様それ自体が虚構であることを思わねばならない。虚構はその虚構に人が酩酊するときしか実在しない。


司馬遼太郎の経歴・略歴

司馬遼太郎、しば・りょうたろう。日本の小説家、評論家。大阪出身。大阪外国語学校(のちの大阪外国語大学)蒙古語学科卒業。新世界新聞社、新日本新聞社、産経新聞社で記者として働く。産経新聞で文化部長、出版局次長などを務めた。仕事をしながら創作活動を行い、『ペルシャの幻術師』で講談倶楽部賞を受賞。その後、『梟の城』で直木賞を受賞し、専業作家になる。歴史小説を中心に多くの名作を書いた。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

これだけ成熟した市場になれば、もっと「サービスを通じてモノを売る」ということを考える必要があります。誤解されがちですが、サービス業はモノを売っているんです。介護とか医療とか、サービスそのものの付加価値だけじゃありません。介護だって施設を作るなら専用の器具がいるし、運営には介護用品がいるし、食品だって必要です。自動車にしたって、現場には販売する人もメンテナンスする人もいます。サービスの競争力を高められれば、それを入り口にモノを売って、収益力も確保することが可能です。


村上アシシ

お金は所詮、お金。自分の身体が動く若いうちにいろんな経験をしたほうが絶対に意義がある。よくバイタリティがあるね、と言われますけど、私からするとみんなもやればいいのにと思ってしまう。自分の場合は、サッカー観戦に勝るものはないので、サッカー観戦を選んでいますけど、それは他の趣味でも何でもいい。自分が好きなことをとことん追求する人生のほうが絶対楽しくないですか?


飯野謙次

「ダブルチェック」の際も一工夫を。複数の人間が同じ方法でチェックしても、同じ箇所を見落とす可能性大。見る人ごとにやり方を変えてこそ、二人で確認する意味があるのです。


磯崎功典

私が心がけているのは、イージーコースとハードコースがあれば、必ずハードコースを選ぶこと。自らを苦しめて、自分を鍛えるという任に堪える人であってほしい。


佐藤一彦(不動産投資家)

不動産投資を始めた当時、青森の部隊に所属していましたから、なかなか実際に東京の物件を見に行くことはできません。そこで他の人が休みたい時に働くことで、休みの希望を通りやすくした上で、夜行バスで上京、埼玉に住む妻の親の車を借りて車中泊をするなどして物件を見て回るという生活を3年続けました。


吉沢康弘(吉澤康弘)

フェイスブックで友達になると出てくる共通の友達リストを見れば、お互いの仕事領域や人脈がわかります。私の感覚だと大体40~50人くらいは共通の友達が出てくるのですが、それを大きく下回る人は、かなりビジネス領域が違う人か、なんらかの理由があってSNSでつながりをつくることを拒否している人なんだろうと判断します。また、本当に信用した人しか友達登録しないという人もいるので、そういう人が共通の友達に入っていると信用できるなと思ったりします。


押井守

絶対に勝負を諦めてはいけない。ただし、常勝を狙うのは禁物だ。勝負をしなければ勝つことはできないが、必ず勝とう、絶対に失敗しないようにしようと意気込んだら、緊張感や気負いや、そんな余計なものを背負い込んで結果的に負けてしまう。


石渡美奈

人に認めてもらいたい、褒めてもらいたいという承認欲求は誰にでもあるものだ。自分の仕事を高く評価してもらえるとやっぱりうれしいし、次の仕事への活力となる。だから、成果を出した部下を褒めることは、上司にとって重要になる。


村上アシシ

サラリーマンの方は、会社をリストラされたら全てを失ってしまいますよね? そうなってからでは大変です。40代以降の転職市場が大変なのは百も承知ですが、これからは100歳まで生きることを前提に人生を描く必要があります。その前提なら40代なんてまだまだ若い。とはいえ、いきなり辞めるのが怖い人はまずはサラリーマンの椅子を確保しながら副業をやってみるのをおすすめします。とにかく収入源を複数確保するのが重要だと思います。


山本隆章(経営者)

ハードやソフトの価格が下がり、誰でも容易にITを導入できるようになりました。お客様が既存の業務を単純にIT化するだけでは、競合他社に対する優位性を築けなくなっています。しかし、お客様、さらには社会に潜在化している課題を見いだすことができれば、ITを活用して課題を解決することは可能です。それが、お客様の競争優位性につながるはずです。


高橋俊之

より正しい内容であっても人から言われるのを嫌がる上司には、「提案」ではなく「相談」というやり方もあります。人は頼られると嬉しくなるものです。このやり方では、あえて結論は見せません。提案したいことに上司が行き着くような判断材料を見せ、「こんな状況なんですが、どうしたらいいでしょうか」と相談します。そして「そりゃ、○○だろう」と上司自身に言ってもらいます。それはあなた自身が狙っている結論ですから、「やはりそうですよね」と反応する。「しらじらしいな」と思われるかもしれませんが、結局、目的を果たせるなら、その方法が最善ではないでしょうか。


千葉智之

やる気のアベレージを高める仕組みとしては、ちょっと先の未来に楽しいことを仕込む方法もあります。この仕事が片付いたら奮発して美味しいものを食べに行くなど、楽しい予定が先に控えていると、自然にやる気が湧いてくるものです。