名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

司馬遷の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

司馬遷のプロフィール

司馬遷、しばせん。中国前漢時代の歴史家。太初暦の制定や、通史『史記』の執筆を行った。左馮翊夏陽県竜門(のちの陝西省韓城市 芝川鎮)出身。9歳ごろから学問を始め、20歳頃から中国内を旅して回った。その後、武帝に仕え『史記』を執筆。将軍李陵を擁護したために武帝の怒りを買い投獄された。その後釈放され、役人として勤めながら『史記』を完成させた。

司馬遷の名言 一覧

自分は死を恐れない。あの事件の時、死を選ぶのは実に簡単だったが、もし死んでしまっては自分の命など九頭の牛の一本の毛の価値すらなかった。死ぬことが難しいのではない、死に対処することが難しかったのだ。死んでしまえば史記を完成させることが出来ず、仕事が途中のままで終わるのを自分はもっとも恥とした。
【覚書き|武帝の怒りを買い、宮刑(生殖器を切られ投獄させられる刑)に処せられたときを振り返っての発言】


すべて意見を述べるにあたり大切なことは、説く相手の誇りとする点を誇張して、恥とする点をすべて述べないようにする言い方を心得ることにある。相手が失策だったと気付いていることは、その過失を極言してはいけない。


司馬遷の経歴・略歴

司馬遷、しばせん。中国前漢時代の歴史家。太初暦の制定や、通史『史記』の執筆を行った。左馮翊夏陽県竜門(のちの陝西省韓城市 芝川鎮)出身。9歳ごろから学問を始め、20歳頃から中国内を旅して回った。その後、武帝に仕え『史記』を執筆。将軍李陵を擁護したために武帝の怒りを買い投獄された。その後釈放され、役人として勤めながら『史記』を完成させた。

他の記事も読んでみる

塚越寛

ビジネスマンにとって必要なのは、自分なりの軸を持つことです。いくら本を読んだり、勉強会に出ても、自分自身の軸が確立していなければ他人の意見やトレンドに流されてしまいます。


波多野陽子

FC(フランチャイズ)に加盟すれば、通常なら10年以上かかるビジネスの貴重なノウハウを手に入れることができる。要するに事業が黒字化するまでの時間をお金で買うようなものです。


木村彌一

我々もずっと合理化努力を続けてきましたので、コストを下げる余地は非常に少なくなっています。それでも合理化は続けなければなりません。節約したコストを活用して、付加価値のあるビジネスに進出するためにも。


茂手木雅樹

AIやロボット分野は、最初は赤字続きでしたが、「労働力を提供するという意味では人の手ではなくても良いのでは?」と考えて取り組んでいます。親会社であるアウトソーシングの基盤がいわゆる製造派遣なので、世界中のワーカーの部分を人の手で担っているわけですが、その製造業の人材調達のナレッジとロボット技術を融合すれば、第4次産業革命の中心になり得るのではないか、と期待しています。


加藤俊徳

30代から40代は、脳が自分らしく個性化していく時期です。その一方で、仕事に慣れ、徐々に新鮮味がなくなってくる時期でもあります。この大事な時期に、いかにいろいろな経験を積み、脳を鍛えられるかが、その後の人生を決めます。


芦田昭充

どこかで妥協案を出さないと、アライアンス(提携)なんて組めないのですが、海外の企業は全員が受け入れられるような妥協案をつくることが苦手なのです。少しでも自分が不利になるようなことを言ってしまえば、相手にやられてしまうと考えているんです。一方、日本人はものごとを調整していくのが得意です。この日本人特有のバランス感覚は、世界で商売していくうえで、非常に有用性が高いんです。


小池利和

私が米国販売会社の社長に就任した年、アルゼンチン政府がデフォルト宣言しました。米ドル建てで納品しているため、在庫品の価値は一気に4分の1に下がりました。アルゼンチン販社の社長は「早めに事業を畳んでこれ以上の損失を抑えよう」という考えでした。しかし、私は「売掛金を回収して、在庫の品を1円でも高く売れ。兵糧が絶えるまで耐えろ」と檄を飛ばした。これが奏功しました。競合するメーカーが相次いでアルゼンチンから撤退したため、同国ではプリンターや複合機などでブラザーのものしか買えなくなったのです。アルゼンチン政府が変動相場制を導入して市場の混乱が沈静化してくると、トナーなどの消耗品はある程度高くても買ってもらえるようになりました。


藤田恭嗣

私が経営から離れてもシステムが稼働し続けて、良質な本が読者に読み続けられる、そんなテクノロジーが安定して運用できる世界を作るのが夢。


安本隆晴

良い事業プランは、自分の頭で考えて、考えて、考えたその結果、絞りだすものです。最終的には、考えた総量や時間に比例するものではないでしようか。「考える」とは、対象と一体になって「相手が何を望んでいるのか」を感じることです。そうすることで何かが見えてくるのです。


安田佳生

人には集中できる時間帯があります。人生をよくするために必要なのは、とことん深く考えるこだわりの時間と、それ以外の深く考えないこだわらない時間とを、うまく同居させることです。


森永卓郎

私自身、会話の選択肢を用意していなくて失敗したことがあります。ある番組で、フィギュアスケートの世界選手権で優勝した安藤美姫選手に中継がつながりました。すると、司会者がいきなり私に、「何か質問はありますか」と振ってきた。スポーツコーナーだから出番はないだろう、と油断していた私は大慌て。とっさに思い浮かんだのが優勝候補の一人だったキム・ヨナ選手の転倒シーンだったので、思わず「ヨナ選手が転んだとき、やったと思いましたか?」と間いてしまいました。当然、テレビ局に抗議の電話が殺到。私のブログも大炎上して、抗議のメールは半年くらい続きました。このような事故を起こしてしまったのは、私がぼんやりしていたからです。頭が真っ白になるのは頭の働きが鈍いからであって、度胸とは関係ない。逆に言うと、つねに会話の選択肢を2、3用意していて、相手の反応に合わせて適切なものを選ぶ頭の良さがあれば、どんなときも冷静でいられるのです。


西川浩司

当社の富山県の工場は「工場は最大のセールスマン」という哲学の下で建設しました。それは、誰もが何度も訪れたくなるのは勿論のこと、環境やそこで働く社員達にも優しく、家族や友人にも自慢したくなる工場を創るということでした。