名言DB

9412 人 / 110637 名言

司馬遷の名言

twitter Facebook はてブ

司馬遷のプロフィール

司馬遷、しばせん。中国前漢時代の歴史家。太初暦の制定や、通史『史記』の執筆を行った。左馮翊夏陽県竜門(のちの陝西省韓城市 芝川鎮)出身。9歳ごろから学問を始め、20歳頃から中国内を旅して回った。その後、武帝に仕え『史記』を執筆。将軍李陵を擁護したために武帝の怒りを買い投獄された。その後釈放され、役人として勤めながら『史記』を完成させた。

司馬遷の名言 一覧

自分は死を恐れない。あの事件の時、死を選ぶのは実に簡単だったが、もし死んでしまっては自分の命など九頭の牛の一本の毛の価値すらなかった。死ぬことが難しいのではない、死に対処することが難しかったのだ。死んでしまえば史記を完成させることが出来ず、仕事が途中のままで終わるのを自分はもっとも恥とした。
【覚書き|武帝の怒りを買い、宮刑(生殖器を切られ投獄させられる刑)に処せられたときを振り返っての発言】


すべて意見を述べるにあたり大切なことは、説く相手の誇りとする点を誇張して、恥とする点をすべて述べないようにする言い方を心得ることにある。相手が失策だったと気付いていることは、その過失を極言してはいけない。


司馬遷の経歴・略歴

司馬遷、しばせん。中国前漢時代の歴史家。太初暦の制定や、通史『史記』の執筆を行った。左馮翊夏陽県竜門(のちの陝西省韓城市 芝川鎮)出身。9歳ごろから学問を始め、20歳頃から中国内を旅して回った。その後、武帝に仕え『史記』を執筆。将軍李陵を擁護したために武帝の怒りを買い投獄された。その後釈放され、役人として勤めながら『史記』を完成させた。

他の記事も読んでみる

谷井昭雄

持って生まれた素質がなくとも、前向きな考え方で打ち込めば、誰でも成功への道を歩むことができます。むしろ素質に目を向けるより、意欲や熱心さに目を向けるほうがいいのではないでしょうか。


江上治

ビジネスの評価は他人がするものです。よく「自分はこれだけ頑張っています」と自己評価する人がいますが、これは稼げない人の典型です。努力が認められていないと感じるから、自己主張しようとするのでしょう。まわりに厳しい上司や、口うるさい上司がいるなら、逆に彼らから徹底的に学べるチャンスと思って、素直に耳を傾けてはどうでしょうか。


岩沙弘道

我々のような一見、古典的な財を扱っているように見えるサービス業においても、イノベーションはものすごく大事なことです。東京ミッドタウンの開発にあたって、どのような街づくりをすれば、21世紀以降も常に東京を代表する魅力的な街であり続けることができるかを懸命に考えました。


出水麻衣

日常的な信頼関係を築くには、あいさつはもちろんですが、プラスアルファの言葉をかけることが大切。とっつきにくい上司でも、距離を縮めるきっかけを自分からつくりましょう。


遠藤功

一番変わらないと思っていた人が変わるのは組織改革にとって強烈です。頑張っていない人を頑張らせることは重要なことです。各部門にぶら下がっている社員を固有名詞ベースで出させる。そうした社員を何に使えばいいかを考える。全社のメッセージとして送っても響きません。経営者は、該当者に直接、「君たちが変われば会社が変わる。君たちはもっとできる」とメッセージを送ることが求められています。


渡瀬謙

自分を正確に知ることこそが、自分らしく生きることの第一歩。自分を振り返る際は、1日5分ほどでいいので、好きなことはもちろん、暗い過去や嫌な過去もすべて書き出してみるとよいでしょう。


ポール・サミュエルソン

かつての社員全員が正規雇用という姿に戻ることはあり得ません。働く側にとっても雇用形態が多様化すれば、その人の生き方にあった働き方を選択できるようにもなります。決して悪い話ではありません。


小倉広

部下を叱るとき「ここがダメ」ではなく、「こうすればもっと良くなる」という前向きな表現を。これは「ネガポジ反転」と呼ばれる手法で、やる気を損なわずに欠点解消を促す効果があります。


高橋秀明

当社のディレクター(自ら手を上げ、社内で人材を集め、新商品・サービスのプロジェクトを立ち上げた社員)たちが発案したプロジェクトの中には、間もなく新しいビジネスとして結実するものもあります。100億円程度の売上が見込めそうな新規事業もある。社員の潜在能力を引き出せば、ビジネスが生まれることを実証していきたい。


茂木啓三郎

私費を割いて公共事業に取り組め。しかし身分不相応の事をしてはならない。


吉永賢一

部下に慕われる上司というのは、何か問題が起こったときも冷静で、周囲が安心できるような包容力を備えた人です。逆にちょっとしたことで一喜一憂したり、すぐに落ち込んだり、部下を叱りつけたりする人は、尊敬されません。このような感情レベルが低い人は目先のことしか見えていない。つまり、長期的なスパンでものごとを見ることができないのです。


里見多一

今はしっかり足元を固めながらまさに不易と流行を見極める時期だと感じています。不易流行は世の常ですが、その中で新しいニーズは生まれてきます。大事なことは不易流行を感知する感性を持つことです。


安斎隆

管理職になってからは、部下の能力をいかに引き出すかをテーマに仕事をしてきました。


張本邦雄

持って生まれた性格なのか、解決できたことはみんな忘れてしまうんです。過去のトラブルはすべて解決できたからこそ、いまこうしていられるわけですから。それでいいじゃないかと。


吉田尚記

会話をつなげるためには、相手に質問していけばいいんです。「あなたにとって経営とは?」なんて難しいことを聞く必要はありません。「昨日何食べました?」など答えやすい、具体的な質問をする。何を質問していいかわからない人は時間軸に沿って聞きましょう。「こんな投資をした」という話から「その前は何を検討していたんですか?」「結果どうなったんですか?」と。