名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

司馬遷の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

司馬遷のプロフィール

司馬遷、しばせん。中国前漢時代の歴史家。太初暦の制定や、通史『史記』の執筆を行った。左馮翊夏陽県竜門(のちの陝西省韓城市 芝川鎮)出身。9歳ごろから学問を始め、20歳頃から中国内を旅して回った。その後、武帝に仕え『史記』を執筆。将軍李陵を擁護したために武帝の怒りを買い投獄された。その後釈放され、役人として勤めながら『史記』を完成させた。

司馬遷の名言 一覧

自分は死を恐れない。あの事件の時、死を選ぶのは実に簡単だったが、もし死んでしまっては自分の命など九頭の牛の一本の毛の価値すらなかった。死ぬことが難しいのではない、死に対処することが難しかったのだ。死んでしまえば史記を完成させることが出来ず、仕事が途中のままで終わるのを自分はもっとも恥とした。
【覚書き|武帝の怒りを買い、宮刑(生殖器を切られ投獄させられる刑)に処せられたときを振り返っての発言】


すべて意見を述べるにあたり大切なことは、説く相手の誇りとする点を誇張して、恥とする点をすべて述べないようにする言い方を心得ることにある。相手が失策だったと気付いていることは、その過失を極言してはいけない。


司馬遷の経歴・略歴

司馬遷、しばせん。中国前漢時代の歴史家。太初暦の制定や、通史『史記』の執筆を行った。左馮翊夏陽県竜門(のちの陝西省韓城市 芝川鎮)出身。9歳ごろから学問を始め、20歳頃から中国内を旅して回った。その後、武帝に仕え『史記』を執筆。将軍李陵を擁護したために武帝の怒りを買い投獄された。その後釈放され、役人として勤めながら『史記』を完成させた。

他の記事も読んでみる

井阪隆一

コミュニケーションで大事なことは、フェース・トゥ・フェース。直接会って話すこと。メールとは違い、直接会って顔を見て話せば、相手の反応が見えます。「こちらの話が伝わっているか」「納得しているか」すぐ分かる。真意が伝わっていなければ、具体例を挙げたり、言い方を変えたりと、あの手この手で工夫して伝えます。


宮澤栄一

小さなことに気づく、気になる日本人の特性がデバッグの仕事の武器なのです。ニートや引きこもりに情けをかけているわけではありません。雇用対策でもない。そもそも社会貢献なんて言葉は大嫌いです。ただ彼らの技術がすごいから仕事をしてもらっているのです。


小谷眞由美

1973年の設立当初は、様々な自動機の設計・製造をしていました。次第にプラスチック関連機器の受注が増え、1978年にはプラスチックを成形する工程で、製品を取り出すときに使われるロボットを開発しました。現在では、この分野に特化したメーカーとして事業に取り組んでいます。


津田純嗣

39歳のときに米国法人に赴任しました。会話も書類も英語だらけ。辞書を引く余裕もなく、とにかく英語漬けの日々を過ごしました。努力もしましたが学習というより、感覚で学んでいった部分が多かったですね。


出雲充

多種多様な生物が存在する。それらはいずれもそれぞれが強みや面白さを持ち、命をつないできた。その特質が応用されて、フクロウの静かに飛ぶ羽は新幹線のパンタグラフの風切り音を少なくする工夫に使われ、デジカメのCCD(電荷結合素子)イメージセンサーは格子状からミツバチの巣の構造から学んだハニカム状に形を変えて、受光量を増やすことができた。そういう応用事例は山ほどある。


森川亮

変わることはマイナスではなくプラス。プラスに転換していくことが大事。


山本高史

ベテランも時には若い人たちに競合プレゼンで負けたりもする。発想において、これまでのキャリアや実績は全く意味がない。常に自分をアップデートしていかないと。要は経験の蓄積と更新である。


飯塚恒生

裏表なく人として正しいことをやる。これが人の生き方であり、企業経営にも通じる大事なこと。


杉山博孝

若い社員たちの「この会社をこうしていきたい」という思いをくみ取る場がいると考え、7年前に「社長にもの申す」仕組みを作りました。入社4年目の若手から、上は30代半ばまで、さまざまな事業部門の社員を集め、20から30年後の三菱地所の姿を提言してもらったりしています。そのいくつかは具体的な成果になっています。


田中角栄

人間はやっぱり出来損ないだ。神様みたいな人は少ない。皆、失敗はする。その出来損ないの人間を愛せるかどうか。


ジェフリー・フェファー

ジャック・ウェルチにせよ、ルドルフ・ジュリアーニにせよ、「リーダーはかくあるべし」という世間の思い込みに基づき物語をつくり上げ、権力を握るまでの過程における駆け引きや汚い手口には触れていない。そしてジム・コリンズの「ビジョナリー・カンパニー」シリーズも眉唾だ。考えてみてほしい。『ビジョナリー・カンパニー2』の物語はすべて登場人物がCEOまで上り詰めた時点から始まっているではないか。私が知る限り、そういった裏の側面を正直に語ったリーダーというのは、一人も見たことがない。


本田有明

「職場の上司のココがダメ!」と気づくことは、大きな進歩。反面教師として、自分は同じ轍は踏まないと学ぶことが大切。