司忠の名言

司忠のプロフィール

司忠、つかさ・ただし。日本の経営者。丸善社長・会長。

司忠の名言 一覧

人と交渉事をする場合、光を背にして位置することが有効であると知った。相手の顔の相の動きがよくわかると、話し合っている途中で、交渉がまとまるかまとまらないかの見当がつく。私は旧債処理のため前後八回にわたって外国へ渡り、外国商社と交渉にあたったが、これが非常に役に立った。


ワンマン独裁を宣言したのは他意があってのことではない。すべてをまかせてもらって、思い切りやれるという体制でなければ復興はできぬと判断したからである。


司忠の経歴・略歴

司忠、つかさ・ただし。日本の経営者。丸善社長・会長。

他の記事も読んでみる

坪田信貴

各々の職ごとに圧倒的にエッジの効いた人、成績表でいえば今評価されているオール5ではなく、1ばかりだが1つだけ10、みたいな人がAIに代替されない人じゃないかと思う。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

会話では、相手を褒めることを常に意識するといい。アメリカの心理学者、マズローによる有名な欲求段階説によれば、究極の欲求が自己実現で、その次が承認欲求となっている。つまり、誰だって認められると嬉しいのだ。


吉越浩一郎

自分でデッドライン(締め切り)を決めて、それをきっちり守れば、「仕事をやらされている」感覚がなくなります。自主的に仕事ができるようになり、失敗した仕事についても「会社のせい、上司のせい」などと考えなくなります。失敗を正面から受け止めれば、改善ができます。人として成長するためにも、自らデッドラインを決めることが大切です。


荻野勲(経営者)

社員からのリアルな声も聞きたくて、「車座」という座談会を定期的に開催しています。10人前後の社員を集め、ざっくばらんに「ここがおかしい」「もっとこうすべき」などと言い合う場です。


海部俊樹

地元の活動では、街頭に立ち、自分の言葉で自分の考えを訴え続けました。聞きかじりや受け売りの話はダメです。聞く人の心を動かすことはできません。


酒巻久

リーダーシップを発揮すべき際に重要なポイントは、明確で具体的でなければならない。「分かりやすいビジョンを示す」「ビジョンを実現するために、多くの人の心をつかみ、共感を呼ぶ」「日々起きる様々な課題について決断する力を持つ」という3点が重要。これを踏まえ、最後までやり抜く、と。


飯田亮

私はドロボー事件が起こったときでさえ、社員を疑ったことはありません。「こいつもやるんじゃないか」なんて顔で社員を見たことは一度もありません。社員のことはずっと信用していました。経営者や上司にできることというのは、社員を信頼することです。そうでなければ会社は崩壊してしまいます。


日高憲三

挑戦すること、責任感を持つこと、そして人のために汗を流すリーダーシップの精神を培い、知恵を養うこと。これらは大学の一つの教育理念として、今日まで、明治の伝統になっています。企業の方々からも、明治の卒業生は「任せると責任を持ってやる」という評価をいただいていますが、それも、こうした伝統があってこそだと感じています。


水野学

デザインセンスは天賦の才のように思われがちです。でも、実は誰でも磨くことができます。まずは王道を知ることです。王道のものとは、「定番のもの」「一番いいとされているもの」とも言い換えられます。2つ目は、使われるシーンを深く考えること。最後はシズル感を見つけ出すこと。広告業界では商品をおいしそうに見せる演出のことを「シズル」と呼びます。僕はこの言葉をもう少し広く捉え、思わず手に取りたくなるような「そのものらしさ」と定義しています。


藤田晋

信用が得られると本当に仕事がやりやすくなります。私は今、動画関連事業で世界に例がないものを作ろうと必死になっていますが、社員は「社長が言うのなら」と私の判断を信じてついてきてくれています。当然、イケるとは思っていますし、実現するために全力を尽くしますが、それができるのも「信じ合う力」があってこそだと思っています。


成毛眞

本の同時並行読みは、脳の異なる部分を同時に刺激するので脳の活性化にもいい。発想がとても豊かになるんです。予定調和をぶち壊すためにも、同時並行読みはお勧めです。


熊谷正寿

成長する事業と成長出来ない事業は最初から決まっています。そこに気付くのも社長の素質で、その後は経営者の手腕です。たとえば、どんなに良い内容のビジネスでも、スポット型とストック型の事業を比べると、スポット型はなかなか成長しません。また、良い商売は限られていて、誰もがそこに群がりますが、誰よりも良いサービスをつくらなければなりません。見つける能力と、一番お客さんに喜んでもらう能力、この両方が経営者には必要です。


野津基弘

人としての礼儀と道理を持った議論は大歓迎。現にそういった体質を持つ事業は圧倒的な業績を上げています。


長谷川滋利

立命館大学の野球部時代に、米シアトルで開催された親善試合に参加したことが、英語を本格的に始めるきっかけでした。大学でも英語の勉強はしていましたが、実践的な英語は未経験だったので、全く通じなかった。その時に、「ああ、俺ってこんなに英語ができないんだ」と痛感して。そこからですね、英語の「勉強熱」が高まっていったのは。


末木紳也

会計・法律・販売の専門知識なしに仕事をすることは難しい。専門知識がないのであれば、今からでも遅くはないので勉強してみてはいかがでしょうか。


ページの先頭へ