名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

可児武夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

可児武夫のプロフィール

可児武夫、かに・たけお。日本の経営者。モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレーHD)会長。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。同行で取締役、常務などを務めたのちモルガン・スタンレー証券に移り、マネジングディレクター、モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド会長、モルガン・スタンレー証券 東京支店長などを務めた。そのほか、日立の経営諮問委員会委員なども務めた経営者。

可児武夫の名言 一覧

変化することはスキーと同じです。変化に富んだ山はどこにリスクが潜んでいるかわからない。しかし、リスクを上手に管理し思い切ってダウンヒルすれば、素晴らしい世界が見えてきます。


米国人は会社への忠誠心よりも、自分の仕事に誇りを持ち、仕事への評価を重視します。だから、人材の流動性が高く、変化に強い遺伝子が目覚める土壌があったのです。


私がモルガン・スタンレーへ移籍したとき、社内の複数のバンカー(銀行家、専門職の銀行員)の名前を聞かされ、「この人たちはキーパーソンだから、きちんと付き合うようにした方がいいよ」と言われました。でも、せっかく仲良くなったのに、5年後にはこれらのキーパーソンの大部分がいなくなっているのに気づき、驚きました。


米国には変化の遺伝子があります。東京でモルガン・スタンレーの経営に携わり、それを実感しました。同社は、競争の激しい投資銀行業界の中で、前身のモルガン商会時代も含め100年以上も先頭を走り続けています。リスクを取ながら自ら果敢に変化してきたからです。


私は戦前の教育も受けていますから、チームワークを尊重する日本的な部分を持っています。ですから、個人の自立を重視し、変化を求める米国人の世界に放り込まれた際には、文化的なショックを受けました。


日米の文化の違いは大きいですね。とくに顕著なのは、リスクに対する考え方です。日本ではリスクを取らずに現状に満足する風潮があります。銀行界では、護送船団行政の枠組みの中でみんなが仲良くしていれば大丈夫という時代が長く続きました。


スキーで靭帯を断裂したとき、医者からは激しいスキーは難しいだろうと言われました。「手術しないと元に戻りません。でもあなたの年齢ではお勧めできません」と。ところがアメリカでは全然違うことを言われたのです。「リスクがあってもぜひ手術をして、生活の質を上げなさい」といった感じでした。


可児武夫の経歴・略歴

可児武夫、かに・たけお。日本の経営者。モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレーHD)会長。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。同行で取締役、常務などを務めたのちモルガン・スタンレー証券に移り、マネジングディレクター、モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド会長、モルガン・スタンレー証券 東京支店長などを務めた。そのほか、日立の経営諮問委員会委員なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

蔭山洋介

大げさに語ることが聞き手の感動につながるとは限らない。大事なのは「何ゆえに自分が行動するのか」を静かに語り掛けるパワー。そのためには、体験を淡々と語り、「なぜ自分はこの感情を持ったのか」を伝えることが必要。


西條剛央

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」では、話し合いのときに「おかしい」「間違っている」という批判は受け付けない。必ず代案を出すことを求めました。こうすれば、みんなが自分で考えて提案するので、参加感が高まりモチベーションを維持できます。反対派も、採用された案に勝る代案を出せなかったのだからと納得してくれます。


遠藤周作

人間はみんなが、美しくて強い存在だとは限らないよ。生まれつき臆病な人もいる。弱い性格の者もいる。メソメソした心の持ち主もいる。けれどもね、そんな弱い、臆病な男が自分の弱さを背負いながら、一生懸命美しく生きようとするのは立派だよ。


橋本孝之

IBMには「良き企業市民たれ」という言葉があるんですが、その国々でビジネスをやらせていただくのであれば、単にモノを売るだけではなく良き企業市民になりなさい、と言われています。企業市民というのは、最も卓越したディシプリン(規律)や行動規範のもとで、やはりその国そのものの発展に寄与していくということです。つまり、ビジネスをいただいて、税金を払っていればいいという考えでは決してありません。それは信頼を得るということであり、その国に根付く第一歩だと思います。


田中孝雄

現在、アフターサービスの売上比率は約25%。12年度には15~20%だった。これを25年度には30%に高めたいと考えています。実現できれば、安定的に経常利益率6%を保てます。もちろん、設備が売れないとアフターサービスもできないですが。


森正文(経営者)

会社をつくった当初は業務内容すら考えていませんでした。それでも、会社を立ち上げたその月から、家賃などの必要経費が発生します。運転資金がだんだん減っていく。焦りますよね。でも、そうやって自分を追い込んでいくと、目標が固まっていくと思います。


津田大介

昔は周囲と呼吸が合わない人は孤立するしかありませんでした。でもネット時代は、「このコミュニティではダメだけれど、あっちはよさそうだ」とマッチングができる。能力がなくてあぶれる人はどうするのかという話があるけれど、ネット時代ならそういう人も自分が輝ける場所や呼吸の合う場所を見つけやすい。


林文子

売れない営業マンの多くは「どんなおクルマをお探しですか?」と、いきなり売らんかなで入ってしまいます。これでは警戒されて、お客様は心を開いてくれません。もちろん、最終的には売らなくては営業になりませんから、頭のなかではどういうシナリオで契約までもっていくかを冷静に考えています。でもその一方で、「とにかくこの時間を楽しんでもらいたい」という熱い気持ちをもった自分もいる。営業はそのバランスが非常に重要ですね。


松﨑暁(松崎暁)

無印良品は「わけあって、安い」というキャッチコピーでスタートしました。無印良品というのはわけがあって、つまり素材の選択、工程の点検とか、包装の簡略化といった合理的な理由で安いという意味です。ですから当社は毎年、全世界で価格を見直しています。


ホルスト・シュルツ

マネジメントにおいて、従業員は命令のもとに仕事を「しなければならない」環境におかれます。テイラーシステム(フレデリック・テイラーが提唱した科学的管理法)がよい例です。トップが細部まで考え、指示を下し、従業員はそれを忠実に遂行する機能とみなされます。しかし、現場を誰よりも熟しているのは従業員です。彼らの考えは尊重されなければなりません。


堀之内九一郎

順風満帆な人生を送る人などほとんどいません。程度の差こそあれ、誰にでも屈辱的な経験はあると思います。あのときにひどく屈辱を感じたけれど、それでも今自分は生きている。それを確かめるのです。それを反芻することで、抵抗力をつけるのです。人からの蔑みは予防接種だと思えたとき、それは怖いものどころか、自分を守ってくれる力となりました


湯浅勲

人間はどんなに仲のいい相手でも、自然と喧嘩にならない距離をとっています。顔を見ただけで虫酸が走るほどの相手であっても、精神的な苦痛を感じない程度の距離感を保つことはできるはずです。この距離を早く見つけるよう心がけることです。