名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

可児武夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

可児武夫のプロフィール

可児武夫、かに・たけお。日本の経営者。モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレーHD)会長。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。同行で取締役、常務などを務めたのちモルガン・スタンレー証券に移り、マネジングディレクター、モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド会長、モルガン・スタンレー証券 東京支店長などを務めた。そのほか、日立の経営諮問委員会委員なども務めた経営者。

可児武夫の名言 一覧

変化することはスキーと同じです。変化に富んだ山はどこにリスクが潜んでいるかわからない。しかし、リスクを上手に管理し思い切ってダウンヒルすれば、素晴らしい世界が見えてきます。


米国人は会社への忠誠心よりも、自分の仕事に誇りを持ち、仕事への評価を重視します。だから、人材の流動性が高く、変化に強い遺伝子が目覚める土壌があったのです。


私がモルガン・スタンレーへ移籍したとき、社内の複数のバンカー(銀行家、専門職の銀行員)の名前を聞かされ、「この人たちはキーパーソンだから、きちんと付き合うようにした方がいいよ」と言われました。でも、せっかく仲良くなったのに、5年後にはこれらのキーパーソンの大部分がいなくなっているのに気づき、驚きました。


米国には変化の遺伝子があります。東京でモルガン・スタンレーの経営に携わり、それを実感しました。同社は、競争の激しい投資銀行業界の中で、前身のモルガン商会時代も含め100年以上も先頭を走り続けています。リスクを取ながら自ら果敢に変化してきたからです。


私は戦前の教育も受けていますから、チームワークを尊重する日本的な部分を持っています。ですから、個人の自立を重視し、変化を求める米国人の世界に放り込まれた際には、文化的なショックを受けました。


日米の文化の違いは大きいですね。とくに顕著なのは、リスクに対する考え方です。日本ではリスクを取らずに現状に満足する風潮があります。銀行界では、護送船団行政の枠組みの中でみんなが仲良くしていれば大丈夫という時代が長く続きました。


スキーで靭帯を断裂したとき、医者からは激しいスキーは難しいだろうと言われました。「手術しないと元に戻りません。でもあなたの年齢ではお勧めできません」と。ところがアメリカでは全然違うことを言われたのです。「リスクがあってもぜひ手術をして、生活の質を上げなさい」といった感じでした。


可児武夫の経歴・略歴

可児武夫、かに・たけお。日本の経営者。モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレーHD)会長。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。同行で取締役、常務などを務めたのちモルガン・スタンレー証券に移り、マネジングディレクター、モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド会長、モルガン・スタンレー証券 東京支店長などを務めた。そのほか、日立の経営諮問委員会委員なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

古川一夫

情報が変質する中で、コンピュータは省力化マシンから、価値を生むシステム、マシンへと変わってきているんです。我々はメインフレームがバリバリの時代を経てきましたが、その後、ユビキタス時代の到来など、いろんな環境の変化に応じてコンピュータシステムそのものが省力化マシンから、バリュー・クリエイション・マシンになっています。こうした変化を我々は事業の中で本質的にとらえていかなければいけないと思っているんです。


小林一光

相手目線で考えるということはつまり、「自分がそうされたらどうか?」と考えることでもある。


泉谷直木

動いているものを予測しながら仮説を立てて、手を先に打っていく。そうしなければ、よそよりも速く手が打てない。


足利政春

「企業は人なり」と言われますが、まずは経営者みずからが最高の品性をつくる努力をすること。経営者の背中を見て、社員もそうなろうと一生懸命努力してくれます。経営者の姿勢こそ、最高の社員教育。


澤田貴司

学歴とか職歴とか、履歴書に書かれているキャリアが立派なビジネスパーソンはたくさんいます。でも、本当に質の高い経験をしている人は少ない。ですから採用時には、経験の質をきちんと見るようにしています。ビジネスレポートを書かせたり、プロの連中とディスカッションをさせてみると、ある程度わかると思います。


高橋智隆

ロボット開発では、自分でコンセプトを考え、設計・デザインし、実際に自らの手で材料を加工し、配線、プログラミングをして、プロトタイプを作っています。試行錯誤しながら手を動かしている中でアイデアが生まれ、ブラッシュアップされる。それを繰り返すことで自分自身の中に設計やデザインのセンスが経験値として蓄積される。それを他人に任せてしまうと、他人がアイデアを生み、他人が成長することになってしまいます。これは昨今の日本のメーカーの開発力低下の問題と同じ構造なんです。


住野よる

大人になってきて、正しいことを正しいと言い切れる強さが自分になくなってきたんです。「他の人から見たら正しいのかな?」と疑問が浮かぶ。それは他の人に対しても同じで、「なんでこの人たちは自分が正しいと信じ切ってるんだろう?」と疑問に思うことが多いんです。正しいと思っていたものが、実は正しくなかったかもしれない。その感覚を、ちゃんと書いてみたかった。


柳井正

僕らもビジネスをやっているのは社会のためで、金儲けを目的にやっているわけじゃない。そういうことを全社員が信じられるような企業にしない限り、特に小売業ではうまくいかない。みんながそれを信じられれば、一人ひとりが主役として働けるはずです。


後藤亘

地上波のデジタル化間違いなしと思っていましたから、そこで一気呵成の勝負に出る、そういう考えでした。それまでは我慢の道。利益よりも、むしろ破産しないように、少なくなったお金をどう使うかといった考えで、言うならば極端な守りの経営だったわけです。ところが、それによって社風があまり冒険しない文化になってしまったんです。あらためて、経営は難しいものだと思いましたよ。実際、攻めにいったときに守りの社風が足を引っ張りましたからね。仕方なかったとはいえ後悔しました。

【覚え書き|東京MX社長を引き受けたときを振り返って】


岩田松雄

女性は敵に回せばこんな手強い人たちはいないです。逆に味方になってもらえば、損得を抜きにして大きな力を発揮してくれます。


武田良太

今までのような価値観ではだめだということも共通認識として持たなければならない。公平に何かをやるという戦後日本の一つのパターンは踏襲せずに、みんなで考えて、本当に必要なものに集中投下していくという時代だと思います。あくまでも限られた予算を集中投下するということです。


小路明善

ヨーロッパのビールメーカーを買収したのも、アサヒが作り出す価値をヨーロッパのビールメーカーを通して欧州の人々に届けたいという想いがあります。ですから、国内のビール市場は縮小が続いていますが、もしこれがプラスになっていても、私は欧州への投資を実行しましたね。それはアサヒの価値を、より多くの人に届けたいという想いからグローバル化を図っていく。それが私の基本的な考え方であるからです。国内が縮小しているから海外に出ましょうということでは成功しません。