名言DB

9419 人 / 110788 名言

古賀辰男の名言

twitter Facebook はてブ

古賀辰男のプロフィール

古賀辰男、こが・たつお。日本のヘッドハンター。サーチファーム・ジャパン会長。福岡県出身。カリフォルニア大学(UCLA)中退。住友金属工業物で流管理、工程企画に携わる。同社実業団バレーボール選手として活動しVリーグで5年選手生活を送る。その後、伊藤忠商事系列の総合人材サービス企業エグゼクティブサーチ事業グループから営業権を移譲されサーチファーム・ジャパンを設立。エグゼクティブ層のヘッドハンティングを行っている。主な著書に『プロ・ヘッド・ハンターが教えるデキる人の引き抜き方』など。

古賀辰男の名言 一覧

優秀な人ほど辞めていく傾向があるということを肝に銘じてほしい。上昇志向が強い人間は、独立心も強いのだから、当然のことである。辞められて困るなら、普段から正当な評価をして雇用責任を果たすべきなのだ。


組織にまったく問題がなければ、たとえ転職の話があっても、できる社員がそう簡単に会社に愛想を尽かすはずがない。絶対に辞めてほしくない人が次々と辞めるような状況であれば、経営者はまず、マネジメント上の問題の解決に専念すべきだろう。


「引き抜かれた」側としては「あんなにかわいがってやったのに、あの恩知らずが!」と腹を立てるが、実のところ、上司が勝手にそう思っているだけで、辞めた部下は「かわいがられた」とは感じていないもの。


できる社員が、転職の誘いに応じる理由のほとんどは、組織に対する不満――理不尽な評価や人間関係である。我々はこうした情報をキャッチして、転職へと揺さぶりをかける。とくに、問題のある上司など、人間関係に不満がある場合に、「引き抜き」は成功しやすい。


本当に優秀な人は、ほとんど転職市場には現れない。いまの組織で一定以上の評価を上げ、それなりに仕事内容に満足しているため、自ら動く必要はないからだ。そこで、我々ヘッドハンターの出番となる。


優秀な社員を引きとめたいと思うのなら、昇進、昇給はいうに及ばず、希望の部署に異動させるなど、あらゆる手を打つこと。打つ手に意味があるというよりは、その部下を何としてでも引きとめたいという気持ちを伝える。つまり「熱意」を見せることで相手の心を動かすのだ。


ある日突然、頼りにしている部下から「会社を辞める」と言われる。上司にとっては悪夢のような状況だ。あなたがその上司なら、どんな対応をするだろうか。「なんとか考え直してくれないか」と懇願しても、ほとんど効果はない。ヘッドハンティングを手掛けてきた経験から言って、辞めると決意し、それを上司に告げた人が翻意するケースはほとんどないからだ。


古賀辰男の経歴・略歴

古賀辰男、こが・たつお。日本のヘッドハンター。サーチファーム・ジャパン会長。福岡県出身。カリフォルニア大学(UCLA)中退。住友金属工業物で流管理、工程企画に携わる。同社実業団バレーボール選手として活動しVリーグで5年選手生活を送る。その後、伊藤忠商事系列の総合人材サービス企業エグゼクティブサーチ事業グループから営業権を移譲されサーチファーム・ジャパンを設立。エグゼクティブ層のヘッドハンティングを行っている。主な著書に『プロ・ヘッド・ハンターが教えるデキる人の引き抜き方』など。

他の記事も読んでみる

山口悟郎

本の魅力は、この四角い一冊の中に、いろんな世界が入っているわけですよね。本の中にいつ読んでも同じ世界があって、すぐそこに入れる。頭の中が、その世界だけになってしまうというか。


村上綾一

発想の転換というパズルの思考法は仕事にも応用が利くものです。みんなと同じ視点から物事を捉えていたのでは、新しいジネスモデルは開拓できません。物事の矛盾や意外な切り口を見つけ出す柔軟な思考から、ビジネスのチャンスは生まれるのです。その意味ではパズルと創造的仕事の思考回路は、とても似通った部分があると言えます。


三輪豊明

恥ずかしい話ですが、若い頃、勉強が面白くなくて大学入学時には21歳になっていました。英語以外の科目が自分の人生にどう役立つのかイメージできず、魅力を感じることができなかったのです。しかし、こんなに遅れてしまっていては、もう国内で頑張るだけでは同級生に追いつけっこないと思い、一念発起してアメリカへ留学。たった1年の留学でしたが、人生の転機になりました。


渡辺大

食べ物は人間にとってのガソリンだと思うので、不純物が多い油よりも、ハイオクの方がいいと思うんですよ。映画やドラマを見ている人たちが、「あの役者は別格」と思ってくれる土台も、食事や休息といった日々の積み重ねにあるはずですから。僕はどんなに忙しくても簡単に済ませるご飯で妥協したくない。


出口治明

僕は今も、若い部下たちに「僕の間違いはどんどん指摘して」と言っています。間違いを指摘してくれる部下や後輩がいないと、裸の王様になってしまいます。


竹内規彦

入社3年目というキャリアの初期の段階において、上司の期待を超える水準で仕事をこなし、確実に社内評価を固めておくことで、その後の出世ルートに乗りやすくなる。


山本強(経営者)

当社の経営理念は「生活者の不利益解消」。創業当時、地盤調査会社は山ほどあり、後発の我々が勝つには、反対の側に立つしかないと考えた。つまり生活者のほうを向こうと思ったのです。


村口和孝

冷酷なライバルが出現した時に乗り越えられるように考えられた事業計画をつくることが大切だ。


矢野博丈

「人よりたくさん稼ごう」「あいつより出世しよう」というのは20世紀の価値観です。いまは「勝つこと」ではなく「生き延びること」を考えることが必要です。まわりがバタバタと倒れていく中、生き残っていれば、それだけで儲けもの。勝ち負けなんてどうでもいい、生きるか死ぬかの時代になったことを私たちは自覚すべきだと思います。


日覺昭廣

日本の製造業で苦戦している企業を見ると現場での課題の追究が足りないのではないか、と感じることがあります。競合他社や市場環境に左右されている面は大きいと思いますが、課題が分からなければ対策を立てられません。答えはすべて現場にあるのです。