名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古賀辰男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古賀辰男のプロフィール

古賀辰男、こが・たつお。日本のヘッドハンター。サーチファーム・ジャパン会長。福岡県出身。カリフォルニア大学(UCLA)中退。住友金属工業物で流管理、工程企画に携わる。同社実業団バレーボール選手として活動しVリーグで5年選手生活を送る。その後、伊藤忠商事系列の総合人材サービス企業エグゼクティブサーチ事業グループから営業権を移譲されサーチファーム・ジャパンを設立。エグゼクティブ層のヘッドハンティングを行っている。主な著書に『プロ・ヘッド・ハンターが教えるデキる人の引き抜き方』など。

古賀辰男の名言 一覧

優秀な人ほど辞めていく傾向があるということを肝に銘じてほしい。上昇志向が強い人間は、独立心も強いのだから、当然のことである。辞められて困るなら、普段から正当な評価をして雇用責任を果たすべきなのだ。


組織にまったく問題がなければ、たとえ転職の話があっても、できる社員がそう簡単に会社に愛想を尽かすはずがない。絶対に辞めてほしくない人が次々と辞めるような状況であれば、経営者はまず、マネジメント上の問題の解決に専念すべきだろう。


「引き抜かれた」側としては「あんなにかわいがってやったのに、あの恩知らずが!」と腹を立てるが、実のところ、上司が勝手にそう思っているだけで、辞めた部下は「かわいがられた」とは感じていないもの。


できる社員が、転職の誘いに応じる理由のほとんどは、組織に対する不満――理不尽な評価や人間関係である。我々はこうした情報をキャッチして、転職へと揺さぶりをかける。とくに、問題のある上司など、人間関係に不満がある場合に、「引き抜き」は成功しやすい。


本当に優秀な人は、ほとんど転職市場には現れない。いまの組織で一定以上の評価を上げ、それなりに仕事内容に満足しているため、自ら動く必要はないからだ。そこで、我々ヘッドハンターの出番となる。


優秀な社員を引きとめたいと思うのなら、昇進、昇給はいうに及ばず、希望の部署に異動させるなど、あらゆる手を打つこと。打つ手に意味があるというよりは、その部下を何としてでも引きとめたいという気持ちを伝える。つまり「熱意」を見せることで相手の心を動かすのだ。


ある日突然、頼りにしている部下から「会社を辞める」と言われる。上司にとっては悪夢のような状況だ。あなたがその上司なら、どんな対応をするだろうか。「なんとか考え直してくれないか」と懇願しても、ほとんど効果はない。ヘッドハンティングを手掛けてきた経験から言って、辞めると決意し、それを上司に告げた人が翻意するケースはほとんどないからだ。


古賀辰男の経歴・略歴

古賀辰男、こが・たつお。日本のヘッドハンター。サーチファーム・ジャパン会長。福岡県出身。カリフォルニア大学(UCLA)中退。住友金属工業物で流管理、工程企画に携わる。同社実業団バレーボール選手として活動しVリーグで5年選手生活を送る。その後、伊藤忠商事系列の総合人材サービス企業エグゼクティブサーチ事業グループから営業権を移譲されサーチファーム・ジャパンを設立。エグゼクティブ層のヘッドハンティングを行っている。主な著書に『プロ・ヘッド・ハンターが教えるデキる人の引き抜き方』など。

他の記事も読んでみる

川鍋一朗

アプリの使い心地や、ある程度事前に運賃が分かるなど、彼ら(ウーバーなど)から学ぶべきことは学ばないといけないと思っています。


ユベール・ド・ジバンシー

私は完全に自分の才能を神様から与えられたものと信じきっている。神様にはたくさん頼みごともするけれど、でも感謝するよ。私はすごく自分本位な信者なんだ。


石井裕(工学者)

時代とともについつい人間は過去を忘れていく。それでも、石碑は、絶対に必要なのです。僕らがやっている情報インタフェースの研究は、突き詰めるとあの石碑を作るのに似ています。現代はたぶんクラウドが、その役割を担う。広島の惨劇の記憶を風化させないために原爆ドームが保存されているように、3.11の大震災を忘れず、次に備えるために現代の石碑を作らなくてはならない。震災で味わった数々の経験を体系化してネットにアーカイブする。それは情報革命後に生まれ育った人々の使命だと思います。


森正文(経営者)

外国人観光客を呼び込むためのマーケティング戦略を外国人に任せたらいいかもしれない。1年くらいかけて企画を練ってもらうのです。役所がやるものって、日本の場合は大抵失敗しますから。


熊谷聖司(経営者)

何より重視しているのが人材の育成です。当社の海外技術部は常に世界に向けてアンテナを張り、月一回のペースで世界トップクラスの技術者を招致して講義を開いています。営業部でもお問い合わせいただいたお客様へ最適な提案を行うべく、かつて営業マンとしてトヨタ全社でトップセールスの実績を残し、営業コンサルティングとしてもご活躍されてきた酒井亮氏を執行役員に迎え、私とともに「お客様に貢献し、支持される営業」を育てるべく定期的な研修を行っています。


森永卓郎

会社は最高のビジネススクールです。30代は「これで食っていくんだ」というベースを作りつつ、好奇心を持っていろいろな仕事に首を突っ込んで学んでいってください。


橋本真由美

若い人が当社に来てバリバリ働きだす例はたくさんあります。それは信頼して仕事を任せ、店舗の売上が上がったら、周囲が「あなたのおかげよ」と感謝する職場風土があるからだと思います。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

個人に役割や目標を与える場合にも、それを果たすことがゴールなのではなく、チームがゴールに達するための手段のひとつにすぎないのだということを認識させることが大切です。その認識がないと、与えられた役割以外には関心を向けなくなる人や「それは自分の仕事ではないですから!」などという独りよがりな権利主張をする人も現れかねません。


北尾吉孝

世界を見渡しても、先進国で日本ほど金融リテラシーに欠けている国はない。義務教育の段階で金融について勉強する機会はほとんどなく、社会に出てからも勉強不足のまま。これでは、お金のことで不安になって当然です。だからこそ、年代を問わず、お金の勉強を始めるべきです。株式、債券といった金融商品や経済の基礎を学び、投資にはどんなリスクがあって、どんなメリットが期待できるのかを把握する。大切なお金を託すものだからこそ、プラスとマイナスの両面をしっかり理解しておくべきです。


竹内薫

ビジネスチャンスを掴むためには、書店でビジネス書のコーナーに行くよりも、科学書のコーナーに行くのがいいでしょう。ビジネス書に書かれていることは、すでに他のビジネスマンがやっていることだからです。


ジェレミー・ハンター

マインドフルネスとは、瞑想をするなど特定の行為を指すものではありません。改めて定義すると「自分の考えや思い込み、感情、身体感覚を継続的に観察すること」です。それは「個人や組織の選択肢や行動、そして生産的な結果」を生み出す手助けにつながります。つまり実用的なマネジメントツールと言えるのです。


内藤忍

情報はランダムに集めたところで、何かの形になるわけではないのです。情報収集そのものは重要ですが、仕事の中でアウトプットを意識しながら集めていく方が、はるかに効率がいいでしょう。