名言DB

9419 人 / 110788 名言

古賀辰男の名言

twitter Facebook はてブ

古賀辰男のプロフィール

古賀辰男、こが・たつお。日本のヘッドハンター。サーチファーム・ジャパン会長。福岡県出身。カリフォルニア大学(UCLA)中退。住友金属工業物で流管理、工程企画に携わる。同社実業団バレーボール選手として活動しVリーグで5年選手生活を送る。その後、伊藤忠商事系列の総合人材サービス企業エグゼクティブサーチ事業グループから営業権を移譲されサーチファーム・ジャパンを設立。エグゼクティブ層のヘッドハンティングを行っている。主な著書に『プロ・ヘッド・ハンターが教えるデキる人の引き抜き方』など。

古賀辰男の名言 一覧

優秀な人ほど辞めていく傾向があるということを肝に銘じてほしい。上昇志向が強い人間は、独立心も強いのだから、当然のことである。辞められて困るなら、普段から正当な評価をして雇用責任を果たすべきなのだ。


組織にまったく問題がなければ、たとえ転職の話があっても、できる社員がそう簡単に会社に愛想を尽かすはずがない。絶対に辞めてほしくない人が次々と辞めるような状況であれば、経営者はまず、マネジメント上の問題の解決に専念すべきだろう。


「引き抜かれた」側としては「あんなにかわいがってやったのに、あの恩知らずが!」と腹を立てるが、実のところ、上司が勝手にそう思っているだけで、辞めた部下は「かわいがられた」とは感じていないもの。


できる社員が、転職の誘いに応じる理由のほとんどは、組織に対する不満――理不尽な評価や人間関係である。我々はこうした情報をキャッチして、転職へと揺さぶりをかける。とくに、問題のある上司など、人間関係に不満がある場合に、「引き抜き」は成功しやすい。


本当に優秀な人は、ほとんど転職市場には現れない。いまの組織で一定以上の評価を上げ、それなりに仕事内容に満足しているため、自ら動く必要はないからだ。そこで、我々ヘッドハンターの出番となる。


優秀な社員を引きとめたいと思うのなら、昇進、昇給はいうに及ばず、希望の部署に異動させるなど、あらゆる手を打つこと。打つ手に意味があるというよりは、その部下を何としてでも引きとめたいという気持ちを伝える。つまり「熱意」を見せることで相手の心を動かすのだ。


ある日突然、頼りにしている部下から「会社を辞める」と言われる。上司にとっては悪夢のような状況だ。あなたがその上司なら、どんな対応をするだろうか。「なんとか考え直してくれないか」と懇願しても、ほとんど効果はない。ヘッドハンティングを手掛けてきた経験から言って、辞めると決意し、それを上司に告げた人が翻意するケースはほとんどないからだ。


古賀辰男の経歴・略歴

古賀辰男、こが・たつお。日本のヘッドハンター。サーチファーム・ジャパン会長。福岡県出身。カリフォルニア大学(UCLA)中退。住友金属工業物で流管理、工程企画に携わる。同社実業団バレーボール選手として活動しVリーグで5年選手生活を送る。その後、伊藤忠商事系列の総合人材サービス企業エグゼクティブサーチ事業グループから営業権を移譲されサーチファーム・ジャパンを設立。エグゼクティブ層のヘッドハンティングを行っている。主な著書に『プロ・ヘッド・ハンターが教えるデキる人の引き抜き方』など。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

私はいろいろな商品を販売していて思うのですが、日本はモノづくりの技術は素晴らしい。でも非常にいい商品の価値を知らしめる立場の人が少ないと思います。そうすることで市場を創造することができるのに、どうして伝える手段がないのか。ジャパネットたかたは、この市場創造をする会社でありたいと思っています。


冨安徳久

私たちは葬儀業界の悪しき慣習を変革することに挑戦してきました。ただそれは、20年前だからこそ挑戦になり得た。葬儀業界が多様化した現在では、同じことを差別化要因にしようとしても上手くはいきません。「タイム・イズ・マネー」ではなく「タイミング・イズ・マネー」なのです。


横田雅俊

リピートや紹介のチャンスが増えることも見逃せない。案件数が少ない成熟市場では、新規案件に多くの営業担当者が殺到する。数多くの候補者の中から取引先を選ぶのは、顧客にとっても大きな負担になる。そのため新規取引先をシャットアウトして、付き合いのある営業担当者とだけ話をする顧客も少なくない。顧客との関係性が強固になるほど、次の案件を紹介されたり、他の部門を紹介してもらえる可能性が高くなる。


守安功

ディー・エヌ・エーが創業以来の急成長をつづけてきた理由のひとつは、「人材の質」に強くこだわったことです。人材の質といっても、単に仕事がデキるというだけでは十分ではありません。成長意欲やポテンシャルも含めたトータルの質なのです。


野村克也

「お前を絶対に信じている。任せたぞ」と伝えることで、選手に責任感と覚悟が芽生える。


藤原秀次郎

努力が当たる場合も当たらない場合もある。物事には何でもリスクがありますから。しかし、リスクをとって挑戦しないことはもっと悪い。何もしないことが一番悪い。


佐々木正悟

まず自分が本当にやるべき仕事なのか、再確認してください。絶対にやらないと仕事は進まないのか、部下や外に回すべきなのか、そもそも断わるべきなのか。この見極めができないと、いつまでも一人でたくさんの仕事を抱え込むことに。結果的に、作業の質や効率を落とすことにもつながりかねません。


澤田秀雄

赤字の会社というのは生産性が悪い。生産性が悪いということは無駄があるということ。つまり経費を下げる余地がある。そして商品だったらいかに売り上げを伸ばすか、ハウステンボスだったらいかに入場者を増やすかを真剣に考える。売り上げを2割伸ばし、コストを2割下げたら、たいがい黒字になります。それを事前に頭の中で描くことができればうまくいく。つまり引き受ける前に勝負の7割は決まる。


外村仁

「英語の点数を上げたい」という気持ちが先にあったのではない。世界の人と話して、友達になることが楽しかった。そのツールとして、英語があっただけ。


松沢幸一

グループシナジーを高めるために、M&Aした各社との人事交流を進め、同じく人事システムを変えていかなければなりません。