名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

古賀茂明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古賀茂明のプロフィール

古賀茂明、こが・しげあき。日本の官僚(経産)。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、中小企業庁経営支援部長、中小企業基盤整備機構理事、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官、経済産業省大臣官房付、大阪府特別顧問、大阪府市エネルギー戦略会議副会長などを務めた。

古賀茂明の名言 一覧

「どうせ変わらないだろ」とシニカルに思う人もいるかもしれない。でも違う。正しいことなら必ず変えられる。変わらないと思った時点で終わり。


僕はどんなに困難な状況の中でも少し楽しんでいる節がある。それは、困難が大きいほど、それを乗り越えて変革を成し得たときの達成感が何ものにも代えがたい喜びを与えてくれるから。


危機を乗り越えるには改革しかない。成長分野で規制を既得権グループと戦って自由な企業活動を保証して経済成長を促す必要がある。いまこそ官僚の腕の見せ所。


国の方向性を決めるのは選挙のときだけじゃない。もっと政治家を動かさなくちゃ。一番簡単なのは自分の選挙区の政治家にメールすること。おかしい政策を唱える政治家には「おかしい!」とね。逆に共感する人には、千円でもいいから献金するとさらに効きますよ。一般市民は声だけだと投票してくれるか不安だけど、献金までしてくれるのは本物だと勇気づけられる。政治家が正しい方向に舵を切ることに繋がるんです。それは結果として政治家の元で働く官僚を動かすことへつながる。


古賀茂明の経歴・略歴

古賀茂明、こが・しげあき。日本の官僚(経産)。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、中小企業庁経営支援部長、中小企業基盤整備機構理事、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官、経済産業省大臣官房付、大阪府特別顧問、大阪府市エネルギー戦略会議副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

上田祐司(経営者)

一昔前、人脈づくりはトップの重要な仕事のひとつでした。いまはいかに自社サイトが広く紹介されるか、その仕組みづくりが、優先されるべきでしょう。まずは、潜在的な顧客を確実に獲得することです。それにより長期にコミットしてくれる顧客も育つのです。


仲暁子

学生時代の私はもっとナイーブで、「人にどう思われているのか」を気にするタイプでした。でも、会社が成長していくにつれ、「どれほど人に好かれようと、結果を出さなければリーダーとして責任を果たしたことにならない」と思うようになりました。高校野球でも強豪校の監督は、選手に厳しいことも言える人が多いそうです。その時は嫌われても、10年後にみんなから感謝されるような監督が絶対に正しい。みんなと仲良くしワイワイ楽しむことが目的なら、単なるサークルだと思います。


佐藤優

明日できることは今日やらない。皆、「今日できることは今日やれ」って教えられるでしょ。逆なんですよ。というのは明日できることを今日やっていたら、今日やらなきゃいけない仕事が滞ってしまうことがある。仕事量が増えてくるととくにそう。


赤塚保

マーケティングデータを見ないわけではありませんが、それだけに頼っていたら他社と同じことしかできません。行列ができたり混んだりしていても、業績がいいかどうかはわかりません。そういうことまで見抜けるかどうかが大切だし、部下にも見方を教えてきたつもりです。


草野顕之

私自身、若手層のコミュニケーション能力について、大変強い危惧を抱いています。挨拶ができない、人の話を聞くことができないなど、対話を成立させるための基盤がないところに、わかりやすいスキルだけをのせても上滑りしてしまうだけでしょう。


川崎秀一

どんなことでもスムーズにいくことの方が珍しい。課題や問題点が出てくるに決まっている。


仲暁子

数字は、実は最強の共通言語。言葉は、語る人によってニュアンスの違いが出ますが、数字の場合、1と言えば1。揺るぎのない客観性があるから、多様な価値観をまとめる時に威力を発揮します。これからますます人材の流動化が進み、様々なバックボーンを持つ人たちが1つの職場で働くようになっていく時代において、「数字を使いこなせること」はビジネスパーソンの必須スキルになるのではないかと思います。


住本雄一郎

1つや2つ失敗したからといって自分の生活が破綻するわけではないのが、会社員のいいところです。社員には柔軟な発想で、新しい時代の銀行づくりに臨んでほしい。トライ・アンド・エラーに寛容な会社を作るのも私の責務と考えています。


清水陽平

ネットの炎上を防ぐには、「常に公開されているという認識をしっかりともつこと」「価値観を押しつける発言は避けること」の2つが特に大事。


神永正博

統計は、過去のデータがあって初めて意味があるもの。一部を切り取ったデータを調べても、「たまたまそうだった」という可能性を拭えないからです。過去のデータを含め、全体の流れを理解することで初めて生きたデータとして活用できます。


澤田道隆

考え方が違うこともある。でも、それはそれでかまわない。何度も繰り返し意見を戦わせることで、お互いの理解のレベルが格段に深まる。


谷原誠

受信したメールは、できるかぎりその場で返します。メールを溜め込む人は、「読む・考える」のあと、いったん停止して他の仕事をしているのではないでしょうか。すると思考が途切れてしまうので、再び取り掛かる際に「読む・考える」を最初から繰り返すことになります。この二度手間が、時間のロスを生むのです。