名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古賀茂明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古賀茂明のプロフィール

古賀茂明、こが・しげあき。日本の官僚(経産)。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、中小企業庁経営支援部長、中小企業基盤整備機構理事、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官、経済産業省大臣官房付、大阪府特別顧問、大阪府市エネルギー戦略会議副会長などを務めた。

古賀茂明の名言 一覧

「どうせ変わらないだろ」とシニカルに思う人もいるかもしれない。でも違う。正しいことなら必ず変えられる。変わらないと思った時点で終わり。


僕はどんなに困難な状況の中でも少し楽しんでいる節がある。それは、困難が大きいほど、それを乗り越えて変革を成し得たときの達成感が何ものにも代えがたい喜びを与えてくれるから。


危機を乗り越えるには改革しかない。成長分野で規制を既得権グループと戦って自由な企業活動を保証して経済成長を促す必要がある。いまこそ官僚の腕の見せ所。


国の方向性を決めるのは選挙のときだけじゃない。もっと政治家を動かさなくちゃ。一番簡単なのは自分の選挙区の政治家にメールすること。おかしい政策を唱える政治家には「おかしい!」とね。逆に共感する人には、千円でもいいから献金するとさらに効きますよ。一般市民は声だけだと投票してくれるか不安だけど、献金までしてくれるのは本物だと勇気づけられる。政治家が正しい方向に舵を切ることに繋がるんです。それは結果として政治家の元で働く官僚を動かすことへつながる。


古賀茂明の経歴・略歴

古賀茂明、こが・しげあき。日本の官僚(経産)。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、中小企業庁経営支援部長、中小企業基盤整備機構理事、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官、経済産業省大臣官房付、大阪府特別顧問、大阪府市エネルギー戦略会議副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

長谷川穂積

いままですごい勝ち方をした選手でも、相性次第でコロッと負けます。ボクシングの勝敗はほんまに紙一重。どっちに転ぶかわからないですから。


鳥居祐一

不満ばかり言っている人、人の成功を喜ばない人、新しい挑戦を無理だと言う人。こういう人と話していると、どんなに心が強い人でも、前向きな心を失う。たとえ長い付き合いだったとしても、思い切って離れるべき。


須田将啓

C2Cビジネスで売上げ規模だけ伸ばそうとすると、どこかで破綻してしまいます。偽物やパロディー品を扱えば、一時的に数字は伸びるでしょう。しかし、当社はそれらを見つけるたびに徹底して排除してきました。もちろん、一旦売上げは落ちる。ただ、そうしてサイトとしての存在価値を重視してきたことで、独特のポジションが取れるようになってきたのだと思います。


古森重隆

日本経済再生云々とよく言われるが、そんなことは簡単だと私は主張したい。皆がもう一度、「世界で戦おう」という気持ちになればいいのだ。現在はまだ技術的にも先行しているし、もともと日本人は大義に従う忠誠心や責任感、団結心というすばらしいものを持っている。こうした精神的な支柱を取り戻し、戦線を立て直して本気で戦う気になれば、日本人は世界で勝っていける。


筒井義信

生命保険には、お客様の安心を守る、あるいは安心を最後までお届けする義務があります。現場の職員の活動を目の当たりにして、このような使命感が広く、そして確かに浸透していることが改めてわかりました。不幸なことではありましたが、現場の強さを実感しました。
【覚書き|東日本大震災後を振り返っての発言】


小林喜光

必要なのは、自分の力で考える能力。何を知っているかではなく、どう考えるか、情報をどう生かすかを考える力が求められる。日本が世界で戦うにはそこの力をつけるしかない。


中村順二

選手のやる気を引き出すには、感情的なものの言い方をしては絶対に駄目だ。


井上直美(経営者)

社長就任時に考えたのは、とにかくきちんと業績を上げることでした。そうしなければ、全てのことができない。足元の業績を固めないと仕方がないと考えました。エグジット(出口戦略)をやろうにも収益から全てが始まります。将来の手を考えても、それも収益から始まるわけです。


藤田晋

ビジネスの世界で勝ち抜いてきた人の多くは、他人には想像すらできない「ひどい目」に遭っています。そんな人たちはまず、耳当たりのいい言葉にはひっかかりません。中にはきれいごとだけでビジネスの世界を生きている人もいますが、多くが短命で、すぐに業界から消えていきます。そんな人の輝かしい一瞬だけを見て、真似をしないでください。


柳井正

僕は仕事が一番楽しい。どんなことよりも面白い。ゴルフをやるより、仕事の方がはるかに充実します。


武井浩三

会社を立ち上げる際、事業内容よりも先に、どういう組織であるべきかを考えました。何をやるかは二の次だったので、とりあえずどんなビジネスでも対応できるように、定款には様々な事業を片っ端から羅列しておいたんです(笑)。


和田勇(積水ハウス)

スクラップアンドビルドの風潮に疑問を感じていました。まだ住める家を20~30年で壊すのはおかしい。ですから発端は、長く住める家をつくろうというところにあった。住宅というのは、環境やエネルギー、地球温暖化、少子高齢化、教育、健康とあらゆる社会課題の中心にあるものなんです。それはすぐに壊して建て替えるようなものであってはならない。長く住み続けることは、社会や環境を良くすることにつながる。それを実現するために、我々は家という「個の環境」と、周囲の自然や街づくりを含めた「面の環境」を常に考えてきました。