名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古賀茂明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古賀茂明のプロフィール

古賀茂明、こが・しげあき。日本の官僚(経産)。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、中小企業庁経営支援部長、中小企業基盤整備機構理事、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官、経済産業省大臣官房付、大阪府特別顧問、大阪府市エネルギー戦略会議副会長などを務めた。

古賀茂明の名言 一覧

「どうせ変わらないだろ」とシニカルに思う人もいるかもしれない。でも違う。正しいことなら必ず変えられる。変わらないと思った時点で終わり。


僕はどんなに困難な状況の中でも少し楽しんでいる節がある。それは、困難が大きいほど、それを乗り越えて変革を成し得たときの達成感が何ものにも代えがたい喜びを与えてくれるから。


危機を乗り越えるには改革しかない。成長分野で規制を既得権グループと戦って自由な企業活動を保証して経済成長を促す必要がある。いまこそ官僚の腕の見せ所。


国の方向性を決めるのは選挙のときだけじゃない。もっと政治家を動かさなくちゃ。一番簡単なのは自分の選挙区の政治家にメールすること。おかしい政策を唱える政治家には「おかしい!」とね。逆に共感する人には、千円でもいいから献金するとさらに効きますよ。一般市民は声だけだと投票してくれるか不安だけど、献金までしてくれるのは本物だと勇気づけられる。政治家が正しい方向に舵を切ることに繋がるんです。それは結果として政治家の元で働く官僚を動かすことへつながる。


古賀茂明の経歴・略歴

古賀茂明、こが・しげあき。日本の官僚(経産)。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、中小企業庁経営支援部長、中小企業基盤整備機構理事、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官、経済産業省大臣官房付、大阪府特別顧問、大阪府市エネルギー戦略会議副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

安河内亮

会社を設立して実践的なビジネススキルを養成する約80の研修講座を行ってきました。しかし、人財育成、組織構築のコンサルティングをする中で、社員のスキルだけでなくリーダーシップマインドやイノベーティブマインドの強化こそが、学んだスキルを組織内で発揮する上で重要な要素だということを実感しました。


浮川和宣

いい商品というのは、半分は「お客さんの声」でできています。そして残り半分が技術者の情熱です。情熱とお客の声。ちょうど半々だと商品が動き出します。


竹田圭吾

自分の頭で考え、自分の言葉で表現してこそ、その人のオリジナリティになり得て、相手の心にも届くのです。


佐々木眞一

トヨタはQCサークル(小集団改善活動)活動をずっと続けてきました。そこで職場の最も大事な財産である人材が育ってくる。それに「創意くふう」という改善提案の仕組みを組み合わせる。この2つはトヨタでは空気や水みたいなものです。


前田伸

東京タワーの経営者が亡くなり、私が43歳で後を継ぐことになりました。経営を引き継いでみると幾多の困難が待ち受けていました。一番厳しかったのは会社に123億円もの債務があったこと。債務のほうはまず関係会社を会社更生法にかけて処理し、遊休資産を処分しました。このときかなりドライな処理を敢行しました。これは私が新卒で入社した大阪銀行の石原保頭取の姿勢にも影響を受けたと思います。非常に背筋が伸びた人で、考え方の中心がブレない。みんなで楽しくワイワイやるときもあってよい半面、経営には一本筋を通すことも大事です。債務処理は、その後折よくデジタル放送が始まり、放送局からの収入が増えたこともあって、3年くらいでメドがつきました。


佐々木正

アルカリとアルカリを混ぜてもアルカリのまま。性質の異なるものを混ぜると初めて沈殿物ができ、これが次の産物になる。各々価値観の違うものが、お互いを信頼して取り組むことが大切です。


和田秀樹

上司を分析して発見したポイントは、マネできるならドンドン取り入れればいい。その会社の中で、即評価に結びつくものであれば、周囲のあなたを見る目は変わってきます。


中本晃

当社では若い時から、研究開発などで、かなりの部分を任せます。最初は変なものが出てきたりしますが、やらせてみたら大抵のことはできるもんです。言われたことばかりやるよりも、課題や解決策を自分で考えられたら、そっちの方が楽しいですよね。


諏訪貴子

誰もやらないことをやって、人が喜ぶのを見るのが好きです。それがやる気につながります。


出口治明

仕事だけをしていても、これからの時代に必要な「考える力」は養われません。空いた時間で自分に投資することこそ、仕事のスピードを高める一番の目的なのです。


三宅裕司

入院中、僕はテレビのバラエティ番組にはほとんどチャンネルを合わせませんでした。みんなが元気に活躍しているのを見るのが、ちょっと辛かったですからね。もっぱらニュースやドキュメンタリー、旅番組。その中で、震災にあった東北の人たちがあんなに大変な状況の中、笑顔で頑張っている姿を何度も目にしました。比べるのはおかしな話ですが、「俺の今の状態なんか大したことないな」と。


長谷川高

いまや大家さんという仕事は昔と違って、完全なサービス業。その認識と実践は絶対に欠かせない。